« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

COOLPIX P1000できれいな写真を撮るには

何をもってきれいな写真とするかは
  どんな意図をもって撮られたか?
  被写体とTPO
  個人の好み
もあるので一概には言えませんが、最低限
  ノイズがない
  白飛び・黒潰れがない
  ブレてない(手ブレ・被写体ブレ)
  ピンボケでない
写真といったところでしょうか


COOLPIX P1000というカメラは
  センサーサイズが1/2.3型
  レンズはF2.8-F8
  焦点距離4.3-539mm
焦点距離は長くできる(遠くのものを寄せて撮れる)けど
光量不足には弱いというのが特徴となります

  ここでは画素数が出てきませんが
  イメージセンサーの性能というのはセンサーサイズと画素数のバランスです
  フラッグシップ機がフルサイズの2000万画素くらいなのは
  個々のセンサーを大きくしてより光(情報)を集められるようにした結果で
  どんな状況下でも最適な露出が得られるようにすると
  このぐらいが最適なバランスなのでしょう
  高画素=高画質みたいな宣伝がなされてますが、必ずしも=ではありません
  一般的に性能と価格は比例するので
  安い高画素機はツボにハマればきれいに撮れるくらいに考えておく必要があります


COOLPIX P1000はセンサーサイズは小さいのに1600万個ものセンサーが集まってます
画素数が多くなれば個々のセンサーは小さくなるので集められる情報(光)も少なくなります
つまりP1000というカメラは
  光が集まりにくい(センサーの面積小さい)×光が集まりにくい(素子単体も小さい)
と考えることができるので、このカメラできれいな写真を撮るためには
撮影者がいかに低感度でカメラが要求がしてくる光量を満たせるか?にかかってくると言えます

Dscn01701200
光量に不足なく、カメラのポテンシャルを引き出せればこれくらいの描画力になります
なお、ノイズを減らすためにISOは100に固定します
(もし必要なシャッタースピードが稼げない場合でも可能な限り低くします)
また、シャープ感を失わないようにノイズリダクションは(低)にします

【焦点距離】
次に焦点距離についてですが
Dscn01631200_20200530082801
距離は10mくらい、焦点距離306mmでのディテールがこのくらいです(前の写真も同じ)
カメラ単体で長焦点で撮れるっ!!!がウリのCOOLPIX P1000ですが
Dscn01591200
このように焦点距離が長くなるほど細かなディテールは失われていきます
(この被写体は距離25m以上に居たので焦点距離は2倍以上になってます)
まあ筆者はこれでも十分なんですけどね・・・・・

「あと一歩寄れ」は巨匠の格言らしいですが 
例えCOOLPIX P1000であっても焦点距離は可能な限り短くがより良い画質の秘訣です


【ピント】
Dscn0162-01631200
この写真は同じ位置にいる個体を連写Hで撮ったうちの連続した2コマですが
左はピントが甘いですよね(中央一点のAFシングルです)
長焦点だと被写界深度が浅いので被写体に動きがある場合は
たった0.1秒くらい違っただけでこれくらいピントに差が出ます
(あるいはシャッタースピードが1/200なので被写体ブレかもしれませんが・・・)
COOLPIX P1000のAF性能はカメラの価格相応だと思います(比べる相手を間違ってはいけない)
MFがいいのか?AFシングルがいいのか?AF追従がいいのか?は時と場合によると思うのですが
このような動く被写体の場合は筆者のマニュアルフォーカスよりはAFの方がはるかに優秀でしょう
ピントに関してはカメラに任せ、連写で数打ちゃ~当たるしか手はありません


ということで
COOLPIX P1000できれいな写真を撮るには?

  ノイズを出さないためにISO感度は最低の100で耐えられる環境下で撮れ
  シャープ感を失わないためにノイズリダクションは低
  寄せられるカメラだけど、可能な限り自分が寄れ
  腕がないのでピントはカメラに任せろ
  即応できないので撮影モードはAかSでカメラに助けてもらえ
  歩留まりは連写で勝負だ


現時点で筆者が出せる答えはこうなりましたん


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

野鳥の羽毛まで超解像 フルサイズ機と600mm望遠レンズは出不精中年に必要か?



野鳥の羽毛1本1本まで解像して見える写真
マジですごいです

いいなぁ~ あこがれるなぁ~
 長焦点は正義だ!
の、とにかく遠くのものを近くで撮りたい筆者
購買意欲がガシガシ刺激されますねぇ~


次にセンサーサイズが小さい高級コンデジとフルサイズ機の画質の比較です

センサーサイズが小さいっ
と言ってもRX100M7はⅠ型センサーなのでP1000の4倍くらいのセンサーサイズで画質ははるかに上
つまり、P1000で同じことをやったらお話にならないくらい
  P1000の画質は悪い
(フルサイズにチョイ及ばないくらいのカメラとは勝負にならんわ)
価格はRX100M7の方がチョイ高いくらいなんですけどね

Dscn00721200
P1000の写真を引き伸ばすとご覧の通り
筆者がP1000の実力を出し切れていないだけかもしれませんが、羽毛の解像感はこれくらい
こちらのブログで1/2.3型センサーについて辛辣なことが書かれてますが、まあ現実はその通り
 カバサク談義 デジタルカメラの重要な性能・撮像素子面積

これが

      70万円+熟練の技
               vs
      13万+未熟者の差


となると、やっぱ羽毛1本1本まで超解像!
フルサイズ機と600mm望遠レンズは買いか?
っていうと
 
  出費が70万とかで筆者にはトンデモも過剰出費

  印刷してもせいぜい2L判か、観賞してもフルHDモニターの筆者
  そんなに解像してナニに使うの?
 
  MOD DE エロイリムプレイで出不精不良中年が
  
お手軽とは程遠い装備を持って遠路はるばる野鳥を撮りに行くか?

ないっすね


それにしても、ご紹介した動画の主、SATチャンネルさんはすごいですね
羽毛の解像感を追い求めて探求し続ける姿勢と情熱は尊敬の念を抱かずにはいられません
野鳥の羽毛の解像感のためなら
投資と手間を惜しまない
好きだからこそ可能なのであり、続けられるんでしょうね


まあ筆者のような
  気が向いたときに
  近場で(遠征はメンドクサイ)
  お気軽お手軽に(大げさな準備はイヤだ)
  遠くのなんかが撮れたらいいな
  出費は15万が限界だよ
  引き伸ばしたときの画質なんかこだわらないよ
  引き伸ばすことなんかないからね
なぁ~~んてレベルの人間にはお高い機材は宝の持ち腐れ

高いものを買うと人は変われるかも的論調を耳にしますが
人の本質って~のは、そう簡単には変わりませんよ

ということで
フルサイズ機と600mm望遠レンズは出不精中年の筆者には無理でした


愛車のズーマーにP1000だけ持って(まあ三脚は積んでいきますが)ヒョイと飛び乗り
その辺を流しながらいい被写体に巡り合えたらサクッとカメラ構えて
サササ~ッと写真撮って帰る
価格・利便性・要求スペック
筆者のライフスタイルには、これこそ最適のCOOLPIX P1000なのであります


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (4)

2020年5月24日 (日)

COOLPIX P1000を使いこなす前のインドアおやじにとっての写真撮影の最大の問題

タイトルが長いっ!!
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
MOD DE エロイリム信者のまんたろうです


先日購入したP1000を使いこなすためにYouTubeを見まくって勉強しました

 機材の問題
 露出・構図などの技術的な問題

などの課題を乗り越えて満足いく写真をとるためには?
いろいろ考えなければならないことや、やらなければならないことが山ほどありますね
しかし、MOD DE エロイリムに興じるインドア派不良中年にとっての
【写真撮影における最大の問題は?】

 被写体を撮影するために被写体のもとに出向くこと
 しかも、その被写体が撮影できる時間にその場にあること
 さらにその時間に撮影に耐えうる気象条件などが整っていなければならないこと

こりゃ~ハードル高いぜ

例えばですね
水面に映る夕日の写真なり、タイムラプス動画を撮ろうと思ったら
筆者が住む喜多方からだと
 新潟の海に行くか
 猪苗代湖の上戸浜
などの海なり湖なりの東側で写真撮影ができる場所に赴かなくてはいけません
新潟なら2時間くらい、上戸浜でも30分くらいかけて現地にいき
場所を確保して撮影準備をし、その時を待つ
もし移動中に曇ってきたら・・・・
全てがオジャン

俺にできるだろうか・・・・・
ということでとりあえず、身近なところでP1000を使い慣れることから始めよう


我が家のお隣の家の垣根にシジュウカラが営巣しているようで
信じられないほど間近にシジュウカラがウロウロしています
(もしP1000を買っていなければ被写体探しもしていないので気づかなかったでしょう)

