« 中年男よ! レンジでメシを炊け | トップページ | チリツモ戦隊戦記 減らされた小遣いを奪還せよ »

2013年4月 6日 (土)

天の時・地の利・人の声 人生の転機とは?

大きな声では言えないが会社がヤバイ
おおよそ3~40%の人員削減で早期退職を募っている

当然、残る側になりたい・・・と思うでしょ?
実は、これを機に新たな人生を歩もうか・・・と考えている。

理由

 簡単に真似されるレベルの品では、新興国にコストで太刀打ちできず
 
   そういう業種は縮小される一方で、遅かれ早かれ訪れる道であること

 会社も製造からサービスへの転換を表明しており、
   すでにこの事業の存続自体が危ういこと

 家が劣化し財産からお荷物へとなりつつあること

    ・子供は巣立ち、大きな家を持つ必要性がない

    ・異常気象などの天災・原発事故で思い知ったが
     持ち家が一瞬で財産からお荷物になる

    ・下手に家・土地があるがゆえに、その地にしがらみが生まれ呪縛される
     思考や行動も制限され新たな道を歩む事を阻害している

 収入は先細りしていくのだから、見合った支出にする必要があること
    温暖地に引っ越して寒冷地ゆえの余計な生活コストの削減を図る
    

 時代や立場が変わり、これまでの考え方を変える必要があること
    自身の経験で培ったこと、当たり前だっだことが通用しなくなっている
    

 健康に留意した環境を構築する必要があること
    ・収支が大きくプラスにならなくても今より体に負担のかからない仕事へ
    ・夏は暑く冬は寒い、おまけに雪も多い
          老後を過ごすにはふさわしくない この地から脱出する好機

かつて必要だったが、今では不要なものを沢山抱えている。
今の環境を無理して抱えたまま、老後を過ごす必要性は全くない。

それらを断捨離して
身の丈に合った環境・生活を構築する いい時期ではないか?

次男は東京に出た
長男も新たな地で生活基盤を構築しつつある

時代・環境の変化は               天の時
より老後を過ごしやすい地に移り住む   地の利
新たな道を歩めと ささやく会社は     人の声


今が決断の時なのかも知れない

近所の知人に このことを話すと
 生まれ育った、または子供と過ごした地には愛着がある
 そこで生まれた人間関係も大切だ
 そんなに簡単に捨てられるもんじゃない
 そんなに簡単に捨ててもイカン

とおっしゃる。

筆者は
 その時々で最も合理的な場所に住み
 交友関係のリセットも躊躇せず行う
 それは思い出ウンヌンというノスタルジックな感情を上回る

これは、遺伝子に刻まれた農耕民族の血遊牧民族の血の違いかな?

筆者の祖先は、遊牧民のモンゴリアンということか
ひひひひひひひひひひひひひひ~じ~さん
かのフビライだったのかもね



家を建てたばかり
子供が生まれたばかり
という後輩も多い
彼らにしてみれば、夜も眠れない大変な事態
どうか、一人でも多く残れますように・・・


今週末は、ネットで唾をつけておいた土地を見に行く
その地に定住しそうな長男と、今後のことについても話し合う
今の家を売っぱらって、2LDK程度のプレハブハウスを終の住処にするかな
結構ワクワクする

背負うモノが少ないヤツはお気楽だね~

天気は大荒れらしい・・・相変わらずの雨男ぶり

さて、会社から下される決断はいかに




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします
 

|

« 中年男よ! レンジでメシを炊け | トップページ | チリツモ戦隊戦記 減らされた小遣いを奪還せよ »

願望」カテゴリの記事

コメント

佐賀 は、わたしの友達も一時 考えたみたい。

まんちゃん、確かに、不要・負担になるものは 手放していったほうが気楽と思う

この物質界では、お金や物に価値を見いだし、それに囚われて、変に執着してしまったりするけど、そういう生き方も悪いわけではないけど、負担になる物があるなら、手放していくのもいいかもね

いま読んでいる本に、中年の男性と思うけど、ローンが残っている家を手放すことで、経済的な心配=仕事の心配も減り、楽になったってあったよ

わたしも、手放すとしたら、持ち家ではないけど、今住んでいるアパートかな
ペット可で 部屋も広めで、家賃も安いということで住んでいるけど、
ペットすら手放して、自分の等身大に合った、ペット不可で部屋が狭いワンルームでも、自分にとって便利な立地条件で 安心して暮らせるところがいいのでは と思ってる

投稿: はるちゃん | 2013年7月26日 (金) 14時07分

 ほんと、まんたろうさんとは、たとえ、異性でも、同性同士でも、前世で意気投合していたんじゃないかと思うときがある。わたしも、びっくりする時があるんです。
 福岡ぐらいだったら連休中、会いましょうと言いたいぐらいだけど、2,3000円で行き来できる距離じゃないからね。
 こういうのを縁というんでしょうね。

投稿: ぺーたー | 2013年4月 8日 (月) 00時23分

ぺーたーさん
あなたのコメントは心に染み入ります
心からありがとう
きっと相性抜群なんだ、キミとボクは
いや、もしかすると遠い過去では恋仲だったとか

佐賀に行こう・・・って思ったのに
結構危ないトコなのね。
北朝鮮・・・
何考えてんだか
きっと戦争になるよ

>天災が来ても身軽に
>薄情に会社にリストラされても泰然自若に
>時代のニーズに合った商売を・・やって
>悠々自適な老後を、国の年金政策とは違う路線で
ホントその通り。
そういう風にできるように、すこしずつ準備を始めていきますよ

世界のカテキョー
お七ブランド世界へ
ネットの世界なら、ワタクシとお七どんとの距離は0
お七どんが世界へ羽ばたく手助けになる
そんな何かを探してみます

真面目な話
佐賀のお七とは一度、いや何度でもじっくり飲んで語り合いたいね。

投稿: まんたろう | 2013年4月 7日 (日) 06時43分

 まんたろうさんの奥様がうらやましい。将来をよく見とおされている。
 私も移り住むという考え大賛成です。世の中の流れを見れば、天災が来ても身軽に、薄情に会社にリストラされても、泰然自若に、時代のニーズに合った商売を・・やって、悠々自適な老後を、国の年金政策とは違う路線で・・と考えなくてはならないと思います。
 佐賀や長崎は地震は極端に少ないから、いいと思っていたら、原子力発電所が近くにあり北朝鮮のミサイルが原発や、佐世保の弾薬庫あたりに落ちたら、どうなるんでしょう。そんなこと近所の人に話しても、あの人は変わっていると思われるだけです。
 相談するだけ、無駄ですよ。農家の人って国に守られて商売をやってきたから、市場は世界だっという感覚が全然ないでしょ。守ってほしいじゃなくて金持ちが、よだれを出してほしくなるようなものを作って売るしかない!って、考えを転換してよ。と私は言いたい。大企業は、何十年も前からやって来たことなのに・・・

 ちなみに私は将来、市場は世界と言ってますが、ネットで日本語教師とか、カテイキョウシをできたらと思っています。例のごとく、天然記念物を求めている保護者はごろごろしていますので、
 とにかく、自分の判断力と直感を信じて、頑張ってください。必ず成功されると、私は自然と思えます。

投稿: ぺーたー | 2013年4月 7日 (日) 02時10分

いい畑になりそうな土地を探さないと!

投稿: ばなな | 2013年4月 6日 (土) 20時18分

ばななさん
農耕民族ですか・・・
では畑を耕して頑張ってください。

投稿: まんたろう | 2013年4月 6日 (土) 19時41分

まんたろうさん
リーマンショック以降、主人の会社も似たような状況にあります。
幸い子供たちも成人しており、私たちの元から離れていきます。
あとは夫婦二人どうするか。

しっかり前を向いていこうと思いました。

ちなみに私は、典型的な農耕民族のようです

投稿: ばなな | 2013年4月 6日 (土) 19時23分

しげまるさん
御心配をおかけしております。
数日後には結果が判明するものと・・・

やはり買ってくださいと頭を下げて買ってもらうモノではダメで
売ってくださいと買う側が頭を下げるようなモノを作らないと
日本の製造業は生き残れませんね。

これからの日本の産業構造はどうなるのでしょうか?

ワタクシの見立てでは
数年後に巨大地震が・・・
ダブルパンチで富士山が噴火
トリプルパンチで小氷期が来る(太陽の活動周期より)
予定となっております。
となれば、日本が生き残るには
水・食料・エネルギーの3つをしっかり押さえなければなりません。
その手の仕事を探します

投稿: まんたろう | 2013年4月 6日 (土) 15時37分

なんかとっても深刻ですね。
うまく話が進めばいいのですが・・・
応援しています。

投稿: しげまる | 2013年4月 6日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天の時・地の利・人の声 人生の転機とは?:

« 中年男よ! レンジでメシを炊け | トップページ | チリツモ戦隊戦記 減らされた小遣いを奪還せよ »