« レークラインと中津川渓谷 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その弐 »

2007年11月 9日 (金)

リバイブに乗って(登坂実走編)

旧型リバイブの平地での実走は以前行いました。
登坂能力についてのシミュレーションもしました。
あとは実走するのみと言う事で雄国沼の萩平駐車場まで上ってみることにしました。

まずは前半の平均勾配4.2%を恐る恐る上ってみます。
勾配6%になるとペダルが重い重い。おい!こりゃ~筋トレだって

登坂速度は心拍数を押さえ気味なので6km/h程度。
勾配8%になると、ケイデンスは30rpmで速度は5km/hに。

ここでやめとこうか・・・とも思いましたが、ココまできたら上がってみっか・・・
ということで、その先の平均勾配9.5%にもチャレンジ。
前回の頻脈の事もあったので
今回は心拍数は150bpm以下に設定し上ることにします。

勾配10%超では4km/h台と歩行速度並み。
MTBルック車よりもギアが重い分、ケイデンスは30rpm以下となってしまいますが
この速度帯では直進性を保つのに神経を使います。

振ら付いてペースが乱れると後が苦しいし、安全上もよろしくないので
気をつけたいのですが、小口径でロングトレッド車がこの速度ではねぇ~。

ファイナルローでもギアが重いのでケイデンスは30rpm以下になってしまい
ギッシギッシと加速・減速を繰り返しながら走る感じです。
ばあちゃんがちょっとした坂を上がっている時もこんな感じだったなぁ~

このような運動様式は、中負荷の筋トレをやってるようなもので
こういうトレーニングがあってもいいかなぁ~とも思います。
リバイブなので普通の自転車とは使う筋肉が違うようです。

つま先漕ぎだと膝の辺りの筋肉を酷使しますが
それ以外の筋肉はそれほどでもないようです。

漕ぐ力を受け止めるのは背中と背もたれで、手の引きつけは
ある程度できますが急勾配だと前輪が浮く感じでトラクションが激減します。
かかとで漕ぐと、つま先漕ぎよりは使う筋肉が分散されますが、
姿勢が立ち気味なので力が入れにくく、急勾配を上るにはパワー・持久力とも
不足気味です。

そもそも登坂用の自転車ではないのですが
ノーマルなままでも連続して結構な坂を上れます。
所詮、自転車は乗る人の能力次第の乗り物なのですから
力のある人が乗れば上れるのは当然ですが・・・

Revive_03 萩平駐車場から喜多方平野を望む

重めのギアでもガンガン上れる強心臓の人は別にして
メタボ人は、やはりギアは変えたほうがいいですね。

フロントを24Tくらいのギアにすれば5km/h以下でもケイデンスを60rpmくらいで
回せるので比較的楽に上れると思います。MTB用のクランクセットを付けられればいいね

上り続きでも、ケツやチ●チンが痛くなったり痺れたりしないし、平地を高速で走る
のは向かない自転車なので、実はヒルクライム向きの自転車だったりして。

もう少しシートポジションや背もたれの角度などの調整幅が広ければベストですが
現状は身体にピッタリフィットとはいかないので「どうすんべ?」

★下りはペダルを漕がずに重力任せで下りてみる。

最高速度は63km/hで車体の剛性も問題なく、恐怖感は全くなし。
反応がクイックなので、高速走行時のカーブではハンドル操作や体重移動は
気をつけた方がいいです。このスピードで落車したら死んでしまう・・・と思う

ドコに行っても目立つ自転車、こいつで峠をウロウロしていれば目立ち度MAX。
「いかにも」の自転車で、「いかにも」の格好で峠を走っていても
それはそれで当然カッコイイですが、リバイブで峠にいたらきっと・・・。

だから「変わりモン」と言われるのでしょう・・・・


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« レークラインと中津川渓谷 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その弐 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバイブに乗って(登坂実走編):

« レークラインと中津川渓谷 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その弐 »