« 2020年5月 | トップページ

2020年6月

2020年6月30日 (火)

COOLPIX P1000で月を撮る

35mm換算3000mm相当の画角を持つCOOLPIX P1000の最大の魅力は
Dscn0672_00001-1200
カメラを三脚に据え、月モードにするだけでコレが撮れちゃうこと(2400mm相当)

Dscn06701000
さらにズーム(3000mm相当)

Dscn06711000
さらにさらにズーム(6000mm相当)

このぐらいの倍率で撮ると空気の揺らぎが見えるほど
1枚1枚の写真から得られる情報は空気の揺らぎで歪んでいます
スタッキング(何百枚も写真を重ねて1枚の画像を得る手法)ソフトを使って平均化して揺らぎの影響をなくし
輪郭強調でシャープネスを上げることでもっと鮮明な画像を得ることも可能

木星や土星など、拡大しても小さくしか映らない被写体に対しては
スタッキング処理を行わないとより実像に近い鮮明な画像は得られません

今冬(12/21頃)は、木星と土星が1枚の写真の画角に収まるほど接近します
さあて勉強しなくちゃね


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

2020年6月28日 (日)

達沢不動滝

NDフィルターとCPLフィルターを実戦で使用
ど素人、達沢不動滝を撮る

Dscn0645_000011000
ISO 100, f3.5, 1/1.6sec, 9mm (35mm換算で50mm相当), ND8, CPL使用

日が当たってるときに撮ったので滝の落水部分は白飛びしてます
シャドウ部分がつぶれない程度に露出をマイナス補正をすべきでした
COOLPIX P1000はセンサーサイズの関係でダイナミックレンジが狭いので
被写体の明暗差が大きいときは露出補正をキッチリ追い込まないとダメです

しかも、はじめに撮った数十枚はISO AUTOだったのでISOが上がってしまいノイジーで没
ISO AUTOでシャッタースピードが上がっちゃったので、シャッタースピードを落とすために
+0.7EV補正していたのも忘れ、ISOを100に直したのにそのまま
まだまだだなぁ~

Dscn0657_000011000
ISO 100, f3.2, 1/1.6sec, 5.4mm (35mm換算で30mm相当), ND8, CPL使用

とにかく撮りまくって経験を積むしかないですね


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

2020年6月23日 (火)

K&F Concept CPL/ND8/ND64フィルター3枚組セットは買い

これまで日食撮影用のNDフィルター、超接写用のクローズアップフィルターを入手し
COOLPIX P1000の対応力を強化してきました
あとはCPLフィルターと水の流れを滑らかにするNDフィルター数種を入手すればなおヨシですが
筆者のような庶民が1枚数千円のフィルターをポンポン買うというのはなかなか大変ですね
なるべくなら中華製は使いたくはないんですがメイドインジャパンで揃えると
例え廉価版であっても結構な金額になりますし
入手しても箪笥の肥やしの可能性もあるのでとりあえずお試しでコレを入手

 ND8フィルター ND64フィルター CPLフィルター 3枚セット
     (77mm 光学ガラス製K&F Conceptメーカー直営店) 

3枚組で¥5560
Dscn0608_00001
化粧箱を開けると、しっかりしたフィルターケースに入ってました
(ケースの落書きは当然オリジナルにはありません)

Dscn0611_00001
スリムタイプですがネジ込みは3枚ともスムーズ、重ねて取り付けも問題ありません
取り外しはCPLのみローレットの幅が狭くて回しにくいのでキツく締めてしまうと外すのに苦労します
(NDの方は全く問題ありません)

いずれもフードとレンズキャップの取り付けは問題なく行えます

撥水・防汚については説明文にはかっこいいことが書いてありますが値段相応です


CPLフィルターの効果
Cpl-hikaku-01
左フィルター効果0                     右フィルター効果最大付近

JPEGのこのサイズでも
バイザーの反射、Aピラーの反射、ハンドルの絵柄、電柱のテカり具合などに違いが見れると思います
車体の白も、より白っぽく表現されてますね

Cpl-hikaku-02
紫陽花の葉も反射が抑えられ、黄緑色がハッキリ出ているのがわかります

AUTOフォーカスも問題なく作動したので、名ばかりのCPL(円偏光)フィルターではありませんでした



NDフィルターの効果
No-nd-0004sec
NDフィルターなし ISO 100  f4.5  1/250sec

Nd8-004sec
ND8  ISO 100  f4.5  1/25sec (理論値は1/30sec)

Nd64-05sec
ND64 ISO 100  f4.5  1/2sec (理論値は1/4sec)

Nd865-512-3sec
ND8×64 (512相当)  ISO 100  f4.5  3sec (理論値は2sec)

当日は雲天でしたが時折薄日も差す状態で、少しの日照の変化でカメラが受ける明るさも変わってしまいます
シャッタースピードを下げるという目的は十分果たせてますし、カメラ側でまだ絞る余地があるので
筆者レベルでは十分満足できるレベルです


いかがでしたでしょうか
3枚で¥5560、1枚当たり¥1854でしっかり目的を果たせてると筆者は感じました
37mm~82mmまで幅広くラインナップされてますし、買って損のないフィルターセットだと思います


追伸
解像感の比較を忘れてました
上の写真のど真ん中の紫陽花のつぼみを100%にしてトリミングしたものです
Kaizoudo-hikaku
ND64だけやけに像がボヤけてますが、ND8×64の重ね付けがそこまで悪くないのでピンボケかもしれません

カメラはCOOLPIX P1000なので100%まで拡大しての解像感はフィルターなしでもそれなりです
また、あくまでフィルターの確認なので絞り優先AUTOでピントはAF、JPEG撮って出しです
そもそも動きのある自然物に対してシャッタースピードを落として撮ろうというわけですから被写体ブレも皆無ではないですし
4Kモニターまでの観賞であれば数倍の投資をしてまで解像感を求める必要があるか?と言えば、筆者にはないですね
 ※4Kモニターでも350dpiで1000万画素もあれば十分と言われてます

購入にあたっては、他のユーザーのレビューなどを参考にすることと思いますが
レビュワーの使用してるカメラや出力用途などを差し引いて参考にしないと
そこまで求めていない方にとっては過剰な投資をすることになるので注意が必要です

近いうちに光の変わらない日に固形物を広角で寄った写真で改めて比較したいと思います


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

2020/6/21の部分日食 IN 猪苗代湖上戸浜

さすがの出不精不良中年でも
 珍
の付く自然現象には重い腹を持ち上げます
今回は珍現象は部分日食

太陽と地球の間に月が割り込んで
 太陽の一部が隠れ
 その影がかかる地域
 のみ
 拝むことができる
 珍現象
が部分日食

数年に一度くらいの間隔で拝める可能性もある、ややレア度の低い珍現象ですが
お天道様が出ない天候の可能性も考慮すると
 見れるときに見とけ

撮影場所は少しでも空気の薄くなる場所
 かつ
出不精不良中年が安易に到達できる場所

ということでオシッコついでに志田浜を偵察しますが
コロナ解禁最初の週末ということで人出が結構ありますねぇ
さすがにここでカメラを構える気にはならないので
上戸浜の駐車場にGO

先客が一家族
カメラを見ると同じじゃ
三脚を二つ構えてたので動画も撮ってたらしい
YouTuberかな?
赤道儀には載ってないから欠け始めから戻るまでの一連の~は
 無理
まあ天気もこんなだしねぇ~
Dscn0550_00001
ISO 100, f8, 8秒, 4.3mm(ND100000使用)

 うぉ~っ さすが日食っ
 こんなに暗くなんのぉ~
   なりません(このぐらいの部分日食では人間の目では暗さはあまり感じませんね)
 ND100000を使うと昼間でも月夜の如く写せます
太陽が出たり雲に隠れたりで、NDフィルターを付け替えてる暇がないので
ND100000のまま雲が太陽を隠した辺りを見た目に近づけてとると
上の写真のように地上の景色は黒つぶれ

Dscn0555_00001
ISO 100, f8, 8秒, 77.8mm(ND100000使用) 
ちなみに8秒だと雲はこのぐらい流れ、太陽も動いてるのでブレて見えます

おいおい、このままクリアな部分日食日食は見れないのか?と思った瞬間
きたぁ~~
Dscn0561_00001
ISO 100, f8, 1/200秒, 503mm(ND100000使用)  16:28:54秒

最大食まではまだまだだったんですが、このまま雲がどんどん濃くなって
 しゅ~りょ~~
ここにどでかい太陽黒点でもあれば、なおよかったんですがねぇ


赤道儀買ってタイムラプスも面白いかって考えたんですが
極軸合わせの北極星は昼間は見えんよね?
前日夜からセッティングぅ~~?
季節と場所柄にもよりますが、2日間天候がっ・・・とか
 難易度高っ


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (4)

2020年6月19日 (金)

スカイリム3人称視点でカクつく件に対応したが・・・

筆者のスカイリムのいわゆるおま環が
3人称視点で移動時にカクつきが発生すること
Tesv-20200619-061106631
Tesv-20200619-061111364
画角的には3人称が多少広い程度

オブジェクトやNPCなど、何となくですけどロードされるブツが多いようなところでカクッってなります
いわゆる重い場所でFPSが低下する現象が0.5秒くらいの短時間起きる感じですね
不思議なのは1人称視点ではほとんど感じないこと

ロードをはさんだ街中では感じず、リバーウッドのようなシームレスなところで目立つので
以下の対策を実施したのですが・・・・

 uExterior Cell Buffer=64、uGridsToLoad=7の記述を削除しても改善せず

 続いてゲーム関係のデータをSATAのSSDに移したが改善せず
 スクリプト遅延を疑いPapyrusの記述を変更したが改善されず 
  http://mantarou-dengana.cocolog-nifty.com/yosenabe/2019/09/post-2e4386.html
 

 さらにグラボをちょっとだけ性能アップ(GTX970→GTX1660)させても改善せず
  http://mantarou-dengana.cocolog-nifty.com/yosenabe/2019/09/post-9a49ef.html

 Cドライブ自体をSATAのSSDに換装したが改善せず

 RAMを8GB→16GBにしたが改善されず
  ※ただし、3人称のキルムーブがサクサク動くようになりました

 スカイリムのメモリー管理でメモリーを512+256→768+512にしたが改善せず


パフォーマンスモニターでCPU/GPU/RAMを監視してカクッってなるところで確認しても
グラフが大きく上がるでもなく、律速するようなデータは得られず

やっぱMOD盛り沢山でスクリプト遅延ですかねぇ?
それならば1人称視点でも出てもよさそうなもんですが・・・・
1人称と3人称、確かに3人称の方が画角が広くなるので多少はロードされるブツも多くなる
とは思いますが、そんなに違わないでしょ?

32bit版のLEの限界ですかねぇ?
SEにせぇ~~ぃという声が聞こえそうですが
SexLab系の環境を全く同じにできるか?
やれるとしても、もうあの元気はないなぁ~


Tesv-20160803-054842246-1000
万策尽きたので
ケツを見ながら歩くのは場所を選ぶことにします



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

身の程の範囲内でソコソコ遊べるお手軽さが売り Nikon COOLPIX P1000

COOLPIX P1000はセンサーサイズやレンズのF値の問題であまりボケません
(そもそもそれを求めるカメラではありませんが)
超望遠で撮れば焦点距離の問題でボカすことができますが解像感が落ちます
レンズも交換できないのでボケ味を強くするにはフィルターを使用するしかありません
クローズアップレンズ(クローズアップフィルター)を使えば
焦点距離を10mm以下にもできるので背景を大きくボカすことができますし
小さいセンサーを最大限に活かして解像感のある写真が撮れます

それでもフルサイズ機+マクロレンズに比べれば被写界深度は深いですしボケ感も遠く及びませんが
それが掛けた金額の差ということですね
Dscn04521000
ISO 100, f4.0, 1/100, 16.3mm

Dscn0452-up1200
350dpiでA4での印刷では1000万画素で十分と言われているので
モニターで見るとかL版や2L版で印刷する程度であれば解像感も十分


ボカすボカすって言うけどボカすことがそんなに大事なの?
写真の表現力ってのは被写体と構図と光の具合で決まるんですが
ここに被写界深度を足してボケ感を加えることで被写体に対する表現力が桁違いに上がるんですよね

もしこの写真でボケ表現を使わなかったら?(スマホで撮ったようなパンフォーカスの写真)
背景のピンクはミニバラの花、白い部分は隣家のモルタル壁、後ろの道路も見えるようになり
被写体のラベンダー以外のものがゴチャゴチャ写って見せたいものがハッキリしなくなります
ボケというのは写真の表現力にとってとても大事なものなんですよね

今回はやわらかい雰囲気を狙って、このような表現にしましたが
カメラの設定次第で
  明るくする暗くする
  色を濃くする薄くする
など、カメラの性能の範囲内という制限付きですがで表現の幅を広げることができます
Dscn0452-1200
さらにレタッチソフトなどを使えば、特定の色域だけ強調したりとさらに表現力が広がります


カメラの世界はあんまり深入りすると手間はかかるしお金もかかります
遊びはほどほどにやるのが一番
所詮は趣味の写真で自己満足の世界なので
自分の懐具合と行動範囲と割ける時間に合わせて好きなようにやるのが一番です



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

Luminar4を買おうと思ったが・・・・

AIが写真を簡単かつ最適に補正してくれる画像編集ソフト
  Luminar4

筆者は貧乏なのでNikonが無料で提供してくれているソフトを使用し
チマチマチマチマ編集しています
Nxd-hikaku 
このソフトはご覧のように明るさとか色味とかの補正ができるソフトなんですが
Luminar4はそういう機能にプラスして、肌のシミやシワをAIが簡単に消してくれたり
本来は写ってなかったちがう空を自然に合成したりと凄いことが簡単にできちゃうんで~
  買っちゃうか?
と思ったんですが、ちょっと待てよ
なんつぅ~か、カメラで写真を撮る楽しみが半減しませんか?

これって、おそらく今後のスマホの画像エンジンの未来像ですよね
スマホはボディが小さいのでセンサーやレンズなどの光学系の進歩は望めない
で、とにかくデジタル処理・加工で写真をキレイにしちゃう(今もそうでしょ)
これはこれで素晴らしいことなんですが

その風景や被写体に向かって
その時の光の具合とか構図の制限なんかで
あ~でもない、こ~でもないと構図や設定を少しづつ変えて
何十枚も撮っても納得できるのは1枚だった・・・・

ああ、だからみんなカメラを買わずにスマホとなって
カメラ業界が衰退していってるのか・・・・

SNSとかに写真の数あげるとかは
パッと撮ってパッと上げれた方がいいもんね


ただ、人肌補正みたいに、シミ・シワとってのまあキレイ?
いやいや、これは偽装ですよ偽装
偽装はいかんでしょ
誰を撮っても金太郎あめの某K国人みたいになっちまうぜ

それと無いものを合成しちゃうのもね
アートとしては全く問題ないですけど、写真は名乗れんわな

まだまだロクな写真が撮れない不良中年は
Luminar4の購入はパス

こういうのを見ちゃうとなんか信用できなくなりますよね
妙にキレイな写真・・・・
みんな作りもんなんじゃね?


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

COOLPIX P1000で太陽黒点を撮る「待ちに待った太陽の黒点登場」

COOLPIX P1000と太陽用NDフィルターを手に入れながら
肝心の太陽が大人しい時期で5月は黒点がひとつも観測されないという悲劇
本日6/7、久々に澄んだ快晴になったので太陽にカメラを向けてみました
P1020962

きたぁ~~~
Dscn035221000
シミじゃないよ(写真中央の下から2/5の高さ辺りにあります)
6月に入った瞬間から黒点が急に増え始めましたようです
(6/6は12個が観測されてます)
Dscn034021000
電子ズーム2倍(6000mm相当)
宇宙天気予報センターの太陽画像の黒点と同じ模様が出ていますね
(位置関係は変わってるようですが)

 宇宙天気予報センター 太陽黒点のページ


もそっとクリアな黒点写真を得るためには?
惑星などを地上から高倍率で撮影する場合は空気の揺らぎ等で像が歪みます
そこで動画などで数百枚の画像を用意しそれらを合成して
歪んでない時の姿を再現する専用のスタックソフトというのがあるので
ちょっと勉強してやってみようと思います
(これから木星とか土星とかも撮る予定なので)


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (3)

2020年6月 5日 (金)

COOLPIX P1000で0.1mmを撮る「HAKUBA クローズアップレンズNo4 2枚重ね」

遠くのものをグンと目の前に引き寄せる能力を与えられたCOOLPIX P1000ですが
接写能力については特別なものは与えられていません
レンズが交換できない本機の接写能力を上げるためには
クローズアップレンズに頼るしかないのは前回お送りした通りです
 COOLPIX P1000をパワーアップする「クローズアップレンズ編」

クローズアップレンズは連結して使用することが可能なようにネジが切ってあり
重ねて使用することで、さらなる接写能力を得ることが可能ですが
今回は前回使用したHAKUBAのNo4を2枚重ねて撮影してみました
Dscn0197_00001_01Dscn0316_00001
1枚使用 (ISO 100、f4.5、1/160、49.5mm)    2枚重ねて使用(ISO 100、f4.5、1/320、45.8mm

1/2.3型イメージセンサーの本機ですが、花粉の一粒一粒が識別できるレベルに解像できました

 今回はあえて、同じ日に同じアングルでの撮り比べはしませんでした
 光の使い方、ピントなど、己が上達しているのかどうかも記録するためです

まあ、これだけ見せても「ははん」で済んじゃうんで
モチーフのニワゼキショウの大きさをお見せすると
P1020959P1020961
雌しべひとつが0.3mmから0.5mmなのがおわかりいただけると思います
FZ70の接写限界がコレくらいなので、いかに大きく写せているかが実感できると思います
(暗くなってきた上に手持ちだったので写りがイマイチですいません)


実は超望遠も超接写も目的は同じで、とにかく被写体を拡大して写そうということです
しかし、カメラの光学系の性能で焦点距離とピントが合う範囲は決まってしまいます
レンズが交換できないP1000ですが、望遠側はズバ抜けた能力が与えられています
そこで、接写側の能力も大きく拡張してやろうというのが今回の企画の目的です

このレンズはアマゾンだと1枚¥2200で、2枚でも¥5000でお釣りが来ます
COOLPIX P1000の魅力をリーズナブルに底上げしてくれる
実に素晴らしいアイテムだと思います


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

COOLPIX P1000をパワーアップする 「太陽を撮る編」

COOLPIX P1000をパワーアップする 第二弾

  COOLPIX P1000で太陽を撮る

Dscn02331000
ISO100、f8.0、1/800、467mm 5/30 14:31撮影

地球が母なら太陽は父?

それにしても噂には聞いてはいましたが、今の太陽は表面が大人しいですなぁ~
黒点の一つや二つは欲しかったのですが、ツルッツル

太陽の自転周期は約27日と6時間36分(地球から見ての場合)
黒点が反対側にあるとすると・・・・
あと数日経たないと何もない面ばかり観察することになりますね

ちなみにCOOLPIX P1000で写せないだけなんじゃないの~?
という疑問がわきますが

  宇宙天気予報センター

の太陽表面写真でも観測結果でも黒点数は0が記録されおります
(5月は一つたりとも観測されてない・・・しょぼ~~ん^^!)


ただし、カメラのまんま太陽に向けてズームとかしちゃ~いけません
P1000が破壊されてしまいますので、これを買いましょう
P1020953P1020954
marumi光機社製 ND(減光)フィルター DHG ND-100000

 Kenko Tokina (NDフィルターの解説)

太陽撮影用はND100000なので10
万分の一に減光
お値段約 ¥8000也
P1020955
解説とフィルターケースに入ったND-100000本体が同封

焦点距離2600mm相当で画面いっぱいくらい
3000mm相当だと上下が少し切れちゃいます(見かけの大きさはお月様とほぼ同じですから)
ND-100000があれば、カメラのまんまでここまで大きく太陽が撮れる
COOLPIX P1000ならではです
前回のクロースアップといい遊びの幅が広がります
さらに遊びの幅を広げるために、次は普通のNDフィルターやPL(偏光)フィルターを入手したいですね

※夏の炎天下の太陽撮影はカメラがかなり熱くなって危険です
 この日は10分程度の観察でレンズ部は触れないほど熱くなってました
 大切な愛機の故障防止のため、撮影は短時間で済ませるようにした方が無難です


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

COOLPIX P1000をパワーアップする 「クローズアップレンズ編」

COOLPIX P1000 パワーアップ計画第一弾

P1000はレンズ交換式のカメラではないので
接写能力を標準以上に上げるにはクローズアップレンズを取り付ける必要があります
ネットでいろいろ探したところ、お値打ち価格のメイドインジャパンを発見
P1020943P1020944
HAKUBA写真産業のMCクローズアップNo.4でござるよ
  アマゾンで2200両
この手のものは初めて使うので、もしお気に召さなくても
この価格ならやっちまった感は軽減されます(この価格でも庶民にはバカにならんのよ)

さすがにねぇ~ いくらお安くてもレンズ系で中華製は買えませんわ
ババ掴まされる率ハンパないでしょ
性能が低いだけならいいけど、ネジ込んだら取れなくなったとかは普通にありそうで
洒落になりません

さすがにこのお値段だけあって収納用に専用のケースとかは付属しません
この販売用のプラケースは厚みも厚くないので、そのまま収納用でいいかと
P1020949
P1000はレンズアダプターが77mm径なので77mm用を買いました
肝心の性能ですが

Dscn0191_00001
P1000の標準マクロ撮影(AFでピントが合う限界の焦点距離)

Dscn0193_00001
HAKUBA MC No.4 クローズアップレンズ使用
(三脚使用・手振れ補正なし・ピントはAF-S中央一点)

Dscn0198_00001
Dscn0197_00001
Dscn0215_00001
Dscn0216_00001
うん 素晴らしい

ピントはすべてAFで行いましたがピント合わせについては全く問題ありませんでした
ちなみに老化による視覚制御系の劣化のせいか?MFはことごとくピンボケ
う~ん 難しい

次はクローズアップレンズのNo.10が欲しいけど77mmはないんだよなぁ
No4重ね掛けしてNo8相当にしちゃうか?
¥2200で安いし


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