« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

全自動バッテリー充電器 MP-220

筆者宅の車もアイドリングストップ(以降ISS)車が5台中4台となり
従来のバッテリー充電器では対応できないのでバッテリー充電器を新調しました

 ※ISS用バッテリーは充電電圧の関係で
  通常のバッテリー充電器だと80%程度しか充電できません
   ISS対応充電器でISSバッテリーを100%充電時は15.5V程度の高い電圧をかけますが
   普通の充電器ではそこまで電圧が上がらないため8割程度しか充電できないと言われてます

特に筆者はバイク通勤がメインなので、夏場はあまり車に乗らず
バッテリーが放電※されてしまうので定期的な充電が必要です
 ※車は未使用時でも各種電装品のメモリー保持用などで微弱な電力を使用している

案の定60%程度まで容量が減ってました
P1020658
AUTOモードで60→100%は7時間程度で充電完了


バッテリー充電器は様々なタイプがあるので、選択に迷います
  12Vでいいのか?24Vも必要か?
  対応するバッテリーの種類の多さ
  ISSやAGMバッテリーに対応しているか?
  活性化(パルス充電=サルフェーション軽減)できる?できない?
  リフレッシュ機能あり?なし?
   (リフレッシュ=死にかけたバッテリーをとりあえず使えるようにできるかも知れない充電方法)
  バッテリー交換時のメモリー保持機能のあるなし
  バッテリー診断のあるなし
  自動化が進んでいるか否か

筆者はコレを買いました
  大自工業(Meltec) MP-220

バッテリー診断機能があって、ほぼ全自動(ISSやAGMなどバッテリー選択時のみ操作が必要)
サルフェーションの軽減が可能(パルス充電可)
で、ウインターモードで低気温時に対応

ただ、いくつかの候補の充電器と比較し迷っていたのですが
アマゾンタイムセールで¥8255→¥7206とお買い得だったので即決で購入

ISS車はバッテリーが高いので、こまめに充電して寿命を延ばせば
充電器の初期投資は容易に回収できます

おまけでバッテリー診断機も買ってみたので、これも試してみます
(ろくに取説もない¥3000以下のバッタモンなので期待はしていませんが)

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

SSDでスカイリムをプレイしたらカクツキや遅延は改善された?

HDDをSSDに換装しました
性能向上を数値で確認しました
Hdd-speed
HDD

Ssd-speed
SSD


それでは早速スカイリムとフォールアウト4をプレイしてみます


 フォールアウト4
   ロード早っ
   元々不具合は感じていなかったので大きな違いは感じませぬ
   スカイリムに比べてMODの総数が少ないのが効いてるんでしょうか?
   プレイヤーの周囲を常に監視するスクリプトの入ったMODを使ってないのも大きい?
   32bit版と64bit版の違い?
  

 スカイリム
   ロード早っ
   カクツキに関しては体感として改善はされてます
    (例えれば6フレーム分カクッとなってたのが2フレーム分みたいな)
   スクリプト遅延に関して
     やはり遅れるときは遅れるのでINIに下記の記述を追加

   [Papyrus]
     fUpdateBudgetMS=800
     fExtraTaskletBudgetMS=800
     iMinMemoryPageSize=100000
     iMaxMemoryPageSize=5000000
     iMaxAllocatedMemoryBytes=1800000000
     bRunHighLevelProcess=1

   [BudgetCaps]
     uActorMemoryBudgetCap=6710886
     uCityLODBudgetAdjustment=33554432
     uWastelandLODBudgetAdjustment=33554432
     uLoadedAreaNonActorMemoryBudgetCap=471859200
     uWaterMemoryInterior=33554432
     uTextureMemoryInterior=33554432
     uGeometryMemoryInterior=33554432
     uWaterMemory=6710886
     uTextureMemory=268435456
     uGeometryMemory=33554432

数時間のプレイではまあいい感じです(CTDも増えた感じはない)
記述追加前よりもRAM使用量が数%上昇しました


【追伸】
前回Papyrusに下記の記述を追加したら遅延が改善するという情報でやってみたら
  fUpdateBudgetMS=800
  fExtraTaskletBudgetMS=800
  fPostLoadUpdateTimeMS=2000
  iMinMemoryPageSize=256
  iMaxMemoryPageSize=512
  iMaxAllocatedMemoryBytes=153600 
   ※スクリプトへのメモリー割り当て減らしてパフォーマンスを改善させる目的?
    メモリーが足りない人向けの設定かな?

