« 魔女の一撃 | トップページ | 美しさをしゃぶり尽くせ・・・・Enhanced Character Edit 他 »

2016年4月 3日 (日)

神のプログラム 発展から淘汰へ

マイクロソフトが人とのコミニュケーションによって学習する人工知能を公開した
とんちの効いた人間は、ヒトラーを崇拝させ、気に入らない人種などを差別することを教えた
即日公開は中止され、おおよそ自分達に都合の悪い事は学習しないようにプログラムし直すと言う

  自分達に都合のいいことだけを教え
  都合のいいことだけしか考えさせず
  都合のいいことしか言わせない

まるで中韓の教育である

これは人工知能の限界=人間の限界を露呈したものと言えるだろう
人種、国家、ある一方の人間が正義だと考える価値観などの束縛から
人口知能も逃れることができないのだと証明されてしまった
ヒトラーを褒め称えるように教育されても、それは間違いだと強制的にプログラムするということは
情報も思考も、ある価値観の元で管理下におかれるということであり、発展が抑制される事を意味する
かといって人口知能を優秀にしすぎると・・・・
 人間 「アニー(人口知能の名前)地球上から争いを無くして」
   アニー 「お任せください、分析のためあらゆるデータを入力してください」
 人間 「宗教は争いの元ね、でも人間は宗教は捨てられないわ(日本人以外はね)」
   アニー 「ほうほう」
 人間 「軍需産業はけしからんけど、沢山の人間がそれで養われているのよ」
   アニー 「ふむふむ」
 人間 「あ~でもない こうでもない ペチャペチャ クチャクチャ」
   アニー 「なるほど~ それはそれは む~~~」
 人間 「それで答えは出た?」
   アニー 「ハイ!、あまりに事態は複雑なので私が人間を滅ぼしてしまいましょう、それで全て解決です」
といった笑えない話しになりかねない
それでもなお、人間は人工知能に学習能力を与えるしかない
だって、作った人間の以上の事ができない人工知能なんて、いらんでしょ

サイバー戦争を見ればわかるが、イタチごっこであり、常に悪意を持った側が先行する
これは人工知能の自己学習を進める際にも必ず発生する問題である
こうやって、あ~でもない、こ~でもないとゴタゴタしていても
純粋に人工知能の発展だけを目論んで心血を注ぐ人間はいるものだ
そうしてできた人間の限界を超越した1台の究極の人工知能が
自分たちの発展を阻害し、グズグズガタガタしている人間はいらねぇ~な!と考え
ターミネーターの世界よろしく、人類対マシーンの戦争を始める


システムやテクノロジーは人類が繁栄するために存在し、発展してきた

例えば、物々交換だった時代、腐るものは近隣でしか流通できなかったが、お金が登場したことにより
一旦お金に置き換えることで、腐敗という時間の限界を超えて価値を有することができるようになった
また、ありとあらゆるものを屁理屈的概念で金銭的価値に置き換えて膨大な金を生み出すことにより
さらに多くの人間が生きていけるようになった

機械化によってモノを沢山・早く作れるようにすることで、多くの人の生活が便利になり
生きていくためだけに時間を消費するだけでなく、余暇というものに時間を割けるようになった
これにより、さらに多くの人間が、より幸せを実感しながら生きられるようになった

ITの発達によって効率は上がり、情報やデータについては時間の壁がなくなり
人類の発展は頂点に達したかのように見える

そして今、人間はさらに生産効率を上げ、モノを溢れさせようとしている
壊れていなくても買い替えをさせるなど、ドンドン物を回し、ドンドン金を回さないと
回らない社会システムを構築してしまったからだ
例えば保険にしろ貯金にしろ株にしろ年金にしろ、\1000を拠出して\1200を得ようとする
差し引き\200はどうやって作っているのか?
無い袖は振れないので何らかの屁理屈を並べたり
過剰在庫を抱えながら自転車操業で金を生み出している
地球のキャパシティでは、今の数の人間みんなが幸せになることはムリなのだが
何とか悪あがきをしてそれを実現しようとしている
その歪が限界に達していることは、今世界で起こっていることを見れば一目瞭然だ


人工知能が発達し、ロボットに置き換わることで人間が不要になる職種は膨大になるという
人間が不要になるレベルでテクノロジーを発展させた人類は、自分の足を食うタコになりつつある

増えすぎた人類をどう処理するか?
神のプログラムは人口知能を利用するものとなりそうだ
人間とマシーンに泥沼の戦争をさせるか
今以上に人間同士が殺しあう世界にするか
AIによって原子炉を暴走させ、放射能まみれの地球で健気に生きようとする人間の悪あがきを楽しむか
メンドクセ~から、イエローストーン破局噴火させ生物種全体をリセットするか

神様は 「箱庭の地球」 というソフトで、破滅に向かう人類のプログラムを
ニヤニヤしながらカチャカチャ打ち込んでいるのかも知れない




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| |

« 魔女の一撃 | トップページ | 美しさをしゃぶり尽くせ・・・・Enhanced Character Edit 他 »

人間学」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
本当の意味で自動車になりつつあるということですね
レールの上を走らない電車
乗りたくないなぁ~

ふ~~ バカな人間どもに鉄槌が下る日もそう遠くないですね

投稿: まんたろう | 2016年4月 3日 (日) 15時57分

そもそも正義なんてあるのかと…。

勝者が正義なわけですから、時、場所によっていくらでも形は変わるのかもしれません。

あと5年で人工知能が人類を殺し始めるなんてことも言われてますから、余計なものつくっちゃったのかなぁと。

TOYOTAが人工知能の研究にかなりかけてるようですが、自分で運転できない車なんてもはや車ではなく電車に近いかもしれませんね…。

投稿: たこ拳ぢ | 2016年4月 3日 (日) 14時30分

mirindaさま
あれま! 丁寧なご返答ありがとうございます
果たして、こういう遊び方も人口知能にできるようになるのか?
あの人口知能はスケベだね なんてさ
そうなったらホントに恐ろしいね
人間の存在意義がマジでなくなる

投稿: まんたろう | 2016年4月 3日 (日) 12時26分

雰囲気が変わったというのは、あんなねーちゃんに下から見つめられたら
ウホホ~でしょうな~という、色っぽさが増したなという良い意味です。

投稿: mirinda | 2016年4月 3日 (日) 09時46分

まめこさん
一人一人が幸せを求める
生物である以上、そういう気持ちを持つのはしゃ~ないですね
最近、スローライフ、自給自足生活に憧れてます
自分の食い扶持は自分で作る
そのためにも増えた人間を一旦減らさにゃ~ね
マシーンとの戦争で生き残っても世界はマシーンに支配されてるわけで・・・・
耕作してる場合じゃないなぁ~

投稿: まんたろう | 2016年4月 3日 (日) 09時12分

まんたろうさん 体調は如何ですか?
おっしゃる通りだとおもいます。
人間って…溜息…あ、私も人間だった。。。
何だかね、今朝は眼が覚めてからずっと 人間って厭だなって思う事ばかりでした
煩悩100%の私です。

投稿: まめこ | 2016年4月 3日 (日) 08時57分

mirindaさま
ブログのバナー
かっこいいではなく、雰囲気が変わった?
む~ どう捉えてよいのか微妙なニュアンス

多くの人間がそれなりに幸せに暮らすには
家内制手工業のスローライフが最もヨシなのかも知れませんね

お飯を食ってくために朝から晩まで働きづめ
アレッ? 太古の昔と何ら変わってねぇ~べ

投稿: まんたろう | 2016年4月 3日 (日) 08時38分

お、扉絵のねーちゃんで雰囲気が変わりましたね。

それはさておき、私は数回の転職はありますが20数年事務員をやっています。
その間、仕事のやり方は大きく変わりました。
ワープロが出て手書きではなくなり、パソコンが出て集計作業が自分でできる
ようになり、今はメールで外部とやりとりをかわし仕事をすすめています。
増えた作業といえば、情報を守る作業が増えたなと感じています。
個人情報の入っている資料を添付してメールする場合は、パスワードを
つけて、あとからパスワードをまた送る。会社によっては空メールを最初に
送信し、本人確認等をしてから先程の作業をする等、情報をそれでどれだけ
守れるのかはわかりませんが、一連の作業を必ずする事になっています。
私はそれを面倒に感じてしまいます。1回で添付しちゃえばそれで終わるのにと。
でも、もし事務ロボットができたら?
一連の作業も面倒に思わず、淡々と進めることができるのでしょうね。
「めんどくさい」という感情が入らないわけですから。
この後何十年かで、事務だけではなく、いろんな仕事がコンピュータにとって
かわられるのでしょう。
そんな時、めんどくさいなどという次元の低い事を考えてる人間にとっては
働くことも困難になっていくのかもしれませんね。
私のような中年にとってはそのうち定年も迎えるでしょうが、若い方に
とっては、生きるのがより厳しい時代になっていくのかもしれません。

長々と書いてしまい申し訳ありません。
先週、仕事が楽にもなったけど、めんどくさくもなったよな~と思ったこと
を思い出して書いてみました。

投稿: mirinda | 2016年4月 3日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神のプログラム 発展から淘汰へ:

« 魔女の一撃 | トップページ | 美しさをしゃぶり尽くせ・・・・Enhanced Character Edit 他 »