« 北欧女子から見た日本 | トップページ | Art of Skyrim  Alternate ActorsとQuick MenusでNPCを操作する »

2016年7月30日 (土)

小さな命を大切に

先日、夜テレビを見ていたら、1.5m上空を何かが横ぎった
体長2センチくらいはあろうか?
最初は空を飛ぶ甲虫の類かと思ったが、その正体はクモだった
P1030368
その後、彼は1時間ほどせわしなく動き回って、おおよそ50cmほどの巣を張ってしまった
クモがどうやって巣を張るのか?
まあ珍しいものを目の前で実演していただき感謝に絶えないが、おかげで真田丸鑑賞が上の空であった

さて、このクモの正体は
P1030371
 オニグモ (ピンボケですみません
割とよく見ると書かれているが、この辺の田舎でもよくは見かけないぞ
以前最大長クラスの大物を見たことがあるが、迫力ものであった
昼は巣をたたむとあるが、こいつは昼も巣を張ったままだった
ゲジもそうだが基本益虫である
残念ながら、人に大変な嫌悪感を与えるので不快害虫と言われ
駆除の対象になってしまうことも少なくないが、筆者は無益な殺生はしない
不快という理由だけで命を奪うのであれば、相模原の殺人鬼と大差ないではないか
さすがに家の中ではエサはとれないので、翌日やさしく捕まえ
近所の人が寄り付かないクリの木に逃がしてやった
ここならば飛翔する虫も数多くエサには困るまい (ここに定住するかもわからないが)
そして何より気持ち悪いという理由だけで殺されることもないだろう


蜂が巣を作ってるので駆除して!
と、我が家の防衛部門の責任者である筆者に一報が入る
(施設部門も兼任、一家の主は安月給でこき使われるのが常である
20180718_hachi01
まあ軒下のいい場所を見つけたものだねぇ~

20180718_hachi02_2
どうやらセグロアシナガバチくんのようだ

蜂というと刺さるので怖いと、すぐに駆除しようと考えるかも知れないが
 お待ちなさい!
彼らは大変な益虫である
 特にイモムシ・毛虫の類が大嫌いの方にとっては神のごとき存在である
家庭菜園を愉しんでる方は是非一読なされよ↓
  アシナガバチ

数日観察しているが、彼らが縄張りとして認識している範囲は広くない
人と距離が近いような場所に巣がある場合は、駆除もやむを得ないかもしれないが
この場所であれば、人に危害が加わる可能性は限りなく0に近い
こちらがちょっかいを出さない限り、彼らと衝突することはないだろう

アシナガバチに刺される!でよくみられるのは
蜂の巣の存在に気づかずに近寄ったときや、洗濯物に紛れ込んでいるときくらいである
特に寒くなってきた頃は注意が必要だ
干された洗濯物が温いと紛れ込むので、着た時にチクッとなる
(筆者もミツバチとアシナガバチで各1回、このケースで刺されたことがある)

彼らには大いに繁栄していただき、この近辺のイモムシ・毛虫駆除に役立ってもらおう
(そういえば今年は毛虫をとんと見ないが、彼らのおかげかも)

虫けら扱いされる彼らにとって、人間は強者である
強者は弱者に配慮する義務がある
強者は広い心を持ち、慈悲の心で接する度量がなければならない
気持ち悪いとか、刺されるといった気持ちの問題だけで、むやみやたらに小さな命を奪うのはやめよう

たとえ小さくとも、ひとつの命には違いないのだから




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 北欧女子から見た日本 | トップページ | Art of Skyrim  Alternate ActorsとQuick MenusでNPCを操作する »

自然」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
さすがにお客様に何かあっては一大事
場所をわきまえて作って欲しいってのは人間の勝手でしょうか

ムクドリの糞害はこちらでも猛威を振るい、多くの方が憤慨しています
泣き声も立派な公害クラスだそうで・・・たしかにあの泣き声は耳に刺さる
一時期絶滅寸前までいって、保護の末に増えすぎたらしいですね
自然のバランスってのは難しいものです

投稿: まんたろう | 2016年7月31日 (日) 21時26分

蜂の巣デカいっすねぇ~!

何年か前に隣の家にやはりデカイのができて、そっから別荘つくりにうちにまで遠征してきたことがありました。

店の入り口の真上と脇のガスメーターのパイプのところに計5棟出来まして。

さすがにその時は退散していただきました。

洗濯物、ガキの頃に1度やられました…。(;>_<;)

最近はムクドリの糞害&鳴き声かな。(((^_^;)

投稿: たこ拳ぢ | 2016年7月31日 (日) 16時43分

しげまるさん
おかえりなさい
無事の帰還うれしく思います

罪深い人生を送ってきましたからねぇ~
このままだと閻魔様と面談になりそうなので
今から点数稼ぎです

投稿: まんたろう | 2016年7月31日 (日) 13時04分

アシナガバチ、益虫だったのですね。
勉強になりました。
小学生の頃、巣をつついでとんでもない思いをしたもので、
それ以来近づかないようにしております。
あと、
慈悲深いまんたろう様、極楽浄土にいけますね。

投稿: しげまる | 2016年7月31日 (日) 12時23分

ゆきごん
ふっ!
そのボコボコに腫れ上がったパンツの中身で
ド突き回してくれるわ
覚悟しろ!

投稿: まんたろう | 2016年7月31日 (日) 11時04分

まめこさん
基本、子供が欲しくない人だったんですよ
だから過失を装ってワザとという可能性もありますね
本当に子供を愛していたのなら、車中に置き去りなんてありえませんから
亡くなったお子様、天国では幸せになってほしいですね

ちなみに、冷たいヤツと思われるかもしれませんが
身近な愛する人や、先の無垢な子供が死ぬこと以外は
人が死ぬことに対しては、淘汰の一環だと思ってるのでなんとも思いません
人間なんてもんは、どこに行っても履いて捨てるほど
それこそ うじゃうじゃ いて邪魔なだけ
人間の存在は地球にとっていいことはひとつもないですし
希少な生き物の命の方がよっぽど尊いと思ってます

投稿: まんたろう | 2016年7月31日 (日) 11時02分

アシナガバチゼヒわたしの畑にご招待したいわ。
ハチもクモもイイヤツだよね~
あ~あ まんたろうさんのパンツの中に
ハチ入ればイイのにな~
刺されて タヌキの置き物に(*‘∀‘)

投稿: ゆきごん | 2016年7月30日 (土) 21時40分

我が家にも 滅多に来ないけど虫がやって来るときが有ります。
出来るだけ 近くの人が余り来ない所に逃がして来ます(主人が)
基本は殺害はしません。ハエは…駆除してしまいます。
小さな命と言われたので 今日のニュースで宇都宮で2歳児が
車中置き去りで死亡…と言う、悲しいニュースを想像いたしました
保育園に送るのを忘れていたとの事…
命をどう思っているのかと悲しくなりました(T_T)

投稿: まめこ | 2016年7月30日 (土) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな命を大切に:

« 北欧女子から見た日本 | トップページ | Art of Skyrim  Alternate ActorsとQuick MenusでNPCを操作する »