« 事の軽重を見誤るな | トップページ | 暴風とPS3強制シャットダウンの関係 »

2014年2月14日 (金)

ポーン冒険記 ウィンディーネの憂鬱  VOL-65 まだ見ぬ界王

Dd_ss_703
セイラ 「以前はオメメパッチリだったワタシですが、プチ整形しました」

Dd_ss_879
目を2段階細くし
    1段階上に
   1段階広く
してみました

覚者 「な~るほど・・・目を少し上にあげ、鼻を下に伸ばし」
    「口を下に移動すると面長になって顔が細くなるんだな」

セイラ 「少女から大人の女に変身できたでしょうか?」
     「ところで・・・界王とは何者ですか?」

覚者 「なにぃ~ 界王を知らないだと」

セイラ 「はい、覚者様の世界では、まだドラゴンとも戦ってませんから」

覚者 「おぉっ そうであった」
    「そういえば、この世界では いっちども 倒していなかったなぁ~」
    

セイラ 「よその覚者様の元でしかドラゴンと戦ってません」
     「ドラゴンを倒さなければ界王とは戦えないと聞いています」

Dd_ss_881
チャキッ
セイラ 「まだ見ぬ界王と戦うために鍛えに鍛えたのですが」
Dd_ss_882
しゅるるるる~
セイラ 「夜な夜な この腕が夜泣きしてます」
Dd_ss_883
ズン
セイラ 「界王とは どれだけ強いんでしょうか?」
Dd_ss_884
セイラ 「このような雑魚ばっかり相手では」
Dd_ss_888
セイラ 「腕がなまってしまいます」
     「はやく界王の所に行きましょう覚者様」

Dd_ss_886
ウィンディーネ 「会ったらガッカリするわよ」
          「もうセイラちゃんの方が断然強いもの」

ユフィ 「ダイモーンとも互角に戦えるセイラちゃんなら」
     「強化していない 錆びた片手剣 ですら瞬殺よ」
     「もっとも、ヤツは不死身だから死なないけど」

Dd_ss_840
セイラ 「なぁ~んだ がっかりですね」
     「倒すか倒されるか、緊迫感のある戦いがしたかったのですが・・・」
     「あれ? 浮かない顔ですね どうかしたのですか? 覚者様」

覚者 「セイラ、界王を倒したいか?」

セイラ 「はい 覚者様の心臓と未来を奪った者を倒し」
     「覚者様の未来を取り戻したいのです」
Dd_ss_837
ウィンディーネ 「でもセイラちゃん・・・界王と戦うと・・・」

覚者 「言うな

      
ユフィ 「よっ・・・よろしいのですかマスター」

覚者  「界王と戦うことによって後悔する事になるかも知れんぞ」
セイラ 「大丈夫です 覚悟はできてます」

ユフィ 「セイラちゃん・・・ダメよ・・・セイラちゃん・・・」

覚者 「そうか・・・」
    「では まずドラゴンを斃さねばな」
Dd_ss_853
覚者 「みんな いくぞ」
ウィンディーネ 「マスター・・・」


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« 事の軽重を見誤るな | トップページ | 暴風とPS3強制シャットダウンの関係 »

ドラゴンズドグマ ダークアリズン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーン冒険記 ウィンディーネの憂鬱  VOL-65 まだ見ぬ界王:

« 事の軽重を見誤るな | トップページ | 暴風とPS3強制シャットダウンの関係 »