« 人を殺すのは 「人」 か 「銃」 か | トップページ | 水道管凍結顛末記 »

2012年12月20日 (木)

子供をしつけるのはアプリ

古今東西、子供をダメにするのは親である

最近、子供を叱れない親が増えているらしい。

言うことを聞かない子供に困った親のニーズに応えて
スマホのアプリ登場ということか。


人間には怖いものが必要である。
人としての道を外れないための一つの壁となる。


親は怖いものだ。

少しおおげさではあるが、その親が畏敬の念を抱く存在は子供にとって重要だ。
それは学校の先生であったり、お巡りさんであったりしたものだが・・・。

教師や警官の質が落ちた?
それは間違いないが、そういう存在が必要なのは変わるものではない。

基準となる親が怖くないのだから如何ともしがたい。

スマホに電話してくる鬼の言うことしか聞かない子供
子供を叱れない親

バカ親の出現は今に始まったことではない。
しかし、こういう親子だらけになる未来が明るいものでないことは確かだ。

人類はリセットが必要な時期に来ているのではないか?
一発巨大隕石でも降ってきて人口が1%くらいまで減ったほうが地球にもやさしい。

古代マヤ文明の暦が一巡し、新たな始まりを迎えるそうだが
ついでに人類もリセットしてほしいものだ。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 人を殺すのは 「人」 か 「銃」 か | トップページ | 水道管凍結顛末記 »

人間学」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、深夜にお邪魔します。

私は、いまだに親には威厳を感じてます。
年齢を重ねて、力では逆転こそしましたが尊敬の念は持ってますね。
昔から、恐怖心を利用しての教えが日本の幼児教育文化の中では多かった。
鬼・雷・近所の怖いおっちゃん…
よく怖がらされたものです(ーー;)
でもそれらは実際、自身にとっては大切な教育の一環であったと捉えてます。
小中学校時代の恩師にも、よく叩かれたりしたものです。
本当ならば、恨み言になる事かもしれません。
…が、なぜ恩師と呼ぶのか…
それらのおかげで、今の自身があるからだと思います。
 
自身はけっして、立派な人だといえませんが…
自身の子達には、自身を持って教え等を伝えて行きたいです。
アプリに頼ることは、育成を放棄したものと考えてしまうのですが…
話がそれたかと…( ・_・;)

長々失礼しました。

投稿: | 2012年12月22日 (土) 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供をしつけるのはアプリ:

« 人を殺すのは 「人」 か 「銃」 か | トップページ | 水道管凍結顛末記 »