2022年6月26日 (日)

ネット環境の浦島太郎を解消し速度が倍

たかが2倍ですが・・・・・



2年前にNTTとプロバイダに別々に払っていた電話代と接続料をまとめましょう。
ということでNifty光にした際にv6プラスが付加されでたらしいんですが
別にv4(IPv6とIPv4
)で困ってなかったので何もせずにいました。

時々NiftyからIPv6(PPPoEからIPoE)にしましょう。
「通信が遅くなることがなくなりますよ」
的なメールが来てましたが、人間、困らないと変化は望まないんですよねぇ。


先日、カーナビが2年経ったので地図データの全更新をした際に
データのダウンロードだけで10時間かかりました。
1台目は開始した時間が回線が混む時間だったので通信速度が平均すると

 5Mbps

くらい(夜が更けるにつけて速度は10Mbpsくらいまで上がりましたが)

2台目は回線が混みにくい時間にしたんですが、それでも平均10Mbpsくらい
なるほど、これかv4の問題点は・・・・

ネット回線速度測定
https://speedtest.gate02.ne.jp/

Ipv4_20220626064101

時間にもよるんでしょうがv4でも普段使いでは困らないレベル

我が家の光電話ルーターは2010年モノ(PR-200NE)
v6で使えるんかい?
と思ったんですが高度な設定にIPv6ブリッジ機能という項目があり
すでにチェックが入ってました。

ところが、2013年頃に購入した無線LANルーターが非対応らしい
ということで無線LANルーターも買い替え
Ipv6overipv4

こういう測り方ではそんなに変わらんね

しかし、ナビの地図更新をしてみると
https://panasonic.jp/car/navi/products/map/


Photo_20220626071601

おおっ

あえて回線混雑時間帯にやってみたんですが
ざっと倍から3倍

ウチのネットの使い方だと十分ですな
これで次の10年は大丈夫? (;^ω^)



 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

この月を見て想ったこと

Dscn2301_1200
COOLPIX P1000  f6.7  1/2sec  換算467mm

枇杷(ビワ)が食べたい


天の川ハンターにとって

 月は邪魔者以外の何者でもない

んですが、こいつは時折いい味出すんですよねぇ~

いわゆる映える写真を撮るには面白い被写体なんです
入出時刻から方角まで、きっちり予測できますから
構造物などとの組み合わせとかもしっかり狙えます

まあ、低空にある時がメインになるので空の状態次第ではあるんですが
本気になって追えばとても面白い被写体だともいます
(欠けたり満ちたり色が変化したりするしね)

ただ、方角は大きく動く場合もありますが
約1か月おきに同じような感じになるので
結構チャンスがあってレア感がない

まあ、来月でもいっかみたいな(;^ω^)

あと、明るすぎてボクのような星景タイムラプス撮りには
露出の塩梅が難しすぎる被写体です
単写なら全然問題ないんですが
(失敗しても撮りなおせばいいだけですし)
月のない時から撮影を始めるので
月の出始め~月光全開になるまでの露出がね
月のない時に予想して設定しなきゃならんのでしんどい

月に合わせると、この辺の田舎の夜景なんか
月明かりより全然暗いんで食われちゃうし

土星はシーズン、木星もだんだんなので
ちょっとP1000で遊んでみるかな



 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

現実化する電力不足に備える 増強すべきは容量か?回復力か?

どっちも

に決まってるんですが
そんなお金があったら苦労はしません


ロシアのウクライナ侵攻より
エネルギー危機・食糧危機が現実化しています。
あらゆるものが供給不足を理由に値上げされていますが
そこに輪をかけた円安の進行によりさらにヤバくなるのは確実。
そんな中、この夏は電力危機も叫ばれ節電要請が出るのは確実な情勢。
(節電したらポイントやるで~~だそうです)

昨年、災害などでの停電に備えてポタ電と100Wのソーラーパネルを1枚購入し
風呂(石油給湯器)、洗濯、お湯尻洗い、WiFi、スマホへの電力供給は可能なように備えました。
(電気を熱に変えるのは効率が悪いので電熱系には使用しません)
まあ、容量288Whで十分だとは思いますが
晴れないとポタ電への充電が間に合わない可能性があります。

そこで120Wのソーラーパネルを1枚追加し(100W 1枚、120W 1枚で計220W)
晴天の真昼であれば160Wでの発電を可能にし回復力を強化。
(まあ発電量はカタログスペックの70~75%くらいなんで妥当ではないでしょうか)
P1030829_1200

これで快晴の晴天で真昼近くなら2時間かからずに満充電可能。
ただ、以前から拡張バッテリーを購入して576Whに増強する腹積もりではいたんですが
EcoFlow RIVERのリチウムイオンバッテリーは三元系なんですよねぇ~。
3元系の寿命は500回と言われてますが、EcoFlowの3元系は800回と若干上乗せされています。

