« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

35mm換算 3000→6000→12000mmの画角と見え方

県道 「猪苗代塩川線」にある磐梯山眺望個所

そこから磐梯山の山頂(岩の塊の上にちょっとした祠があった気が・・・)を
3000mm、6000mm、12000mm相当で撮影
地図で確認すると山頂までの距離は直線距離にしておよそ5km

Dscn1026-800
この日の磐梯山
この時期にしては空気は澄んでいる方

Dscn1033_800
ISO 100, f4.0, 1/400sec, 21mm(35mm換算115mm相当)

人の目で見た感じは35mm換算で50mm相当と言われていますが
 ※画角ではなくモノが見える大きさが50mm相当の焦点距離のカメラで見た感じ
その2倍以上に拡大しても山頂は眼視できません

Dscn1029_00001
3000mm相当に拡大すると山頂のガレ場と祠らしきものが見えてきました

Dscn1030
6000mm相当に拡大すると祠と2人の人らしき姿も確認できます
(6000mmまでがダイナミックファインズームと言われ画質低下が少ない)

Dscn1031
12000mm相当

ぱっと見女性二人が見えますね
ひとりは青い服装
ひとりは白い帽子

電子ズーム(ただトリミングして拡大したと同じ)なので画質はアレですけど
ちょっとAFが甘い?
マニュアルでピンを追い込めば、もうちょっとハッキリ見えるかもですが
まあシーイング(空気の揺らぎ)の影響が出てるので、こんなもんでしょうねぇ

5km先の数十センチの祠が判別できる
COOLPIX P1000はまさしく

 スパイカム

と呼びにふさわしい


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

COOLPIX P1000は買い?(できること、必要なモノ、かかる金額)

そこそこの投資で
大げさな準備を必要とせず
お気軽お手軽に
そこそこの写真を撮ることができる
 万能な大人のおもちゃ Nikon COOLPIX P1000
何をどう求めている方がCOOLPIX P1000を買っても後悔しないのか?
数あるカメラの中から COOLPIX P1000を選ぶ一助になれば幸いです



COOLPIX P1000が買いな人はこんな方

 投資できる金額は20万くらい

 カメラ本体と三脚だけで、お手軽に月や惑星や太陽が撮りたい

 出力媒体はSNSやネット上にアップするくらい
 写真を見るのはスマホ・PCのモニター(FHD/4K)が主
 印刷するにしても、せいぜい300dpi/A4サイズで印刷する程度
 (A4 300dpi、4Kモニターで見るなら1000万画素で十分)

 カメラがデカくて重くても気にしない・苦にならない



COOLPIX P1000使いこなしに必要なもの

 写真撮影全般に必要(お高めで頑丈な三脚)¥2~30000くらい

 太陽を撮る(ND-100000減光フィルター)¥9000くらい

 超クローズアップ撮影がしたい(クローズアップフィルター No4)¥2~3000くらい

 タイムラプスが撮りたい(複数回撮る場合は充電器、予備バッテリー) ¥8000くらい

 月や土星や木星などの惑星が撮りたい(微動雲台、リモコン)¥10000くらい

 惑星をもっとキレイに残したい(スタッキング処理ソフト)無料

 天の川が撮りたい(RAW編集ソフト・画像処理ソフト)無料 

 滝や水の流れを絹みたいにしたい(NDフィルターセット) ¥6000くらい

 光の反射を除去してはっきりくっきりさせたい(CPLフィルター) 上記NDと価格は込み


 もっと深く(オプション)  
   淡い天体を撮りたい
   天の川をもっとキレイに撮りたい
   (星像を点にしたり、長時間シャッターを切る必要あり)
     ポータブル赤道儀・レリーズ ¥50000くらい



【作例】

太陽を撮りたい
Dscn0561_00001
部分日食
Dscn035221000
太陽黒点の撮影
Dscn034021000
黒点の拡大撮影

ND-100000、または、ND400の2枚重ね(ND-160000)で撮影できます
AFはほぼ合わないのでMFを使う必要あり
ND-100000であればシャッタースピードは1/500sec以上でブレる心配はほぼありません





