« 木星・土星大接近を撮るために | トップページ | スカイメモSで火星を追尾してみる(COOLPIX P1000 12000mm相当) »

2020年10月 3日 (土)

ポータブル赤道儀 スカイメモS 極軸適当合わせで月を追尾してみる

やったぜ!! Nikon
Z6の後継モデルについて10/14に発表があります

 その名はZ6Ⅱ(Z7Ⅱ)

フルサイズミラーレスは買う
そう決めているので、どうか

 SDメモリーカードも使えるダブルスロット
 バリアングル液晶
 価格は据え置き

でお願いします
(噂ではダブルスロットは決まりらしいですが)


Kenko Tokina スカイメモSが届きました

 Kenko Tokina SKYMEMO S

微動台座&アリガタプレートⅡのみ届いていないので
耐荷重内ですがバランスはイマイチです
自由雲台+微動雲台の使用で高さが増して剛性がイマイチですし
回転軸が西側になってカメラが下に降りてく段階になると
追尾精度が落ちます
アリガタプレートが届いたらバランス取りをして改善します
P1030116
昼間のうちに極軸望遠鏡の調整は済ませ、初使用で月を追尾

我が家は北極星が見えないので極軸はコンパスで大まかに合わせ
月の動きで微調して追い込むことにしました

被写体が上に上がっていくときは極軸が西に
右に流れていくときは極軸の角度が高すぎるので微調整して追い込みます

スカイメモ用微動雲台はパン・チルトともネジで微妙な調整ができるので
スカイメモS本体を購入時に一式揃えておくと面倒がなくていいです

10倍速で再生するとスカイメモSのピリオディックモーションがわかります
ユラユラはアリガタプレート使用でバランスを取ると軽減されるのかも?
(今は重心がズレてるので回転軸に相当負荷がかかってると思われます)

次は焦点距離35mm換算12000mm相当の超拡大撮影で火星を追尾してみます


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| |

« 木星・土星大接近を撮るために | トップページ | スカイメモSで火星を追尾してみる(COOLPIX P1000 12000mm相当) »

COOLPIX P1000」カテゴリの記事

SKYMEMO S」カテゴリの記事

コメント

たこ拳ぢさま
望遠鏡なしで惑星を撮る
これがやりたかったんですよねぇ~
火星は今年の大接近のあとは遠く(小さく)なる一方
私の寿命から最後のチャンスでしょう
晴れて火星がキレイに拝めるといいのですが

投稿: まんたろう | 2020年10月 3日 (土) 13時44分

な、なんかよくわかんないけど、スゴいことができそうなフォルムですねぇ~!(゜〇゜;)

火星も楽しみ~!( ^∀^)

投稿: たこ拳ぢ | 2020年10月 3日 (土) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星・土星大接近を撮るために | トップページ | スカイメモSで火星を追尾してみる(COOLPIX P1000 12000mm相当) »