それでもより安全性が高く寿命が長いリン酸鉄系には及ばず。
少なくとも2000回という長寿命のリン酸鉄系にしようか悩んだんですが
技術の進歩は日進月歩なので、今はRIVERを容量2倍にして
さらなる技術革新による容量当たりの単価下落と長寿命化を待つことに。

P1030824_1200

EcoFlowの楽天直営店のキャンペーンで6/5限定で20%+5%で
¥5000引きくらいで買えたので即決でポチる。

P1030828_1200

これで日差しさえあれば長期間の停電でも
お風呂と尻洗いと洗濯と通信だけは確保できます。

えっ?
なんで風呂?

実は私以外は冷房のない酷暑の中で働いておりまして
汗でデロデロになって帰ってくるので風呂に入れないのはヤバい。
電力会社に焼き討ちに行ったりするといけないのでシャワー(風呂)は最優先。

あと洗濯はメチャ重労働なので洗濯機を動かし
お尻が洗えないのは困るので用足し時はトイレも給電。
トドメはWiFiでネットに繋げられれば困ることはないのでルーターも稼働。

これで停電でもしのげるでしょう。

もちろん平時はカメラとレンズヒーターに長時間給電可能だしね。

ちなみにコレ、家からは一銭も出てません(全部自腹)
なので、ご使用の際は1回¥100を徴収致します。

 セコイ (;゚Д゚)/



 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

月輪

Z72_3035_1200
暈(かさ)またはハロ
ボクの中では月輪(ガチリン)
お天気が悪くなる時に出やすいみたいに言われますが

 いや ずぅ~~~っと天気悪いッスよ

なんか梅雨に入っちゃってぇ~
(気象庁的には宣言してませんがこんだけ天気悪いと定義なんて関係ねぇ~)

天の川撮れねッス

タイムラプスで撮ったら面白かったかな?



 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

あの羽生結弦さんが3位?、ボク10位、なんかの間違いか?

Z62_8685_4000_1200
※写真は全く無関係です

あの羽生結弦さんが3位
そこにボクがなぜか10位に食い込んでます
スケートかなんかのイベントごと?
ちゃいます
(尻で滑るんなら負けんかもしれんけど)

まさか、スクショ載せるわけにもいかないので

 goo blog アクセスランキング
  ※5/27です 明日になるとどっか(ランク外)行ってます

※注)羽生結弦さんご本人ではなくファンの方の応援ブログです
   (こういうのを姑息な釣りと言います)


たぶん、スタッフさんオススメとかに載ったんだと思います
(そういうの応募した記憶ある)

まあ、ヌシが変人だし需要がないので続かないですけど
(手抜きできなくなるので不人気の方が気が楽です)


それにしても冒頭のお写真
新しいロケーションの開拓で通ってますが
まあ、星空が出ません
予報は太陽マークが並んでるのに
風もやまず湖面も明鏡止水になりません

このお写真は3時間数百カットで1枚だけ撮れたモノ
大自然の女神さまが憐れんでくれたのか?
ホント1枚だけ

えっと~
お初の場所ではやっぱ氏神様にお参りしなきゃいかんのでしょうか?

同じ会津でも南会津というか
半分中通りというか
会津の北側や猪苗代方面とは
ちょっと天気の流れが違って読めない

昨晩は雷と雨で追い返されました
(会津盆地は晴れ渡ってましたけど)

 相当嫌われてます?

今宵は現地の神社でお参りしてから撮影に臨もう





 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

NikonのZなら誰でも簡単に天の川タイムラプスが撮れます(11mm/12mm/14mm/20mm徹底解説)

Snapshot271

Nikonをもっと元気にして明るい超広角レンズの開発・発売を促そう
をコンセプトにNikon Zの魅力を発信するヤカンバカ一代
Zの星撮り人口を増やしてSONY並みに超広角レンズ群を拡充してもらいたい
という野望を胸に今日も会津の星空の下でNikonのZを振り回す

NikonのZは天の川をカメラ任せでキレイに撮れるので
天の川が撮りたいと思ってる方にはピッタリです
11mm、12mm、14mm、20mmでの画角や写り方などを
比較・徹底解説しています



最近仕事が忙しく、帰宅が20:00過ぎはザラ
ということで動画は5/20金曜日の19:30に公開です




 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (2)

2022年5月11日 (水)

タイムラプス動画版【ウルトラ超特大流れ星】

Snapshot265
先日のウルトラ超特大流れ星のタイムラプス動画版です



動画は明日5月12日の19
:00に公開します





 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (6)

2022年5月 7日 (土)

