« フロントロードノイズ対策1/4 | トップページ | フロントロードノイズ対策2/4 »

2009年7月31日 (金)

リアロードノイズ対策1/2

運転席側のリアのロードノイズ対策を実施。
狙いは雨天時の「シャー」という音の減少。
水たまりに入った時の「ゴワーッ」っていう音も減らしたい。

できれば、荒舗装道路の「ゴー」という音も減らしたいのですが
その手の音(振動)は、ほとんど減らせないでしょうね?

高音が減る分、低音が気になるようになるんでしょうか?・・・。

---------------------------------------------------------

※この静音化は車外のタイヤハウス内側に施します。 

走行中の脱落等による事故防止の為十分な注意が必要です。
改造は自己責任で行って下さい。 

当ページを参考にした改造によって発生した事故に関して
筆者は一切責任を負いません。

---------------------------------------------------------

まず遮音シートをタイヤハウスで型取りします。

1枚モンでは無理なので4分割で作成しました。

フェンダーのツメの部分などを利用して
万が一接着が剥がれても脱落しにくいように形状を考えて型取りしました。

Rearsheetset ブチルテープとシーラー(弾性接着剤)とガン

タイヤハウス内をきれいに水洗いして、アルコールティッシュで脱脂後乾燥させます。

アルコールティッシュで脱脂?・・・とお思いでしょうが、ワタシのオデコの脂が
キレイに落ちるヤツは脱脂能力が十分にあります。

Rear_wheel_house_kakoumae03 かーるく制振材?が塗ってありますが・・・

Rear_wheel_house_kakoumae01 継ぎ目にけっこう段差があります

Rear_wheel_house_kakoumae02 水しぶきが当たったら響く?

ブチルテープとコーキング材をタイヤハウスに貼って(塗って)いきます。

Rear_wheel_house_kakouchuu0 弾性接着剤の方が安心ですが値段が・・・

遮音シートの継ぎ目、タイヤハウスに元々あった段差の所など
水の浸入・接着不良防止と制振効果に期待して分厚く塗っていきます。

弾性接着剤だと1本¥1300位、変性シリコンコーキング材だと1本¥500位です。

330mlタイプをタイヤハウス1箇所につき約1本使用しますので
4ヶ所施工だと金額に結構な差が・・・。

型取りした時と同じ位置になるように注意しながら遮音シートを貼っていきます。
接着無しの時のような微妙な位置調整は不可能です。
触れたところがくっついちゃうので、たいがい微妙にズレます。

不織布側を接着側にしましたが、最後にアンダーシールドで防水処理を行うので
不織布側を表に出したほうが接着力アップにつながりましたね。

Rear_wheel_house_kakouchuu5 継ぎ目は接着&シールの為にしっかり塗ります

Rear_wheel_house_kakouchuu3 見えない内側は鏡で確認しながら

Rear_wheel_house_kakouchuu2 時間が勿体無いのでマスキングも実施

Rear_wheel_house_kakouchuu1 マスキングはしっかりやらないと大変な事態に!

Rear_wheel_house_kakouchuu4 バンパー内側はアンダーシールドのみを塗ります

約1日置いてコーキング材(または弾性接着剤)を乾燥させます。

---------------------------------------------------------

コーキング材が乾燥したら、いよいよアンダーシールドの塗布です。

Mh602

ソフト99のアンダーコートより高いです
値段分の違いが効果に表れるのでしょうか?

Rear_wheel_house_kakougo02 サス周り・・・この辺が一番肝心?

Rear_wheel_house_kakougo03 マスキングの隙間から結構漏れます・・・

Rear_wheel_house_kakougo01 ちょっと光って見づらいですが・・・

Rear_wheel_house_kakougo05 フェンダーの内側のツメの部分もしっかりと

Rear_wheel_house_kakougo04 近距離噴射はダマになります

アンダーシールドの重ね塗りは30分間隔で・・・と説明書に書いてあります。

乾燥にも一昼夜必要とか・・・、塗ってみると1本使わないと効果的な厚塗りには
ならなそうだったので1本使いました。

塗布後1週間が経ちましたが、いまだに表面はペタペタします。
乾いていない感じで、砂とか干しカエルとか色んなモノがくっついてます。

タイヤハウス1箇所に材料費が3千円くらいかかりますが
半端にやって効果が無かったと後悔するよりは
お金をかけてもしっかりやった方がいいでしょう。

それで大した効果が無ければ、静音化に諦めがつくというものです。

---------------------------------------------------------

事件発生です。

塗料が大して飛ばないだろう
そこまで回り込まないだろう
という甘い考えのせいでマスキングしてなかったところやマスキングの隙間から
コート材が塗装面に・・・・ギャー

回り込んだ塗料は、水垢除去剤と粘土でやさ~しく除去します。

---------------------------------------------------------

効果の程は・・・

運転席側のフロント半分とリアのみの施工と半端な状態ですが、
「シャー」は半減、ただし道路がビシャビシャの時は多少静か程度です。
これは他からの音の侵入が多くなるせいでしょうか?。
砂や小石の巻上げ音は、1/3くらいになりました。

水たまりの「ゴワーッ」は、「ツァー」って感じに。
荒舗装道の「ゴー」は違いがわかりましぇん。
最終的に4箇所全て施工後の違いが楽しみです。

---------------------------------------------------------

サイドスカートに水が当たる音は 「ツァー」 って感じなんですが
これはドアの下側の隙間から音が入ってくるんでしょうか?

ドアシールの内側に防水スキマテープ類の施工も必要になりますね。
静音化無限ループにはまり中


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« フロントロードノイズ対策1/4 | トップページ | フロントロードノイズ対策2/4 »

JB1ライフ静音化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアロードノイズ対策1/2:

« フロントロードノイズ対策1/4 | トップページ | フロントロードノイズ対策2/4 »