« タッチダウン  沈む夕日に何を想ふ | トップページ | るろうに »

2016年10月20日 (木)

くらげ クラゲ 水母 水月 海月~~~

バイオテロ
15年ほど前の話
確か新潟県の野積海水浴場だったと思うのだが
ところどころアンドンクラゲが群れていたので、まとめてとっつかまえて
グチャグチャに切断して魚のエサにしてやると網の中で切り刻んでたら
チクチク・・・・チクチクチク~~  チクチクチクチクチク~~~~
いででででで~~  あいだだだだだ~~
どうやら切断され飛び散って海を漂う刺胞に刺されたようだ
(その頃は、生きてるクラゲしか刺さないと思ってたからさ~)
すぐにクラゲ爆弾を放棄し、ほうほうの体でその場を脱出し浜のベースキャンプへ退避
息子ともども体中刺された跡が赤い点々になって、結構ひどかった気が・・・・
アンドンクラゲ恐るべし

ところが、この悪意なき所業による悲劇はこれで終わりではなかった
きゃ~ なに? イタイイタイ
あちこちで他の海水浴客の悲鳴が
潮流に乗って広がったクラゲ爆弾はあちこちで爆発し、他の海水浴客も巻き込んで
刺胞の流れ着く先は阿鼻叫喚の地獄絵図に・・・・

あの頃はテロなんかなかったし、SNSもなかった時代なので
大きな騒ぎにならなかったのですが
今だったらSNSとかで
 野積ヤバイ
 クラゲ襲来?
 バイオテロ?
などのツイートがあふれ大騒ぎになってたかも・・・・
もう時効だよね~

まあ、そこらじゅうにアンドンクラゲが群れてたから事故で済んだだろうが

ちなみに乾燥した刺胞を空気中に飛散させるとくしゃみが止まらくなる
ハクションクラゲなんてのもありまする
クラゲ侮るなかれ
皆様、くれぐれもバイオテロ事件を起こさぬようにね(どの口がそれを言うってか


クラゲドリーム館
20161015_kurage01
2014年に新館(愛称=クラゲドリーム館)が開館して以来
年間来館者数が60万人を超え、人気が急上昇した水族館

  鶴岡市立加茂水族館 (オフィシャルページ)

  鶴岡市立加茂水族館 (ウィキペディア)

これでもか~ というくらいクラゲを堪能できます

それでは、神秘的で、妖しく、美しく、微笑ましいクラゲ達をご覧あれ
20161015_kurage02
きゃ~ コロコロして可愛い

20161015_kurage03

20161015_kurage20_2
20161015_kurage04
触手の先が青くてキレイです

20161015_kurage05
20161015_kurage06
メチャクチャちっちゃくて可愛いヤツ

20161015_kurage07
蛍光色かつマルチカラーの帯が流れるようにイルミネーションする凄いヤツ

20161015_kurage08

20161015_kurage09
まるでマッシュルームがシェイクされてるかのようです

20161015_kurage10
七色照明を当てるとレインボークラゲに

20161015_kurage12
真ん中に4つの輪っかが見えるのはミズクラゲ
5つとか6つの輪っかがある固体もあるそうですよ

20161015_kurage13

20161015_kurage14

20161015_kurage15
進化を経てこの形や生態になったんでしょうが、まことに不思議な生き物ですねぇ~

20161015_kurage16
種類によって触手の長さは様々ですが
同一種であれば、お腹を空かせた個体ほど触手が伸びてるそうですよ
(リピーターの女子がガイドさんから聞いたという、又聞きの又聞きですが)

20161015_kurage17
自由な放浪生活
君たち 生きてて楽しいのかい?

20161015_kurage18
20161015_kurage21
水玉模様の可愛いヤツ

20161015_kurage19
なぜか?みんなケツを向けてるクラゲも

20161015_kurage11
ティッシュをたくさん水に沈めてかき混ぜたらこんな感じかな?


スマホのカメラがクソ過ぎる
週末は人人人人人の波でゆっくり写真を撮ってる余裕はありません
おまけに、暗い、アクリル越し、じっとしてるようで意外に早く動き回る
ということもありマニュアルでフォーカスを合わせてる余裕もありません
ここで試されるのがカメラの性能
機種やその人のセンスや腕にも左右されるのでしょうが
オートフォーカス能力やF値に劣ると思われる
 スマホ
で写真撮ってるヤツがとにかくトロくてウザイ
 ピントが合わねぇ~
 暗くてシャッタースピードが稼げねぇ~
でピンボケ写真しか撮れねぇ~からピコピコ何度も撮り直し・・・・
いつまでソコでピコピコやってんだぁ~
後ろからの人の波波波、テメエが止めてんだぞ

最近のは高性能を謳ってるが
所詮カメラ付きの何でも中途半端な携帯便利端末だな


日本海の夕日
クラゲに癒された後は、日本海に沈む夕日と温泉と海鮮料理が堪能できる
こちらにお泊りになるのがおススメ
  湯の浜温泉
クラゲドリーム館から車で3分です

20161015_18
屋上にある露天風呂から、この美しい夕日を湯に浸かりながらご覧になれます
筆者は砂浜に出て写真撮影に専念
すると、屋上の女風呂から旬を過ぎた女の人達のわめき声が聞こえる
 「おぎぬ~、そっただどごでみでっど、そどから丸見えだがらっし」
 「なぁ~に言ってんだ 春さ」
 「み~んなあっちの方さみで夕日みでんだがら、だれもこっちゃなんかみでね~でば」
 「さすけね さすけね~」
 「んだば みんなでならんでみっぺ」
 「そうすっぺ そうすっぺ」
会話から察するに、今、後ろを振り返ると
干したのし餅が横一線に並んでるありがたくない光景が拝める ということか
恐る恐る振り返る・・・・勇気はさすがに出なかった

20161015_28_2
夕日が沈んだら次のお楽しみの御夕食
地元で採れた海の幸は新鮮でとてもおいしかった
食べきれないほどのお料理が出てきて満腹満腹

ストレス多き現代社会でお疲れのそこのあなた
クラゲと温泉と夕日と並んだ干しのし餅と海鮮料理に癒されてみてはいかがですか




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« タッチダウン  沈む夕日に何を想ふ | トップページ | るろうに »

生物」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
あの爆弾・・・・食わせたらどうなるんでしょう?
口の中に焼夷弾?
辛いの好きな人には合うような気が・・・・
刺激求めてる人多いらしいですし
たこ様んちがラーメン屋だったら試したかったですねぇ~
鬼辛ラーメン

投稿: まんたろう | 2016年10月21日 (金) 18時55分

水族館のクラゲは見てると癒されますよねぇ~!

クラゲ爆弾か…。

いいこと聞いた。(σ・∀・)σゲッツ!!

いや、やらないって、ホントだってばぁ~!

投稿: たこ拳ぢ | 2016年10月21日 (金) 14時19分

まめこさん
やっぱり人に酔うか
まあ私も具合が悪くなったりはしませんがウンザリはします
それにしても旅行にバファリンが必需品で
かつそれを忘れるとは・・・・・
やっぱ面白い人ですねぇ~

投稿: まんたろう | 2016年10月20日 (木) 23時06分

人に酔うんです。本当に酔ってしまいます。
旅行中はたいがい人に疲れたら椅子に座って留守番役 カバンの中のチョコ等食べながら待っていることが多いです。
加茂水族館は私が行った時は左程混んでいませんでした。混んだ所じゃ無い所に行っても見えますから。
水族館の窓から見た夕日がとっても綺麗でした。
まんたろうさんの夕日と一緒の夕日だったんですね。
太平洋は一度しか見た事有りません。
みだれ髪の燈台に行ったんです。
燈台の近くの薬局でバッファリン買いました。
旅行でもバッファリンは必須なのに忘れてた。。。

投稿: まめこ | 2016年10月20日 (木) 19時16分

まめこさん
お褒めに預かり光栄にございます

まめこさんも行ったんだクラゲドリーム館
混んでたでしょ?
人の波では具合は悪くならないのかい?
まめこさんと言えば
人に酔って頭痛や高血圧に襲われそうなイメージが

新潟県人の海水浴にアンドンクラゲはつきもの
昔はお盆過ぎだったけど、最近は温暖化のせいか?
8月前でもクラゲが出るんですよ

まめこさんは太平洋で泳いだことある?
新潟の海、日本海とは大違いでね(波がすごい)
太平洋の人が日本海に来ると物足りないらしいです
ケケケ・・・そんな時はクラゲ爆弾食らわすか
(ケケケ笑い真似してみたよ)

投稿: まんたろう | 2016年10月20日 (木) 18時34分

うまいなぁ まんたろうさん☆
お話も、写真も、多分お料理も❤
私も昨年加茂水族館に行って来ました。
クラゲ達、可愛いのやら気持悪いのやら…
宇宙船かな?って思うものも有りましたよね
温泉は山形だったんですね。
子供の頃
死んでいても打ち上げられたクラゲは触るんじゃないと言われていました。
お盆が過ぎると クラゲが多くなる海では泳がないように…
そうか。。。今にしてわかりました。そんな事が有ったんですね。
クラゲ爆弾恐るべし。


投稿: まめこ | 2016年10月20日 (木) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くらげ クラゲ 水母 水月 海月~~~:

« タッチダウン  沈む夕日に何を想ふ | トップページ | るろうに »