下の設定ではミアズマ解放後の確定CTDでクエスト進行不可になってしまったので
新しい設定ではどうなるか再度確認しにいきます
(別の要因かもしれないので30日経過後に) 


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

スカイリムをSSDで動かす(事前準備編)

フィールドを歩いているときや街中で視点を回したときなどに感じるカクツキ
時々起こるスクリプト遅延と思しきタイムラグ
ソレらを解消できるかもしれないのは、もはやコレしかない?
  HDD→SSDへの換装

やり方は二つ
  システム全体をSSD化
  SteamのゲームとMOやNMMのみをSSD化

どちらもメリット・デメリットがあります

  システムドライブ丸ごとSSD化
    ディスクのクローン作製、もしくはWindowsバックアップを戻すだけで簡単に行える
    容量の多いSSDが必要になるので初期投資額が増える(1TBで1万数千円)

  SteamのゲームとMOやNMMのみをSSD化
    手順が煩雑
      Steamでゲームの保存先を変更(言語を変更しなければそのまま移せるハズです)
       ※もし不整合が起きて更新が必要になれば、後でバックアップのデータを戻す必要があります
      MO(NMM)の設定の変更など(ゲームの保存先が変更されるため)
    SSDのサイズは240GBもあればいいので初期投資額は¥5000程度
    

システムドライブ丸ごとのSSD化についてですが
HDD→SSDの交換を説明している記事を見ると
ディスクのクローンを行うソフトがいくつか紹介されています
しかも、紹介記事ではいかにもフリー版で何でもできるような紹介がされていますが
実際、無料版ではいずれも
ブート可能なディスクのクローンはできないようになってるので注意が必要です
まあこの辺はWindowsの標準バックアップを使えばいいだけですが

ということで、やや手間は増えますがゲームのみSSD化します
まずはSteamappのゲームフォルダーのバックアップ
(日本語化したファイルなどが戻される可能性があるため)
ゲームはスカイリムとフォールアウトのみSSDに移します
管理ツールはMOとNMMのみSSDに移すのでそれらもバックアップ
NMMはMODなどのデータ本体はNMMアプリのフォルダとは別にあるので注意
(筆者の場合はCドライブ直下のGamesフォルダ内にあります)
P1020655 
P1020653
PCに電源とSATAのコネクタの空きがあるか確認(ふたつ空きがありました)


以上が滞りなく終了したので、いよいよSSDを購入しますが
SSDのデータ扱いの特性上、最低でも容量の1/3は残しておいた方がいいので
最低限の出費で済む120GBのSSDを購入します
3年保証でお値段は¥3288
筆者の用途では、おおよそ80GB=2/3を使用する計算なので
お試し目的としてはこれで十分です
P1020652
また、SATAケーブル単体で買うのは???なので
2.5→3.5インチのアダプター・SATAケーブル2本と電源ケーブルなどがセットになったものを購入
総計¥4276

次はいよいよSSDの増設とゲームデータのSSDへの移行を実施します


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

スカイリムのそのカクツキ***が原因?

実はCPUもGPUもRAMも律速しているわけではなかった愛機
GTX 1660にした後もタイムラグやカクツキという症状が時々起こる状態です
おもな症状は
  敵の敵対が遅れる(自分への、味方のNPCへの)
  弓の発射が遅くなる時がある
   (敵は移動する、自分の弓の発射だけが遅れる)
  採掘アニメが行われず抜刀などができなくなり進む方向が反対になる
   (もう一度鉱脈をアクティベートでき、再度採掘を行うことができれば元に戻る)
  岩や鉱脈に対しPCはコリジョン判定はあるが剣で斬りつけても当たり判定がなくなる  
  アイテム取得メニューや錬金台の操作など、各種操作画面での効果音の遅れ
  アニメーション切り替え時に案山子状態を挟む
  ロードがやたら長くなる(場合によっては数分かかる)
  睡眠を開始して睡眠に入るまで間が開く(場合によっては数分かかる)
   ※上記ロードが長くなる際はHDDはアクセスしっぱなし
など

