« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  外伝 | トップページ | もう少し何とかならんの? 天気予報 »

2013年1月30日 (水)

学校へ行かなければならないのは誰?

我が家の近所に中学校がある。
我が家から国道に出るとき、ここを通らねばならない。

通勤ラッシュの時間帯にもうひとつのラッシュが起きる
送迎ラッシュだ。

天気も悪くない気持ちのいい朝
なんで送迎なのか?
意味がわからない。

見ると顔ぶれが固定されている

周りの迷惑を省みず、自己中な停車・Uターン・割り込み・・・。
クソ狭い道に車が溢れかえる。
ここにもバカ親の影が・・・。
ざっと見積もって、全校生徒の1割は送迎付きなのではないか?
そのくらい目立つ


学校へ行くという行為は、
小学校1年生という小さい子供の時から
 自分がやらなければならないことは
 自分の責任でやり通さなければならない

という強いメッセージを子供心に深く植え付ける


人生
 どんなにイヤなことでも
 自分の責任において
 自分がやらなければならない

ことはいくらでも出てくる。

そんなとき、当たり前のように実行できる人間を作る礎となるのが、
自分で当たり前に学校へ行くこと だと、私は考える。

筆者の場合
 小学校までは約2キロ
 中学校までは3.3キロ
 高校までは40キロ
あった。

小学校は子供の足では遊びながら帰ってくるとき以外は遠いなぁという記憶しかない

中学校は真冬の下校途中にパン屋でヤマザキの肉まんを補給しないと
遭難死する危険性があった

高校は、4:30起床、6時出発、8時40分学校着、23時帰宅という地獄の日々
今でもよくやってたなと感心する生活を行っていた。

が・・・小中高と一貫して送ってもらったことは一度もない。

高校3年生の時、体育の時間に足首の捻挫と足の甲の骨折という大けがを負った。
同級生や体育教諭が担いでくれる訳でもなく、自力で這って保健室に行った。
(これはさすがにどうなの?と今でも疑問に思う)
学校近くの駅まではタクシーで送ってもらったが、
 駅の階段上り下り
 電車の乗り継ぎ
 自宅近くの駅から自宅まで

は松葉づえをついて自力で帰った。

3時間の道のり、足はパンパンに腫れ上がり、涙がチョチョキレるほど痛かった。
脇の下は松葉づえでこすれ出血していた。

今の親なら、家まで送るのが学校の努めなどと目を血走らせてクレームかな?

私にとっては
 自分の人生であり
 自分の行動の結果であり
 自分の責任だったから

至極当たり前のことで、不満もなかったし苦でもなかった。
おかげさまで、少々のことではヘコたれない人間に育つことができた


さて、話を戻そう。

送迎付きでぬくぬく育った子供がどうなるか?
それだけで人間性が決まるわけではないが、

当たり前の基準が大幅に下がった
責任感の希薄な人間が出来上がったことに疑いの余地ナシである


ある会社での笑える話

同僚はフダ付きのあまちゃんで有名だ。
子供が可愛くて仕方なく、甘やかせ放題に育て、その甘ちゃんブリは有名。
自分が夜勤で昼間寝なければならない時も子供の送迎優先で半端な時間に起きる。
中年オヤジがメチャクチャな睡眠に対して対応できるだけの柔軟性があるわけもなく
毎日睡眠不足を嘆いている。

そんな同僚の元に、彼の子と同世代の新人君が配属された。
1か月後・・・・

同僚 「いや~参るぜ、今回の新人、根気がない、我慢が足りない、
     自分のやるべきことを自分がやろうともしない、親の顔が見てみたいぜ」

そこで彼の前にスッと鏡を差し出した。

同僚 「おっ! 何? あ~髪が乱れてたな~ サンキュー」

・・・・・・・・

子は親の鏡
この親ありて、この子あり


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。
 

|

« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  外伝 | トップページ | もう少し何とかならんの? 天気予報 »

人間学」カテゴリの記事

笑える話」カテゴリの記事

コメント

aoi soraさん
お願いだからsoraちゃんが一人で担いでよ

ファンクラブ?
貴婦人?
姫?

そこから沸くイメージは
高飛車なセレブ・・・・なんですけど

投稿: まんたろう | 2013年1月30日 (水) 19時32分

まんたろうさん 私 そんな時は 周囲を動かします

まず 先生に報告に1人 担ぐ 要員を何人か
あれこれ指示します。。。

そして まんたろうさんの傍で
「大丈夫よ。」と優しげに

私 中高ってファンクラブあったよ。。。
貴婦人ってニックネームでしたよ。。。

大人になった今は 姫です

なんとなくわかるでしょ?
私のイメージ?

投稿: aoi sora。 | 2013年1月30日 (水) 16時55分

aoi soraさん
いつもコメありがとう。

なんで あの時 おんなじ学校じゃ~なかったんだよ
でも、soraちゃんに担いでもらってたら別のトコ怪我してたかも
オトコの大事なトコ・・・何せ多感な時期だからねぇ~

最低血圧が高めだから、興奮するのはよろしくない。
お釈迦様の言葉に感銘を受けてから、随分丸くなったけど
車の運転だけは大人になれないんだな~これが。

投稿: まんたろう | 2013年1月30日 (水) 16時09分

はるつぁん
最近調子悪くない? 大丈夫?

そうかぁ
子供のころから、いろいろあったんだね。
過敏性大腸症候群?
精神面から、おなかがくだる あれかな?
それじゃ学校には行けないね。
今はおなかだいじょうぶなのかい?

交通事故
送迎の車に轢かれて・・・でしたっけ。
運転する大人が気を付けてやるのは当然ですが、
子供自身にも自分の身は自分で守るという
人間として当たり前の能力を劣化させてほしくないですね。
危ないことは何でも禁止。
これによって想像力欠如の人間が急増中。
危ないことがわからなければ危険を避けようがないわけですから。

投稿: まんたろう | 2013年1月30日 (水) 16時02分

まんたろうさん こんにちわ

こんだけ怒ってると血圧に悪いですよ。。。

読みながら ふむ ふむと頷きながら
我が家の近くも学校なので 同じ光景が。。。

こんな保護者に限って この寒空の下
児童の安全を見守る「見守り隊」の方に
挨拶も出来ないんですよね。。。

見守り隊って 通学路に立ってくれる方のことです。

子どもは親の鏡 親は子どもの鏡

でもね でもね まんたろうさん 不慮の怪我の時
誰も助けてくれなかったぁ
aoi sora。なら 手助けをしたよ。。。
そうやって育ってきたからぁ

すみません この記事 大変 笑えたよ

ブログ 更新したよ。。。 

投稿: aoi sora。 | 2013年1月30日 (水) 14時01分

こんにちわ
(^_^)ノ

学校といえば、昨年は近くの小学校で、小学生が 父兄の車に轢かれて死亡する事件がありました
亡くなった子のご家族も、轢いてしまった方にとっても、ショックだったでしょうね

それから、学校 といえば、わたしは 過敏性大腸症候群があって、中学校はほとんど行ってません
子供のころから、メンタル面に陰があって、気苦労の絶えないはるつぁんであります

投稿: はるちゃん | 2013年1月30日 (水) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校へ行かなければならないのは誰?:

« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  外伝 | トップページ | もう少し何とかならんの? 天気予報 »