« 会津東山温泉 御宿 東鳳 | トップページ | ポーン冒険記 ウィンディーネの憂鬱  VOL-59 爆散魔鋲 »

2013年12月31日 (火)

脈が乱れるのはなぜか? その1

最近、期外収縮はもちろん、頻脈が激減したのは先日お伝えした通りです

今一度、筆者の不整脈について考えてみると
異常な信号を発する部位は
 確かに存在
します

電気は素直に伝わり、かつ、複数の自覚症状&心電波形から
発生部位、通り道は複数あることが予想されます

また、電気信号というのは増幅回路がなければ
小さな信号を大きく伝えることはありません
 ツンという小さい期外収縮とドンという大きな期外収縮があり
 トトン トンと早い期外収縮とズ~ン ズンという遅い期外収縮があって
 血圧変動の大小や息苦しさのあるなしがあるということは
心室に伝わる
 キッカケとなった異常な信号の強度の違い
 距離の近い遠い
 信号が早く伝わる回路と遅く伝わる回路 
などがあって

 心室に刺激が伝わる速さが変わり
刺激が伝わるタイミングが異なることにより
 心室の血を溜まり具合=吐き出す量
 が異なるということを現します

そして
これらの異常な部分が
異常な信号を出す頻度や回数が一定ではない という事は
異常な部位の活動を左右する何かがある という事になり
その活動を左右する何かとは
自律神経の活動であり
さらに掘り下げれば
自律神経の活動を左右する何かがある
ということに行き着くことができると思います

現在の筆者の脈が過剰に乱れる原因は
 極度の緊張を伴う状況

 急激な肉体の酷使
 高負荷で持久性の労作

であり
前者は過去に繰り返し襲ってきた発作のトラウマから
後者は心臓に巣食う病魔から
即ち、前者は心が起因し、後者は身体が起因している
ということになります

現時点での割合は
心が8で身体が2 (以前は心が2、身体が8だった)

以前より明らかに
 脈が速くなりにくく
 乱れにくく

なってきていますが
脈が乱れるのは精神的な面からということが多くなっています

次回は、筆者の自律神経の活動を乱す元凶に迫りたいと思います


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 会津東山温泉 御宿 東鳳 | トップページ | ポーン冒険記 ウィンディーネの憂鬱  VOL-59 爆散魔鋲 »

不整脈」カテゴリの記事

自律神経」カテゴリの記事

コメント

しげまるさん
それが人間ですよ
 嫌なことがある
 嫌いな人がいる
 自己の利益を追求する
 他者を妬む
 愚痴をこぼす
 悪口を言う

私が知っている限り、それら人間の欲望や性を捨て去ることができたのは
お釈迦様のみです

機会を作って語り合いましょう
いや、沢山愚痴ってください
棚雲の湯ならば、漆黒の空を見つめながら
ふやけるまで何時間でも語り合うことができますよ

投稿: まんたろう | 2013年12月31日 (火) 20時55分

今年もお世話になりました。
ぜひぜひ、まんたろうさんと語り明かしたいです。
いや、ただただ私の愚痴を直接聞いてください。
いやなこと、腹の立つこと、このまま持ち越して新年を迎えます。
自分って本当に小者だと反省しています。

投稿: しげまる | 2013年12月31日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脈が乱れるのはなぜか? その1:

« 会津東山温泉 御宿 東鳳 | トップページ | ポーン冒険記 ウィンディーネの憂鬱  VOL-59 爆散魔鋲 »