« 戦うのは敵とだけではない | トップページ | 殴られた事のないヤツ、撃たれた事のないヤツほど威勢がいい »

2015年9月20日 (日)

安保法制のその先にあるのは・・・・

主権国家として有事の際になるべく白黒つけられるように整備された安保法制
日本の仮想敵国であるC国がわが国の主権を侵してきたら断固とした云々・・・・
という威勢のいい言葉が法案賛成派から聞こえてくるが、主権を守るために行動したその先に何が起きるのか?
賛成派があまり言わないその先について考えてみたい

C国とわが国が最初に偶発的戦闘に発展しそうなところと言えば、南西にあるあの島だろう
日本に対して異常な言動を繰り返す特アの3か国のうちでも、傍若無人ぶりが突出したあの国の軍隊は
これまでも危険な挑発行為を繰り返してきた(射撃レーダーの照射など)
安保法制が整えられたとは言え、自衛隊がいきなり攻撃を仕掛ける事はないので
先に手を出すのはあちらなのだが、応戦してしまえば戦争開始となる
ちなみに、かの国に対してどのような正論を吐こうとムダである
すべて自国の都合のいいように解釈し、好きな事を吼えまくるだけなので
どっちが先に・・・・などと甘っちょろい事を問題視するのは日本人だけで
ほどなく全面戦争をしかけてくる事が予想される


軍事の専門家が言うところによると
艦船の性能や兵の練度などで緒戦は自衛隊の優勢で進むそうである
そして、最初に始まった局地戦で艦隊に大きな被害を受けたかの国は戦意を失い
早晩戦闘は終結する・・・・みたいな見方をしていたが・・・・

仮に緒戦が日本側の大勝利に終わったとしてだ
わが国に対して、何事にも異常なほど過剰に反応するあの国の国民が
緒戦で大損害を被ったくらいで戦意を無くす?
とんでもない、全面戦争! 日本を占領しろ! と戦意は高揚する一方であることは容易に想像できる

また、電子機器などに使われる部品は日本製が多いので
日本の部品が途絶えると生産活動がままならなくなり、戦争の継続は難しいみたいな見方をしている御仁もいた
なるほど、初めはそうかも知れないが、あの反日ぶりを見ると、負けたくない彼らは何とかするに違いない
それに別の専門家によると、かの国は日本全土を射程に収めるミサイルを多数保有しているが
わが国はかの国の内地にある工場などを攻撃することはできないので
何でもありになったら工場が潰され生産に支障をきたすのは日本側だそうである

さて、始まってしまった戦争の勝ち負けは何で決まるか?
  兵器の性能?
  兵士の士気?
答えは第二次世界大戦を見れば一目瞭然
  それは国力=物量である
つまるところ戦争で負けるという事は、相手と比較して
  戦うための兵器が無くなる
  戦うための物資がなくなる
  戦う人がいなくなる
  戦う気持ちがなくなる
のいずれか、または複数の条件を満たすことである

大国に長期戦では勝てないことがわかっていたわが国は、短期決戦で大きな損害を与えて
戦争を継続する意欲を失わせ、早期に有利な条件で停戦することを目論んでいたようだが
(ドイツのソ連への参戦も)
その甘い見通しで大きな代償を払う事になったわけである
その第二次世界大戦から何も学ばず、同じ過ちを繰り返そうとするバカが滅びることがないのだと
前出の専門家のとっても甘い見通しからくづく痛感させられる

第二次世界大戦の緒戦において、ドイツや日本の快進撃を支えたのは
兵の練度や兵器の質が高かったことによるものであったが(数や質に劣る場合は作戦面や運用でカバー)
やがてソ連やアメリカの圧倒的な物量と無限とも思える回復力の前に、なすすべも無く屈したのである
圧倒的な物量や無限とも思える回復力(人的資源など)とは、すなわち国力の差である
 1億ちょっと 対 十数億
どちらも本気になってものを作ったら、生産力の差は10倍であり
どちらも心が折れずに戦い続けたら、1人で10人を倒し続けてやっと五分である
もし、わが国とかの国が単独で戦争を始めたら、わが国が勝てる見込みはほとんどない
 海を渡るための艦船がことごとく撃沈されたら日本を侵略することはできないとか
 一人っ子が多いから親子ともども戦意が上がらないとか
 練度が低いから弱いとか
 兵器の性能や信頼性が低いから取るに足らないとか
既出の専門家は相手がコケることばかり期待して結果の予想をしているようだが、コケなかったらどうすんのさ
  相手の戦意が下がらず
  兵器の性能は思ったほど低くなく
  予想より自衛隊の損害が大きく
  毎日頭上にミサイルが降り注ぎ
  家や職場やインフラなどが破壊され
  日常生活に支障をきたし
  国土が荒廃するさまを見て
国民の戦意はくじけないのだろうか?
(イギリスがドイツに降伏寸前まで精神的に追い詰められたのは何故か?教訓をムダにしてはならない)

そのための日米同盟であり安保法制だと言われるのだが、果たしてよその国は日本のためにかの国と
一戦交えてくれるのか?答えは誰にもわからないのではないかな?

戦争とは数の少ない方が負ける可能性が圧倒的に高いものなのだ
劣勢の側が逆転勝利を飾った例は枚挙に暇がないように感じるが
話として面白いから大きく広まって認知されてるだけであり
数が多い方が勝った例はその何百倍も何千倍も存在する

賛成派の言うとおり、戦争をしないための制度なのかも知れないが
かの国の反応を見ると、必ずしもそうとも言えない感じがするのは私だけか?

もっとも法制があろうとなかろうと、あの国が暴発すれば同じ事なのだが・・・・

戦争は始めるのは簡単で辞めるのは難しい
どうか平和な日々が続きますように・・・・・




blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| |

« 戦うのは敵とだけではない | トップページ | 殴られた事のないヤツ、撃たれた事のないヤツほど威勢がいい »

人間学」カテゴリの記事

コメント

まめこさん
おは~
大ボスにボコボコに・・・・すっ鋭い!
少し・・・ではなく沢山心配していただけると、さらにうれしいのですが

普通の人が戦う(過去に戦争で戦った人もそうですが)
まめこさんがおっしゃる通り、身近で大切な誰かを守りたいという一心で戦ったのだと思います
そして、おそらく敵方と言われる人々の大部分も、そうなんだと思います

ですが、結局、戦火が拡大すればするほど守れなくなる可能性が高くなります
なぜ前大戦で多くの一般市民が無差別爆撃の犠牲になったのか?
わが国の兵士達が一生懸命誰かを守りたいと、命がけで戦ったために相手方の犠牲も増えました
犠牲を増やさないためには戦争をやめなければなりません
戦争をやめるには戦う気を失わせなければなりません
そうやって突き詰めた結果が、各都市への無差別爆撃でした(原爆も)
まめこさんが愛する誰かを守りたいと、一生懸命戦うほど相手は嫌がります
そして、まめこさんの戦う気力を奪うには守るべきものを消してしまうのが一番・・・・

戦うのは、他に手段がないときの最悪の一手
かと言って逃げるのも・・・・
ふふふ・・・・難しいですね

投稿: まんたろう | 2015年9月22日 (火) 04時20分

おはようございます(^'^)
お出かけだったんですね。又大ボスと闘って ボコボコにされているのじゃないかと‥
ほんの少し心配しました
白黒をつけて もう付き合いたくない国もありますが(笑)
戦争は嫌ですね。例え自分を守るためでも‥でも、もっと守りたい者が居たら
私も ゴムデッポウで反撃するかも知れません。逃げるかもしれません。
良い一日になりますように♫

投稿: まめこ | 2015年9月22日 (火) 03時56分

まめこさん
わが国とかの国
世界経済に与える影響力が極めて大きい2カ国なので
おそらく世界中が停戦に向けた努力をし早期に停戦に至るのではないか?と思われますが
もしアメリカが日本側、ロシアが中国側で戦いに加わるなんてことになったら
第三次世界大戦に発展するかもしれません

家族や友人・知人関係でもそうですが
白黒ハッキリつけたら関係が気まずくなることってありますよね
あいまいやうやむやに済ませるということは大切なんですがね~
どちらか(または双方が)折れなくなったら、争いはエスカレートする一方です

考え足らずで威勢のいい人間が増えてきてるのは非常にマズイ傾向ですね

投稿: まんたろう | 2015年9月21日 (月) 22時15分

ゆきごんさん
人々の腹筋を鍛えるイラストを描き続ける
笑う場面には争いが入り込む余地はありません
とにかく面白いイラストを描き続けてくださいね

投稿: まんたろう | 2015年9月21日 (月) 21時45分

おはようございますm(__)m
何度も拝読させていただきました
私の 戦争反対❢❢なんて、子供だましだなって
その度に 自分の浅い考えにコメントが出来ずに帰っていました
何度目の挑戦か(笑)
まんたろうさん素晴らしいです 
ちゃんとしたコメントしようなんて思った自分が恥かしいです(笑)
もっと しっかり考えよう。。。
今日も平和でありますように(-人-)南無

投稿: まめこ | 2015年9月21日 (月) 04時21分

おはようごぜえますだ(´-ω-`)
あんぽほう成立に喜んでいるモノが近くにもいて
恐ろしゅうごぜえますだ。
平和を維持するため、わたしにできることはナニか…
畑をたがやしながら考えたいと思います。

投稿: ゆきごん | 2015年9月20日 (日) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制のその先にあるのは・・・・:

« 戦うのは敵とだけではない | トップページ | 殴られた事のないヤツ、撃たれた事のないヤツほど威勢がいい »