« 右を見ても左を見てもCVT・・・これってまとも? | トップページ | 大災害に備える・・・耐寒温度とリスク管理とコスト削減と »

2013年1月12日 (土)

水道管凍結顛末記2・・・寒波再び

今冬4回目の極寒日が到来しました。
昨夜のNHKのTVでは予想最低気温-9℃。
携帯の有料天気予報の予想は-5℃。

19時時点でのトイレの配管温度は-0.7℃。
こりゃやばい、今夜は2回巡回か・・・。
ところが就寝前の23時には-0.5℃。
うん?雲が出たか?
ぐぅわはは~放射冷却さえなければ怖くはないわ~・・・で寝る。

深夜2時40分での見回り時、窓ガラスを確認するが軽く凍った程度。
これなら問題ないねとトイレを流すが案の定凍った気配なし。
いつもならここで起きちゃうが、今日は再び就寝。

夢うつつの中で、寒波警報機が鳴る(風呂の給湯ボイラーのこと)
凍結防止の自動循環が1~2分おきに作動。
氷点下10℃近辺になると、このくらいの頻度で作動するようになる。
ありゃ、再び放射冷却開始かいと2回目の巡回開始。
時刻は4:30分。

ぐわぁ~

外気温 -10.1℃
リビングの室温 1.1℃

洗面所室温 -1.2℃、配管温度-2.4℃
トイレ室温 -3.3℃、配管温度-4.7℃

恐る恐るトイレの便座に座る。
ウォッシュレットOK
トイレの水は・・・出てこない。
ゴゴゴ、ドバー 出た出た。

喜多方の観測データを見ると
20130111
                                       提供ウエザーニュース

筆者の感じた通りの結果。

1月5日より配管温度が低いのに、なぜ今日は凍るのが遅かったのか?
20130105
                                        提供ウエザーニュース


グラフを見れば一目瞭然(時間軸が一致してない点は注意)。
23時頃の気温差と言ったら・・・。

しかし、こんなデータを見なくても隊長は的確に凍結防止に動きます。

キーワードは
 ・窓ガラス
 ・ボイラー

で予備判断を行い、最終的には温度計で判定です。  

この後1時間置きに座る⇒流すを繰り返しますが・・・
1回忘れただけでウォッシュレットが凍った
すぐヒーターを焚いて溶かす。
朝10時でもトイレの室温0.6℃、配管温度-2.7℃。
もう勘弁してください。

あと何回あるんだろう


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 右を見ても左を見てもCVT・・・これってまとも? | トップページ | 大災害に備える・・・耐寒温度とリスク管理とコスト削減と »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

エコ」カテゴリの記事

コメント

喜多方にお住まいなのですか?
同じ県内の方とは、いま知りました。
今日も寒いですね。

投稿: はるちゃん | 2013年1月18日 (金) 15時11分

データを見るだけでゾ~ッとします…
今年は例年よりも長そうな予感がしてますが、実際あと何回あるんでしょうね…( ・_・;)
くれぐれも無理をなさらぬように。

宝くじ…ほんと、当たりませんかね…( ̄。 ̄;)カネカエセ…

投稿: 響 | 2013年1月12日 (土) 14時31分

こんにちは。
拝読しているだけで寒さが伝わってきました。
若かりし頃は、寒くなり雪が降ると大喜びだったのに、
いつからこんなになってしまったのでしょうか(笑)

投稿: しげまる | 2013年1月12日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水道管凍結顛末記2・・・寒波再び:

« 右を見ても左を見てもCVT・・・これってまとも? | トップページ | 大災害に備える・・・耐寒温度とリスク管理とコスト削減と »