« COOLPIX P1000で火星を撮る(今年が最後のチャンスかも) | トップページ | COOLPIX P1000で金星を撮る »

2020年9月12日 (土)

天使の階段

早朝、または夕方に
雲の切れ間から太陽光が光の柱のように
地上に降り注いで見える現象を
天使の階段、または天使の梯子といいます

 薄明光線(Wikipedia)

通勤時にたまに見かけるのですが
休みの日にたまたまこの現象に巡り合うのは
なかなか難しいですね

今日はよさげか?
と撮影に出かけましたが
残念ながらいい感じには撮れませんでした

Dscn1220-hikaku-1200
Dscn1220_1200
ISO100, f8, 1/1000sec, 7.9mm(35mm換算44mm相当)

もう少し太陽が低い位置で
かつ雲の穴も小さかったら
川面まで天使の階段が届いていい感じになったんですが

COOLPIX P1000のような
イメージセンサーが小さく
ダイナミックレンジが狭いカメラでは
シャッターチャンスは限られますが
そこは撮り手がなんとかするしかない

Dscn1239_1200
それにしても、雲は天然の芸術作品ですね


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

|

« COOLPIX P1000で火星を撮る(今年が最後のチャンスかも) | トップページ | COOLPIX P1000で金星を撮る »

COOLPIX P1000」カテゴリの記事

コメント

tomoさん
全くおっしゃる通りで、こればっかりは雲(運)ですね
しかも今のご時世、そんじょそこらでカメラを構えようものなら警察が職質に来る始末 ^^!

電線・電柱・鉄塔などの武骨な人工物が画角に入らず
かつ、人通りが少なくてカメラを構えていても通報されず
おまけに水面に天使の階段が下りてきそうな場所をまず探索からです

成果は段取りで決まると言いますが、運と感とセンスが必要な自然風景の撮影
実に面白いです

投稿: まんたろう | 2020年9月15日 (火) 05時10分

まんたろうさん、こんばんは!

天使の階段とはまた難易度高いですね~(*゚∀゚*)
流石狙い所が違う!

うちの方では、冬の夕方の時間帯見かけることが多いですが
雲行きは一瞬で変るし、太陽も常に動いている
狙っていても?狙っている時は特に??撮れるものじゃないですからね~

楽しんで頑張って下さいね~^^

投稿: tomo | 2020年9月14日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COOLPIX P1000で火星を撮る(今年が最後のチャンスかも) | トップページ | COOLPIX P1000で金星を撮る »