« CS400レビュー・・・その参 | トップページ | リバイブ »

2007年9月21日 (金)

安達太良山登山

今週は安達太良山に登る為にサイクリングをお休みしました。
万が一、登山中に脚がイッちゃったら大変な事になるので大事を取っての事です。
先年磐梯山に登った時、上りでは呼吸器系がオーバーロード
下りでは脚がガタガタになってしまいました。

最近は自転車で鍛えているので、多分大丈夫だとは思ったのですが
体重が重い人が登山をするというのは想像以上に大変な事なのです。

【CS400のセッティング】
CS400は気圧から高度を算出しています。
気圧は変動が激しいので、一度セットしても毎日変わってしまいます。
自転車はほとんど自宅から出発するので、自分の家の高度でキャリブレートを行い
オートキャリブレートをオンにすると、エクササイズをスタートした時点で
必ず自分の家の高度からスタートするようになります。

今回は自宅がデータを取得する為の出発地点ではないので
オートキャリブレートはオフにして
出発時にキャリブレートを行い基準高度にする事にします。

安達太良エクスプレス(ゴンドラ)の山頂駅の高度は1350mとの事。
CS400の高度表示は1305mなので誤差は45m程。
自宅でキャリブレートしてから2時間ほど経っているので
気圧が変わっているかも知れませんが、頂上でも50m程度の誤差でした。 

【安達太良登山】
山頂駅から頂上までは1時間20分程で到着。
ガイドでも1時間20分と書いてあるので
筆者の体力がようやく普通の人並みになったということです。

もっと心拍数を上げてスピードアップする事もできたのですが
自転車とは異なり、山上での体調不良は大勢に方に迷惑をかけることになるので
本能的に心拍数はセーブ気味。
まあ、登山時に心肺系のトレーニングする必要は無いと割り切り
登山と景色を楽しむことにします。(筋肉系は黙ってても鍛えられるし)

頂上からの眺めはまさに絶景ですが、今日は秋晴れではなく夏晴れだったので
空の透明度が低く霞がかったような感じで遠景は楽しめませんでした。
よって景色写真は撮りませんでした。(磐梯山も雲をかぶってたし・・・・)

Adatara_sanchoeki_woman 福島側はご覧の通り雲だらけ

20070920_adatara_tozan_graff_2

安達太良山の頂上には乳首がありますが
高度カーブにもキチンと乳首が出ています。
(一部スタートボタンを押し忘れて形が崩れてしまっています) 

Adatara_tikubiyama_woman02_2

写真はアングルが悪くてちょっとわかりづらいですが乳首山と言われる所以。

Adatara_tikubiyama_woman

この後、乳首にも登ったのですが高所恐怖症の筆者には・・・。

Adatara_santyo_futari 晴れて頂上に到着

後ろに見えるのが乳首の部分、このアングルだと乳首には見えません。

Adatara_yakusidake_woman022 乳首の上

これが本当の頂上・・・・こちら側は雲が少なくまさに絶景。
しかし筆者は高所恐怖症の為、景色を楽しむ余裕なし、
当然、お社にはお賽銭をあげて何かを祈願!。

Adatara_numanodaira_woman2

1900年の噴火口 「沼の平」。
まさに死の世界と言った様相で現在は立ち入り禁止。

この後
峰の辻 → くろがね小屋 → 馬車道 → 安達太良渓谷遊歩道
を通ってスキー場に到着。

馬車道はダラダラした下りで見るべきところも無く飽きるのですが
遊歩道まで行けば遊歩道はグッ!
最後にホテルの温泉に入って疲れを癒して帰宅と相成りました。

Dekakinoko480 途中見つけたデカきのこ

誰も取らないところを見ると毒キノコ?・・・なんだろうな~やっぱり。

【本日のデータ】
運動時間      :  4時間15分
消費カロリー  :  1881kcal


 blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« CS400レビュー・・・その参 | トップページ | リバイブ »

減量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山登山:

» 食事でのちょっとした工夫!! [ダイエット@カロリーコントロール奮闘記]
みなさんは、ダイエットするにあたって食事の時に何か工夫してる事ってありますか?? [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 19時00分

« CS400レビュー・・・その参 | トップページ | リバイブ »