« 35mm換算 3000→6000→12000mmの画角と見え方 | トップページ | 月の撮影にみる高倍率での撮影はピントとシーイングがキモ »

2020年9月 5日 (土)

金に物言わせるα7SⅢか? いばらの道のCOOLPIX P1000使い倒しか?

カメラやレンズの価格は
より多くのシャッターチャンスに対して支払われる対価

高額なカメラやレンズは
いかなる状況下でもシャッターチャンスにしうる可能性が高く
安いカメラほどシャッターチャンスに制限が多くなり
シャッターチャンスを逃がしやすいカメラということになります



2020/10/9 ソニーから恐ろしいカメラが出ます(予定)

 SONY  α7SⅢ

 1200万画素(動画向けのため800万画素もあれば十分)
 常用感度は脅威の ISO102400 (実用は51200くらいか?)
   ダイナミックレンジは+15ストップ
   4:2:2 10bit 4k 120p

ようは暗いところでも驚くほどよ~映りまっせ
のフルサイズミラーレス一眼カメラ

お値段なんと!ボディだけで¥409000

ですが、いかに優れたカメラであろうとも
ボディだけのカメラはレンズがなければただの高い箱
レンズはどんな被写体を撮りたいのか?で変わってきます
では、筆者は一体何を撮りたいのか?

それはズバリ
カメラと三脚だけでお手軽に夜空に浮かぶ様々なものを撮りたい

 色々機材を揃えて
 お金と手間暇かけて
 真剣に追及してる方が聞いたら
 こういうアホがいるんだな

と思われるんでしょうが
まあ、誰もがお金と労力を惜しまず趣味に没頭できるわけではないので
真面目にニッチな領域を目指してるわけです

とあるプロの星景写真家の方が、このカメラであれば
赤道儀なしで十分星を点で捉えられる露光時間で撮れる
とおっしゃっておったので

広範囲の星空撮影用にF1.8の広角単焦点レンズ
 14mm F1.8 DG HSM

星雲などのために明るい単焦点望遠レンズ
 105mm F1.4 DG HSM
              ※ともにメーカーはシグマ

この2本を一緒に買ったとすると
カメラ本体とレンズ2本で総額¥800000近くに

たかが趣味のブログやSNSにアップするためだけに¥800000
まあ、趣味ってのはそういうもんではありますが・・・・・





一方、惑星ならば三脚とカメラだけで
ちょっとした望遠鏡並みの写真が撮れる我らが

 COOLPIX P1000

Dscn0835-1200
条件が良ければ(風・空気の揺らぎがなければ)
カッシーニの間隙も分解できます

Dscn0910_1200-ov
また、広角端(24mm相当)ならば
固定撮影の30秒露光に画像補正で
天の川を浮かび上がらせることができます
なぁ~んとなくですけど
北アメリカ星雲とペリカン星雲の赤いボワッが
画像中央付近に写ってませんか?

感度がチンチクリンなCOOLPIX P1000ですが
赤道儀で追尾して、た~~~っぷり露光してやれば
長めの焦点距離だって光を十分集められるし
星雲だって撮れるハズ
(レンズ径67mmで焦点距離3000mmの望遠鏡とみなせる)

で、必要なのはコレ

 ケンコー スカイメモS(ポータブル赤道儀)

専用微動雲台、バランスウエイト1kg、Nikonのレリーズもついでに買って

 ¥52670


筆者レベルの出力方式で趣味で自己満のためにですよ
α7SⅢの方がすっげーキレイに写ったとしても

  そのために¥800000出すか?

α7sⅢに比べてメンドクサイし写真は劣ったとしても

  ¥52670で済ませるか?
  (ポイント還元で実質¥47403)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熟考を重ね¥52670に軍配
即日ポチる

やっぱりね、可愛いんすよ
COOLPIX P1000は

 ピーキーな物好き
 マイノリティに居心地の良さを感じる
 リッチは嫌いニッチで勝負
 動画はメンドクセー

の筆者はCOOLPIX P1000を使い倒すことにしましたん


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« 35mm換算 3000→6000→12000mmの画角と見え方 | トップページ | 月の撮影にみる高倍率での撮影はピントとシーイングがキモ »

COOLPIX P1000」カテゴリの記事

コメント

monnaさん
ご来訪ありがとうございます

monnaさん、40万のカメラで驚いてはいけません
各社のフラッグシップ機(プロ向け最高級機)になると
カメラボディだけで80まんえん
レンズもなんやかんやといいのを揃えたら
200まんえんはイクと思います

機材沼、レンズ沼と言われる病気がありますが
次から次へと欲しくなって底なし沼にハマるかの例えで
このような名前が付くほど欲しい欲しい病は恐ろしいのです

まあ、ワタクシは先立つものがないので沼にハマることはありません
ない袖は振れない^^!

投稿: まんたろう | 2020年9月 5日 (土) 23時24分

こんばんは!
高性能カメラ、高いんですね💦
カメラにうとい私は
びっくりするお値段ですね。
昔の人はアナログでも
すばらしい写真を撮っていましたし
撮る人それぞれのスタイルで
楽しんでいる姿が素敵なのだと思います(^^)

投稿: monna | 2020年9月 5日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35mm換算 3000→6000→12000mmの画角と見え方 | トップページ | 月の撮影にみる高倍率での撮影はピントとシーイングがキモ »