« 現代の偉人 羽生善治 | トップページ | 年齢の壁、45歳の壁 »

2013年3月10日 (日)

危険予知能力を上げよう

その行動
知らないうちに命がけになってませんか?

過去に こんな悲惨な事故がありました。
 当日は高校の入学試験
 雪で電車のダイヤが乱れていた


母親の車で駅に向かっていた女子中学生
駅の手前の踏切の遮断機が降りる。
ここで、その場にいた皆が 「やむを得ない思い込み」 をしてしまう。
自分が乗るはずの各駅停車の列車が来たと・・・

電車は右から来る。
駅も踏切より右側にある。
各駅停車の列車であれば、踏切の手前で止まる。
電車は駅のすぐ近くまで来ていた。
彼女は焦って遮断機をくぐり踏切を渡ろうとした

彼女は帰らぬ人になってしまった。

ダイヤが乱れ、その電車は1本前の快速列車だった。
各駅停車の電車しか止まらないその駅には停車しない。
彼女は高校入試と引き換えに大切な命を失ってしまった。



3月初めに北国を襲った暴風雪。
北海道では多数の方がお亡くなりになりました。

私自身も今年は5度、目の前の車も見えない猛吹雪や地吹雪に襲われ、
吹きだまりで動けなくなることで発生する立ち往生にも巻き込まれた。
確かにあの場から長時間動けなくなれば、に埋まってしまう。


筆者は出勤時に暴風雪の日は、仮病でサボリーと決めている。
雪で行けないと電話すると、遅れてもいいから来いとなる。
従って理由は病欠にしなければならない。
手口ばらしちゃった
会社関係者の方、見てないだろうな
大きな文字では書けないが、今年は2日間、例年も数日休んでいる。
今年暴風雪に見舞われた5回の内
 2回は退勤時
 1回はどうしても休めない日の出勤時
 1回は出退勤両方
 1回は休みの日の買い物

いずれも命をかけるほどのことではない。

高校入試を受けられなければ、人生にとっては大問題だ。
それでも命の価値に比べたら、毛ほどのものでもない。

今回お亡くなりになった方々も、命がけで出かけたつもりはなかったのだろうが
道路わきの構造物まで雪をかぶり
辺り一面真っ白で、普段は目印になるものも何も見えなくなる。
あれではホワイトアウトになって300m先の自宅に辿り着けなかったとしても
不思議ではない。

筆者も暴風雪の日は これまで何度も経験している。
慣れや、たかをくくって甘く見ていたところはある。

注意すべきは、間違いなく暴風雪の回数が増え、程度も年々ひどくなっている。
これまでの常識や経験は通じないものと考えるべきだろう。

無事に帰って来れたら、行ってよかったと思うかもしれないが、
状況がどうなるかの予測は非常に難しい。
不急不要であれば出かけず家にじっとしているべきだ。

会社? 命がけで行くほどのものじゃないでしょ?

大切な人を失うことに比べたら
その他のどんなことも、どうだっていいではないか。
大切なモノは失なってみなければわかりませんよ。

尊い犠牲から学んだ教訓をムダにしてはならない。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 現代の偉人 羽生善治 | トップページ | 年齢の壁、45歳の壁 »

事件・事故」カテゴリの記事

人間学」カテゴリの記事

コメント

aoi soraさん
 いつも的確な分析
 すばらしいコメント
ありがとうございます。
見解に得点を付ける・・・
などという偉そうなことをする罪をお許しください。
100点満点で1000点です。

危険予知でリスクは減らせます。
でも、最後に審判を下すのは運なんでしょうね。

投稿: まんたろう | 2013年3月11日 (月) 06時32分

ぺーたーさん

みんなが使命感に燃えて無理をする。
 道路は大渋滞
 大勢が立ち往生
まさしく足の引っ張り合いです。
その程度なら、頭にくるくらいですみますが・・・

ゲリラ豪雨で突然低地が浸水したり、鉄砲水や土砂崩れが起きたり
ということも、身近で当たり前に起きる時代です。
どうか、いい意味での怠け者になって
大切な命を守ってくださいね

投稿: まんたろう | 2013年3月11日 (月) 06時26分

≫大切な人を失うことに比べたら
≫その他のどんなことも、どうだっていいではないか。
≫大切なモノは失なってみなければわかりませんよ。

≫尊い犠牲から学んだ教訓をムダにしてはならない。


まんたろう氏が言いたいのは このラスト4行だよね

雪山での遭難 今回の北海道での惨事
被害者が事態を回避できていない
そして 予測訓練が不足してるから
パニックを起こしている
北海道の雪はパウダーなんです
だから ホワイト アウトになるんです

これからの春 異常高温の状況です
雪解け 湿ってる雪がどっさだよ

aoi sora。 けっして雪国娘じゃありません
リスク回避って身近な材料で出来るんですよ

いつもコメント 長いな。。。
自分のブログに書けばよかったかも

まんたろうさん この見解 何点?

投稿: | 2013年3月11日 (月) 03時20分

まんたろうさん こんばんわ

思想のグローバル化が進む日本
まだまだ 人ってモノ扱いの部分が多いよね

私の職務としてのテーマー
「リスク管理」「業務のスリム化」。。。

心身の健康が仕事 家庭 日常に大きく
作用するよね

仕事って家庭 自己の心身の健康あって
成立するって思うな

会社は事故があって給料保障をしてくれる?
命を落としても 命の保障はしない
その相手も命を返してくれない

だけど 残った家族は悲しむ
自死を選ぶ人までいるよ

物事 深く考えないとね。。。

って話じゃないの?

だから 真面目にコメントしました

投稿: aoi sora。 | 2013年3月11日 (月) 01時10分

 おもろかった。会社、命がけにしなくてもいいでしょう。のところ、特におもしろかった。無理するタイプの私には、ギクッとするところ満載だった。

投稿: ぺーたー | 2013年3月11日 (月) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危険予知能力を上げよう:

« 現代の偉人 羽生善治 | トップページ | 年齢の壁、45歳の壁 »