で、このシジュウカラをバシッとP1000で撮ると
Sijyuukara-01
撮影者が手抜きをするとこうなります
問題点としては
 アングルが悪い(構図の悪さにもつながってます)
 時間帯が悪い
 カメラモードが間違っている
これは鳥という被写体の性質上やむを得ない面もあるんですよ
鳥は撮影が終わるまでジッとしてくれませんし、すぐいなくなっちゃうしで
どうしても慌てちゃう

さて、問題点のアングルと時間帯ですが
太陽が真上近いお昼近くに下から見上げて撮る
案の定、顔が影になってつぶれてます

電線が鳥の下側を走ってて構図もダメですね

カメラモードが絞り優先オートなのは前回ボケ感の練習のままの設定
まあ明るい環境だったのでシャッタースピードは1/500と焦点距離に近く
ブレないレベルになってくれたので結果オーライでしたが・・・
Sijyuukara-retouch-hikaku
レタッチするとある程度ダメな部分が改善できる場合もありますが
元の写真のダメ部分の補正にも限界がありますから
やっぱりちゃんと撮った写真の足元にも及びません

撮影者がまあまあ考えたり、ジッと待つなどの努力するとこうなります
Sijyuukara-02
Sijyuukara-03
こういう感じの写真が撮れるんですねぇ~

Sijyuukara-04
う~んと粘れば、ヒナに上げるエサを採ってきたところが撮れたりします
顔が黒く潰れちゃってるのが経験不足露呈の残念な部分ですね
まあ背景が奥の家の白壁なんで撮るときに露出の調整が必要なんですが
ど素人のおっさんはシャッターチャンス優先でそこまでの余裕はないです

P1000の凄さってのは
10万ソコソコの価格で他に機材を使わなくてもこういう写真が撮れることです
手軽に大人のおもちゃを手に入れたい人にはピッタリですね

ただし、結局はどんなカメラを所持してようが
努力なしでは自己満足できる写真は撮れないのが現実ですが・・・・


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (3)

2020年5月17日 (日)

FZ70 テレコン vs P1000

COOLPIX P1000で撮影準備が整ったのでPANAのFZ70と望遠端での画質比較

 焦点距離
    FZ70     1200×1.7 2040mm相当(テレコンあり)
    P1000    3000mm相当
P10208931000
人間の目で見た感じがこのくらい

P10208971000
FZ70(テレコンつき)

Dscn00021000
P1000

P1000の方が小さく映ってるのでちょっと大きく見えるようにトリミング
Dscn00021001
以上はすべて三脚でFZ70はセルフタイマー、P1000はリモコンで撮影

Dscn00031000
ちなみに手持ち手振れ補正なしで撮っても
このぐらい明るい環境では問題ないです (ISO 280、1/500、f8)
この手持ちで撮った写真を当倍まで拡大すると
P1000-1bai
このアンテナまでは直線距離で400mくらいはあると思うんですが
人物でも500mくらいまでは十分識別可能ですね

ただ、三脚の場合は微動雲台がないとターゲットを中央にとらえるのは超ムズ
(微動雲台はFZ70の土星撮りチェレンジの時に購入して持ってます)
雲台を自由雲台(MHXPRO-BH02)にしちゃったのも失敗かなぁ~
粗調時に水平が狂っちゃうのはいただけない(カメラが重いんでね)

まあこれから写真のお勉強をして使い慣れていきたいと思ってます


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

超人現る ドリマトーン奏者の一人 更に闘う者達(FF7 Battle BGM)

対コロナには免疫力を高めるのが一番
 ウイルスがどうのこうの
 消毒がどうのこうのと騒ぐ前に

凄腕の達人が奏でる好きな音楽を聴き、免疫力を高めます

このドリマトーンで演奏してるYOKOさん
ドラムパート以外、全部一人で出してるんすよ
両手両足を別々に制御して
さらに両手の指10本も全て別々に制御
ギター・ベース・キーボードの1人3役

かっちょええわ~

あの~ 人間にどういうCPU積んで、どれだけメモリー載せて
どういうアプリ入れれば、こういうコトが出来るようになるんでしょうねぇ^^!



