« スカイリムに終わる | トップページ | スカイリム一の美女は? 前編 »

2016年4月30日 (土)

遠景の改善と流れるような景色へ Level of Detail と uGrids ほか

当記事は、ど素人のプレーヤーがプレイ時に得られた感覚で書かれています
用語の正しい使い方や意味、技術的な点については全く考慮しておりません
遊んだらこんな風に見える・感じるんだ~・・・・でご覧ください

より深く理解したい方は くつみや様のSkyrim箱庭DIYをバイブルにするとよいでしょう
  【Skyrim】LODによる遠景の品質改善と不具合修正
LOD以外にもスカイリムやMODを楽しむために知っておくべきことが親切丁寧に書かれています



ゲームで遠くを見渡すとき、眺めている遠くの景色は質を落としたデータがロードされている
これは手前から奥まで高精細な描画をすると処理が重くなるし
実際の景色を人間が見る時も、遠くの細かいところまでハッキリ見えるわけではないので
合理的かつ自然な状態である
Tesv_20160429_080710975
木がわかりやすいので向こう岸の木に注目されたい(上のSSはPurity)
ここで湖を渡って向こう岸の木々に近づいていくと
このような質を落としたデータのままではきれいな景色にはならないので
いつかは近景用の高精細なデータに切り替えなければならない

この切り替えのときに両者の質が余りに違いすぎると露骨に切り替わって違和感を感じる
これを改善する方法は大きく分けて二つある
 ひとつは、なるべく遠くまで近景用のデータを表示する方法
 もうひとつは遠景用のデータの質を上げることである

目線からの距離に応じてデータの精度を切り替える技術の事を Level of Detail (LOD)と呼び
スカイリムでは遠景用のデータのディテイルを上げるMODにLODの名前がついていることが多い

 Detailed Terrain and Tree LoD v2.5(最終版)を使うとこうなる
   LODによって色合いが馴染んでいて違いがわかりにくいものもあるので
   記事中では違いが目立つこのLODで検証してます
Tesv_20160429_113958604
向こう岸の木などの質感が向上したことが実感できる

Lod_mix
並べて比較すると違いがハッキリわかるだろう

筆者のようにバニラの景観を変更していない場合は、このような静的なLODでかまわない
静的なものは数多く出ているので下記リンクからお好みのものを探すと良い
  遠景 LOD おすすめMOD順

ここでLODの効果を再確認しておこう
Tesv_20160429_092613648
上のSSはPurityで、おおむね左に見える橋より奥が遠景用のローポリで描かれている

Tesv_20160429_104508590
このSSもPurityだが、一度かなり向こう側まで行って近景を表示させてからこちらに戻ってきたものである
中央奥の建物やその後ろの崖、橋の奥の滝、木々などがキレイに表示されているのがわかるだろう

Tesv_20160429_113335411
こちらが Detailed Terrain and Tree LoD の遠景で、中央奥の建物の質感はやや劣るが
木々・岩肌・山などを見ればLODの効果が実感できるハズだ

それでもデータが切り替わるのはハッキリ認識できる
それは自分にどれだけ近づいたら切り替わるかの距離に問題があるからである
Lod_01
ここまで近づいても白丸内の木は(もちろんより奥にある木も)遠景用

Lod_02
右手前の雑草や花を見ればわかるが
上のSSよりさらに数メートル近づいた時点で白丸内の木がパッと切り替わった
こうやって前へ前へ歩いていくと、設定された距離に近づいたデータが次々に切り替わっていく
これが当たり前なんだと思っているときはいいが、意識しだすと結構気になる
これをより遠くで行い、より目立たないように切り替えていくのがふたつ目の
なるべく遠くまで近景として表示させようというiniファイルのuGridsの設定である
 Stable uGridsToLoad v1.0 のようにMODに頼ることもできる

神MODか?、オブジェクトとグラスの設定をUltraの2倍に拡張する恐ろしいものも出ている
 Skyrim True Ultra Settings v7SG
紹介のSSを見ると入れずにはいられなくなります

当然の事ながら、マシンパワーや環境によってはCTD祭りになる恐れもある
また、uGridsの設定はセーブデータに紐付けされ、一度設定を上げてセーブし
設定を上げたセーブデータで再び設定を下げるとセーブデータがクラッシュするとのこと
自分のマシンや環境が耐えられるか確認するためにiniファイルを直接編集してお試しプレイをし
問題があれば戻してしまえばよい(セーブしていなければ戻して構わない)

MOの場合は、パズルボタンでiniファイルの編集が行えるので下のSSのように記述する
Mo_ini_01
MOはプロファイル毎にiniファイルがある
Mo_ini_02
uExterior Cell Bufferの値を36から64に変更し、真下にuGridsToLoad=7と追記するだけでよい
ちなみにデフォルトは5で、7以上にもできるが不安定になるらしくプロもオススメしていない
※自分のいるuGrids+前後に3ずつ、左右に3ずつで7、従って偶数は存在しない(7の上は9となる)

一度ゲームを起動しアチコチ散策してみよう
おおっ! となるか?、CTD祭りとなるかはご自分の環境(運?)次第である
LODによっては容量が多く、初回起動が大変なものもある
 Expand Object LODs v1.1

当然の事ながらCTD対策は洩れなく行っておかなければならない
 SSME - Skyrim Startup Memory Editor v1.8.0.0

 Safety Load v1.2


スカイリムをキレイに楽しむために、詳しくはこちらのプロフェッショナルの記事を参考にされたし
 5つの鉄板 Elder Scrolls V: Skyrim 設定変更
いまさら・・・・ホントにいまさらであるが、著者様に感謝感謝である

ではuExterior Cell Buffer=64、uGridsToLoad=7の威力を
Purityのみ、LODのみ、LOD+uGridsの3つで比べてみよう
010
011
012
滝よりちょっと先くらいまで高精細データがロードされるようだ

Lod_17
もう少し身近な距離感だと、風車より奥が遠景

Lod_16
歩行時の目線の景色で確認すると矢印の木から向こうは遠景

実際に歩いてみると
Lod_14_2
中央奥と橋の奥にわずかだが遠景用の木が見える(赤っぽく見える木)
Lod_14_3
数メートル歩くとすべて切り替わった
このぐらいの距離で変わると目立ちにくくて

Lod_15_2
このような密植されて遠くが見通せない木立の中では、もはや切り替わりを感じることはない

色合いが似通って目立ちにくいこちらのMODならば、もっと自然になるだろう
 improved_LOD_trees v0.75

Lod_mix_02

Tesv_20160501_193403467
improved_LOD_trees で眺める風景・・・・遠くの木の馴染み方が凄過ぎる

Lod_18
針葉樹は割と違いがわかりやすいが、このように場所や光の当たり方によっては
馴染んで違和感なしのときもある

Lod_19
降雪地帯の針葉樹も違いはハッキリわかるが

Lod_20
状況によっては馴染んでしまう

ここまで対策して遠くまでキレイになっても基本的な問題が残る
それはSSよりさらに遠くにある滝や風車などが動かないという問題だ
これを解決するのが
 SkyFalls and SkyMills - Animated Distant Waterfalls and WindMills v3.3.2
視認できる滝や風車などを遠くからでもアニメーションさせるMODである
あっ Purityユーザーは使えるけど滝はこっちの滝になるぞだって
ということは、後述するDynDOLODを使わなくてはならないのか・・・・


これまで書いてきた七メンドクサイことをチマチマしなくても一発解消できるものがある
これは景観を変更しているなどの千差万別の環境にも一発対応できる優れものである
 TES5LODGen v3.1.2
 Dynamic Distant Objects LOD - DynDOLOD v1.49
特に後者は、遠くの滝や風車のアニメーションはもちろんのこと
uGridsToLoad=5のままでマシンにやさしくキレイな遠景が楽しめるものらしい
Nexusの動画、ダウンロードで同封されているhtmlファイルを見れば使い方を誤ることもないとの事だが・・・
とりあえず TES5Edit を新しいのに挿げ替えればできないことはないけれど
作成に小1時間かかるらしい
むむむ  次の周回からだな




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« スカイリムに終わる | トップページ | スカイリム一の美女は? 前編 »

スカイリム」カテゴリの記事

コメント

ゆきごんさん
なんじゃ? ローマは1日にして成らずゲームですか?
クマに襲われる? あなたも好きねぇ~(スカイリムでもよくクマに襲われます)
DVDとブルーレイ
どこでそんな知識をパクってきたの

投稿: まんたろう | 2016年5月 1日 (日) 10時13分

たこ拳ぢさま
残念ですがプレステなどでは~

趣味にしろ仕事にしろ
こだわりを持つのは生粋の職人気質だからでしょうか
ハニートラップに弱いのは生粋の男だからですね

投稿: まんたろう | 2016年5月 1日 (日) 10時11分

やっほ~(*‘∀‘)
わたしもゲームしてるわよ~
ローマににつづく道を作ってるのよ
たまにシロクマに襲われます
ところでDVDとブルーレイぐらいの差がアル!
ってかんじかね?

投稿: ゆきごん | 2016年5月 1日 (日) 01時07分

ゲームってただやり込むだけだと思ってましたが、こうやって作り込んでいくってこともできるんだと、まんたろうさんのブログではじめて知りました。

でもプレステとかぢゃ出来ないですよね?

いやぁ、いつもきれいな景色ときれいなおねぇちゃんで目の保養させてもらってます。(⌒‐⌒)

投稿: たこ拳ぢ | 2016年4月30日 (土) 20時13分

まめこさん
むむむ・・・・
このコメの早さ
まめこさんはものすごい距離に反応するので
uGridsToLoad=9999? くらいでしょうか?

こだわりが止まらない
奥深さを追求するというのは、ホント楽しいものです

この記事から人生に思いをはせる まめこさん もまた
奥深いですなぁ~


投稿: まんたろう | 2016年4月30日 (土) 15時07分

何だか深いですね
遠くに有りて想うものですね。近づいて行くと又見え方も変わってくる…
何だか人生のようです(*´▽`*)
私は こういうゲームは出来ませんが見ていたら楽しいだろうなと思います。

投稿: まめこ | 2016年4月30日 (土) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠景の改善と流れるような景色へ Level of Detail と uGrids ほか:

« スカイリムに終わる | トップページ | スカイリム一の美女は? 前編 »