« 慣れの一言ですませないでください 雪国人は大変な労力を使って雪と生きているのです | トップページ | スカイリムにおいでやす? スカイリムの凄さとは? »

2018年2月25日 (日)

過去を引きずるゲームの限界

前回、真三国無双8で遊ぶ気にならない理由を挙げました
一言で言えば、真三国無双が真三国無双でなければならない事が
(少なくともメーカー側が、それを頑なに信じていることが)
このゲームの限界を示しており、今以上に多くの人が楽しむことを阻んでいます

  真三国無双らしさとは何か?
  一騎当千の爽快な戦闘
  もちろんこれは絶対に外せません

ですが、キャラクター毎に設定が製作者側の定めたものでしか遊べない
これが真三国無双の大きな特徴であると同時に最大のネックとなっています
キャラクター毎にバックストーリーがあって、それによる縛りがあるのはやむを得ません
しかし、外見、服装、武器、モーション
これをキャラ毎に縛るのは自由度を大きく奪う結果になっています

過去の作品には新武将を登場させる機能がありました
外見、武器などがいくつかのパターンから選べたのです
これの自由度を飛躍的に高めたものを無双武将にも適用すべきだと思います
1周目は製作側の意図通りにしか遊べないとしても、2周目からは・・・・

クソゲーのドラゴンズドグマオンラインが脳筋や廃人プレーヤー以外をつなぎとめているのは
少なくともキャラクターの外見や服装についてだけは自由度が高いのと無縁ではありません
もし、製作者側が外見や装備を勝手に決め、それを変えることすらできなかったとしたら
同じく爽快な戦闘アクションが楽しめるドラゴンズドグマも
ユーザー数を大きく落としたに違いありません
Ddon_0055
自分好みの美人が作れず、セクシーな装備で自由に着飾ることもできず
製作者側が押し付けてきたキャラクターや服装でプレイしなければならないとしたら
ドラゴンズドグマを買うことも、遊ぶこともなかったでしょう

もちろん全てのキャラクターの外見を一からユーザーに作らせる必要はありません
デフォルトでは製作者側が用意した設定で遊ばせればいいのです
しかし、超雲がどのような外見であるかは、遊ぶ人一人一人求めるものが違うし
攻撃モーションやその組み合わせも、こうであって欲しいという夢が
プレーヤー一人一人にあるハズです

ただ、それって大変なんですよ
例えばキャラがセリフを話すとします
ボイスタイプが増えれば、そのボイスごとにセリフを用意しなければなりません
声優さんを使えば金がかかりますし、機械音声でも容量を圧迫するのは同じ
自由度の高いオープンワールドを本気で作り込むのはとても大変です
バグもたくさん出ますし
自由度が高くなればなるほど、制作の難易度は飛躍的にあがっていきます

しかし、MOD DEスカイリムを知らない人は今の真三國無双が最高だと思ってるでしょう
今より自由度が飛躍的に広がったらもっと楽しくなる
ということを知らないのですから

今、MOD DE スカイリムは、さらに大きな進化を遂げています
  Quick Menus
によって、固定だった攻撃パターンすら自由に組み合わせられるようになりました
ポーズ、モーション、NPCの外見、NPCの装備、NPCの行動、敵、味方、陣形
ありとあらゆるものをプレーヤーの理想の形にできるようになってきました
まさしく自分の理想が実現可能な、最良最善、最高のゲームとなったのです

登場人物の外見を製作者側の思いで縛り、遊ぶ側はそれをなぞることしかできない
それが真三国無双のさらなる大きな飛躍を阻む最大の障害となっています
それが真三國無双の真三國無双たる所以ですが
それがすなわち、このゲームの限界を示しています
真三国無双は間違いなく歴史に残る一時代を築いたゲームでしょう
私も夢中になってやりました
しかし、モンハンシリーズと一緒で、一回本気で遊び尽くしたら
後から出る新作は同じことの繰り返しの
進歩のない究極の作業ゲーであると痛感させられます

過去の成功体験がユーザーのニーズに適応していくことを阻害するとは
皮肉なもんですなぁ~

オープンワールドにしてバグが出まくってアプデが繰り返されてるようです
まあ、オープンワールドってそういうもんですよ
大勢のユーザーがプログラマーの考えもしなかったことを
プログラマーが考えもしなかった順番でやったりするのでね

それを、こう遊びたいというユーザー自身が修正・発展させていく
だからこそ、MOD DE スカイリムは最強なのです




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 慣れの一言ですませないでください 雪国人は大変な労力を使って雪と生きているのです | トップページ | スカイリムにおいでやす? スカイリムの凄さとは? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

まめこさん
もし、まめこさんが非の打ち所のない理想の伴侶を得たら?
ヨソの男にチョイとよそ見することはあっても理想の伴侶にベッタリになるのでは?
まあ、まさにその状態であります
まさに純愛ですな~

投稿: まんたろう | 2018年2月26日 (月) 16時23分

まんたろうさん おはようございます(^_^)/☀
まんたろうさんのスカイリム愛は純愛ですなぁ
ゲームの世界も奥が深そう。

投稿: まめこ | 2018年2月26日 (月) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去を引きずるゲームの限界:

« 慣れの一言ですませないでください 雪国人は大変な労力を使って雪と生きているのです | トップページ | スカイリムにおいでやす? スカイリムの凄さとは? »