惑星や月が撮りたい
 以下の写真は撮って出し
 または多少のレベル補正程度を実施
Dscn0838-1200-0_20200819202601
木星と大赤斑とガリレオ衛星(画像処理をしています)

Dscn0835-1200
土星  ISO 100, f8, 1/13sec, 2156mm(35mm換算12000mm相当)
シーイングなどの条件が整えばカッシーニの間隙も分解します

Dscn0764_1200


 惑星撮影時の注意点
  高倍率で撮影が必要な惑星は撮影条件がかなりシビアです
  シャッターボタンを押すだけでブレるのでセルフタイマー、リモコン、レリーズを使います
  風がある日は頑丈な三脚をもってしてもウルトラ望遠域ではブレがひどくて撮影になりません
  なるべくシャッタースピードはあげておきたいところですが
  土星は木星よりも暗いためシャッタースピードは上げられず
  きれいな星像を得るのは撮影条件がある程度整っている必要があります
  また、惑星を大きく撮るためには電子ズームが必要ですが
  RAW形式では電子ズームは使えずJPEGでの記録となるので後で補正も厳しいです
  その他、空気の透明感やシーイング(ゆらぎ)なども写りに大きく影響します
  よりキレイに撮るためには、適正な気象条件だけでなく
  気象条件に応じてマニュアルで撮影条件を追い込む必要があります

  Dscn0956
  風によるぶれ

  Dscn0957
  ピントが甘い上に、空気の揺らぎによる星像のゆがんだ状態


 さらに一歩先へ
  よりキレイに残すためには赤道儀で追尾して動画で撮影したり
  複数枚の写真をスタッキング処理後に鮮鋭化するなどの処理が必要となります
    天体写真の世界 画像処理の方法

 
 




天の川が撮りたい
COOLPIX P1000で撮れる星空は?
Dscn0910_ref_1200
ISO 100,  f2.8,  30sec,  4mm(35mm換算24mm相当)
30秒露光しても写ってるのはせいぜい3等星までくらいでしょうか

Dscn0910_1200
Capture NX-D(Nikon専用RAW形式ファイルの編集ソフト)で
+1EV、シャドウを100に持ち上げると、ここまで情報自体は残ってます
天の川がボウッと浮かび上がってきました
ただ、これだとPCのモニターでは天の川が見えるんですが
スマホだと淡すぎてよくわからないので

Dscn0910_1200-ov_20200823195101
無料画像編集ソフトGIMP(ver 2.1.0)で黒部分はより黒く
明るい部分はより明るく、ちょっと大げさに補正しました
天の川の見え方が眼視に近いのは、この補正後の画像の方ですが
眼視ではもっとよく見えます

 編集ソフトは何を使うべき?
  猫も杓子も!の勢いでよく使われてるのがAdobe社のLightroom
   Adobe Photoshop Lihgtroom
  20GBクラウドストレージ、Lightroom Classic、Photoshop付きのサブスクで月額¥980
  Youtubeで多くの方が使い方や技を紹介しているので使い方に困ることもないでしょう
  ただねぇ 
  COOLPIX P1000から出力される画像データはカメラの値段相応ですし
  筆者の画像利用はせいぜいブログにアップが関の山
  そこに有料のソフトが必要か?っていうと、いらないと思いますよ
  カメラもソフトもいずれは高性能・高機能なモノが必要になるかもしれませんが
  それ以前の段階であれば以下のフリーソフトで十分だと思います

   GIMP(ver 2.10.20)
      無料の画像処理ソフトの定番、Photoshopがなくてもコレで十分です

   Capture NX-D V1.6.3 
    無料RAW編集・現像ソフト 初心者のNikonユーザーならコレから始めよう

 星空の確認は?
   Stella Theater Lite
  



超クローズアップ撮影がしたい
Dscn05051000
COOLPIX P1000のクローズアップモードだけでなく
クローズアップフィルターを使うことでさらなる拡大撮影も可能となります
P1020956
Dscn030610002
体長3mmくらいの小さなアリ

クローズアップ撮影は被写界深度が非常に浅くなるので
このように入り組んだところで
かつ、動き回る生き物相手だとピントが外れることも・・・・
シャッターを押す力で微妙にカメラが動く影響すら受けるので
リモコンでシャッターを切るくらいの配慮が必要です




水の流れを絹糸のように表現したい
Dscn0711_1000
ISO 100, f8, 1sec, 14mm(35mm換算80mm相当), ND64使用
ND(減光)フィルターを使用しシャッタースピードを遅くすることで水の流れが絹糸のように表現できます




水面の反射を抑制したい
Dscn0708_1000
ISO 100, f4.5, 1.6sec, 6mm(35mm換算32mm相当), CPLフィルター・ND64使用
Dscn0657_000011000
CPLフィルターを使用することで水面の反射を抑え、水の透明感を演出できます
ただし、CPLフィルターは光の角度によっては効果が出ない場合があります

筆者使用のCPL,ND8,ND64のお得な3枚セットのレビューとご紹介

 K&F Concept CPL/ND8/ND64フィルター3枚組セットは買い



タイムラプスを撮る
(静止画を一定間隔で連続で撮影し10秒間の動画を作成する)

夕焼けモード(10秒間隔で50分撮影)




鳥や生き物を撮る
Dscn0063-1200
COOLPIX P1000は遠くのものを引き寄せて撮ることができます
特に警戒心の強い生き物相手でもシャッターチャンスは生まれやすいでしょう
しかし、お高いカメラに比べて以下の点に注意が必要です

 AF精度、AF速度が圧倒的に劣る
 暗さに弱いので周辺の光量次第では望遠ではシャッタースピードを上げられないことが多い
 上記の弱点によりピンボケ率が高くなります
 
Dscn0800_1000
ISO 100, f8, 1/125sec, 539mm(35mm換算3000mm相当)

撮影当日はどんよりした曇り
焦点距離539mmに対してシャッタースピードは1/125sec
5段分の強力な手振れ補正はついてますが
生き物相手なのでシャッタースピードが稼げない時の被写体ブレだけはどうしようもありません
せめて手持ちではカメラがブレないように注意します
Dscn08051200
ピントが微妙(左の花にピントがあってて、蝶は若干手前なのでピンボケ)
Dscn0807_1200
こちらも微妙にピンボケか手ブレが起きています

COOLPIX P1000の長所は弱点でもある
 センサーサイズが小さいがゆえに、このボディサイズで長焦点が実現でき
 画角を小さくできるP1000ですが、得られる画角と引き換えに感度が低いのは避けようがありません
 明るくない環境では、適正露出=シャッタスピードは遅めになり手ブレや被写体ブレしやすい
 そのことを理解してうえでCOOLPIX P1000を使い倒しましょう




寄せるカメラであっても、自分があと一歩寄れ
COOLPIX P1000はISO 800までが使える範囲だと思われますが
筆者はほぼISO 100に固定しています
なるべく焦点距離を短くして光を多く取り込んで解像感を維持したいので
寄せられるカメラであっても寄れるときはなるべく自分が寄ります
焦点距離を小さくすれば、f値が下がり、シャッタースピードが稼げるので
手振れや被写体ブレを抑えられるからです
Dscn0809_1200
ISO 100, f5.6, 1/160sec, 252mm(35mm換算1400mm相当)
このサイズだと感じにくいですが
Dscn0809_1200up
拡大すると同じ光の具合で撮った、より長焦点の写真よりノイズが少なく
解像感が向上してます


いかがでしたでしょうか?

 カメラやレンズの価格は
 どのような状況下でも美しい写真が撮れるポテンシャルに対して支払われる対価

趣味の範囲でかつ筆者が写真を利用する(SNS)、見る(FHDモニター)くらいであれば
高価なカメラに高価なレンズでなくても十分楽しめます

むしろ、値段相応のポテンシャルの足らない部分を撮影者が頭や足を使って補って使い倒す
これも面白いですよ
カメラと三脚とフィルターなどを揃えても20万円くらいの投資で
 一芸に秀でた尖がった性能でここまで遊べるカメラ
COOLPIX P1000は実に面白い存在だと思います


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

浄土平で星空はどう見える? COOLPIX P1000だとどう撮れる?

訪れた人に

 星に手が届きそうだ

と言わしめる浄土平から望む星空

人の目にはどう見えるのか?
人の目で見た星空をCOOLPIX P1000で再現できるのか?
天の川はどう見えるのか?
ど素人が万能な大人のおもちゃCOOLPIX P1000で撮影にチャレンジしてみました


天の川を撮る

到着早々夜空を見上げ

 唖然

天の川が眼視で見えるぅ~~
しかも南天から北天まで渡るように空を横切ってます
さらに星がこんなにいっぱい見えるぅ~~

写真云々の前にしばらく呆然と夜空を見上げる

 いや~、こいつはスゲェ~わ

しばしカメラなしで空を見上げてました
で、気を取り直して撮影開始
夏の大三角形のあるところで天の川と天の川がない普通の星野を1フレームに収めました
まあ小さいセンサーで画角も24mm相当なんで、そこらへんで見るプロの星景写真なんかと比べないでくださいね
あの方たちは機材に3ケタ投資、かつ、それが収入につながる投入時間無制限の商売人
こっちは全部コミコミでも20万くらい、普段はサラリーマンで写真以外にかなりの時間を割かざる得ないど素人ですから
Dscn0914_1200-ref
ISO 100, f2.8, 30sec, 4.3mm (35mm換算24mm相当)  RAW
露出+1EV, シャドーを100持ち上げただけで、それ以外の処理はしていません
左斜め下から右斜め上にうっすら光の帯が見えますが、それが天の川です
人の目には、この写真よりはもっとはっきりボワ~~~っと天の川が見えます
Stella-theater-lite-image-2020822-2300
                                             Stella Theater Liteより

8/21に浄土平の駐車場から木星の方角を見て見上げた空はこんな感じで(だいたい夏の大三角形が天頂付近)
南西から北東まで、淡い光の帯がブワ~~~っと横切ってました
壮観 まさに壮観の一言ですね(人も大勢いました)
Dscn0910_1200-ov
夜空の漆黒と天の川の光の帯をややどぎつめに画像処理しました
これでも肉眼より天の川は見えてません(人間の目は意外にスゴイ)
やはりCOOLPIX P1000の小さいセンサーの集光力では明暗の差を表現しきれませんね

しかし、結論
COOLPIX P1000で天の川は写る!




アンドロメダ銀河も写る
Dscn0915_1200ov
外側の淡いところまで併せると、視直径は満月5個分もあるらしいアンドロメダ銀河
COOLPIX P1000ではバルジの明るいところだけしか捉えられませんがしっかり写ってます
(赤道儀を使って望遠で露光時間10分とかやってみると面白いかもしれませんが、それはそのうち)




3惑星も撮る(火星・木星・土星)

今年は夏の観察しやすいこの時期に火星・木星・土星が揃って観察できます
 ※ちなみに火星は10月に接近し、より大きく見えるそうです
この日は風が強めで、さすがに12000mm相当の画角では頑丈な三脚でもブレッブレ
土星は暗くてシャッタースピードを上げられず判別不能なほどブレちゃったので
別の日の画像でごめんなさい(各惑星の見かけの大きさを見てほしかったもので)
 ※たぶん、火星もブレて肥大してます
3wakusei-mix
COOLPIX P1000の何がスゴイって

