« 自転車でヤセル為に・・その弐 | トップページ | CS400レビュー・・・その参 »

2007年9月12日 (水)

ど素人尻痛と戦う

減量の為に自転車の乗ったのはいいのですが
尻痛で自転車に乗るのがイヤになった人も多いのではないでしょうか?。
尻痛を防ぐには正しい知識が必要ですが
そこに至るのは容易な事では無いと思います。

尻痛の原因は人それぞれですが
尻痛軽減のカギは下記リンクにあるかも知れないので参照して下さい。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/saddle.html

http://319ring.net/kaiteki/index.html

http://japgun.hp.infoseek.co.jp/centuryride/fsaddle.html

ちょっと愚痴らせてもらえれば、本などで通り一編のアドバイスがなされていますが
アドバイスをしている本人が、「骨盤の大きさは普通だが尻は2倍の大きさだ」
という人ではないでしょう?。
普通の尻の人が特異な尻をしている人の痛みや苦しみなど分かるはずもないような
気がします。(所詮他人ごとだし太ってる方が悪い?) 

何にせよ、尻にかかる重さがキーとなるので
まずは体重を落として尻にかかる負担を減らさなけねばなりません。
何とか今のMTBもどきで尻痛を軽減させ
気持ちイイ長距離ライドを楽しみたいものです。

【ヒストリー・ザ・尻痛】
素人の私は、MTBもどきでもママチャリ乗りをしていました。
長年ママチャリに乗ってきましたから
自転車はそういう風に乗るものだと身体に染み付いているのでしょう。

高校時代にスクーターだってそういう姿勢で乗ってたじゃないですか!
今だって1000人中999人はママチャリ乗りをしていると思います。

だいたいチャリンコは売ってる時点で大体が高めのハンドル
「足が付かないと危険ですよー」とサドルは低くセットされますよね?。
そういう店で買った方も悪いのかも知れませんが、まあ専門店でもないし
むこうもコチラを一般人と認識しているので安全第一のセッティングにします。
これでは勉強でもしてなければママチャリ乗りになってしまうのが当然です。
そのような無謀な体勢で乗っていれば
硬いサドルでは猛烈な尻痛に襲われる事間違い無しです。

そこで素人が次に思いつく事と言えば、柔らかいサドルにするということですね。
当然新たにサドルを買おうなんて思いませんから
ママチャリのサドルを失敬することになるしかないでしょ?
それでもキチンとセッティングが出ていませんので当然尻は痛くなります。
次にどうするか? そうジェルカバーを付けます。(値段も¥1600位だし)
それで少しは良くなるのですが
やはり長距離ライディングでは疲労よりも尻痛でダウンします。

どんな痛みが襲ってくるのか?・・・痛みは一種類ではありません。
まず知識も何も無いからアンダーウエアには気を使わないので
下着のシワと汗で濡れた下着によって擦り傷ができる。
これはシャワーを浴びるとピリピリするので「ズル剥けしたな」と分かります。
(走行中はそれより辛い痛みに耐えているので気づかない)
軽いうちは自転車に乗るのに支障はありませんが
酷くなれば走行中にも痛みを感じるようになります。
(ただしこの痛みはガマンできます)
次は打撲痛のようなもので筋肉痛のように動かしても痛くはありませんが
押すと「ズワァ~ン」という痛みが襲ってきます。
私がガマンできないのはこの痛みで、酷くなると数日間自転車に乗れなくなります。

当然サドルに座ると言う行為は尻を押すことですので
座っている限りこの痛みに襲われ続ける訳です。

この痛みを避けるために頻繁に尻のポジションを変えると
上記の擦り傷ができやすくなります。

こうしてジェルでもダメだと分かった時
ようやくどうすればいいか真剣に考えるようになるのです。

今はサドルの高さなどを少しずつ調整しながら
2時間走行しては尻痛を確認する作業を続けています。

安物MTBもどきとは言えママチャリサドルはカッコ悪りぃ~。
しかし、これ以外のサドルでは尻が持たない。
先日、元々付いていたサドルにジェルカバーを付けてチャレンジしましたが
やはり1週間は自転車に乗れなくなりました。
走行経験を積んで一つハッキリしているのは上りではメチャケツが痛くなると言う事。
平地でガンガン漕いでいると尻痛は軽減されます。
これは一所懸命漕いでいるときはペダルに体重を乗せる割合が多くなり
サドルへかかる重量が減った為と思われます。

上りでは一生懸命漕いでも尻が痛くなるのですが
これは傾斜でサドルが後ろに傾くのに、身体は垂直から前傾を保とうとするので
玉袋の根元当たりにサドルが鋭角に突き刺さっているからだと思われます。
サドルを僅かに前下がりにすると良さそうですが
エンゾ師匠は「それはいかん」と言っています。  う~んどうすれば?・・・・・

いずれ自分に最適なセッティングを見つけられるとしても
相当時間をかけないとダメなような気がします。
うっ! 気が重い。
ですが、少なくともママチャリサドルジェルカバー付きで尻痛が克服できなければ
新車でそれよりも硬いサドルでは到底尻痛が軽くなるとは思えません。

最悪お高いロードバイクにママチャリサドル?・・・・・・それだけは避けたい。

【今回の走行記録】

20070908_20km_cource01_graff

20070908_20km_cource01 9/8  20km  1時間トレーニングコース

20070909_40km_cource01_graff

20070909_40km_cource01 9/9  40km  2時間トレーニングコース

9/2~9/8の週にようやく週間100kmを達成。
 
走行距離  : 104.3km
 走行時間  : 4時間57分
 消費カロリー  :  3613kcal

一口に週間100kmというがサラリーマンでど素人のメタボライダーにはチト大変です。
(休みに天気がいいとは限らないし)

【これまでの累計】
 
累積距離  :  372.5km
 総走行時間  :  20時間
 総消費カロリー  :  13783kcal

明日も新しいセッティングで60km程走行して尻痛の確認をする予定。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 自転車でヤセル為に・・その弐 | トップページ | CS400レビュー・・・その参 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ど素人尻痛と戦う:

« 自転車でヤセル為に・・その弐 | トップページ | CS400レビュー・・・その参 »