« COOLPIX P1000を使いこなす前のインドアおやじにとっての写真撮影の最大の問題 | トップページ | COOLPIX P1000できれいな写真を撮るには »

2020年5月27日 (水)

野鳥の羽毛まで超解像 フルサイズ機と600mm望遠レンズは出不精中年に必要か?



野鳥の羽毛1本1本まで解像して見える写真
マジですごいです

いいなぁ~ あこがれるなぁ~
 長焦点は正義だ!
の、とにかく遠くのものを近くで撮りたい筆者
購買意欲がガシガシ刺激されますねぇ~


次にセンサーサイズが小さい高級コンデジとフルサイズ機の画質の比較です

センサーサイズが小さいっ
と言ってもRX100M7はⅠ型センサーなのでP1000の4倍くらいのセンサーサイズで画質ははるかに上
つまり、P1000で同じことをやったらお話にならないくらい
  P1000の画質は悪い
(フルサイズにチョイ及ばないくらいのカメラとは勝負にならんわ)
価格はRX100M7の方がチョイ高いくらいなんですけどね

Dscn00721200
P1000の写真を引き伸ばすとご覧の通り
筆者がP1000の実力を出し切れていないだけかもしれませんが、羽毛の解像感はこれくらい
こちらのブログで1/2.3型センサーについて辛辣なことが書かれてますが、まあ現実はその通り
 カバサク談義 デジタルカメラの重要な性能・撮像素子面積

これが

      70万円+熟練の技
               vs
      13万+未熟者の差


となると、やっぱ羽毛1本1本まで超解像!
フルサイズ機と600mm望遠レンズは買いか?
っていうと
 
  出費が70万とかで筆者にはトンデモも過剰出費

  印刷してもせいぜい2L判か、観賞してもフルHDモニターの筆者
  そんなに解像してナニに使うの?
 
  MOD DE エロイリムプレイで出不精不良中年が
  
お手軽とは程遠い装備を持って遠路はるばる野鳥を撮りに行くか?

ないっすね


それにしても、ご紹介した動画の主、SATチャンネルさんはすごいですね
羽毛の解像感を追い求めて探求し続ける姿勢と情熱は尊敬の念を抱かずにはいられません
野鳥の羽毛の解像感のためなら
投資と手間を惜しまない
好きだからこそ可能なのであり、続けられるんでしょうね


まあ筆者のような
  気が向いたときに
  近場で(遠征はメンドクサイ)
  お気軽お手軽に(大げさな準備はイヤだ)
  遠くのなんかが撮れたらいいな
  出費は15万が限界だよ
  引き伸ばしたときの画質なんかこだわらないよ
  引き伸ばすことなんかないからね
なぁ~~んてレベルの人間にはお高い機材は宝の持ち腐れ

高いものを買うと人は変われるかも的論調を耳にしますが
人の本質って~のは、そう簡単には変わりませんよ

ということで
フルサイズ機と600mm望遠レンズは出不精中年の筆者には無理でした


愛車のズーマーにP1000だけ持って(まあ三脚は積んでいきますが)ヒョイと飛び乗り
その辺を流しながらいい被写体に巡り合えたらサクッとカメラ構えて
サササ~ッと写真撮って帰る
価格・利便性・要求スペック
筆者のライフスタイルには、これこそ最適のCOOLPIX P1000なのであります


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« COOLPIX P1000を使いこなす前のインドアおやじにとっての写真撮影の最大の問題 | トップページ | COOLPIX P1000できれいな写真を撮るには »

COOLPIX P1000」カテゴリの記事

コメント

tomoさん
絵は人が描くので人の能力が道具を凌駕しますよね
弘法は筆を選ばずといいますし
カメラは光を集めて絵を描く道具にしか過ぎません
絵描きで言うところの筆遣いは、どう光を集めるか?のカメラの設定となります
高いカメラはその設定幅が非常に広く、安いのはそれなりなので
高いカメラほど、きれいな写真が撮れる確率が格段に高いというわけです

その時代で30万だと1眼レフのフラッグシップ機では?
味わいのある深い写真が撮れるんじゅあないでしょうか
しかし、今ってフィルム売ってるんですかねぇ~
写真屋も現像設備とか、辞めちゃってないかな?
需要がなければ消滅するのか経済の原則ですし
tomoさん
是非、そのカメラブログで出してみてください
マニア垂涎の一品かもしれませんよ

投稿: まんたろう | 2020年5月28日 (木) 05時48分

まんたろうさん、新しいカメラにめり込んでおりますね~(^m^)

鳥さんの羽~オシリからモモヒキまでのライン、じつに良き!
(鳥マニア発言失礼しました)

絵は、同じペンで抽象画も細密画も描けるし

鉛筆1本で落書きから全国展レベルまで画力上げていくことが出来ます

私的には限られた世界での限界突破に挑むってのが魅力的ですが

デジカメの世界はやはり¥が大きいんですね

天邪鬼の私は、父がむか~~し買って押し入れの肥やしになっている

30万円のアナログカメラで写真撮ってみたくなりましたw

投稿: tomo | 2020年5月27日 (水) 23時30分

たこ拳ぢさま
そうそう 無駄に高性能が大好き
(それが日本の家電メーカーを支えてたんですけどね)
マジで100万くらい使っちゃうか?
って一瞬考えちゃっいました
ただ、今までも所有しただけで満足して・・・・ってのがあったので
ヌード写真撮りを趣味にしていいんだったら
100万だしますっ!! ^^!

投稿: まんたろう | 2020年5月27日 (水) 20時48分

なんでしょうね、ハイスペックの機材に心ひかれるってのは男の子だけなんでしょうかね。(まず女子には理解してもらえない…)

ポルシェ最高~!っていいながら、ぢゃあその車を日本の道路事情で発揮しきれるのか?って言われたらグゥの音もでねぇし…。

大は小を兼ねる、ハイスペックは全てをカバーする!

ま、たいがいオーバースペックになっちゃうんですけどね。(^o^;)

投稿: たこ拳ぢ | 2020年5月27日 (水) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COOLPIX P1000を使いこなす前のインドアおやじにとっての写真撮影の最大の問題 | トップページ | COOLPIX P1000できれいな写真を撮るには »