« 雪国で盆地のハンデ | トップページ | Optio S40 使いこなし術 »

2007年12月 3日 (月)

不整脈は冬に

初めて救急外来に行ったのは、8年前の11月30日でした。
夜8時過ぎに突然息苦しくなり、呼吸困難に陥ったのです。
今考えると、これは頻脈の発作によるものと思われます。

過去6年間に循環器科の病院へ行ったのは下記の通りです。
 12月 2回 (ホルター1回あり)
 1月 3回 (ホルター2回あり) 
 2月 3回 (ホルター2回あり)

この事から、11月中旬以降から2月末くらいまでが
不整脈が増える時期だと思われるのですが、これはどういうことでしょうか?。

下図は矢印の部分に頻脈の発作が現われていますが
キッカケと言えるような明確な要因は見当たりません。

直前の行動は、目の前の信号が切り替わるのでスピードを上げた後
別の信号で停止した事くらいです。

20071125_hinmyaku_graff02 頻脈発生時の走行データ(1)

下図はランニング時に頻脈が発生した時のデータです。

20071127_hinmyaku_graff02 頻脈発生時の運動データ(2)

特別、坂を上ったり、スピードを上げて心拍数を上げた訳でもないのに
突然頻脈が現われています。

7月から自転車を始めたのですが
サイクリング中に頻脈に襲われるようになったのは
10月30日のレークラインに行った時からです。

同じように山に上ったり下りたり、心拍数を上げたり下げたりという刺激を
身体に与えていたのにも関わらず、暖かい時期に頻脈は起きていません。
これにより、運動という要素が単独で頻脈などの不整脈を誘発しているのでは
無いと思われます。
 気温の低下
 気温の変動が大きい
 運動時
 食後

頻脈や期外収縮の発生頻度が多くなるのは
上記の要素のいくつかが重なった時が多いようです。

恐らく気温の低下と気温の変動が大きい事と
運動や食事などの刺激によって交感神経が活発になることで
頻脈や期外収縮が多発するのではないか?と思われます。

コレに当てはまらないケースもありますが
今の時期に調子が思わしくないのは身体への外的刺激(寒さと温度変化)が
キーワードなのかも知れません。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 雪国で盆地のハンデ | トップページ | Optio S40 使いこなし術 »

不整脈」カテゴリの記事

CS400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈は冬に:

« 雪国で盆地のハンデ | トップページ | Optio S40 使いこなし術 »