« 淘汰と戦争 | トップページ | 緩やかに死地に向かっていた父を蘇らせたのは?・・・人は人に生(活)かされる »

2016年1月 5日 (火)

箱根駅伝・高校野球は残酷ショーではない

数あるスポーツイベントの中でも季節の風物詩として定着し、国民から絶大な人気を得ているのが
箱根駅伝と高校野球である

この二つのスポーツを残酷ショーだとして、一部の方々がかみついている
実際、将来が台無しになった選手の実例を挙げたり
選手の将来を考えない現状を海外から問題視されていることが紹介されていたり
選手の将来を考えないでスポコンものに魅了される国民の風潮などを批判したりしていた
詳細はググッてもらうとして、そういう側面がないとは言い切れないが
重要なのは、そこを目指すことによって
  望まない結果に襲われる可能性があることを選手が理解している

ことと
  それに参加するしないを選手の自由意思によって決められる
ことがしっかり担保されていれば
  他人がとやかく言う問題ではない

ということであり、全くもって余計なお世話だということだ

加えて言えば
  ロマンは
    夢なくしては生まれず

  感動は
    誰にでも達成できそうなことからは得られず

  偉業は
    リスクなしでは成しえない


商業主義で選手の将来をダメにするような酷使のしかたをしていいのか?
感動物語に熱狂する国民のせいで、選手の将来を危険にさらしていいのか?
そう訴えておられたが
  彼らは自分のポテンシャルを極限まで高め
      晴れの舞台で自分の力を出し切ることを目標に
          厳しい練習に耐え、晴れの舞台に挑んだのだ

フラフラになって走ることになってしまった結果だけをあげつらって
彼らを残酷ショーの出演者に勝手に祭り上げることは、ヒューマニスト気取りのゲス野郎の所業である
  (ヒューマニストを気取るなら、真価を発揮する場所は中東など世界中にいくらでもあるぞ
   望んでもいないのに比較にならんほどの残酷ショーの主役にさせられてる人々がいる場所がね
   安全な日本で、キーボードを叩く指先ひとつでゴタクを並べていないで
   そういうところで思う存分働きたまえ! エセヒューマニストくん)


どんなことであれ、不幸にして望まぬ結果に打ちのめされる事がままあるのが人生である
そういった一部の事例だけを抜き出して特定の方向に思考を誘導しながら
強調して報道するのはメディアかぶれの人間の悪しき常套手段である
 この手の主張をする連中のバックボーンが何であるか?には注意を払おう
  市民市民とひとくくりにするけれど

  選手が大人の事情で振り回されて不幸だ・・・・
          などと決め付けるのは選手に対して無礼極まりないことだ


彼らは、少なくとも自分の意思で自らの進む道を選んでいるのだから
 (この点についても、目指すイベントがあまりに偉大過ぎたり
  親や周囲の期待が大きいために選手が辞めると言い出せずに
  ムリに続けて悲惨な結果につながっている的ニュアンスで
  選手の自由意思自体が競技をやめられない方向にネジ曲げられていると分析していたが
  ココ一番でムリをすることは残酷なことなのだろうか?
  であれば、歴史上、自らの意思で無理をして困難を乗り越え偉業を達成したり
  不運にも偉業を達成できず不幸な身の上になってしまったりした全ての人々に対して
  ダメ出しをするということだな、ヒューマニスト気取りクン)


他人の思惑や世の中の仕組みなどに引きずられて人生が左右されるなんてことは誰にでもある
それを含めての人の生き様を 人の人生 と呼ぶのだ

ただし、高校野球の過密な試合日程や投手の連投については、もう少し緩和されるべきであろう
真夏の気温がドンドン上がって熱中症の危険が増していることに対しても対策が必要だ

そういった意味では、去年国民を熱狂させたラグビーがモデルケースになるかもしれない
大男が激しくぶつかり合うラグビーは、見ての通り安全な範疇のスポーツではない
過去に事故も少なくなかったがゆえに安全に配慮したルール改正などが繰り返され
選手の安全と競技としての魅力のバランスを模索し続けているという

どのようなスポーツであれ、選手の安全に十分配慮した競技や大会の在り方については
常に追い求め続けなければならない最重要課題であることは間違いない

終わりに・・・・
今は口先ひとつ、キーボードを叩く指先ひとつで安易に注目を得ることができる時代である
日本禁煙学会のように、ジブリアニメの人気にあやかって名前を売るような姑息な連中と同様
今回の批判が、箱根駅伝や高校野球のネームバリューを利用した売名野郎の売名行為でないことを祈る
批判の主の職業や所属団体などのバックボーンを見れば、どういうベクトルが働いて出た意見かは
すぐわかるけどね





blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| |

« 淘汰と戦争 | トップページ | 緩やかに死地に向かっていた父を蘇らせたのは?・・・人は人に生(活)かされる »

人間学」カテゴリの記事

コメント

miriちゃま
テレビ電話ができる
音声だけの電話もできる
お互いオンラインならチャットもできる
オフラインでもメッセージのやりとりができる
というお気軽からヘビーまで楽しめる便利ツールだよん

知っとくだけでも損はナシ
何があるかわからん人生
あとあと役に立つことがあるかもよ

投稿: まんたろう | 2016年1月 6日 (水) 22時12分

ふ~ん。
ネット回戦の電話という認識だったけど違うの?
おしゃべりなしとは、、、2人で沈黙の時間www

よくわからんけん、検索しとく。
アカウントも持ってないし。

投稿: mirinda | 2016年1月 6日 (水) 21時25分

miriちゃま
ふはははは・・・・
ご心配ありがとね
世の中、それほど暇人は多くないし
残念ながら変態不良中年はニーズも人気もないのでご心配ご無用

スカイプは、おしゃべりなしでもいいでしょ
お気軽に ひ・み・つ のメッセージのやりとりできるよん
なんてな
気が向いたらどうぞ
今更宣言する必要もないと思うけど
軽いノリでのナンパだからキラースルーパスされても気にせんよ

投稿: まんたろう | 2016年1月 6日 (水) 21時15分

まんたろうさんのファンから呼び出しが鳴りやまないのでは…
つぶ消した方がいいんじゃないかと心配しています。。

スカイプ?うちヘッドセットみたいのないよ?
それに直接話したら挙動不審なアラフィフ女なのがばれちゃうじゃ~ん^^;

投稿: mirinda | 2016年1月 6日 (水) 20時01分

まめこさま
いろんな情報を集めて、自分で感じたり考えるてみる
それが大事なんだと思います
私も多くの方々のブログを拝見するようになって
強く感じるようになりました
いろんな感性があるんですよねぇ~ 世の中には

今年の流行のファッションですら作られたものなんですから
お互いバカ共に乗せられないようにしましょうね

投稿: まんたろう | 2016年1月 6日 (水) 10時54分

たこ拳ぢさま
自分で動いたことのない奴・・・・
まさしくソレですよソレ

しかも
努力してるものへのやっかみ
成功していることへのやっかみ
みっともねぇ~

偉ぶってるけど、チ○コが小せぇ~奴らなんでしょうねぇ~

投稿: まんたろう | 2016年1月 6日 (水) 10時48分

miriちゃま

うおっ 階段を一段登るとな?
ということは、泣くときの擬音になっちゃうわけだ
シクシク~ シクシク~
おめでとうと言えば怒られるような・・・・
言わなきゃ言わないで怒られるような・・・・
微妙なお年頃

うん! やりたいことがあって、それにチャレンジできるって素晴らしいことだね
では早速スカイプをしようか
usirono_mantarou
↑よろしければメッセージをどうぞ

投稿: まんたろう | 2016年1月 6日 (水) 10時43分

テレビは バカの箱って聞いています。
本当ですね。
コメンテーターなるものも不思議です。
正月に家族で見た番組は実はやらせだったと翌日ネットで書いてあったそうです
自分の感覚を研ぎ澄ませないと駄目ですね
人の言いなり、特に新聞、テレビ、ネットでも ホントかな?
と、眉に唾をつけながら(v`▽´)v

投稿: まめこ | 2016年1月 6日 (水) 05時37分

よくぞ言ってくれました、まんたろうさん!

あの手の記事を読むと、…アホかっ!と毎回思ってしまいます。

そんなに君達は偉いのか?と。

自分から動いて汗流してってやったことないんだろうな…。

感動ってのはさせるもんぢゃなくてするもんなんです。

押し付けがましいテレビのコメントもウンザリです。

投稿: たこ拳ぢ | 2016年1月 5日 (火) 22時22分

また、中島みゆきの歌詞引用。「時刻表」という歌より

「誰が悪いのかを言いあてて、どうすればいいかを書きたてて、評論家やカウンセラーは米を買う
 迷える子羊は、彼らほど賢い者はいないと思う
 あとをついてさえ行けば、なんとかなると思う
 見えることとそれができることは、別ものだよと米を買う」

え~私はそう思わないけど、という感覚は大切にしたいね。自分の意見がなくなっちゃうからね。
そーいう私は明日、アラフィフの階段をまた一歩上がります。
今年は、なんかいろいろ頑張りたいな~と思ってます(^^)

投稿: mirinda | 2016年1月 5日 (火) 22時16分

miriちゃま
人が頑張ってることが、その頑張りを讃える人がいることが
面白くなくて仕方がない寂しい奴なんでしょうね

己の主義主張を唱えるのは自由だけど
それを人に押しつけるのはいかがなもんかな

素直に見守ったり応援しよ~ぜ
だよね

投稿: まんたろう | 2016年1月 5日 (火) 19時37分

わたしゃ、駅伝がオリンピック種目になんないかな~なんて思ってるのですが、
そんな事したら、結果次第で殺人が起こりそうでんな~。

フラフラで駅伝走ったって、たとえタスキをとぎれさせても、
野球でいえばエラーで逆転サヨナラくらっても
そこで彼らの人生は終わりじゃない。努力は周りが見てる。
遠くで見てる人が、ネタに困って記事にされても困りますね。

投稿: mirinda | 2016年1月 5日 (火) 19時18分

まめこさん
ぜひ、その目標を達成して
残酷な人の仲間入りを果たしてくださいね

それにしても、この手の主義主張をする連中が世の中を牛耳ったら
さぞかしつまらない世の中になることでしょうね

投稿: まんたろう | 2016年1月 5日 (火) 16時42分

そんな話題が有った何て知りませんでした。
今ググって来てへ~ほ~はぁ~?ビックリしました
来年の目標が箱根駅伝を現地で応援する‥ですが 
残酷ショーをみる残酷な人間って言われそうですね
空手少女が変なカツラをかぶってCMに出ていましたが 
話題になるとワッと飛びついてまるで芸能人を見るようです。
それも本人の希望なら構いませんが。
( ´艸`)プププ これも、余計なお世話かも知れません。

投稿: まめこ | 2016年1月 5日 (火) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝・高校野球は残酷ショーではない:

« 淘汰と戦争 | トップページ | 緩やかに死地に向かっていた父を蘇らせたのは?・・・人は人に生(活)かされる »