最初の動画で凄さが伝わらず、そんなに大変なの?と思うかもしれませんので
まあ手足4本でも指10本でも猫の手借り手でもなんでもいいんですが
この速さで流れる、この数の物体をリズムに合わせて正確に叩くだけでも大変なのに
ここはチョン、ここは長く、ここは途中だけ指2本分でチョンとか
この音はベース、ここはギター、こいつはキーボードって
頭がバクハツするわぃ
ありえんでしょ いや~ まさに超人ですね

YOKOさん見るまでは、ドラマーすっげぇ~って思ってたんですが
ドラマーは四肢、ドリマトーンは四肢のうちの2本の手がさらに10本の指に細分化
超人度が1ランク違います
(もちろんドラマーも凄いんですけどね)

こちらは4人合奏
楽器がモノホンなので迫力が違います

いや~~
人間ってば、マジで凄いですわ


※ドリマトーン
  河合楽器製作所が販売していた電子オルガンの登録商標(2016年に生産終了)
  ヤマハの電子オルガンは誰でも聞いたことがあるエレクトーン


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

2020年5月 6日 (水)

男のロマンは犬も食わないが金は食う(COOLPIX P1000)

夫婦喧嘩は犬も食わない
(ばかばかしくて相手をする気にもなれないようなことの例え)

男のロマン
(無駄に高性能、無駄に多機能、無駄に高額など
  必要性・合理性・経済性を顧みずにとんがったコト・モノを求める男の性の事)


やっちまいました
男のロマンを追い求めるあまり・・・・


間も無く一人10万円の給付金が支給される予定ですが
ダメージを受けた経済を回すために、当然預貯金はせずパァ~ッと使いますよ
で購入することにしたのが

 ニコン COOLPIX  P1000

というカメラ

実売価格は10万~12万円程度
もうちょっと出せばイメージセンサーがAPS-Cのちょっとしたデジイチも買えるお値段

このP1000
コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)にジャンル分けされてるくせに
バカでかい上に重量が1.4kgもあって、とてもコンパクトとは言えないカメラ
気軽に持ち運べるサイズを通り越して携帯性は悪いわ
センサーサイズ・感度・画質・連射性能・AF性能・その他もろもろを考えても
他に選択肢は数多くあるのになんでP1000なのか?

それは

  お前は望遠鏡か?

と思えるぐらいの超望遠性能を持ったカメラだからです
その倍率はなんとビックリの
  光学125倍
(125m先のものを1mの距離で見るのと一緒ということ)
125倍というと、お月様が画面からちょ~っとはみ出すくらいですが
お月様って5円玉の穴と同じくらいと言われてますから
広いお空の5円玉の穴くらいの領域をバァ~~ンって拡大できるということ

遠くのものが見えるの? スゴイね
そう思ったあなた、事はそう簡単ではありません

【超望遠のデメリット】
超望遠領域に入ると、肉眼で見て米粒くらいの範囲を画面いっぱいに拡大することになります
これはすなわちレンズに入ってくる光が極端に少なくなるということ
本来であればセンサーサイズが大きく、明るいカメラ(=もっと高いカメラ)が理想なんですが
いろいろな制約もあってP1000はイメージセンサーが小さくテレ端(望遠側)がF8
 ※F値ってなに?
つまり明るくない環境下での望遠での撮影で満足な画を撮るのは相当厳しいことが予想されます
(満足な画=ノイズがなく、シャープなピントの写真)

超望遠では空気の揺らぎすら問題となります
もちろんカメラを揺らす風、視界がシャープでなくなるカスミがかったような日もアウト

超望遠では手元が1mm動いただけで大きくブレるので
手持ちでブレを抑えるにはシャッタースピードを上げる必要がありますが
明るくないとシャッタースピードは上がらないので手持ちの超望遠では
  ブレによってまずキレイな写真は撮れません
ズームレバーを操作したり、シャッターボタンを押す
その操作によってもブレるので、写真を撮る行為が写真を撮る邪魔をする
なんと恐ろしい、超望遠の世界

つまり、遠くのものをそれなりの写真にしたいときは
ガッシリした三脚とカメラに触れずにズームやシャッターが切れるリモコンが必須なわけで
別途費用も掛かります(筆者もリモコン・三脚で40000円の追加支出)

時・場所・道具・環境が揃ってないと超望遠が生かせない
そんな使いずらいカメラよう買いまんな

そんなP1000ですが、他のカメラでは絶対に成しえないのが
遠くの被写体を近くにいるかの如く撮れること

例えば鳥などの生き物は近寄って撮ろうとすると逃げますよね
それが超望遠なら鳥や生き物に気づかれることなく撮影することができます

木星や土星も望遠鏡なしで観れる撮れる
すんげくね?
 これぞ男のロマン
経済性や合理性が皆無で犬が見向きもしなくても
一芸に秀でたこのピーキーな性能
それこそが男のロマン

