« 雪かきの消費カロリー | トップページ | スバル ステラカスタムRS試乗記 »

2008年1月 8日 (火)

FZ18の望遠力

PanasonicのデジカメDMC-FZ18

このカメラを選んだ理由は色々ありますが
決め手の一つがズーム性能とテレマクロが使えること。

箱出しで光学18倍ズーム(8M)
画素数を5MにすればEX光学ズームで23倍
3MならEX光学ズームは29倍。

デジタルズームで最大115倍(3M)・92倍(5M)と
リズナーブルな天体望遠鏡並みの倍率となります。

実際撮影すると、どのくらいのものか実写してみました。

ターゲットは150mくらい離れた歩行者用信号機を安物の三脚を使用して撮影。
歩行者用信号機は写真中央の手前電柱のやや右側にありますが
下の写真では確認できません。

1bai_5m 28mmで撮影

2008/01/06 14:01:44/2560 x 1920/焦点距離 4.6mm/35mmフィルム換算 28.0mm/1/200 秒/ISO100/絞り F5.0/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

28mmでは広角過ぎるので、見た目に近い感じでトリミングしました。
この写真では信号機の存在は確認できません。

----------------------------------------------------------------

10bai 光学10倍ズームで撮影

2008/01/06 14:03:36/2560 x 1920/焦点距離 37.9mm/35mmフィルム換算 294.0mm/ 1/200 秒/ISO100/絞り F4.5/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

10倍ズームで信号機の存在が確認できます。

パソコンで拡大すれば信号機の文字の認識も可能ですが
光学10倍ズーム機ではこれが限界となります。

----------------------------------------------------------------

18bai_2 光学18倍ズームではこのくらいで写ります

2008/01/06 14:00:44/2048 x 1536/焦点距離 52.5mm/35mmフィルム換算 510.0mm/ 1/160 秒/ISO100/絞り F4.0/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

ここまでくると拡大しなくても信号機の文字は読めます。

普通ココまで離れたものを撮る事はないでしょう。

筆者の場合、高校球児の長男は外野手なので
これを何とか写真に収めたいと高倍率ズームのカメラを選びました。

スタンドから守備位置まで100m近くは離れているので18倍では足りないようです。

----------------------------------------------------------------

【EX光学ズーム】

デジタルズームのように画質を劣化させずに、より高倍率を得ることが出来る。

EX光学ズームのしくみ

18bai 23倍ズームは画素数が5Mで使えます

2008/01/06 14:03:09/2560 x 1920/焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 642.0mm/ 1/125 秒/ISO100/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

最高画素数の8Mでは使えないEX光学ズーム機能で
記録画素数を5Mに設定すると23倍ズームが使えるようになります。

ここまでくると拡大しなくても信号機の文字はハッキリ読めるようになります。

これでも外野手をアップで撮るのは無理?。

----------------------------------------------------------------

28bai 29倍ズームは画素数が3Mで使えます

2008/01/06 14:00:12/2048 x 1536/焦点距離 82.7mm/35mmフィルム換算 803.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

記録画素数を3Mに設定すると29倍までEX光学ズームが使えるようになります。

これでも外野手はムリでしょうか?。

3Mで全身撮影となるとクオリティも???ですね。

別売りのテレコンバージョンレンズを装着した場合
光学ズームだけで約30倍のズームが使用できます。
この場合、画素数は8Mのままで30倍だですが、5MのEX光学ズームだと39倍
3MのEX光学ズームを利用すれば48.8倍までアップします。

----------------------------------------------------------------

【デジタルズーム】

画像の一部を拡大して引き伸ばすので
画質が低下する為あまり利用したことがなかったのですが
72~195倍(テレコン+EX+デジタルズームの最大)となれば
画質の低下を補って余りあるのではないでしょうか?

パソコンがあればパソコン上で同じ事ができますが
その場で拡大されたものを見ながら撮れるのは魅力だと思います。

72bai EX光学ズーム23倍×4倍デジタルで92倍

2008/01/06 14:02:46/2560 x 1920/焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 642.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

画質がイマイチのように感じますが、デジタルズーム+雨が降っていて
コンディションが悪いせいなのでやむを得ないでしょう。

よーく見ると雨粒が写っているのがわかりますが
このコマではかなり大粒の雨が降っていました。

肉眼で僅かに存在が確認できる程度のものを
ココまで拡大してファインダーに捉える事ができるのだからスゴイと言えばスゴイ。

100m先の高校生なら、ここまで倍率を上げなくても全身が写せるでしょう。
(変質者ではありませんよ)

----------------------------------------------------------------

114bai EX光学ズーム28.7倍×デジタル4倍で115倍

2008/01/06 13:59:16/2048 x 1536焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 803.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

このコマも雨が降っていますが、雨粒が小さいので上のコマよりも雨が見えにくい。
このくらいの倍率になれば150m先の人間の顔もハッキリ写るでしょう。

【いい写真が撮れるかは別問題】

現在、テレコンバージョンレンズを購入待ちですが
これを装着すると5MのEX光学ズーム+デジタルズームの最大で156.4倍
3MのEX光学ズーム+デジタルズームの最大で195.2倍にもなります。

望遠で遠くを見れれば、それを見たまま写真にできるかというと
実際は色々制約が入ります。

晴天時でもないとシャッター速度を上げれず、
躍動感のある写真をキレイに撮るのは難しいかも知れません。
(ここまでの高倍率での撮影経験が無いので実際撮影してみないと分かりません)

さらに、これだけの倍率で撮影となるとブレ対策が大変です。

三脚+セルフタイマーでの撮影が必須となりますが
安物三脚ではシャッターを半押ししてAFロックをするだけでかなりブレます。
狙った構図でカメラを固定するのも一苦労です。

さらにAFロックでブレが発生しますが、シャッターを切ってシャッターを離した後
狙った構図である元の位置に戻らないことも多いのが悩みどころ。

倍率毎の見え方の比較などのように
同じ場所をおなじアングルで撮影する場合などは難易度が高くなります。

残念ながらFZ18ではリモコン撮影が出来ません。
天体望遠鏡の微動雲台などを利用すれば
静止状態での高倍率の撮影はやりやすくなると思います。

しかし、動いている被写体を撮る場合は別です。

100m先のランダムに動く被写体を適切にフレーミングし続け
ベストショットを撮るなんてことは不可能に近いかも知れません。

デジカメなので撮りまくれば、望みの一枚が撮れるかも知れませんが・・・。

実売4万チョイのカメラながらココまで可能性を追求できる。
いいカメラですね~・・・あとは腕の問題ですか?・・・。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 雪かきの消費カロリー | トップページ | スバル ステラカスタムRS試乗記 »

DMC-FZ18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FZ18の望遠力:

« 雪かきの消費カロリー | トップページ | スバル ステラカスタムRS試乗記 »