« ゴールドライン制覇 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その参 »

2008年10月23日 (木)

脚に優しいのはどっち?

最近、自転車を始めた知人がいます。

大内宿と美里町を結ぶ峠道
時空の森ヒルクライムの舞台である氷玉峠の麓に関山という地区があり
そこに住んでいる彼は 「関山のクマ」 と呼ばれています。

関山や栃沢、氷玉峠に上る途中のいたるところに「クマに注意」の看板が・・・。
本物のクマに注意の意味と、関山のクマに注意の意味がこもっているとか。

なぜ?・・・
手の届く範囲に食い物を置いておくと食い散らかしていく・・・とか、
笹薮で野グソをしていて本物のクマに間違えられて鉄砲で撃たれた・・・とか
様々なウワサが流れているが真偽の程は定かでは無いようです。

さて、そんな彼の愛車には105のコンポが搭載されています。
 いきなりロードのギアかい?・・・
 ヘタレな脚では峠は上れないぞ・・・
との筆者の警告を無視して、最軽フロントインナー30、リア25というギアで
初めて氷玉峠にチャレンジした彼。

出発して僅か数百メートルの栃沢で心拍数200という突然死警戒領域に突入
しながら無事生還したというツワモノ。
ビギナーにありがちな無茶しやがって・・・。


そんな彼も、今では氷玉峠を普通に上れるようになったらしい。

一方、私は頻脈の発作が怖いので心拍数は160以下に抑えている関係上、
愛車のギアはDEOREでフロント22、リア32という軟弱者のギアを装備。

しか~し以前のフロント28、リア28のギアよりも上れる高度が低下。
しかも、スタミナ・肺には余裕があるのに脚が死んでしまいます。

ここで問題。

山登りで軽いギアでシャカシャカ上るのと、重めのギアでエッチラオッチラ上るのは
どちらが脚に負担がかからないのだろうか?。

一般的には軽いギアと言われていますが本当?
※ギア比などは考慮に入れない極端な例です

A : 重めのギアで高度500m・距離8kmの峠道を時速8kmでケイデンス30rpm、
   1時間かけて1800回漕いで上る

B : 軽いギアで高度500m・距離8kmの峠道を時速4kmでケイデンス60rpm、
      2時間かけて3600回漕いで上る

Aは一漕ぎの脚にかかる負担は大きいが筋肉の収縮回数が少なく運動時間は短い。

Bは一漕ぎの脚にかかる負担は小さいが筋肉の収縮回数と運動時間が
 Aの倍になっている。

どうも私は速筋中心の体質なのでAの方が性に合うらしく
関山のクマもやはりAの方がいいそうです。

そういえば同じような体型、体重、生活習慣、筋肉の質をしていますな~。
お互い馬力はあるが持久力に劣るタイプ。

二人とも100kmを走れるようになったが、アスリートになるのは無理?
二人とも85kg超級なのでしょうがないと言えばそれまでですが。

予断ながら、ヒルクライムなどのレースでハンデ戦がないのはいかがなものか?。
体型までコントロールすることも実力のうちなのは分かっていますが
レース参加者の最重量者に合わせて重りを背負ってレースをしたら
時空の森ヒルクライムで30分くらいでゴールする方は
どういう走りをするのか見たいものです。
そういう方の斤量は恐らく30kg近くになるのでは・・・とふんでいる。

いい自転車を持ち、鍛え上げられた肉体と精神の持ち主が勝つのはレースの王道
ですが、、誰が勝つか分からないビックリ斤量戦の部門があれば
重くて遅い人だって勝ち目が無い訳じゃないので
別の意味で白熱のレースが繰り広げられえるかも?・・・と思う今日この頃でです。

2009/08追記-----------------------------------------------

先日 『関山の熊』 が190kmの長距離走行を達成したそうです。
(内4kmはガケ崩れで自転車を担いで歩いたそうな)

時空の森ヒルクライムに参加し、タイムが50分を切ったそうです。
彼は関山のクマからアスリートになってしまった。 スゴイ! 脱帽


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« ゴールドライン制覇 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その参 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

はるちゃん
100kmも走れば、よっぱらです

手はしびれる
ケツは痛い
チ〇〇ンも痺れる
そして、脈が100位から下がらなくなる

そのかわり、消費カロリーは4000キロカロリーを超えるので
ダイエット効果は抜群
はまってる時は麻薬と一緒でしたね

投稿: まんたろう | 2013年7月28日 (日) 21時18分

1日190km もすごいけど。

投稿: はるちゃん | 2013年7月28日 (日) 10時38分

はるちゃん
だはははは~
この二つはつながってないんだよ
190kmは丸一日かけて

50分で走るのは距離13.5km、高低差600mの峠道

190kmを50分だと高速を走る車だ・・・

投稿: まんたろう | 2013年7月27日 (土) 20時25分

自転車で 50分190km?

投稿: はるちゃん | 2013年7月27日 (土) 15時11分

自転車。。。

乗れません。。。

いまは、不整脈がこわくて、自転車に挑戦してみたい という気も失せました。。。
(._.)

投稿: はるちゃん | 2013年1月20日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚に優しいのはどっち?:

« ゴールドライン制覇 | トップページ | 不整脈とサイクリング・・・その参 »