« 終わりの始まり | トップページ | Relighting Skyrim »

2016年4月19日 (火)

VR(バーチャルリアリティ)とスカイリム

どうも! オンゲー敗北者のまんたろうです
愚かな負け犬の遠吠え(オンゲーを愛する方にケンカを売っている?)なんぞ
 「オンゲーについてこれないアホが、くだらねぇ~こと書いてんな こいつクソヤロウだな」
と相手にもしてもらえないハズなのですが、時々絡んでくれる奇特な方がいらっしゃいます

オンゲーの世界で上に立てる人間はリアル社会でも上に立てるのか?大変興味深いですね
人とのつながり、コミケ能力に優れていて、それを大いに活かしてらっしゃる方々らしいので
(そのコメントから推測)
リアル社会でも実力をいかんなく発揮して、それなりの地位を築いていることと思いますが・・・・

それともパターンを解析して攻略法を編み出すことと反射神経と
延々と単調なことを繰り返しても平気な忍耐力に長けてるだけで
(戦闘は単調ではないが、パターン化された攻略法が確立された時点で戦闘も単調と言えるだろう)
より複雑に絡み合い、パターン解析能力と反射神経だけでは渡り歩けないと思われる現実社会では
筆者と同じただの平民・愚民なのか?、実に興味深いですねぇ~


先日NHKのサイエンスZEROで最新のVR(バーチャルリアリティ)について紹介されていた
No.539
“超”仮想現実にようこそ! ~バーチャルリアリティ開発最前線~
                                           2016年3月27日 放送

技術が進歩し、個人が手頃な価格で超VRを体感できる環境が整いつつあります
スカイリムや他のゲームだって、広義な意味でのVRであったわけですが、じゃ~何が違うのかと言うと
ユーザーインターフェースが変わり(進歩した)没入間がハンパ無い
まさしく今そこにいると錯覚をするほど臨場感が増すということです


ヘッドマウントディスプレイ を装着すると、そこには筆者が愛するスカイリムの世界が広がっている
Skyrim_zekkei_new_013
ただし、その視界にはスカイリムの景色を映すパソコンのディスプレイはない
目に映るのはスカイリムの美しい景色と、自分の手や持っている武器だけである
頭を下に向けて足元を見れば自分の足が、右を向けば右側の景色が、上を見れば太陽が目にまぶしい
次に、様々なセンサーや電極がついたハーネスやスーツ等を装着する
続いて360度自由に歩けるベルトのある床や様々なギミックが実現できる専用ルームに入る
自動キャリブレーション機能を起動させるとスーツが身体にフィットし、リンクインジケーターがグリーンになる

早速歩いてみよう
おおっ 歩くスピードに合わせて景色が流れる
Skyrim_zekkei_new_024
川のせせらぎ、足音、鳥のさえずり、全て今までのスカイリム通りである

右手を振ってみる
目の前で武器を持った右手が自分が振ったのと同じように振られた
武器で岩を叩いてみる
ヒョォ~ キョィン
スイング音と岩を叩いた音が響く
岩に当たった感覚も、武器型の拡張インターフェースによってフィードバックされ、手ごたえもキチンと感じる

突然ヒュン!という音 ブスっ 痛ぇっ 敵だ! 右から矢がビュンビュン飛んで来る
矢が刺さった瞬間 ズキッ!っと痛みが走る (当然痛みが苦手な方用に痛みOFF機能もある)
ちっ! 左手に盾を構え、敵に向かっていく
敵の攻撃を盾で受け止めるとガンという音と共に盾から衝撃が伝わる
敵を斬りつける ガキン ビチャッ
武器が当たった感触や肉が刻まれる音が生々しい

はぁ はぁ (ホントに斬りあいをやるので息が上がる)
目の前には倒した敵が転がっている
しゃがんで物色する
革の鎧、鉄のダガー、ロングボウ
ちっ しけてやんな
歩こうとすると重い
荷物が増えると身体が重くなるのだ
(もちろん所持重量リンクも切ったり軽減したりできる)

ピカッ ゴロゴロゴロ 突然雨が降り出してきた
身体には小さくも小刻みな電気刺激が絶え間なく与えられる
雨粒が身体に当たるのも再現されるのだ
ヒュ~~ 風が吹く
寒っ
専用ルームにはフリーアームの先にファンが付いていて風まで再現される
風が吹く方向まで制御されるのだ

一旦VR空間から抜ける
実際に動き回るので、ちょっとした冒険や戦闘でも疲れる
ふ~ コーラがうまいっ!

VRスカイリムで適度な運動を欠かさないので、最近は理想体重を維持している
血圧・コレステロール、すべて改善され、主治医からは褒められている
最近、主治医までVRスカイリムを始めたそうである
次はSexLabの実体験版まで実装されるらしいね
え~ 南極六号とか使うんですか?
1体200万円のLoversLab Doll β版 限定百体
まじっすか・・・・・うっしっし
アンドロイドも安くなったもんだね、キミ買うの?
欲しいっすねぇ~ 百体なんてすぐ売り切れでしょ、誰にします?
SBFのリディアかなぁ~
俺はTOWのリセッテですね
ありゃ~ ムッチムチの爆乳だからねぇ~、キミも好きモノだね
先生もなかなかのモンですなぁ~
イヒヒヒヒ・・・・・・
ウッシッシッシ・・・・・
エロオヤジどもの会話が盛り上がる
い~かげんにしてください
看護師に先生ともども叱られた・・・・


技術的にはユーザーと仮想空間をつなぐインターフェースであるパソコンのディスプレイが
ヘッドマウントディスプレイに、コントローラーが身体の動き変わるだけなので
ゲーム自体はMODなどの改変も今まで通り思いのままだ
(当然拡張される機能の追加は必要だが)
身体に伝わる刺激なども、MODによっていいものがどんどん作り出されていくことだろう

スカイリムやGTAシリーズなどは、MODによって進化を続け、いまだ多くの人に愛されている
旧作の焼き直しだとしてもVR化されれば大ヒットは間違いない

まだ動ける若いうちに実現しないかな



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 終わりの始まり | トップページ | Relighting Skyrim »

スカイリム」カテゴリの記事

コメント

まめこさん
確かに・・・・
アンドロイドを有意義に使うことを考えなければねぇ~

被災地で漫才?
もう少し落ち着いてからでいいですか?
地震もアバラも
とりあえず義援金で少しでもお力になれればと寄付だけはしました
早く地震が収まりますように

投稿: まんたろう | 2016年4月19日 (火) 09時37分

おはようございます(^_^)/
アンドロイドさん達 熊本でおにぎりとか握れるかしら(o^―^o)ニコ
楽しい事無いかな~楽しい気分にしてあげられる事ないかなぁ
先生と二人で漫才でもしたらどうじゃろ?

投稿: まめこ | 2016年4月19日 (火) 09時26分

ゆきごんさん
キミも遠慮なく使いたまえ
怪しいサプリやツールに頼らなくても
それこそイケメンと歩いているだけでも痩せられるだろう
買ってあげようか?
実りの少ない畑の代わりにさ

投稿: まんたろう | 2016年4月19日 (火) 08時53分

お疲れ~(*‘∀‘)
ヘッドマウントディスプレイ?
ふ~ん…
それ装着したまま ひとり腹上死とか
できそうね。
その顔は とても幸せそうでした

投稿: ゆきごん | 2016年4月19日 (火) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VR(バーチャルリアリティ)とスカイリム:

« 終わりの始まり | トップページ | Relighting Skyrim »