« 錆をもって錆を制す | トップページ | 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 »

2018年10月20日 (土)

自律神経の暴走が不整脈を招く

2018/10/18 会社で昼食後、突如心臓が暴れ始めた
頻脈になりかけたり、元に戻りかけたりを繰り返す

暴れようとする心筋
正常な状態を守ろうとする身体
せめぎあいが何度も続く

やがて、恒常性維持機能が負け、心筋の暴走は周辺の細胞にも伝播
心房が無秩序に暴れまくる心房細動へ移行した
20181018_sinbousaidou01
スクショでは薬が効いてるので心拍数は110まで下がってはいるが
薬が効くまでは平均でも150はあったと思われる
事務仕事だったので仕事に影響は出なかったが
肩から胸にかけて重く締め付けられ、痛みを感じる
こういう時は心臓に負担がかかっている証拠である
心臓の負荷を軽減するために身体が反応し
  利尿ペプチド 
が分泌され、10分間隔で水のようなオシッコが大量に出る
不整脈がどんなに苦しくとも、身体が心臓に負担がかかってないと判断した時は
オシッコは近くならないから不思議だ

1時間後に薬が効いてくるが心拍数を下げる程度の効果しかなく、心臓の暴走は止まらない
心電図からも暴走しかけて速くなったり
制御しようと遅くなりかけたりしていることがわかる

通常、頻脈などの不整脈に襲われた人は、恐怖心から体が震える=寒く感じることが多い
この日は周囲が長袖を着て仕事をしている中、一人だけ汗をかいて仕事をしていた
自律神経が暴走し、事務仕事中にも関わらず、まるで重労働をしているかのようである
身体が火照って、ポッポポッポと発熱がすごい
これが、いわゆる更年期障害と呼ばれるものなのだろう
帰宅後、室温は15℃程度だったか、半そでにパンツ一丁でも寒くない
身体は完全に興奮(戦闘)状態で、もはや笑うしかない
「お前は何に興奮し、何に備えてるんだ?」
そう身体に呼びかけてみるが、もちろん答えが返ってこようハズもない

こういう日は就寝時も戦闘モードが解けず、眠れない日もあるが
この日は心房細動のまま何とか眠ることができ、深夜に目覚めた時は不整脈は消えていた
眠りに入って交感神経の異常な興奮は収まり
副交感神経が正常に働くようになったのであろう


翌日の10/20の深夜、目覚めると掛布団がズリ落ちているにも関わらず汗ビッショリである
寝室の室温は15℃なのにも関わらずである
そして目覚めた瞬間から、上室性の期外収縮、しかも2段脈が連続で延々続く
2段や3段脈は不快感が強く苦しい
昔と違って不整脈への恐怖心は克服できているので
ここから精神的な影響を受けての頻脈や呼吸困難にはならなくなったが
気持ちのいいものではない

その後眠ってしまったが自律神経の暴走は止まらない
今も身体が火照っていて、心拍数は高め安定、期外収縮も続いている
20181020_fuseimykau_01
不整脈の全てが自律神経で説明できるわけではないが
今回のように関わりが明らかなことも少なくない

昔のように、さらにひどくならなくなったのは精神面によるところが大きい
恐怖心に囚われると、不整脈はさらに酷くなる
心房細動で不快感があっても、少々息苦しくても、眠れるようになれば
(それぐらい冷静に、心の平静を保てれば)
QOLに大きな影響を与えずに、日常生活を送れる
 ※発作性でそれほど長く続かない人の場合です、慢性の方は血栓予防が必要になります

自律神経は制御のしようがないが(ある程度の方向性は誘導できるが)
心は持ちようを変えることができるし、鍛えることもできる

あまりに発作の程度がひどいと
それでもどうにもならず、心が折れるときもあるけどねぇ



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 錆をもって錆を制す | トップページ | 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 »

不整脈」カテゴリの記事

コメント

しげまるさん
いつもいつもすいません
治ることのない持病
このままズルズルいくか?
さらに悪化して手術となるか?
まあ、どっちにせよ、これも己の人生と諦めております

投稿: まんたろう | 2018年10月23日 (火) 05時47分

心配です。
どうかお大事になさってください。
かわいいお孫さんのためにもね。

投稿: しげまる | 2018年10月22日 (月) 12時55分

monnaさん
ご心配をおかけしてすいません
しばらくは一進一退を繰り返しそうです
もう15年以上の付き合いの持病です
いろいろ頑張ってはいるのですが力及ばず
さらにひどくなれば最後は西洋医学と手術に頼るしかないようです
最愛の孫=最良の薬の効果は絶大です
月一未満の頓服ですけど
次にゆいちゃんに会う時には頑張って抑えなくちゃ

投稿: まんたろう | 2018年10月21日 (日) 17時06分

ちかよさん
ありがとうございます
全く困った持病です
ちかよさんのカテアブ治療が上手くいくことをお祈りしています
いずれは私も必要になるかな

投稿: まんたろう | 2018年10月21日 (日) 16時11分

こんにちは。
体調いかがでしょうか、
心配しております。
やはり結愛ちゃんの
笑顔が、まんたろうさんの
最良の薬のようですね

投稿: monna | 2018年10月21日 (日) 10時23分

まんたろうさん
季節の変わり目、心房細動・不整脈
体調が変化しないように
首にタオル・足には羽毛サンダル
これだと、布団がなくても寝冷えしないので、
風邪も引かず、暴れん坊の心臓君にも機嫌がいいですよ
お大事に(゜゜)(。。)ペコッ

投稿: ちかよ | 2018年10月21日 (日) 10時10分

でんでん大将さま
温かいお言葉、心に沁みます
大将は奥様のねぎらい旅に行ってらっしゃったのですね
私も来週、魂の洗濯に温泉旅行に行ってきます
孫に会えるまでのガマンの日々の、ちょっとした息抜きに
大将も寒くなると膝が心配ですね
お互い無理をせず、無事に冬を乗り切り春を迎えたいですね

投稿: まんたろう | 2018年10月21日 (日) 08時00分

会いたいですよね…お孫さんに。
季節が大きく変化するときでもありますから
どうぞ体調にご留意を…。

投稿: でんでん大将 | 2018年10月21日 (日) 07時24分

まめこさん
御心配していただき、ありがとうございます
季節の変わり目など、年に数回はこういうことがチャンチャンと起こりますねぇ
昔よりはギャ~とかピ~とか騒がなくなったので程度はマシになってると思うのですが
やはりこの不快感、気持ちの悪さ、息苦しさには慣れることはありませんしイヤなものです

心身の不調は、心の支えだけでなんとかなるものでもないのでしょうが
ゆいちゃんパワーが来ないと、力が出ねぇ
ドラエモン、どこでもドア出してくりぃ~~

投稿: まんたろう | 2018年10月20日 (土) 16時36分

だいぶキツイ日を過ごされていらっしゃいますね
大丈夫でしょうか?
唯一のお薬の結愛ちゃんに逢えないんですよね…
動画、写真いっぱいご覧になってください。
少しでも楽になりますように(-人-)南無

投稿: まめこ | 2018年10月20日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自律神経の暴走が不整脈を招く:

« 錆をもって錆を制す | トップページ | 尊敬される農家と軽蔑されるドン百姓の差 »