« ラゲッジルームの静音化 | トップページ | フロントロードノイズ対策1/4 »

2009年7月16日 (木)

天井の静音化

天井に制振・遮音・防音(断熱含む)の静音化対策を実施すると
雨音の軽減や冷暖房効率アップ、ロードノイズやトンネル走行時の騒音軽減などが
実感できると 『みんカラ』 で拝見したので、ライフ静音化第2弾は天井の静音化を
実施しました。

作業工数は9時間、材料費は¥5000程かかりました。

使用部材は、「レジェ」 「レアルシルト」 「ニードルフェルト」 「遮音シート」
「バスコーク白」(コーキング剤) 「超強力両面テープ」 です。

まずは天井パネルを外す為、天井に付いているパーツを外します。

090704_asistglip_hazushi アシストグリップを3箇所外します

090704_bizer_clip 090704_bizer_clip_hazushi

バイザーのクリップは横に回して引っこ抜く ↑ ↓

090704_bizer_clip_hazushi02

↓リモコン受光部を外します。

黒い遮光カバーはミラーの根元側を引っ張って浮かせミラー側へ引っ張ると外れます。

090704_remokon_jyukoubu 

リモコン受光部の基板を外しカプラーを抜いてから、樹脂のカバーは引っ張って取る。

090704_mirror_hazushi 3本のプラスネジを外してルームミラーを外す

ドア枠をガードしているウエザーストリップを4席分全てベリベリめくります。

090704_a_piler_mole

Aピラーの内張り(ベージュ)は、内張りの上部を引っ張ってクリップ3箇所を外し
斜め上に持ち上げると外れます。

090704_a_piler_naibu

Bピラー上部の内張り(ベージュ)は、シートベルトのボルトを外し
内張りの上部を引っ張ると外れます。(クリップは1個)

