« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月20日 (火)

(邪道的)ボウリングの楽しみ方

ボウリング
かつては人口3万人程度の町ですらボウリング上が2つも3つもあったほど大流行した
一人でも大勢でも、老若男女別け隔てなく楽しめる実に健康的なスポーツである

  ボウリングをこよなく愛する桑田佳祐さんの発案による
  みんなのボウリング大会!
      KUWATA CAP 2019
  について、まなこさんがブログで紹介しているのを拝見し、思い出が甦る
      みんなのボウリング大会
  

ボウリングはスピードとパワーだ
かつて、今のユーチューバー~カよりは随分マシだが
スピードや音やピンアクションで目立とうとする若者が一人いた

筆者の就職先の会津にはロイヤルプラザという若者の暇つぶしの場があった
そこのボウリング場に、7ポンドと8ポンドのお子ちゃま用のボールなのに
筆者の指が入るボールがあった
そのボールに指を入れると、普通では指は絶対に抜けない
しかし、投球スイングで遠心力をかけると指がスポッと抜けるのだ
それで投げると、当時はスピード表示はなかったが、一秒チョイでピンに到達していた
そこから速度を計算すると
     ボウリングのレーンの長さはファウルラインから1番ピンまでは18.288mである
     時速50kmは秒速13.888mなので投げたボールがピンまで1.31秒で到達し
     時速60kmでは1.09秒で到達する
おそらく時速60kmくらいは出ていたハズである

このくらいのスピードになると、弾き飛ばされたピンは思いも寄らないアクションをする
後ろに飛ばされたピンが前に跳ね返ってきたり、薄く当たって薙ぎ払われたピンが
左右を往復したり、弾かれたピン同士がぶつかって上下左右に前後に斜めと暴れまわる
まさにパワーボーラーだけが味わえる爽快感なのである

その後はスピード表示がされるようになったので速度が把握できるようになった
筆者の場合、11ポンドだと平均で50km/h程度、10ポンドだと53km/hくらいだった
実はもう少しスピードが出せるハズなのだが
遠心力に握力が負け、ボールが最速になる前に指から離れてしまう
これはマイボールではなかったので指がピッタリ入らなかったためで
握力70kgをもってしても11ポンドのボールを振り回す遠心力に耐えられなかったのである
もし、理想のポイントまでボールを持ってられれば、もう少しはスピードは出せたハズである
(ただし、ボウリングは投げる球の速さを競う競技ではない)


  ちなみに可愛い女子プロが本気で投げると32km/hくらいは出るようだ
  これが男子プロだと軽く40kmを超える
  もちろん出そうと思えばもっと速い球を投げれるのだろうが、コントロールは悪くなるし
  ピンの弾かれ方が変り、スコアにはつながらないのでメリットは何もない

この剛速球投げは実に微妙かつ危険な行為である
もし指が外れなければボールを持ったまま自分がレーンを滑ることになるし
狙った位置よりリリースが遅れると、ボールは天井直撃で器物損壊の現行犯である
普通は多少リリースが遅れるのでボールは転がるというよりはほとんど宙を飛んでいる
(だいたいは真ん中辺りで着地して1番ピンに当たる感じ)
今考えると、人間の制御能力は実に素晴らしいものだと感嘆するとともに
実にバカなマネをしていたと反省しきりである


通常、ちょっと球速の早い男性が見事なストライクをとると
  コワ~~~~ン
と乾いたいい音がするが
筆者の場合は
  ドカ~~~~ン、ガシャーン、ガキーンである
これが目立つので実に気持いい

しかし、調子こいてやってたら
始めは7ポンドのボールの1/3が欠け(元々ヒビは入ってた)使用不能に
その後8ポンドのボールも欠けてしまい、そのボウリング場ではプレイ不可となった
(決して出禁を言い渡されたわけではない、あくまで自粛である)

事故はかくして起こった
時速50kmくらいでボールを投げてると、倒れたピンを払うバーが降りてくる前に
跳ね返ったピンがレーンの手前に戻ってくることが割と頻繁に起きる
投球レーン上にピンがあれば即座に係員にとってもらうが、ガーター溝だと見逃すことがある
ガーター溝にピンがあるときに、たまたまボールがガーター溝に落ちてしまうと
ピン、ボール、またはその両方が思わぬ挙動をすることがある

あれは忘れしない1986年か87年の(忘れてるやないけ)1月2日だった
ところは新潟県長岡市の郊外にあったボウリング場
当日は30分とか1時間待ちで大盛況の満員御礼
そんな中、筆者の投じた1球で満員のボウリング場が凍りつく事態が発生
係員に事情を聞かれ、不可抗力であったためにレーンを変えて続行させたもらえたが
その後は借りてきたネコのように大人しくワンゲームだけやってボウリング場をあとにした
このときはまさしくガーター溝にあったピンにボールが弾かれ
まるで砲弾のようにピンをセットする機械を直撃し機械を破壊したのである

第2のアクシデントは笑って済ませられるものであった
この時もガーター溝にあったピンにボールが弾かれて飛び
ボールは自レーンに跳ね返りドストライク、ピンは隣のレーンでピンを3本倒した
1投で13ピンを倒すというのは偉業ではあるがルール上認められないハズである
一度ガーター溝に落ちているので、この場合の公式記録はガーターであろう

真のストライクとは?
ちなみに、ボウリングの愛好者がいうストライクとは
ポケットから理想的な球道で狙ってとった理想的なストライクのことであり
たまたまストライクになったものはストライクとは呼ばないのではないか?

ボウリングとは、常に狙った通りにコトが進むことを狙って楽しむ競技であって
予想外のことを期待してのプレイは邪道も邪道である
ただし、他人やボウリング場に迷惑をかけないのであれば、楽しみ方は人それぞれでいい


筆者にとってのボウリングとは?
誰も真似できない(しないかな?)パワーとピンアクションと音と
他のお客さまのリアクションを楽しむものだったのである



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

M&Hマツシマ 111C PH-7 12V15/15Wの威力

20181006_mainte_01
先日交換したヘッドライト球
  M&Hマツシマ 111C PH-7 12V15/15W

筆者の愛車のズーマーのヘッドライトは、最近のママチャリのLEDライトよりも暗く
雨の夜は路面状況もロクに見えないほど
純正白熱球の弱弱しい光しか出せないバイクは車にナメられ
その存在を軽視するハイビーム目潰し車に悩まされ続けてきました
しかし、このハロゲンバルブは・・・・

20181101_zoomer_light_01
スーーーーパーーーーパワ~~~~
どうですぅ~~
この明るさ (ロービームです)


ふはははは 喰らえぃ~ 怒りのハイビーーーーム
20181101_zoomer_light_02
秘奥義!目潰し返しぃ~~~  ビッカ~~ 

光軸の低いズーマーを普通の車並みに持ち上げてるので
100m先の白い建物もこの通り

己がハイビームであることを忘れてる愚かな目潰しヤロウも
目潰し返しでスグにローに切り替えるようになったでよ

ふははは ざまぁ~みさらせぃ~

お値段も一球千円ちょっととリーズナブルでこの明るさ
あとはどのくらいもつか?ですね
まあ1年、120時間くらい持ってくれれば使い続ける価値は大いにありますね

ライトは明るいに越したことはありませんから



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »