« 人間劣化 その1 「批判と結果ロンジャーと」 | トップページ | 人間劣化 その2 「絶対は存在せず、他者は自分を守れない」 »

2012年12月 5日 (水)

羽毛布団はあったかい

羽毛布団があったかいことは誰でも知っています。

しかし、筆者の好みは

 敷布団は固く
 掛け布団は重く (この手の人は結構多い)

敷布団は身体が沈むようだと気持ちよく眠れず、
掛け布団はズシッと、のしかかる感じでないと気持ちよく眠れない


最近、老化のせいか?
とにかく身体が冷えます。
電気毛布が無くては寒くて目が覚めてしまいます。
しかも、年々電気毛布のパワーが増加傾向。

敷布団は床に直敷き
床から熱が奪われる?・・・とベットを制作。
ベットで寝れば、今度は掛け布団がズリ落ちる。
いつのまにか毛布一枚になって寒くて目が覚める。
これから増々寒くなるのに困った・・・・。

そんなことを嫁と話していたら、
「羽毛布団にすればあたたかいよ、去年は電気毛布なしで冬を越せたし」

そういえば、昨冬にそんなことを聞いた気がする。
しかし老化によって脳みそが石化しているのか?
自分が被害を被っていても、好みや慣習が事実の受け入れを拒否。
かたくなに不利益な状態を押し通す。
老害ですな・・・。

一度使ってみるか・・・と嫁の羽毛布団で寝てみれば、
ゲッ!マジあったけぇ~。

しかも、軽いからズリ落ちない!

別に掛け布団が重くなくても快眠快眠。

早速イオンのインテリアコーナーで物色。
¥5980也   これは薄すぎて真冬は無理か?
¥9800也   厚さは普通、羽毛の量も少なくはない。
¥25800也  さすがは西川、みるからにモノは良さげ。

手で布団を挟んで暖まり方を比べてみると、¥9800とそれ以上での違いは
思ったほどではない。

で¥9800を購入。
ついでに敷布団も厚さ10cmくらいのマットタイプを新調。
やや身体が沈むも快眠快眠。

「気持ちよく眠れない」 は気のせいだった。

毛布、羽毛布団の組み合わせで
室温10℃では汗ばみ、
室温2℃でも寒くはない。

寝室の室温が氷点下になる我が家でも電気毛布なしでいけてます。
節電が叫ばれている折も折、実にタイムリーな施策でした。


就寝中の冷え
老化によって基礎代謝がガタ落ちのせいかと思っていたのですが・・・


「己が得た知識や経験は得た瞬間から陳腐化する」

「先入観と固定観念に囚われた者に真実はみえない」



つくづく思い知らされた出来事でした。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| |

« 人間劣化 その1 「批判と結果ロンジャーと」 | トップページ | 人間劣化 その2 「絶対は存在せず、他者は自分を守れない」 »

人間学」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。今年の冬は寒いそうですね。
最後の文、早速私のノートに写させていただきました。
ありがとうございます。

投稿: しげまる | 2012年12月 5日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽毛布団はあったかい:

« 人間劣化 その1 「批判と結果ロンジャーと」 | トップページ | 人間劣化 その2 「絶対は存在せず、他者は自分を守れない」 »