ウルトラ超特大流れ星現る!(火球に成り損ねを完璧に撮り損ね悔いが残ったというお話)

Z62_7428_1200
2022年5月7日 午前3時19分頃 福島県北塩原村  桧原湖湖畔 Z 6Ⅱ+11mm fisheye

別ネタのYouTube動画用の動画をZ 6Ⅱ,Z 7Ⅱの2台のカメラで撮影し
その動画用のナレーションを収録中
突如頭上(ほぼ真上)から閃光が走る

流れ星と認識するまで1秒
その後は「お~~~」「お~~~~」と感嘆の声しか出てない
(後日動画を出します)

長い
ザっと6秒くらいは流れていたのではないだろうか?
斜め上に向けた11mmのfisheyeなので
恐らく頭上真上くらいから流れ始め地平線近くまで流れた

移動距離が長いせいか?
やけにゆっくり流れた感じがするが
地図上の距離や高度を考慮すると
秒速10km程度の遅い部類の流れ星だろう
(完全なる憶測です)

 桧原湖は完全な鏡のような反射ではないがソコソコの反射
 天の川はウルトラ超特大流れ星を引き立てるかのように右によけている
 そして金星が顔を見せ始め、今話題の4惑星もちょうどそろい踏みしたところ
 (中央から左下へ 土星、火星、木星、金星)
 そこへほぼ中央上のオイシイ場所から下へドッカ~~~~ン!!
 大自然の女神は完璧な舞台を準備してくれた

数百時間、夜空にカメラを向けているが
ここまでデカイのはもちろん初めて

対角魚眼の縦方向は90°くらいの画角があり
天の川の大きさと比べても
この流れ星の巨大さがよくわかる
しかもコレ
流れ切る前にこのショットが終わって尻切れトンボなのだ

だが、これほど素晴らしい偶然を手繰り寄せながら

 詰めが甘い

やらかしによって
もう二度とこないであろうチャンスを半分棒に振った
そう! 今回は試し撮りの16:9のまま撮ってしまい
FXフォーマットではないのだ
もし、FXフォーマットであれば?
この巨大流れ星のリフレクションが桧原湖にしっかり写ったのである
このZ 7Ⅱ側で撮っていた写真のように
Z72_1188_1200
これは同時撮りのZ7ⅡとLAOWAの12mmで撮ったもの
しっかり光の矢がリフレクションしている
が・・・こちらはタイミングが悪く2秒のショット間インターバルが入り
Z72_1187_1200
前のコマは流れ始めしか写っていない

 ノォ~~~~~~

しかも、Z 7ⅡはSS20秒で撮っていたのを途中で15秒に変えていた
これがもし20秒だったら?
風が出てリフレックションが期待できないので途中でアングルを少し上に変えていた
これがもし元のアングルのままだったら?

もしかしたら、このウルトラ超特大流れ星リフレクションの一部始終を
1枚で撮り切れていたかもしれない

 むっ 無念! (;゚Д゚)


ここからは完全にタラレバですが
もし、このウルトラ超特大流れ星が最後に火球になっていたら
202108051200
こんな感じで先端がブルースピア(蒼き槍)と化し(2021年8月撮影)
完全無欠の1枚を手に入れることになったであろう
こちらはさすが、天の川撮りの神レンズと言われるZの20mm
(今回のfisheyeの方は若干ピントが甘い説あり)


そうなったら私は天に拳を突き上げ

 我が生涯に一片の悔いなし

と、その場で昇天していただろう(ラオウと呼んでください)


本来であれば前日に撮影に行くつもりであった
だが、2連荘の徹夜でその夜も夜なべすると
3日連続徹夜(昼間は少ししか寝れない)の上に仕事
夜になっても風がありリフレクションが期待できないので
前日の撮影を断念して今日になった

レンズは散々迷ってウルトラ超広角レンズコンビにした

場所の選定もバッチグーだった

撮り始めは天の川を隠していた雲も晴れ天気も完ぺきだった

偶然と自分の感はすべてに味方した

 しかし、やらかした

タイムラプス撮影は長丁場だ
撮りっぱなしで離れる方もいるが
私の場合は画像再生をONにして
時々撮影に不備がないか
確認している
今日は都合5時間半
2台合わせて1800ショット位
色々試したいこともあり、一旦撮影を切り
違うセッティングで撮りなおすこともある

真夜中
長時間
色々やると抜ける
さらに、どうせスゴイ流れ星は出ないだろう
どこかに諦めの気持ちもあった
別ネタYouTube動画の撮影も兼ねていたので意識が分散するのもあった

だが、今回の件で身に染みた
始めから終わりまで全集中

「ヤカンバカ一代の呼吸」

で集中力を切らさず撮り切る
今回の悔いが残る撮影と流れ星に誓うのであった





 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2022年5月 4日 (水)

正対するシンボルとモチーフを同一画角に収めろ!(表磐梯と夏の天の川)

Z62_557_copy-800
磐梯山がズレてますが理由はあとで

磐梯山には表と裏と右の顔がある
(左の顔は別の山に隠れてないに等しい)
筆者がよく夏の天の川と磐梯山を一緒に撮っているが

 あれは磐梯山の裏の顔だ

夏の天の川は北に面している
裏の磐梯山も同様
従って、この二つを同時に撮るのはいたって簡単だ
北から南向きに撮ればよい

右磐梯山も20mmでも同一画角に収められるほど
同時撮りは容易なナイスアングルだ

しかし、表磐梯山となると話は別
表磐梯山は南に面していて夏の天の川は北に面している
つまり、このふたつは正対(ほぼ180°)しているのだ

カメラのレンズには画角というものがある
見慣れた四角い写真にするレンズで言うと
9mmでも140°(対角)まではない

つまり、普通のレンズでは
このふたつを同一画角に入れるのは不可能なのだ

それを可能にするのが魚眼レンズ
画角がほぼ180°あるレンズだ
魚眼には2種類あって

 全周(円周)魚眼
 対角魚眼

全周魚眼は文字通り全方位180°写るが写真が円形になってしまう
一方の対角魚眼は対角だけ180°近く写るが写真は見慣れた四角い絵になる


筆者はタイムラプス動画撮りメインなので
インターバルタイマー撮影という自動撮影を行っている
動画が途切れるのでできるだけ途中で止めたくない
最初に表磐梯山がしっかり入った画角だと
夏の天の川の濃い部分が写らないことに気づく
途中で不自然な感じなくアングルを変えられるのはパン方向だけ
(ただし、カメラが真上を向いているので、この場合チルト方向に動く)
ここから自由雲台を構図を維持しつつロール方向(この場合パン方向に動く)
に動かすのは至難の業だ

で、冒頭の写真の如く
磐梯山は頭だけ写り、隣のナントカ山がどっかり写っている

今時はみずがめ座ナントカ星の流星群なので
幅広く撮って流れ星も入れてやるつもりだったが
画角が広いので小さくしか写らない
(中央上に1個写ってますがわかりますか?)

う~~~~~ん

もうちょっと追い込めば表の磐梯山も夏の天の川も
なんとか入れられそうな雰囲気だが
カメラの位置が地べたより30cmもないので
つらいんだよねぇ~

しかも対角魚眼は周辺部が大きく歪む
カメラを左右に振ると周辺部は
普段我々が意識する水平垂直ではない動きをする
そこへもってカメラは真上を向いている
こう動かすとあ~動くはずがその通り動かないのだ
正対する表磐梯をレンズの右上角に置き
流れてくる天の川を左下角に来るようにすると
カメラのモニター内では天の川は上から下に降りてくる

こっちがこうで
あっちがあ~

ダメだ

 脳が溶けるぅ~~~

今宵も快晴の予報
完璧を期してリベンジか?
今日は桧原湖リフレクションリベンジか

どうするオレ


追伸

Zレンズじゃないので写りは
 イマサン
ですね (;^ω^)





 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (2)

2022年4月30日 (土)

人の人生ってわかんないもんですねぇ~(桜と天の川を撮りつつ思いにふける回)

Snapshot260
人は自分の力で人生を制御しているつもりでも
多くの人・モノ・コトに振り回されて生きている

何気なく見た動画ですら
その後の人生を大きく変えることだってある

それが自分の未来にとって

 いいことなのか?
 悪いことなのか?

誰にもわからない

星空を撮っている時が
人生で最も暢気に過ごせる時間なのかもしれない
それでも気象現象に撮れ高は左右されるが
己が人生を左右するほどのことでもない

ん?
400年に1回とかの天文イベントだと
一大事だ (;゚Д゚)




星を撮っていてつくづく思うことがある
それは思いがけず火球が撮れたことや
諦めた状況下で素晴らしい天の川が撮れたりすること

結局はやってみなけりゃ~わからないのが人生だし
行かなければ撮れないし、諦めたら撮れないのが写真道

己が人生、この先どうなるのか?

 撮影中に未知との遭遇で宇宙人にさらわれるかもしれないし
 湖から這い上がってきた貞子と仲良しになって貞子の悩みを聞いてあげてるかもしれない

そんな中でわかっていることがある

今日明日明後日は天気が悪い (-_-メ)
人生とは耐え忍ぶことなのだ

動画は間もなく(19:00)公開です



 

 

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

«真夜中にばっかり撮ってる男がおっかない目に遭っていないとでも?