090704_b_piler_sheetbelt

天井には関係ありませんが、Bピラー下部の内張り(グレー)も静音化の為外します。

090704_b_piler_anker シートベルトのアンカーボルトを外す

下の内張りはクリップ無しで斜め上方に引き抜き抜くようにすると破壊せずに外れます。

ハメる時は下側の巻き込み部が両側共ハマる高さで両側を巻き込ませ
巻き込みが外れないように注意しながら下に下げていきます。

090704_b_piler_uchibari Bピラー上下内張り

Cピラーはクリップが3箇所ありますが、上側を剥がすとクリップが1個外れるので
あとは斜め上に引き剥がすようにすると残りの2個は簡単に外れます。

ルームランプを外します。

090624_roomlamp_2

090704_tenjyo

あとは天井パネルを固定しているクリップ4個を外すと天井パネルが落ちてくるので
二人がかりでリアドアから外へ運び出します。

090704_tenjyo_hazushigo 天井全体の図・・・3列に分割

叩くと梁の付近以外はカンカン響きますので、よく響く部分に制振材を貼っていきます。

※制振材は全面に張らなくても両面テープや遮音シートも貼るので
 ほとんど響かなくなります

090704_tenjyo_1retsume_afte 運転席上はレアルシルト

090704_tenjyo_2retsume_afte 2列目はレアルとレジェ

090704_tenjyo_3retsume_af02 3列目はレジェ

制振材の次は遮音シートを貼るので超強力両面テープを貼っていきます。

この後ニードルフェルトで天井パネル側から遮音シートを上に押さえるようにしますが
遮音シートは重いので剥がれないようにテープは多めに貼ります。

テープは厚みのあるタイプでテープ自体も多少制振効果があります。

090704_tenjyo_1retsume_af02 1列目は面積がデカイので分割して貼る

090704_tenjyo_sheet2 2・3列目は1枚モノで

遮音シートが剥がれにくいように、遮音シートの端は梁の隙間に食い込ませ
遮音シートと梁の隙間にコーキング剤を充填して端が剥がれないようにします。

このため、遮音シートは梁に食い込む長さにカットする必要があります。

090704_tenjyo_3retsume_af03 4隅を全てコーキングします

090704_tenjyo_3retsume_af04 これにより超強力両面テープの負担を減らします

コーキング剤で埋めるのが大変なところはニードルフェルトを押し込んで押さえて
やりましょう。

090704_tsumemono_front03 前側は大してフェルトが入りませんが

090704_tsumemono_rear02 後ろ側はフェルトがたっぷり入ります

他の隙間にもフェルトをたっぷり押し込んでいきます。

090704_tsumemono_front02 フロント側

090704_tsumemono_rear リア側

天井パネルの上にフェルトを貼っていきます。

このフェルトと天井パネルで遮音シートを押さえ
遮音シートを間接的に保持させるので厚みは計算して貼ります。

090704_tenjyoplate_syori02

ついでに全てのピラーの内張りにフェルトを貼ります。

ピラーには穴が開いているので多少の吸音効果を狙っています。

090704_a_piler_syori Aピラーは下側に結構フェルトが入りました

090704_b_piler_syori Bピラー上部内張り

090704_b_piler_syori02 Bピラー下部内張り

090704_c_piler_syori Cピラー

ちなみにサービスホールなどの穴は密閉するような塞ぎかたはしませんでした。

「穴と言う穴を塞いだらこもったような感じ」とか「空気が流動せず居心地悪い」
などの意見を拝見したので、フェルトを通して空気が流動するようにしたためです。

あとは天井パネルや外したパーツ類を全て元に戻します。

------------------------------------------------

早速土砂降りのの中出動!

う~ん 走行時はフロントガラスにバチバチ当たる音でよくわかりません。
信号待ちで停車したら 「おおっ! 確かに天井のドラミング音がしない」

でもサイドバイサーに当たる音がよ~く聞こえるようになりました。
フロントガラスに当たる音は変わらないのでトータル的には???

走行時の車内は全体的に少し静かになったような・・・。

で、比較の為の中ステラでも出動!

ははぁ~・・・注意して聞けば確かに天井のドラミング音が聞こえます。

サイドバイザーに当たる音は、それほど気になりませんねぇ~・・・。
ということは、ライフはそれなりに静かになったということです。

でも、静かな天井のライフに戻ると・・・
ガラスやバイザーに当たる音がよ~く聞こえます。

結局、以前がどうだったかリアルタイムに比較はできない訳で・・・
今現在聞こえる音が気になるという訳です。

ハッキリわかるのは晴天時の車内のアッチッチ度が半減しました。

外気温35℃の晴天時の車内温度計、以前は窓を少し開けていても
70℃オーバー(計測不能)でしたが、施工後は50℃台で収まってます。

エアコンの効きがよくなりました。

------------------------------------------------------

天井の静音化のお勧め度は?

------------------------------------------------------

静音について確かに効果はあります。
度々申し上げておりますが、人間が感じる騒音は絶対量ではありません。
車内に侵入する色々な騒音の一部が減少しても、別の音が耳に入ってきます。
ルーフへの雨音が小さくなればバイザーへの雨音が非常に耳につくようになります。
例え騒音の絶対量が減っていても、気にした音が大きく聞こえるのが人間の特性です。

過度の期待をしている方は、手間とコストの割りに効果がなかったと感じるかも
知れません。

色々な静音化を行いトータルでの静かさを求める方ならば
やっておくべきだと思います。

------------------------------------------------

次は難題のフロントロードノイズ対策です。
フェンダーとタイヤハウス内は制振・遮音・吸音をしっかり行います。

ということで、いっぺんには無理なのでまずは運転席側を・・・。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« ラゲッジルームの静音化 | トップページ | フロントロードノイズ対策1/4 »

JB1ライフ静音化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天井の静音化:

« ラゲッジルームの静音化 | トップページ | フロントロードノイズ対策1/4 »