えっ のぞきなどの犯罪に使えるんじゃねぇ~の?
いえいえ
こんな馬鹿デッカイカメラを持ち歩いてウロウロしたり
変な方向や角度でカメラ向けてたら、それだけで通報されます


カメラ(5年保証付き)・三脚・リモコンで¥155580なり
男のロマンは犬は食わないが金は食うのである


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (4)

2020年5月 3日 (日)

進化するほど退化する 信長の野望シリーズ

信長の野望シリーズの人気ランキングで人気の高い「革新PK」でも買おうかと
よそ様のプレイ動画を見ました
結果は

  微妙

「創造PK」
天道PK」

  う~~ん

「大志PK」

  ダメだこりゃ

革新は内政面はまだ許せますが合戦がね
数字と数字が動いて隣接し数字が減っていく
城城攻めは城の耐久度を削り、兵力0で陥落(三国志14もコレ)

これ、面白いかい?
個性、兵種、戦法が多様化されていたり、回り込んだり挟み込んだりと
途中のエッセンスでいろいろ味付けしても最後に味わうのはコレ?

募兵すれば兵が増え、内政すれば金もボンボン増える
(スマホ向けの大志なんかスライダーだよスライダー)
兵が増えたら
 合戦合戦また合戦

よそも簡単に兵が増えるから、まあ出てくる出てくる
テンポ良く(?)数字がチョロチョロチョロチョロと動いて
テンポがいい=軽っ

合戦の土台造り(の面倒な内政は)はやりたくねぇ
でもバンバン戦争してぇ~
歴史シミュレーションも脳筋化
まあ好き好きなんでどうでもいいですけど

今後も内政チマチマや面倒な城攻めに戻ることはないでしょうから
信長の野望は「天下創世」をやりこんでおしまいですな
新しくなればなるほど劣化し退化する
これぞ退化の改新



今どき流行らないターン制の天下創世
合戦は野戦と城攻めがあって、こちらはリアルタイム
  拠点(砦や櫓、城など)で兵力や士気が回復するという独自システムが肝
兵の動きが思ったように動かない場合が多くて(地形等の影響?)イライラします
目標まで直線で動かずカクカク動く
HEXでなくて四角のマス目を移動する感じ
この辺のそうじゃねぇ~だろ的な移動については大きなマイナス点なんですが
この兵力と士気が回復するというシステムのおかげで実に奥深い合戦が楽しめます
(どんな猛将であっても士気が回復できないような状況下ではあっさり壊滅します)

野戦・攻城戦とも面白いのですが、特に病みつきになるのが大筒
Nobunaga11wpk-20200502-123431609
放てぇ~~~ ドン! ドン! ドドドン!

Nobunaga11wpk-20200502-123512049
ひゅるるるる~~

Nobunaga11wpk-20200502-074652458
ドカ~~ン ドカ~~~ン ドカ~~~ン(敵兵に撃ち込むと慌てふためいたりピヨッたり)

Nobunaga11wpk-20200502-074555233
せっせと内政に勤しみ
幾多の敵を葬り去って
国を大きくした果てに得る究極の成果がコレ

 トールハンマー(大筒)

これはもはや戦闘呼べるものではない
一方的な虐殺だ
(と語ったのはキャゼルヌだったかシェーンコップだったか)


ただし、大筒は1部隊500名なので合戦全体としては総兵力に劣るのは言わずもがな
もちろん近接戦闘はからっきしなので護衛も大変(敵は優先して狙ってきます)
おまけに発射から着弾まで時間がかかるので動く敵部隊に対しては攻撃が当たらず
とどめは雨の日は撃てずで使い方が難しいんですが、
攻城戦の多様性と相まって、これがまた実に楽しい

天下創世は兵もお金も簡単には増えないので、戦闘の重みが違います(兵の輸送もできないし)
  歴史シミュレーションはじっくりやる派
  戦略を持って天下統一を目指す
方にはピッタリの1本であります


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

ピアノも凄いがお〇ぱ〇もティファ級

FF7リメイクよかったっすねぇ~
YouTubeで見るだけで満足しました
もうあ~いう戦闘、めんどいんですよ
自分ではやらなくていい

まあ、そんなことはどうでもいいですが
FF7の戦闘時のBGM 【闘う者達】をピアノで弾いてる達人がいます
しかもティファのコスプレで

マジで凄い
もちろんピアノもですけど
乙牌もティファ級



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »