« 神MOD 「Quick Menus」 はど素人に夢と希望を与える夢のツールだ | トップページ | Mod Organizerで構築したひとつのスカイリムを2台のPCで遊ぶ »

2016年8月10日 (水)

DynDOLODの導入 with Purity

重くないのに遠くの景色までキレイに表示してくれたり
遠くの滝や風車のアニメーションをしてくれる遠景改善MODの決定版といえば
  Dynamic Distant Objects LOD - DynDOLOD 最新はv2.21

いろいろメンドクサそうでしたが、思い切って冷や汗かきながら導入してみました 
 ※以降の説明はVersion 2.16のものです

MOのインストール場所も、DynDOLODの展開も、まあ別にどこでもいいのですが
任意のドライブのルートディレクトリ上で行う方があとあと困らないでしょう
(アドレスが長くなる場所、特にProgram Files(x86)内に作るのは辞めておいた方が賢明です)
Dyndolod_01
Dyndolod_05

前提必須MOD
  SKSE v1.7.3

  PapyrusUtil - Modders Scripting Utility Functions v3.2以上
    いろいろなMODの前提となりつつあるので最新版を使用しましょう

  FO4Edit PreRelease Alpha v3.1.3以上
    Dyndolod_fo4edit

Nexusの下記リンクから
  Dynamic Distant Objects LOD - DynDOLOD
    DynDOLOD本体
    DynDOLOD Resources
         ※DynDOLOD Patches (Patchesに表示されているMOD使用時に必要)
     Dyndolod_patches_v222

下記ビルボード
  Indistinguishable Vanilla Tree Billboards
さらに筆者はPurityを使用しているのでPurity用のTree Billboards
  Tree Billboards Purity-65911-1-0

遠くの滝や風車をアニメーションさせるには
    SkyFalls and SkyMills (fomod版が楽です)
を入手します
 ※SkyFalls and SkyMills と Purity に含まれている
    Pure Waters - Waterfalls は両立できません
   Pure Waters - Waterfallsを優先させれば遠景の滝は水がなくなります
   SkyFalls and SkyMillsを優先させると滝の質感が低下します
Dyndolod_20_mix0
同じ滝を写したもので左がSkyFalls and SkyMills+DynDOLOD+uGrids=5
右がPure Waters - Waterfalls+DynDOLOD+uGrids=7 (ただし遠景時は滝の水が消えます)
Pure Waters - Waterfallsのサラサラ感がなくなって、バニラ風のネットリ滝になるので
遠景アニメーションをとるか?滝の質感をとるか?悩みどころです


導入手順
MOで自環境に応じたTree Billboardsを導入して有効にします
PurityのTree Billboardsを導入して有効にします (Purity使用者のみ)
DynDOLOD Resources を導入して有効にします
Dyndolod_resouce_v216
DynDOLOD Resources導入時はオプションコンポーネントを選択するダイアログが出ます
SkyFalls and SkyMillsを導入し有効にします
DynDOLOD Patchesが必要な方は導入して有効にします

TexGen.exeをMOに登録します
Dyndolod_03

DynDOLOD.exeをMOに登録します
Dyndolod_04
DynDOLOD.exeの登録時は引数の入力を忘れないようにしてください

Texgen_v216_rtfm
MOから TexGen.exe を実行すると上記ダイアログが出るのでStartをクリック

Texgen_v216_finish
このダイアログが出たらTexGenの出力は成功!、Exitで抜けます(筆者の環境だと1分半ですね)

Dyndolod_temp
MOのOverwriteフォルダにDynDOLOD-tempフォルダがあるので消す

Dyndolod_06
TexGen_Outputフォルダーを圧縮後MOで導入し有効にします

Dyndolod_gen_v216_rtfm
MOからDynDOLOD.exe を実行するとダイアログが出るのでOKをクリック

Dyndolod_gen_v216_setting01
ここでは  Select allで全ての項目にチェックを入れ、Advancedをクリックします

Dyndolod_gen_v216_setting02
再度左上の全ての項目にチェックを入れ、残りはSSに合わせます
  初回導入時は rabilinthさんのブログの記事 を参考にしました
  この場を借りてお礼申し上げます
間違いがなければOKをクリックし、いよいよ出力作業開始です
Dyndolod_gen_v216_running_01
Windows上でダダダ~と処理が実行されます
Dyndolod_gen_v216_running_02
途中最初のWindow上では処理が進まなくなりますがフリーズと勘違いしないように
別窓できちんと処理は継続されてます

Dyndolod_gen_v216_running_03
正常に終了するとこのダイアログが出るので Save & Exit で抜けましょう
作業時間は個人の環境により異なります(筆者だと15分弱ですね)

Dyndolod_output_v216
出来上がったDynDOLOD_Outputフォルダーを圧縮し、MOで導入して有効にします

Dyndolod_esp_japanese
DynDOLOD.espをTESVTranslatorで日本語化します
ゲームを起動してMCMが登録されるまで待ちます

Dyndolod_mcm
MCMが開けるようになってもフィールドに出るまでは有効にできません

Dyndolod_24
フィールドに出てから有効にするとイニシャライズに成功したとのメッセージが出た後

Dyndolod_25
有効になりましたのメッセージボックスが出て導入完了です



アップグレード
景観MODの追加後の遠景の更新作業は
一旦MO上でTexGen Output、DynDOLOD Outputを削除し
TexGen.exeの実行から作業をやり直します
 ※データが残ってると警告のダイアログが出ます、無視して続行も選べますがどうなるか未検証
Dyndolod_18
DynDOLODのバージョンアップは
以前のDynDOLOD Resouce、TexGen Output、DynDOLOD Outputを無効にし
名前を変えた新しいバージョンのDynDOLODを使って作業をやり直すだけです
以前のDynDOLOD Resouce、TexGen Output、DynDOLOD Outputを削除する場合は名前
は変えなくて良い

Dyndolod_162
家の追加など、景観が変わるMODを導入後はDynDLODを導入し直さないと
追加・変更された景観は遠景では表示されません
MOD追加後は遠景の更新作業を行ないましょう

一度使うと、これが当たり前になってしまいます
慣れてしまえば面倒な事はないので、是非使ってみることをオススメします


Dyndolod_123
uGrids=7 DynDOLODなし

Dyndolod_124
uGrids=5 DynDOLODあり
赤線より向こうの遠景を比較していただければよくわかりますが、DynDOLOD使用時は
岩に囲まれた温泉プールが画面のかなり奥のほうまでしっかり描写されてるのが確認できます
DynDOLODの効果がいかに大きいかがよく分かります

個人的には、CTDもなく特に問題が発生していないのであれば
uExterior Cell Buffer=64、uGridsToLoad=7、DynDOLODありでプレイするのが一番だと思います

Dyndolod_23
ここからアズラの像まで確認できちゃいます (感動~)

Dyndolod_22
uGrids=7 DynDOLODあり
uGrids=5ではハッキリ見えた近景と遠景の境目が、より奥にいって目立たなくなってます
この辺はPCのスペックCTDやその他の不具合のあるなし次第ですね


もし、ゲーム途中でuGridsToLoad=5に戻す場合は
   uExterior Cell Buffer=64、uGridsToLoad=7のセーブデータをロード
   Alt+Tabでディスクトップに戻る(当然ゲームは終了してはいけません)
   MOの使用中のProfileフォルダのskyrim.iniをデキストエディタで開く
   uExterior Cell Buffer と uGridsToLoadの記述自体を削除
   skyrim.iniを保存
   起動中のスカイリムのゲーム画面に戻り、コンソールでrefreshiniと入力しEnter
       コンソールを閉じ、ゲームをセーブする
      (CTDしやすいので、一旦ゲームを再ロードした方がいいでしょう)

この手順以外ではセーブデータが破壊されるらしいので注意


以上でPurity使用時のDynDOLODの導入方法の紹介は終わります
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 神MOD 「Quick Menus」 はど素人に夢と希望を与える夢のツールだ | トップページ | Mod Organizerで構築したひとつのスカイリムを2台のPCで遊ぶ »

スカイリム MOD導入」カテゴリの記事

スカイリムMOD ユーティリティ」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
まったくですねぇ~
遊び人側の方でよかったです
作る側だと夜も寝れないこともあるでしょうし

投稿: まんたろう | 2016年8月11日 (木) 22時26分

こういった細かい作業の上にこの世界は成り立っているわけですね。(⌒‐⌒)

投稿: たこ拳ぢ | 2016年8月11日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DynDOLODの導入 with Purity:

« 神MOD 「Quick Menus」 はど素人に夢と希望を与える夢のツールだ | トップページ | Mod Organizerで構築したひとつのスカイリムを2台のPCで遊ぶ »