  天の川撮る →  惑星撮る

に必要なのは
 
  画質をRAW⇔JPEG (電子ズームを使うため)に切り替える
  シャッタースピードを変える
  三脚(カメラ)を対象物に向ける
  目標を捕らえ焦点距離を変える
  マニュアルフォーカスをやり直す
  シャッターを切る
  
これだけ

暗い中、赤いライト点けて荷物をガサガサ、カメラをガサガサやる必要ありません
慣れれば惑星撮影への切り替えでも1分



ど素人がCOOLPIX P1000をしょって行く浄土平星空撮影

 カメラ COOLPIX P1000
   三脚  マンフロット190 (アルミ)
 どこぞの微動雲台(¥5000程度の所有品)
   所要時間 20:30 - 1:00 (家 to 家) で4.5時間
 走行距離 126.4km
   交通費 ¥482(往18.5km/L 復54.9km/L  平均36.7km/L リッター¥140で算出)
   822-mira-nenpi
   愛車の燃費・・・浄土平からの下りだと驚異の55km/L(ピンボケ笑)

   Nikon capture NX-D (RAW編集) 無料ソフト
   GIMP 2.10 (画像処理) 無料ソフト
 Stella Theater Lite (無料星空ガイドソフト)


カメラと三脚だけ愛車の軽に積んでワンコインで手間いらずで天の川から惑星まで撮れる
COOLPIX P1000がいかに手軽に遊べる優れた大人のおもちゃか
わかっていただけたと思います



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (8)

2020年8月21日 (金)

COOLPIX P1000で木星と大赤斑とガリレオ衛星を同時に写せるか?

木星とガリレオ衛星(エウロパ・イオ・カリスト・ガニメデ)を
同時に撮影することは難しくありません
木星は白飛びしますが、露出を上げればガリレオ4衛星は写ります
(衛星の位置によっては木星の裏側に隠れている場合があります)

では、COOLPIX P1000で木星の模様と大赤斑とガリレ4衛星を同時に写すことはできるのか?
Dscn0838-1200-0
オリジナルサイズだと衛星もよく見えるんですが、1200×900にサイズダウンすると見えずらくなりますね

Dscn0838-1200
2020/8/18 20:30頃 ISO 100, f8.0,  1/80sec,  1186mm
 ※大赤斑を目立出せるために画像処理をしてるので衛星がオリジナルよりさらに見えずらくなってます
  木星本体だけ処理すればいいんですが、それだとズルしてるようで気分が悪い

木星の模様 OK
大赤斑  OK (左右中央、真ん中より1つ下の茶色の縞の上に赤い小さな球が見えます)
ガリレオ4衛星  3つOK
 木星のすぐ右斜め下=ガニメデ
 左側木星2.5個分=イオ
 右側木星3個分=エウロパ (これは非常に見えずらい)

大赤斑とガリレオ4衛星の位置関係は、こちらで確認できます
  
  ガリレオ衛星の配列【倒立像】


エウロパが見えずらいのでガリレオ衛星だけをあぶりだすと
Dscn0838-1200-0_20200819202601
どうでしょうか?
三脚とCOOLPIX P1000本体だけでここまで撮れる(微動雲台はあった方がいい)
三脚込みで15万円いかないくらいで、ここまで遊べるカメラ
面白いと思いませんか?

ただし~、木星本体をもっときれいに撮りたいとか~
欲が出てくると機材沼にどハマりするので
貧乏かつ出不精脱却中の筆者は、これ以上追及するのはやめておきます


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

天体望遠鏡なしで土星を撮る

COOLPIX P1000で土星が撮れることは周知の事実ですが
空模様が土星を撮ることを許してくれませんでした
ようやくきれいに土星が撮れたので・・・・

天体望遠鏡なし、COOLPIX P1000で撮れる土星はこんな感じです
(すべてJPEG撮って出しです)

Dscn0828-1200
ISO 100, f8, 1/60sec, 1078mm(35mm換算 6000mm相当=光学3000mm × 2倍電子ズーム)
6000mm相当では土星が小さいので、やはり4倍にしないとダメか・・・
しかも、RAWでは電子ズーム不可でJPEGで撮ってるので後で補正は厳しい
ちょっと暗めなのでシャッタースピードも落とします

Dscn0831-1200
ISO 100, f8, 1/40sec, 2156mm(35mm換算 12000mm相当=光学3000mm × 4倍電子ズーム) 
もうちょっと明るくてもいいですね
ただし、あまりシャッタースピードを落とし過ぎると日周運動でブレるので、もう1段くらいかな

Dscn0835-1200
ISO 100, f8, 1/25sec, 2156mm(35mm換算 12000mm相当=4倍電子ズーム)

 天体望遠鏡なし
 JPEG撮って出し

でカッシーニの間隙がわかるって

 すごくね?


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (4)

2020年8月14日 (金)

COOLPIX P1000で撮れる星空は?

COOLPIX P1000で天の川銀河は撮れるか?

ここ最近、天気が悪いのと
筆者宅から望む星空は光害がひどいので
8/15夜に浄土平で撮影にチャレンジしますが
その前に、どのくらいの星が写せるのか確認しました
ついでにペルセウス座流星群の流星も写らないかな?
と思ったんですが、肉眼で1つ確認するも写真には写らず
Dscn0782_nml-1200
ISO 100, f2.8,  30sec, 4.3mm
COOLPIX P1000のバルブやタイム撮影を除く
最も遅いシャッタースピードの30秒、開放絞りで撮影したのがコレ

Dscn0782_1ev-1200
RAWをエディターで+1EVにしても、これぐらいしか映ってません

Dscn0782_sha100
トーンでシャドウを最大限まで明るくし、わずかな光でも捉えられているものをあぶりだします

Dscn0782_ov3-1200
この滅茶苦茶明るくした画像を画像処理(レイヤーをオーバーレイで3回処理)するとこうなります

Dscn0782_ov1-1200
ちょっとオーバーレイ3回だとアレなので、1回だけだとコレ
雲が余計ですが、なんとなく天の川の星の集まりが見えてきたような・・・
これがホントの星空なのか?
微小な星はノイズが星として見えてるだけなのか?
そもそもCOOLPIX P1000の24mm相当の画角と感度で天の川銀河はどのくらい写せるのか?
全く想像できませんねぇ
まあ小さいセンサーのP1000で淡い星空を撮ろうってのが間違いなんでしょうが
こうなったら赤道儀追尾で10分露光とかで、意地でもP1000で

  写してみせようホトトギス


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2)

2020年8月 3日 (月)

ほぼ満月と木星

満月は正面から光が当たるため
のっぺりとした印象になると言われています
Dscn0764_1200
ISO 100,  f7.1,  1/250sec,  432mm

露出を変えて何枚か撮影しましたが
明るく写すほど立体感を感じなくなるような気がします
Dscn0672_00001-1200
こちらは以前撮影した半月に近い月
被写体の中央の一番目に付くところが横から光が当たって凹凸や明暗がハッキリするため立体感を感じますね


Dscn0754_1200
ISO 100,  f8,  1/160sec,  539mm
その月の脇に木星が輝いていました
明るい月が近くにあるため条件は良くありませんが
COOLPIX P1000の撮って出し(トリミングのみ実施)
カメラの液晶で確認時は明るく光る玉にしか見えず
撮影後に確認しないと模様は確認できませんがちゃんと写ってました

撮って出しはどうしてもノイジー&シャープさが欠けるので
早くスタッキング処理(数十枚以上の写真を合成してシャープな画像を得る手法)の環境を整えて
綺麗な木星を表現したいですね


お盆の頃に、浄土平に星空撮影に行ってきます
その日は月は沈んでおり、天の川銀河が良く見える予定
天の川銀河写るせるかなぁ(タイムラプスも撮りたいし)
そう遅くない時間に木星や土星も写せる絶好のチャンス
どうか天気がよくなりますように



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (8)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »