« おばさん以上必見! 毛虫がシワを消す | トップページ | 奇人変人があなたを大きく変える・・・・かも? »

2016年1月12日 (火)

多様性は生命線2

多様性を失ったものは滅びる運命にある
  多様性は生命線
前回は随分皮肉たっぷりにお送りしたが、続編となる今回は
フルーツとして皆さんが口にしているバナナを襲おうとしている絶滅の危機から
多様性を守ることがいかに重要なことかをお送りする
  バナナ

人間が関わったものは、殆ど全てが経済性と効率によって支配される
バナナも交配を繰り返して品種改良され
味や食感・長持ちするといった人間に都合のものいいものだけが選別され、今に至っている
タネがなく食べやすいのも、そのおかげだ
こうして人間に都合のいいものだけが単一栽培され、大量生産される傾向が強くなる

バナナだけでなく、ほぼすべてのフルーツが季節に関係なくスーパーに並ぶのは
こうした人間の不断の努力によるもので、我々も多大な恩恵を受けているが
単一栽培は病気や害虫によって、簡単に絶滅してしまう危険性をはらんでいる
その一例がバナナだ
フルーツとして食べられるバナナは、かつてはグロスミッチェルという品種が主流であったが
パナマ病という病気に侵され大打撃を受けた

それに代わって主流となったのがキャベンディッシュという種であり
現在、フルーツとして食べられるバナナ、あなたが見かけるバナナは、ほぼコレである
といっても過言ではないほど出回っている

しかし近年、新型パナマ病という病気がアジアなどで発生し
キャベンディッシュ種が大打撃を受ける可能性が高くなっているという
食卓からバナナが消え、庶民がバナナを食べられなくなる日が来るかもしれないのだ

今、タネができないはずのキャベンディッシュから
ごくまれに発生するタネを何十万本というバナナを剥いてつぶして探し出し
病気に強い種を生むための品種改良が行われようとしている
こういったフェアチャイルド熱帯植物園や国際希少果物評議会などの
フルーツハンターと呼ばれる人びとがフルーツの多様性を守るために活躍・奮闘している
これは開発によって失われるかもしれないフルーツなど、すべてのフルーツに対して行われている
彼らの不断の努力が、食卓からバナナや希少なフルーツを守っているのだ

経済性だけを追う単一栽培信奉者だけになれば、絶滅する植物は絶えないだろう
経済性だけを追わない人間もいる
人間にも多様性があるから植物の多様性も守られる
多様性は生命線
他人が眉をひそめる変わり者の筆者やあなたも、多様性の維持に多大なる貢献をしている・・・・・
かもね
                      地球ドラマチック 「フルーツハンター 未知の果物を探せ」 より
                              



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« おばさん以上必見! 毛虫がシワを消す | トップページ | 奇人変人があなたを大きく変える・・・・かも? »

自然」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

tomoさん
出番が少なくてすいません
(お忙しいからワザと気をつかってる・・・・このやさしさ おわかりですか?)
この空恐ろしい悪魔の所業を、人間でやろうとしている虫寒人は
まことに恐れを知らぬ大馬鹿者と言えますね

確かにロベリアなどは間違ってもタネができて来年も楽しめるってのはないですね
(販売時にそううたってますし)
それでも、突然変異でタネができたりするのが自然の不思議
tomoさん畑で何が起きるか?
今年も楽しみにしております

投稿: まんたろう | 2016年1月14日 (木) 10時21分

ああ、やっとコメントできる分野だ!

そうですね、
開発だけではなく
世界統計的に一番多い
種嫌い日本人のせいで
柿もスイカもブドウもミカンもじきになるかもですよ

そう、それはフルーツだけの話ではなく
巷の種屋で販売しているF1種(一代雑種)の野菜も
同じ道をたどるでしょうね

料理人としては、大きさや形がそろっていると
調理マニュアルが作りやすくていいですが
栽培人としては、その大きさと形に揃える為に
その数倍の野菜を廃棄している状況

人間に置き換えるとホラーなような話ですが
他の異なった遺伝子との交配も許されず
大きさも形も制限され
子孫(種)も残せない
無菌室の試験管の中で作られた種で
毎年毎年同じ大きさ、同じ形の物が出来るという恐怖

さてさて、去年F1種で収穫した
じいちゃん畑の2代目ニンニクはどう成長するか?
お楽しみに~( ^ω^ )

投稿: tomo | 2016年1月13日 (水) 21時59分

ゆきごんさん
ふふふ・・・・それはお互いさまでしょうが

ゆきごんさんはドリアンなんだってね

投稿: まんたろう | 2016年1月13日 (水) 09時58分

たこ拳ぢさま
我々のバナナも絶滅危惧種でしょうか?
えっ まだ大丈夫ですって~
まけた~~~~~

投稿: まんたろう | 2016年1月13日 (水) 09時56分

おはようございます(*‘∀‘)
わたしのニンニクも 今年で2代目。
どのような形質のが出て来るか…楽しみだわ。
まんたろうさんがフルーツだったら…
そもそも置いてくれる八百屋が少ない。
ので 希少価値が高いのだ。
買うのは一部のマニアか…

 

投稿: ゆきごん | 2016年1月13日 (水) 08時09分

昔、バナナは病気のお見舞いに持っていく高級品であったのに、今では二束三文で売られてますね。

人々の努力もあるのですが…。

メロンが第2のバナナになると聞いたことがあります。

今プリンスメロンて見ないですよね。

もし、新型パナマ病にキャベンディッシュがやられたら、一躍銀座千疋屋の売り場に鎮座するのでしょうか…。

種は違いますが鰯が高級魚になってしまったように…。( ̄▽ ̄;)

て…ありゃ乱獲か。

投稿: たこ拳ぢ | 2016年1月12日 (火) 20時24分

まめこさん
き・じ・の・い・れ・か・え?
何のことでしょう?
寝ぼけていたんでしょ メッ

あっちは間違って書いている途中のをアップしちゃってので書き直しています
だいたい、1記事につき、数十回読み直して書き直すので・・・・
明日か明後日に再度上げるので、もう一度読んでくださいね

人間にとっての当たり前が、実は非常にゆがんだ形で成り立っている
スーパーの果物コーナーが如実にあらわしているとは・・・・
番組を見ながら記事を書きました
こういうのを ながらブロガー と呼ぶ?

投稿: まんたろう | 2016年1月12日 (火) 17時21分

頭が混乱してしまいました
メッ 記事を入れ替えたでしょ( #` ¬´#) ノもう❢❢
寝たり起きたりしてたので もしかしたら寝ぼけているのかと思いました
とても 為になるお話でした。
経済一辺倒の今の時代ですからね。。。
入れ替えられた記事ですがとても共感したんだけどね。。有難うございました<(_ _)>

投稿: まめこ | 2016年1月12日 (火) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多様性は生命線2:

« おばさん以上必見! 毛虫がシワを消す | トップページ | 奇人変人があなたを大きく変える・・・・かも? »