« 買うのはZ6か?Z5か? それとも買う前にレンタルで確認か? | トップページ | ポータブル赤道儀 スカイメモS 極軸適当合わせで月を追尾してみる »

2020年10月 1日 (木)

木星・土星大接近を撮るために

2020年の天体ショーの締めくくりは

 2020/12/22の木星・土星大接近(国立天文台)

木星と土星の接近は約20年に一度の天体ショー
筆者の寿命次第ですが、まあ恐らくはラストチャンスでしょう
20221222-1700-aizu-mokuseidosei
2020/12/22の会津若松市の17:00の星空です

今回の接近は
 薄暮の時間
 南西の高度が低い位置
 月もある
と条件は決してよろしくないんですが観測に行かない手はないですね

では、どこに見に行くかですが
確率的に日本海側は晴天に恵まれる可能性は限りなく低いですよねぇ~
ということで太平洋側に向かいます
Chizu
本当は南西の空が海上になる房総半島南岸に行きたかったのですが
遠すぎると却下
ということで移動距離や立地、宿泊先などを勘案し大洗に決定

さて、具体的に接近と言ってもどのくらい接近するのか?
満月の見かけの直径の1/4(7分角)まで接近するそうなので
Mokusei_dosei
COOLPIX P1000の35mm換算6000mm相当だとこんな風に見えるかも?
(写真は12000mm相当の木星と土星なので距離感はともかく大きさは半分くらいになります)

それにしても3か月先の平日でも、もうホテルの空きがほとんどありませんでした
GO TO トラベルの影響でしょうか?
早めに予約してよかった

あとは当日の天候次第と相成りました


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| |

« 買うのはZ6か?Z5か? それとも買う前にレンタルで確認か? | トップページ | ポータブル赤道儀 スカイメモS 極軸適当合わせで月を追尾してみる »

COOLPIX P1000」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買うのはZ6か?Z5か? それとも買う前にレンタルで確認か? | トップページ | ポータブル赤道儀 スカイメモS 極軸適当合わせで月を追尾してみる »