« 巨乳は罪か? キチガイどもからおおらかな日常とささやかな楽しみを守れ | トップページ | 腸内フローラの改善で不整脈と慢性鼻炎(With後鼻漏)を撃退できるか? »

2015年12月 6日 (日)

不整脈 発作は減ってるのに悪化してるとはどういうことか?

まあ、一言で言うと
  人は痛い目に遭うと、以後痛い目に遭わないように工夫する生き物
で、とどのつまりは、なるべく出ないように隠しているだけということです

大きな発作はマジで辛く、かなりヤバイので (大の大人が苦しさと恐怖でガタガタ震えますから・・・・)
  どういう時に大きな発作になるのか?
  どうすれば大きな発作を避けられるのか?

を経験とデータと勘から導き出し、それを避ける術を身につけてきたというわけです

また、大発作の元となる期外収縮を減らすように、食生活やら何やらの生活習慣をかなり見直してます

以前は、生活習慣の乱れや心拍数の制御の失敗して、月一以上の頻度で大発作に襲われてたのですが
最近は半分から1/3まで減らせました
それでも制御に失敗するのは、大発作につながる心拍数の閾値が年々下がっていることが原因です

例えば、減量サイクリングをやってた2007~2008年頃は、不整脈のトリガーとなる心拍数は170くらいでした
それが2010年頃には140に、今や入り方によっては130くらいで危ない日もあります
それに、その日の体調、ヘタすると数時間の体調の変化にも左右されるので
この辺の見極めが非常に難しいために大きな発作を0にすることができないわけです

ここで本題に戻ると、発作が減っているのは発作が起きないようにかなり気をつけているからであり
決して良くなってるわけではないということです
以前当たり前にできていたことが、どんどんできなくなっています
例えば階段の上りは、2階までならまあ大丈夫ですが、3階までとなると不整脈の出現する可能性は高くなり
4階までなら、不整脈は必ず出ると言っても過言ではない状態です
風呂掃除のような前のめりになって血流が普段と異なるような姿勢となる作業や
持久的な要素のある動作全般もよろしくありません
また不安を感じるような外的刺激(音や映像・状況)、過度の緊張や興奮も大敵です
飲食後や、静から動への転換時には特に注意を払わなければなりません
  そろ~りそろりと動き
  能面の如く感情の起伏を避け
  刺激物からは距離をとる

そうやってなるべく期外収縮やら、その先の大きな発作を避けているからこそ
不整脈が減ったように感じるだけで、実態は年々悪化の一途を辿っているのです

では、ついでに質の方も確認してみます
主治医にも、そろそろ最新の発作時の心電図をとってみてくださいと言われてたのですが
先日、ゲームプレイから突然立ち上がり、階段を勢いよく登ったら大きな発作に襲われ
その時の心電図をとったので10か月前の波形と比較してみます
20151114_shindenzu01
20151114_shindenzu02
赤が10か月前の波形です
なかなかタイミングまでピッタリ一致するような都合のいい波形はとれないので
似たような波形で比較しました
今回の方が期外収縮が出るタイミングが早くなってます
今回の方がきちんと血を送り出せないので、苦しいのは今回の方です
しかし、波形自体は大きく変わってません
とりあえず質の方は悪くなってないと考えてもいいのかも知れません (次回の先生の診断待ちです)


今のところ日常生活に支障がでるレベルってのは平均して10日に1回くらいですが
もっと頻度が増せばカテアブなどの根治(?)についても真剣に考えなければならないでしょう
ただ、私が知ってる頃のカテアブよりも、数年経過したことによって技術が進歩し
治療成績が各段に向上しているという話も聞きます
私がお世話になるかもしれない数年後には、気軽に受けれる治療方法になってるかも知れませんね

スキー場や季節商売の方には申し訳ありませんが、雪は全く降らなくても結構です
雪かきは不整脈持ちにとって非常に危険な部類の運動なので、できるだけやりたくないからです
大雪・ドカ雪よ降るな!そう願いながら、これから大発作の危険性が高くなる真冬を迎えることにします



blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 巨乳は罪か? キチガイどもからおおらかな日常とささやかな楽しみを守れ | トップページ | 腸内フローラの改善で不整脈と慢性鼻炎(With後鼻漏)を撃退できるか? »

不整脈」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
いつもコメントありがとうございます

欠点が数多いのは仕方がないとして
ほぼ唯一の弱点が心臓でして(引きずられてメンタル面も)

あのお方(畑の主)の悪口を書くと酷くなるような?
呪いかな?

天の乳のご加護
だれか、そのお乳役になって、やさしくパフパフしてくれませんかねぇ~

投稿: まんたろう | 2015年12月 7日 (月) 19時11分

そうだったんですか、いつもナイスな突っ込み(畑の主のブログで)を披露しているから、そんなご苦労があったとは知りませんでした。

そうですね、治療出来るものであればしてしまったほうがいいですよね。

発作というものになったことがないので気安くいうのもなんなんですが、本人にしてみれば大変な恐怖なんでしょ?

今ではかなり医療も進歩してるし、家族の心配もひとつ減りますよ!

大丈夫、おっぱいを崇拝しているまんたろうさんだから、天の父(乳)の御加護が必ずあります!

(でもそれって一番刺激的ぢゃないのか?)

投稿: たこ拳ぢ | 2015年12月 7日 (月) 17時48分

ゆきごんさん
いや、頑健なあなたにも一つだけ不健康なところがありますよ
それは オ・ツ・ム・・・・・

投稿: まんたろう | 2015年12月 7日 (月) 10時41分

まめこさま
あなたは、なんてお優しいお方なのでしょう
将来あの世であったら、絶対お付き合いしてくだいね(寝技も)

お互い健康・不健康ギリギリの境界で生きていきましょう

投稿: まんたろう | 2015年12月 7日 (月) 10時39分

お疲れ~(*‘∀‘)今日は調子どうかしら~
健康ネタに関してはわたしの出る幕ナシだわよ~
持って生まれた頑健さで 手洗いもうがいもナシで
元気だからね。
唯一怖いのは歯痛だ。虫歯は速攻治療する
雪降らないとイイね~お互いに。

投稿: ゆきごん | 2015年12月 7日 (月) 10時29分

まんたろうさん おはようございます(^_^)/
私も、メンタル面では変わりません
人間同じようなもんだと思います。鬼瓦みたいな人も、柳のような人も。
治療の度に過呼吸で袋を渡されたり‥
笑気ガスを使って治療をした時期も有ります
ほんのちょっとの差だと思います。私達デリケートなんです( ´艸`)プププ
今は必要ありませんけど。え?鬼瓦になったって?
私の持病は治療出来ないので 気を付けるしかありませんが
まんたろうさんは いつか治療できるんだから充分気を付けて調子を整えて下さいね

投稿: まめこ | 2015年12月 7日 (月) 06時17分

miriちゃま
うぉ~~~なんてうらやましいことしてやがるんだぁ~~
それにオレを殺す気か~
なぁ~んてね
この程度で脈が乱れまくるほど落ちぶれてはありませぬぞよ

それにしても、素晴らしいことしてやんなぁ~
キチガイどもからクレーム来ないのかな?

男がバカなのか?
おっぱいが偉大なのか?
間違いなく後者です
問題は、のした餅でもブラで集めてしまえば
服の上からは のし餅なのか?、桃の上にサクランボが乗ったものなのか?
区別がつかないというところ

それにしても¥1000で人の役に立ち、欲求も満たせる
実に素晴らしいシステムだ

投稿: まんたろう | 2015年12月 7日 (月) 06時16分

こんばんは。

>刺激物からは距離をとる
というまんたろうさんには関係ない事だと思うんだけど、こんなん見つけたので
参考までに貼ってみます。 http://urx2.nu/pHn9 

いや~男ってバカだな~と思うと同時に、千円で触れられるのであれば
行ってしまうのかな~と思いました。

投稿: mirinda | 2015年12月 6日 (日) 22時12分

まめこさん
治せるものなら治した方が・・・・全くその通りなんですが
問題は、背中のイボを切る手術だけで過呼吸に不整脈が出る
発作のトラウマでボロボロになったメンタル面をどうするかです
おそらく、大げさな検査機器やら手術台やら太ももの血管からワイヤー入れるやら
とても平常ではいられないでしょう

基本的にそこから逃げれない状況を極度に恐れるようになり
それが精神面からの発作を呼ぶ
あ~~ ボクはどうすればいいんでしょう

投稿: まんたろう | 2015年12月 6日 (日) 17時38分

だいじにしてくださいね。
娘も息子も不整脈が有りました 
娘の主治医は 診察を受ける訳では無い私の心臓も聴診器を当てて聴いていました
やっぱり 遺伝が多いのかもしれませんね
息子は治療の必要が無くなりました。娘は出産とかの時は心臓専門医が待機してくれます。
カテーテルで治療が出来るんですね。
治せるものなら早めに治療したほうが良いような気がします。
私は 心臓は脈が多い事と 波が低い事は言われますが不整脈も左程多くは無いようです
それより 持病の胆嚢のポリープが悪さをして時々発作のような状態になります
だから、まんたろうさんの状態は病気こそ違いますが理解できます
発作を起こさないようにしながらも 出来るだけ普通に生活したいものです
大事にしてくださいね

投稿: まめこ | 2015年12月 6日 (日) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈 発作は減ってるのに悪化してるとはどういうことか?:

« 巨乳は罪か? キチガイどもからおおらかな日常とささやかな楽しみを守れ | トップページ | 腸内フローラの改善で不整脈と慢性鼻炎(With後鼻漏)を撃退できるか? »