« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-15 新装備  | トップページ | ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-16 就活 »

2013年4月30日 (火)

ロボット革命

先日NHKスペシャルを観た。
ロボット技術の進歩が著しいという話。

ことに原発事故以降、ヒューマノイド型のロボット開発の競争が激しいとの事。
やがて人間にとって変わって、様々な分野にロボットが進出するだろう。

そう遠くない未来
小説や映画の中の話だと思っていた人間とロボットの戦争が起こりそうだ。

ロボットが意志を持って人間を排除しようとする?
そうではない

ある時期までは、ロボットは人間の為に働く。
しかし、ロボットに仕事を取られ、失業した人間がロボットの破壊行為を行うだろう。

今でさえ失業率の高さは社会不安の大きな要因だ。
しかし経営者は人間より働く(休憩も食事もしないという意味で)
ロボットの導入を進めるだろう。
現に、インタビューを受けていた経営者は、人からロボットへの転換を明言していた。

では、ロボットが破壊される事例が相次いだら、
経営者やロボット製造メーカーは何を考えるか?

ロボットに防衛機能を与えるだろう
これがどんどんエスカレートしていったら・・・


アイザック・アシモフはロボット3原則を提唱した

  ロボットは人間に危害を加えてはならない   
   また、人間に危害を与える危険を見過ごしてはならない

  ロボットは人間の命令に従わなくてはならない   
   ただしに反する場合はこの限りではない

 
  ロボットはに反するおそれがない限り
   自分を守らなければならない

開発者や製作者は、この原則にそってロボットを作るだろう。

だがネットワークの世界を見ればわかる。
 
 ウイルスはなくせるか?
 不正アクセスは無くせるか?
 犯罪は起こっていないか?

答えは皆さん知ってのとおりだ。

プログラムがある以上、人間によってプログラムは改変される。
人間より優れた能力を持ったロボットがあなたを襲ってきたら・・・。

どんなテクノロジーも、所詮は使う人間次第。
小説や映画が架空の話だなんて思わない方がいい。




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-15 新装備  | トップページ | ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-16 就活 »

テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

ぺーたーさん
それって突き詰めると 自分 が要らなくなる
ということになるのでは

投稿: まんたろう | 2013年4月30日 (火) 05時44分

 手塚治虫さんが、アトムを描いたころ、みんなからバカにされていたけど、漫画の中の様々なものが結局、現実のものとなった。
忠実なしもべロボットも欲しいな。
 ペーター様、家事や仕事はわたくしめが、いたします。どうか、
お勉強に励んでください。
 代わりに、かてきょーに行って、ペーター様、あの生徒は、お勉強が足りません。親子ともども、お灸をすえておきました。
 なあんてね。

投稿: ぺーたー | 2013年4月30日 (火) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロボット革命:

« ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-15 新装備  | トップページ | ポーン冒険記 ウインディーネの憂鬱  VOL-16 就活 »