« ズーマーのハンドル交換 中編 | トップページ | 芝桜 と 名もなき雑草の花 »

2013年4月20日 (土)

ズーマーのハンドル交換 後編

ハンドル交換の4回目です
まだ終われません・・・もう イヤ

まずはスロットルボディからスロットルケーブルを外します
20130415_handle04_01
スロットルを時計方向に回しケーブルをゆるませます
ケーブルの先の玉を手前側に抜くとケーブルが外れます
ナットを緩め、ネジ山のない所をステーの切欠き部に持っていくと
   ケーブルを手前側に外せ、ステーからケーブルを分離完了
ネジ山の部分からではステーから外れないので注意

写真はフロントブレーキですが、リアブレーキも外し方は同じです。
ケーブルの右端のナットを外し、ケーブルガイドからまっすぐ抜きます。
20130415_handle04_02

リアブレーキケーブルはクランクケースの下で固定されているので、これを外す
20130415_handle04_09

スロットルケーブルとリアブレーキケーブルは(一番下を通っている太目のケーブル)
燃料タンクの下を通って前にいってます
20130415_handle04_03

燃料タンクをずらさないとリアブレーキケーブルは外せませんでした
燃料タンクの5ピンの信号線のカプラは外しても大丈夫ですが
燃料チューブのクイックコネクターは外すと中のパーツを交換しなければなりません
従って写真のように燃料チューブがつながったままでタンクをずらします
燃料チューブはエンジンに行くまでに2か所固定されてますが
それを外すとタンクの動かせる範囲が増えるので、必要なら 固定は  外して
20130415_handle04_06_2

今回の最大の問題がコイツ
リアブレーキケーブルを途中で留めている金具
20130415_handle04_07

このボルトを緩めると外れるハズが、かじってて取れない
HONDAぁ~
20130415_handle04_08
結局壊して外しました

ケーブルはここを通って
20130415_handle04_04

ゴチャゴチャしたECUの裏からハンドル下のケーブルガイドを通っていくので、うまく抜いてください
ケーブルガイドを切っちゃう人がいるようですが、切らなくても何とか引き抜けました
20130415_handle04_05

ECUの裏の防水傘の中のカプラやギボシ端子を外して
 セル
 ウインカー
 ホーン

の配線に延長ハーネスを接続します。

カプラのタイプは形が違うので迷うことはありませんがギボシ端子は配線色が違います
基本どの色であろうが、一か所外したら一か所つなぐ・・・を繰り返せば
配線を間違うことはないので、色はどうでもいいです
(購入した配線は1本余りました)

20130415_handle04_10_2

20130415_handle04_11

延長された分、上側に引き出してスイッチボックスがハンドルの取り付け部に届くように長さを調整します
これで新しいハンドルに必要な長さが確保できました

購入したハンドルにスイッチボックスの位置決め穴は開いてません

従って、ハンドルに穴をあけるか、下の写真のピンを削らなければなりません
今回はピンを削りました
20130415_handle04_14
これは右スイッチボックスなので、切り離して作業できますが
左スイッチボックスはモナカを半割状態で作業するので大変です
しかも、ライト切り替えのスイッチの端子に削りカスが降り注ぐので清掃はしっかりね

スロットルケーブルをスイッチボックスから切り離します
ねじ込みは4回転でした
20130415_handle04_12

ブレーキレバーからブレーキケーブルを切り離します
20130415_handle04_13

あとは組みつけです
今までの手順を逆にたどって、すべて元に戻していくだけです
筆者のようなオジサマだと、日が変わると忘れてしまうかも

サービスマニュアルには、この手の作業について詳しくは書いてません
自分でおやりになる場合は、写真を撮りまくってわからなくならないように注意

次回は、ようやく最終回です




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« ズーマーのハンドル交換 中編 | トップページ | 芝桜 と 名もなき雑草の花 »

ズーマー」カテゴリの記事

コメント

ぺーたーさん
追伸への追伸
人それぞれ得て不得手があって役割が生まれる。
こうして色々な人が集まってできるのが組織であり、社会です。
お互い異なるジャンルに強いので
お七商会も円滑に運営されるということですか
喜ばしい事ですね

社員は社長の生き様から何かを見出すべし
これかもよろしくお願いしますね。

投稿: まんたろう | 2013年4月20日 (土) 06時01分

ぺーたーさん
女性だから・・・という固定観念で その人を決めつける
私も大反対です。

結果には必ず原因がある
それを突き詰めていくのが楽しくもあり、苦しくもある。

ただし、第三秘書の脳
数学にはめっぽう弱い。
脳がイメージできないものは理解できない。
努力してもできないものもある。
これは真理です。

この世の事象はすべて数学で説明できる
とある数学者のお言葉
私も数学が理解できる脳を持って生まれたかった

投稿: まんたろう | 2013年4月20日 (土) 05時55分

  追伸、こんなことばかりしているから、反応セント言われるんでしょうね。まんたろうさんのブログから、生きて役立つ学問とは、というヒントよくもらえますよ。あんがとでした。

 社長は、社員の才覚から学ぶべし!

投稿: ぺーたー | 2013年4月20日 (土) 00時57分

 何か、わからないことの方が圧倒的に多く、私には方程式の方が優しいけど、結局、バイクも手作りってことか!とつながりました。尊敬します。まんたろうさん。
 昔、自転車のブレーキハンドルをぎゅっと握っては、ケーブルがどうつながっているか、目で追いかけたいたよなと、思い出しました。ブレーキの配線がタイヤまでつながっていて、ストップをかけているんだと子供心にも理解していました。何で、自転車のライトはペダルを回しているときだけつくのかとか、よく、教科書と照らし合わせて考えていました。
 ただ、私、女性だからメカが弱いとか、理系が苦手だという考え方には反対するタイプなので、パソコンの資格もとり、数学も解けるまで粘りに粘り、物理や、科学を説明するのにいい自然現象はないかと探しあぐねるんです。

投稿: ぺーたー | 2013年4月20日 (土) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズーマーのハンドル交換 後編:

« ズーマーのハンドル交換 中編 | トップページ | 芝桜 と 名もなき雑草の花 »