« 歌を必要とする時 しない時 | トップページ | いますぐ通学路の点検を »

2018年6月15日 (金)

鬼畜の権利を守る偽善と悪法を排除せよ

己が子の名前に愛という文字を与えながら
愛の微塵もかけらもない親に無残に殺される子供達

オツムも人間としても小学生以下のクセに
セックスだけは大好きで、子作りだけはいっちょまえ
子供は嫌いなくせに避妊はせず、責任感のカケラもない

テメエらが赤ちゃんの頃
泣いて親を困らせなかったのか?
大人の言うことを聞いてお行儀よくしてたか?

赤ちゃんは泣くしかねぇ~んだ
それしかコミニケーションの手段がねぇ~~んだ

抵抗できないか弱い子供をいたぶってた時
貴様らの良心はどちらの方向を向いていた?
貴様らの愛はどこにある?
貴様らの愛は、どこにいったぁ~~


この鬼畜どもは今の法では裁ききれない
生ぬるい
生ぬるすぎる
因果応報という言葉がある
子殺しという大罪を償うには
因果応報罪を創設して鬼畜どもにふさわしい罰を与えるべきだ

煮えたぎったミルクを飲ませて死に至らしめたのなら
煮えたぎった飲み物を死ぬまで飲ませる

他人の痛み、苦しみが想像できない、理解できない人間には
せめて死ぬ間際に、自分が他人に与えた痛みや苦しみを理解させてやればいい
人を殺したら死刑

5歳の女の子が許しと助けを乞うても、どうにもならなかった絶望感を
同じ期間、同じ回数味あわせてから死刑執行


人様に地獄を見せても、加害者は様々な理由で過剰なまでに守られ
いけしゃぁしゃぁ~と、のうのうと暮らしていけるのが今の悪しき社会システムと悪法
(煮えたぎったミルクを飲まされた子に比べれば、ムショ暮らしなんぞ天国も同然だ)

我々の良心と税金を食い物にして鬼畜をのうのうと生かしてやるのが
今の悪しき社会システムと悪法

子殺しという大罪を犯す鬼畜には因果応報の極刑をもって望むべし
鬼畜には後悔する時間も、懺悔する機会も、更正するチャンスも与える必要はない
  暴力を振るわれた子が泣き叫び、苦しむ姿を目の当たりにしたとき
 奴らには自分を省みる時間はいくらでもあったハズだ
  人に戻れるチャンスもいくらでもあったハズだ

これ以上ない悲惨さを目の当たりにしても人に戻れなかった鬼畜を
誰がどう教育して人に戻せるというのか?
こんな連中に税金を投入して
  生かしてやる必要はあるのか?
  更正させる必要はあるのか?

結果責任で即時死刑執行 (法曹関係者の食い扶持のための茶番は必要ない)
少なくとも子殺しに関しては冤罪も情状酌量の余地もない

鬼の心を持ち、人の皮を被ったバケモノは、閻魔様と地獄でしか罰することはできない



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 歌を必要とする時 しない時 | トップページ | いますぐ通学路の点検を »

世の中の闇」カテゴリの記事

コメント

peruさん
この天使のような子供達を酷い目に遭わせる時点で、こやつらは人間ではありませんね
簡単に離婚しては、ひょいひょい次の相手とくっつき、考えなしに子供を作る
親の身勝手のツケを払わせられる子供が不憫でなりません

投稿: まんたろう | 2018年6月18日 (月) 07時28分

まんたろうさんの怒りを感じてる人はたくさんいると思います。

投稿: peru | 2018年6月18日 (月) 04時52分

しげまるさま
人は弱い生き物です
暴力で人を支配することに快感を覚える
しかし、麻薬と一緒ですぐに慣れます
そしてもっと酷い仕打ちをし、さらに支配を強める
自律=己を律する
自制=己を制する
これができない人でなしが人の道を外れます
虐待もいじめも同じ構図です
やはり目には目をで同じ目に遭わせるしかありません
現世でなく、地獄=閻魔様の元で

投稿: まんたろう | 2018年6月17日 (日) 05時13分

たこ拳ぢさま
それに尽きます
聞こえのいいゴタクを並べる偽善者は身内が無残に殺されたとき
果たしてその人道主義という偽善の仮面を被ったままでいられるのか?
試してみたいですね

投稿: まんたろう | 2018年6月17日 (日) 05時03分

おっしゃるとおりですね。
なぜ子どもを救い出せなかったのか悔しいです。

投稿: しげまる | 2018年6月16日 (土) 21時44分

人権とかね、まぁいろいろと言う人もいるでしょう。

でもね、そういう人にぼくは聞きたい。

「身内が同じことをされても同じことを主張できるのか?」と。

法の番人には100万年かかっても理解出来ねぇだろうなぁ…、建前っちゅう余計なもんを持ってる限り…。

投稿: たこ拳ぢ | 2018年6月16日 (土) 11時10分

でんでん大将さま
大将も、ご自身のブログで普段書くことを避けていたこの手の話題に触れ
怒りをあらわにし、嘆き悲しんでおられましたね

子殺しの鬼畜共の他にも
8人がかりで女性を暴行する
女性をさらって山中で殺し亡骸を埋めるなど
この世には鬼畜が数多く潜んでいます

もし、大将のかわいいお孫さんやウチの孫が被害者になったら
それを考えるとゾッとします
その可能性を少しでも減らすためにも
子殺しや性犯罪者などの繰り返し同じ過ちを繰り返す
鬼畜と化した人の皮を被ったバケモノは、この世に存在することを許してはいけない
そう強く思います

投稿: まんたろう | 2018年6月16日 (土) 05時32分

怒りはごもっともです。
本当にそう思います、俺も。

投稿: でんでん大将 | 2018年6月15日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼畜の権利を守る偽善と悪法を排除せよ:

« 歌を必要とする時 しない時 | トップページ | いますぐ通学路の点検を »