« PM2.5・・・知らぬが仏 | トップページ | 不完全右脚ブロック »

2014年3月 1日 (土)

死が恐ろしいからこそ・・・

つい先頃までヒザがおかしくて、まともに歩くこともできませんでした
その痛みと不自由さは大変なものだったのですが不思議と憂鬱にはなりません
それは、不便ではありますが
 ヒザの痛みや不自由でまあ死ぬことはない
からではないでしょうか

不整脈が恐いのは死ぬのが恐いから
死ぬのが恐いからこそ、不整脈は恐ろしい 
のです

不快であり、苦しくもある不整脈ですが、
仮に 不整脈で絶対死ぬことがない  のだとしたら
恐怖心を感じることはなく、トラウマになったりすることもないでしょう

ここ最近多いのが
 誰かに心臓を握られっぱなし
で不整脈が起きているという感覚
心電図で見ると赤丸内の緑線の波形部分です
Hikaku02_3
黄色線(基線)は電位が0mVです
心臓であれば収縮も拡張もしていない、いわゆるニュートラルな状態です
上下に波が見られるところは、弛緩か収縮、またはその過程にあるということです

↑黄丸内は普通の期外収縮で、期外収縮前後の電位が0mVに戻ってます
Hikaku03_2
こちらは心室性の期外収縮ですが、やはり基線は0mVです

このように、心臓の動きの間に心臓がキチンとニュートラルになっている時は
不整脈があっても
多少回数が多くても
不快感はもちろん苦しさもそれほど感じません

一方・・・
Hikaku02_4
赤丸内の赤い心電波形は普通の期外収縮の波形を重ねたものですが
緑の波形に比べると違いは一目瞭然です

この緑の不整脈が出ている時の基線=緑線は0.7mV付近にあります
電気の流れは
 電位がプラス = 心電計側へ = 体の前側へ
 電位がマイナス = 心電計と反対側へ = 体の後側へ
となります
つまり、心臓がニュートラルな状態にならず
身体の前側に電気信号が出続けながらも、とりあえず心臓は動き続けており
おまけに不整脈も出ているということです

心臓を灯油の手動ポンプ(ニギニギするやつ)に例えると
 正常時は
  ギュッと握る ⇒ パッと離す ⇒ ポンプは縮んでいない状態に戻る

 赤丸内のポンプの動きは
  ギュッと握る ⇒ 握りを半分緩める ⇒ ポンプは半分縮んだ状態
 なのではないか?と考えます

ポンプが半分縮んだ状態では、溜めこまれる灯油の量も半分になり
次に縮んだ時の圧力も下がるので当然送り出される灯油の量も相応に減少します
これが血圧の変動と血流の減少の原因であり
苦しさ・息苦しさ・不快感につながっているのだと思われます

また、心臓のどこかに変な力が入っているので
心臓が誰かに握られているような感覚を覚える のでしょう

 バランスの良い食事
 摂取カロリーの適正化

にさえ気をつけていれば
このような不快な不整脈が起きる身体に、そう簡単にはならないハズですが
食べることはストレス発散という重要な役割があります

身体にいい食事でストレスをため込んで別の病気になるのも困るので
頭の痛いところです

何よりも死が恐ろしいクセに
まあ死ぬことはないだろうとタカをくくり
好きなものを多く食べることを辞めずに
不整脈が出ては後悔する


まんたろうよ
本当に死ぬのが恐いのかキミは?

死にたくな~い
でも食べたぁ~い

我ながら情けない


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

|

« PM2.5・・・知らぬが仏 | トップページ | 不完全右脚ブロック »

不整脈」カテゴリの記事

心電図」カテゴリの記事

コメント

ゆきごんさん
補給せずに出すものだすと1kgくらい変わる・・・
ということですね
わかりましたぁ~
一緒にダイエットがんばりますかぁ~

投稿: まんたろう | 2014年5月31日 (土) 04時22分

ムズカシイこと言ってないで、一緒にダイエット始めるわよ~(*‘∀‘)わたしもう1kg減ったわよ。と…思ったらもう戻ってた。ドンマイ!

投稿: ゆきごん | 2014年5月31日 (土) 01時00分

しげまるさん
いつもコメントありがとうございます

凡人である ワタシ には
そう簡単に死を受け入れられるハズもなく
凡人ゆえに 食欲を含むあらゆる欲を抑えることができません

人の人生とは?
何かを得るために何かを捨てなければならないのかも知れません
私は自分の人生の何かを得る代わりに
心臓の健全さを捨てなければならない?
それでも、自分はどこも悪くない代わりに愛する者が重病の人よりはマシですね

そう考えることによって、自分の不運さを嘆かなくても済む
せいぜい、それくらいが凡人である私の限界のようです

結局哲学とは、諦めることを諭す学問なのかなぁ~

投稿: まんたろう | 2014年3月 7日 (金) 04時39分

とっても心配です。
決してご無理だけはなさらないでくださいね。

投稿: しげまる | 2014年3月 6日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死が恐ろしいからこそ・・・:

« PM2.5・・・知らぬが仏 | トップページ | 不完全右脚ブロック »