« 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 | トップページ | 白布温泉の秋 »

2018年10月26日 (金)

AIに真っ先に駆逐されるのは気象予報士

天気予報って当たらねぇ(特にNHKのは当たらねぇ)

気象現象を予測するのは難しい、そんなことは百も承知ですが
  外れても反省もせず
  次に活かす努力もせず
  延々資格に寄生してやっつけ仕事を続ける
プロと呼ぶにはふさわしくない気象予報士という存在には疑問を感じます
(そうでない気象予報士の方は批判の矛先の対象外ですので気にする必要はありません)

  他に何の努力もせず、地位に寄生し安穏と生きていける組織は
    電力会社
    大手通信キャリア
    ここに気象庁を加えて
  パラサイト3兄弟と呼ぶ

契約する企業に対しては飯の種になるので本気で予報をするのでしょうが
スパコンの予報を垂れ流しにするだけなら、お前らいらんだろ

  一例をあげると
    会津盆地の放射冷却を予測に含めず、気温が15℃以上も外れるときも少なくない
    しかも、同じ過ちを何度も繰り返し、進歩もない

一方で・・・・・・
FTV(福島テレビ)に斎藤さんと視聴者に慕われる気象予報士がいらっしゃいます
この方、スパコン予報垂れ流しのなんちゃって気象予報士とは違い
福島県の各地方の地形や予想天気図と過去の気象現象など、様々な要素を加味して
独自にアグレッシブな予報をする
  まさに気象予報士と呼ぶにふさわしい気象予報士です
予想が大きく外れた場合は、翌日の自身のコーナーで反省の弁を述べたり
外れた理由を解説してくれる時もあります
複雑な現象ゆえに外れることも少なくありませんが
私がこだわるのは当たり外れそのものではなく、その姿勢とプロ意識です


その斎藤さんと斉藤山に登るというシャレが効きすぎてる企画に相方が参加しました
  斎藤山触れ合い登山
Saitousan01
ツーショットで写真撮って来いよと言っておいたのでナイスショット
斎藤さんありがとうございました


最近はAIの気象予報も出始めてますが、精度はまだまだです
これはAIがダメなのではなく、統計学上のデータが十分に揃っていないから
一般的に気象予報には 数値予報 が使用されているようですが
最終的に十分なデータが揃えば
パターンマッチングで数値予報よりはるかに精度の高い予報ができることが期待されます
これは例えば
   会津盆地周辺の精細な雲の画像を1分おきに蓄積する
   会津盆地内に多くのセンサーを設置し雲の画像と雨量などのデータを関連付ける
   (センサーは、いずれはスマホを活用するようになるでしょう、設置不要で数も十分です)
こうして、仮に十年分のデータを蓄積したとすると、会津盆地の天気の移り変わりを
1分毎の気象データとして、530万通りの気象パターンとして得ることができます

あとは天気図と雲の状態、風や気温や湿度の状態
降水があった場所や雨量などの状態と似通ったパターンを探せば
必ず今と似たようなパターンが見つかります
そこから
  過去のパターンとその変化
  現在のパターンとその変化
と合うものを探していけば
過去から現在の流れが似通ったパターンがみつかるので
その先どうなったかのパターンが見つけ
発生回数(=確率)の高いものからいくつか提示すれば
かなり正確な予報が行えるようになることが期待できます

数分毎に随時最新の状況(パターン)に更新し
過去と未来のパターンの照合を繰り返せば、10分先という短時間先の予報も
かなりの精度で行うことができるでしょう

このような作業は人間には不可能です
つまり、気象予報の大部分に人間が関わる必要性はなくなるのです
しかし、全てをAIに任せるわけにはいきません
警報が必要なほどの激しい気象現象などは人命に関わる問題ですから
発表に対する責任やAIの予報のチェックといったものは人が行う必要があります

でも、そんなに人は要りませんね

データと統計学
この手のものをそのまま利用してメシの種にしてる人はAIに仕事を奪われ
早晩駆逐されることになるでしょう
特に当たらない気象予報をしている方は、いの一番に



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 | トップページ | 白布温泉の秋 »

テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
今日ちょうどテレビに出てましたね~
ご本人
あのお方は空を愛してらっしゃるのでAIに勝てそうですけど
こう考えるとお勉強ができて計算できるだけの愛のない奴がAIに負けるんですね

投稿: まんたろう | 2018年10月26日 (金) 22時18分

まめこさん
万太郎山・・・・なんてすばらしい響きのお山なんでしょう
え~っ 一緒に登らないのぉ~?

最近の予報はよく当たりますよ
ハッキリ晴れる、しっかり雨降るは
でも、新潟にしろこっちにしろ、いわゆる時雨れるときはどうでしょう?
寒気が入って大気が不安定になった時は、ズダボロです
まるっきり無力
数値予報では複雑すぎて計算しきれない
あと3時間毎の予報
論外ですわ
私のバイク通は30分
何年後に30分の正確な予報ができるか楽しみです

投稿: まんたろう | 2018年10月26日 (金) 21時56分

え? あの元都知事の御曹司もいの一番ですか?

そういやぁ最近やってるのかな?(・┰・)

投稿: たこ拳ぢ | 2018年10月26日 (金) 20時14分

新潟に「万太郎山」って、有るんですって
最近知って、まんたろうさんにお知らせしなくちゃって思いました。
「万太郎山にまんたろうさんと登ろう会」なんて、どうでしょう?←私が無理だwww
私なんて 手抜き料理ばっかりしているから主婦業から駆逐されるかも知れません
昔々から考えると天気予報は良く当たるようになったような気がします。
まんたろうさんも天気予報士になったらどうですか?精度が良さそうな気がします

投稿: まめこ | 2018年10月26日 (金) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIに真っ先に駆逐されるのは気象予報士:

« 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 | トップページ | 白布温泉の秋 »