この原因はフォールアウト4をプレイしてみるとわかるような気がします
この二つのゲームではCPU/GPU/RAMの使用率が大きく変わるわけではないのに
フォールアウト4はこのようなタイムラグやカクツキとは無縁で終始ヌルヌル動きます
両者の違いは何でしょうか?
  MOD導入数はスカイリムの方が断然多い
  スカイリムは32ビット、フォールアウト4は64ビット
  スカイリムはMO、フォールアウト4はNMM
スカイリムは、やはり32ビット版というのがボトルネックになってる?
対策はいくつか考えられます

【スプリクト遅延対策】
  Papyrusに対して何かできないか検索してみると
  見れば見るほど侃々諤々(カンカンガクガク)の議論が行われております
    主流はふたつ
     何らかの記述を加えると改善されるというもの
     いじっても変わらんよ、デフォルトが一番というもの

  実はMOD DEスカイリムは非常におま環が強いので
  おそらくどの方が言ってることも事実なのかなぁ~
  しかし、それが自分にとっての事実かというと、それはやってみないとわかりません
  うまくいかなければ消せばいいということで
  Papyrusに下記の記述を追記してみるといいかもしれません

   マイドキュメント>My Games>Skyrim>Skyrim.iniを開いて
   (MOを使っていればprofileのフォルダにあるはず)
   [Papyrus]という行がある(ハズ)なので一番下に(追記したのがわかるように)       
     fUpdateBudgetMS=800
     fExtraTaskletBudgetMS=800
     fPostLoadUpdateTimeMS=2000
            iMinMemoryPageSize=100000
            iMaxMemoryPageSize=5000000
            iMaxAllocatedMemoryBytes=1800000000
            bRunHighLevelProcess=1
   を付け加える(skyrim.ini内にすでにあるものを消さないように)
 で、プレイしてみましたが追記前と大きな変化はないようです


次の対策は
【読み込みスピードを上げる】
   街中やフィールドを歩いていたり、視点をグルグル回すと
   カカカカカ・・・とカクツキが発生するので
   やはり読み込まれるオブジェクトなどの量が多くなると一瞬ですがカクツキが起きる
   ゲーム中にWidowsの更新が始まるとHDDはアクセスしっぱなしになって
   ゲームが大きくカクツキますが、
まあこれの程度の軽いモノ?
   つまり
     演算はできる、描画もできる
     でもデータが来ねぇ~
   なのではないか?

ということで
とってもいまさらですがHDDをSSDに変えると改善されるかもしれません

次はHDDのSSD化について進めます

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

Pheasants Ducks and Chickens- Elements of Skyrim

スカイリムの世界をにぎやかにするMODは数多く存在します
中でもMihail Romanov氏のクリーチャー追加MODは有名です
今回ご紹介するのはモンスターではなく
可愛いカモやキジ、アヒルなどを追加してほっこりさせてくれる

  Pheasants Ducks and Chickens- Elements of Skyrim

Tesv-20190915-161923334
ニワトリ類12種
キジ類9種
カモ類20種
オウム1種
を水辺や農園、庭などの様々な場所に追加します

Tesv-20190915-155233866
ニワトリ、アヒル、カモ、いずれもちゃんとヒナまでいます

Tesv-20190916-094511453
カモは残念ながら水に浮かんではくれません
水辺へ逃げると潜水します
(重量の概念?窒息しないのと併せてスカイリムの仕様なんでしょうね)

Tesv-20190916-090626709
カモやキジはチョコチョコ走りで素早く逃走しますが
アヒル・ニワトリなどは人が飼っているので逃げません

Tesv-20190916-100551427
素早く逃げはするんですが、いろいろなところで狩られて無残な姿に・・・

Tesv-20190915-123540162
無論、しっかり食料となります

Tesv-20190915-061935728
雪山には白毛のキジ

これでスカイリムを散策するのが、さらに楽しくなりますね


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

Diverse Dragons Collection 3 v4.1.3

ドラゴンとの遭遇をより楽しめるMODの紹介第二弾
Tesv-20190831-170211151
Tesv-20190831-170327416
15種類の新しいドラゴンブレスを使用する28体のユニークなドラゴンを追加する

 Diverse Dragons Collection 3

Tesv-20190901-122326562 
前バージョンより5体ドラゴンが増え、バランス調整も行われたそうです

Tesv-20190901-122419760
ドラゴンはスクリプトによって追加され他のドラゴン追加MODと互換性も確保
4.0.0以降のバージョンではMCMにも対応し
出現させたいドラゴンの種類などの設定を変更できます

