« Video Studio X6 ULTIMATE 導入編 | トップページ | また一歩近づいたものとは・・・ »

2013年6月24日 (月)

Video Studio Pro X6 ULTIMATE 編集画面とトランジション

今日は色々なトランジション効果の確認をしてみました
また、やや複雑な処理でのPCへの負荷やレンダリング時間の確認も行いました

素材は相変わらず麗しのポーンちゃんです


ビデオトラックは1つしか作れませんが
オーバーレイトラックは20
タイトルトラックは2
ミュージックトラックは3つのトラックを利用できます

そこまでくると、おそらく脳みその方がついていけなくなるので
とりあえずオーバーレイトラックを4つ
その他のトラックは各1つ使用しての編集作業に挑戦

VideoStudio8では、各トラックが1つずつで複雑な合成処理は
何回も編集を重ねなければならなかったので、いい時代になったものです

PC画面を動画としてキャプチャーできるので
電子マニュアルやチュートリアルなんかも作れちゃいますね



まったく静止画オンリーですが、静止画のつなぎ目に適切なトランジション効果を
使えば、表現の幅は広がる・・・と思います



昨日はトランジションはシンプルなクロスフェードとディゾルブうんぬん・・・
と申し上げましたが、使える効果も数多しで

やる前からゴチャゴチャ言うなといういい見本ですね

さてオーバーレイ4トラックの編集作業でのPCへの負荷ですが
処理が遅くなるということはありませんでした

一方レンダリングはというと
オーバーレイ4トラック部では、かな~り時間がかかります

レビューでレンダリングでフリーズ云々というのがありましたが
あまりに沢山のトラックで複雑な処理をするとイカンのかも知れませんね

ワタクシの頭では、そこまで処理不可ですので、問題なさそうですハイ


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« Video Studio X6 ULTIMATE 導入編 | トップページ | また一歩近づいたものとは・・・ »

ドラゴンズドグマ ダークアリズン」カテゴリの記事

Video Studio X6」カテゴリの記事

コメント

ぺーたーさん
最近のソフトは、合成トラックを多数設定できるので
複雑な合成も簡単にできますよ

投稿: まんたろう | 2013年6月24日 (月) 13時48分

  この、ビデオが4つに分かれているやついいですね。いろいろやってみたいと以前私も挑戦しましたが、途中で挫折してしまいました。

投稿: ぺーたー | 2013年6月24日 (月) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Video Studio Pro X6 ULTIMATE 編集画面とトランジション:

« Video Studio X6 ULTIMATE 導入編 | トップページ | また一歩近づいたものとは・・・ »