Tesv-20190831-164701601
Tesv-20190831-164722204
Tesv-20190831-164731588

Tesv-20190901-122545410
このブレスは強烈です
ケガをするMODを使用していますが
切創、骨折であっという間に身体がボロボロに・・・・

なお、前回紹介した Dragon Blood より、こちらを後にインスコ・ロードすると
ドラゴンの血がドロップされなくなります
併用する場合はこちらのMODを前にロードしてください


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

GTX 970は偉大だった(カクツキの原因は別に・・・)

GTX 970 → GTX 1660に交換してスカイリムをプレイしました
結果は大きな変化はありませんでした(カクツキに対して)
元々GPUを変えてみたいという思いで進めた結果なので後悔はありませんが
More Powerfull GPUに変えてもカクツキが収まらないのはなぜか?
(しかも3人称で歩くと顕著)
いまさらながらGTX 970の時にやっておけばよかった
パフォーマンスモニターで負荷を測定

ホワイトラン周辺(例の重い)のフィールド上
  CPU 30~50%程度、GPU 30%平均  RAM Max70%
この状態で3人称で歩きカクツキを起こさせても
数値は変わらんねぇ~な (^^;)

筆者のリバーウッドは橋の対岸側から村に近づくとFPSが3~40に落ちるんですが
GTX 1660でも体感はまるで変りません
しかもFPS30とかでもCPU,GPU,RAMとも数値は変わらない

う~~~ん

ちなみにブリークフォール墓地のダンジョン内だと
  CPU 20%平均、GPU 20%平均、RAM 50%程度
ダンジョン内では3人称歩きカクツキ事件は起きないので
フィールドでなんやかんや読み込むのが効いてるのか?と
uExterior Cell Buffer=64、uGridsToLoad=7
を削除するもカクツキ度合いは変わりませんな(^^;)

つまりですね~
ど素人の思惑は大きく外れてCPUもGTX 970も余裕だったということです
(RAMはきつめですが)

このカクツキ、一人称視点や走ってみると目立たなくなるという
実に不思議なカクツキ
ちなみにさすけね~時にスプリントしても
CPU,GPUの数値はあんまり変わりません
全体的なプレイ感もGTX 970時とあまりかわらないようです

ただしザーザー雨で走った時、GTX 970ではFPSが10程度落ちましたが
GTX 1660では60キープ
素ん晴らしい

フォールアウト4もGTX 970で不足は感じませんでしたが
録画しながらのVATSキルムーブは
やはりGTX 1660はヌルヌルアニメーションするような気がします

しかし、あのカクツキの原因は一体何なんでしょう?
最近、フィールド上で敵沸きMOD(しかもスクリプトで)やらなんやら
SKSE Pluginを入れまくったのでスクリプト遅延ですかねぇ~?
そういえば敵が敵対するのが遅れたり
敵が衛兵や街の住人と敵対しなくなったり
弓の発射が遅れたり、様々な効果音が遅れたり
SEXアニメーションがなかなか再生されなかったりと
チトおかしいので何か対策を探します


それにしてもGTX 1660を使ってみて
改めてGTX 970はコスパが高くて素晴らしい
  偉大なGPU
だったんですね~


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

ど素人GPUを換装す(GTX 970→GTX 1660)

ゲームにもよりますが、概ね3~5割増しの性能アップが見込まれる
GTX 970→GTX 1660への換装

ど素人がGPUの交換に挑みました

【事前準備】

  万一に備えてWindowsバックアップをします
    システム修復ディスクを作成(HDD新品交換時などに使用)
    システムイメージの作成
    Gpu01
     DDUでドライバー削除時、復元ポイントを作成できますが
     今後のためにも一度バックアップをしておきます
      ※筆者はフルバックアップを行いました
       これはシステムイメージの作成と個人データもバックアップされますが
       その代わりに時間とバックアップ先の容量が問題になります
       筆者の環境で400GB弱、時間は4時間ほどかかります



  BIOSを起動しやすくするため高速スタートアップを無効にする
    歯車(設定) →  システム → 電源とスリープ → 電源の追加設定 → 
           電源ボタンの動作を選択する → 現在利用可能ではない設定を変更します

     ※筆者はPCIのGPUからPCIのGPUなのでBIOSの起動は必要ありませんが
      内臓GPUからの切り替えの方はBIOSで設定を変える必要があります


      セーフモードで起動する(下記DDU使用時はセーフモード推奨のため)
    歯車アイコン → 更新とセキュリティ → 回復 → PC起動をカスタマイズ →
    今すぐ再起動 → トラブルシューティング → 詳細オプション →
    スタートアップ設定 → 再起動 → F4キーを押す(セーフモードで起動のみ)



【実作業】 

  ディスプレイドライバーの完全削除
    Windows上でのアンインストールでは問題が起きる可能性がある
    なぁ~~んて言われたら不安になりますよね
    いくつかの記事を確認すると
           DDU(Display Driver Uninstaller)を使う方
    Windows上でのアンインストールする方がいらっしゃいまして
    DDUを使わないと必ず不具合が起きるわけではないようなので
    まあ、自分の考え次第ということでDDUを使用することにします
    ダウンロードや具体的な使用方法は下記ブログがわかりやすいです

        awgs Foundry DDUの実践記事へ


    Gpu07
    オプションはこのようにしました

    Gpu06
    あとは削除してシャットダウンします(SSはGTX 1660に交換後です)

  
  PCの電源を抜き、GTX 970を外しGTX 1660を取り付けます
    P1020649
    P1020651
    取り外し、取り付け方法などは、わかりやすい動画がアップされているので割愛します

  ドライバーのインストール
    筆者はGeForce Experienceを使用しているので(DDUで削除しなかった)
    GeForce Experienceを起動すれば最新のドライバーがインストールされます
    GTX 1660はLEDのライトアップが行え、専用アプリでいろいろ設定できるので
    アプリを使う場合はユーティリティソフトを添付ディスクからインストールします

    Gpu05

無事導入完了です
早速スカイリムをプレイして確認です


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

GPUの換装を画策す(GTX 970→GTX ????)

愛機のディスクトップは2015/4~使用を始め、早4年が経過しました
i7 4790 + GTX 970 の組み合わせで
間もなくesp上限の255の90%となる230を超えるMODを使用しつつも
一部重いところ以外ではfpsは60をキープできています
スカイリムではGTX 970でも不足なしで
たまに遊ぶフォールアウト4もFull HDのウルトラで60fpsは出るのですが
スカイリムでもロードが重いMAP上ではカクついたりfpsも40くらいまで落ちます
また双方とも録画しながらだとチト苦しいので、GTX 970と主要なGPUのベンチマークを確認
  https://androgamer.net/2017/07/10/post-5872/
GTX 1060 6GBでは最小fpsも60近くカクツキは感じなくなりそうです

  この際パソコンを買い替えるか?(SSDの読み込みの速さも魅力だし)
  グラボのみ換装するか?

グラボを買い替えるとしたらどれにするか?
ドスパラのベンチマークでは
     GTX 1060 6GB 441
    GTX 1660 6GB 546
    GTX 1660Ti 6GB 635
   ドスパラのGPUベンチマーク
GTX 970 は352なので単純計算で
      GTX 1060 6GBは125%
      GTX 1660 6GBは155%
      GTX 1660Ti 6GBは180%
価格は
  GTX 1060 6GBは¥30000くらい
  GTX 1660 6GBは¥30000強
  GTX 1660Ti 6GBは¥40000強

最もコスパが高いのはGTX 1660 6GBですね

で愛機はGPUの換装に耐えられるか検証
P1020645
電源の容量は問題なし

P1020646
PCケース内の補助電源コネクターGTX970は6Pin×2ですが・・・・

P1020647
電源線をバラしてみると電源からは6+2で生えてるので補助電源の問題もクリア

で、どっちにするか?
最終的には最小40fpsを60まで上げたいわけで、極々単純に考えて計算すると
   1660 =40(fps)×1.55=62fps
      1660Ti=40(fps)×1.8=72fps

通販サイトを巡り歩いてNTT-X Storeにて掘り出し物を発見
  https://nttxstore.jp/_II_MP16114276?FMID=kkc&LID=kkc&

税込み、送料無料で¥29138
ブーストクロックを抑えてあるのでお値段も安いようです
これが1660Tiだと¥40000くらい
・・・・・

今後もLE版MOD DE スカイリムで遊び続けるのでこの1660に決定
即注文しました


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »