« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

2020年は学習と慣れの年でした

コロナ禍の2020年も、あと2時間と30分となりました
今年はカメラ2台、レンズなどを買い揃え
主に星と星空の撮影に傾注してきましたが
まあ、勉強と経験の1年でした

この写真は枝先の凍った雪に太陽光が乱反射して
キラキラ輝いていたところを撮ったつもりだったんですが
Dsc_5608_1200
自分の目で見た感じには撮れず

Dsc_5611_1200
このピントを外してボカした時のキラキラ感が
1枚目の写真の氷の所に出ていたんですが
建物が入るのを嫌って角度を変えたら1枚目のキラキラのない平凡な写真になってしまいました
背景を気にして撮りたいものが撮れないのでは本末転倒
2021年は自分が残したいと感じた場面をしっかり写真に残せるようにしたいですね

ということで、今年の〆の動画です


読者の皆様方には今年1年大変お世話になりました
来年もよろしくお願いします

皆様にとって、2021年が良い年であることを願って
2020年の結びといたします

スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

木星・土星大接近を普通のカメラで撮る

サラリーマンを生業としている筆者は
他のYouTuberさん(いわゆるガチ勢)とは財力や労力のかけ方が異なります
従って速報性とか動画のクォリティーとかは張り合えませんが
本日ようやく動画をアップ
(この話題、もうすでに忘れ去られた存在ですが)

Dscn1752_1200
まあ木星や土星の高度が低くく、日没後わずかな時間しかお目にかかれませんでしたが
はるばる(というほどの距離ではないですが)茨城県大洗町まで行って撮影してきた甲斐がありました

20年一度の接近(次は生きていられるかどうかです)
397年ぶり(ここまでの大接近は800年ぶりという話も)の大接近を
こうして自分で動画に収めることができたのは、実に感慨深いです


今年は、写真を通じていろいろな経験を積むことができました
来年はさらに素晴らしい星空や風景をカメラに収めたいと思います

今年も残りわずか
コロナに負けないように頑張りましょう


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (8)

2020年12月13日 (日)

Z6ⅡとZレンズで撮る会津の夜景の一部

2020年12/14週
会津地方は大雪が予想されています
その量

 50cm

あるいは・・・・
2日間で120cmの雪が積もり
除雪車が来るまで2日間家から出られなかったという
あの2010年のクリスマス寒波並みの予想もあるほど
ラニーニャ現象がピークの今冬は
厳冬で大雪の恐れありと警戒を呼び掛ける声が・・・・

60cmでこれでっせ ↓

  ゆ~き~はふる~ 除雪は来ない ゆ~き~ふる 僕のところに: ど素人減量ライダー始末記 (cocolog-nifty.com)


最近は星を眺めることも叶わずなので
会津若松市近郊の夜景狩りに出かけました
Dsc_4829_00001_1200
Z6Ⅱ+70-200mm f/2.8 VR S 75mm(市内某夜景の名所)

Dsc_4838_1200
Z6Ⅱ+14-30mm f/4 S 14mm(同じ場所から超広角で)

Dsc_4858_1200
Z6Ⅱ+14-30mm f/4 S 30mm(東山温泉の2段滝?)

Dsc_4862_1200
どこぞのイルミネーション

Dsc_4870_1200
恋人が愛を誓う坂(保証なし)

Dsc_4961_00001_1200
喜多方の夜景と天の川銀河の端っこ(画面右側縦)とM31(真ん中より右斜め上辺り)


例によって動画もあげております

ようやく材料が揃ってきたので、次の次辺りの動画から
オープニングも含めてチャンネルの型が定まりそうです

大雪は嫌ですが、雪景色は写真映えするかも?なので
冬将軍さん
そこそこでお願いします


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (2)

2020年12月 6日 (日)

Z6Ⅱと70-200mm f/2.8 VR Sでアンドロメダ銀河を撮ったら

注文していた NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを12/4夕方に受け取り

 2020年12月5日 深夜
 気温 -4℃
 月齢は19くらい
 撮影ターゲットの高度も低め

月が明るく夜空の条件は撮影条件としては良くないんですが
会津の冬は晴天率が低く、晴天時の霧やモヤの発生も多いので
晴れた夜は撮りに行くしかない

で、初撮りのターゲットは身の程知らずにも

  M31(アンドロメダ銀河)

撮影結果は


訛ってますが、味だと思ってご容赦を
やたら関係ない場面でもマウスクルクルしてますが貧乏ゆすりだと思ってください(笑)


4693-ref_800
撮影 : Z6Ⅱ+ 70-200mm f/2.8 VR S
   ISO 3200,f2.8, 3sec,200mm (DXフォーマット 300mm相当)

 ※高感度で露光時間が短いのはポタ赤に負荷がかかってたので追尾精度を疑ってたためです


天体写真は非常に淡い光を操らなければいけないので
撮影知識や技術はもちろんですが、ノイズ処理やレタッチにも精通しなければならず

 ムズイ

おまけに星は動くので、長時間露光は追尾が必須ですし
この日のような月光が支配的な夜空で
このような淡い天体の暗い部分もあぶりだすのは大変です

ただ、以下のリンクで見れるのが同じくらいの性能のレンズで撮ってレタッチしたM31です
 #27922: 9/12未明 M31アンドロメダ銀河 by 湖北直行便 - 天体写真ギャラリー (astroarts.co.jp)


やっぱり、新月前後の浄土平かなぁ~
週末の夜は人がたくさんきて大変なので、平日で


とりあえず、上のリンクの写真くらいまでは目指します
(ただし、これ以上機材は買いませんよ^^! ※20mm 1.8以外は)


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (2)

2020年12月 4日 (金)

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sでアンドロメダ銀河を撮りに行って参ります

愛機 Z6Ⅱの2本目のレンズ
迷った挙句に

 NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

 NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S製品情報

お値段 ¥354530
実売価格 ¥287100

レンズ沼にどっぷり浸からないために
性能面に妥協せず
最高の大三元ズームレンズをポチりました
このレンズ
マジで写りがスゴイらしいですから


70200
苦境が伝えられるNikonへ、これだけ支援しております
マジで頑張ってくれぃNikon


そして、ポチって2日後
本日(12/3)カメラのキタムラから受け取り可能のお知らせが入る
今夜(12/4)から明日(12/5)の朝にかけて晴れ予想
冬型の後だからキリッと晴れそうな予感
受け取り後、いきなり初撮影に行って参ります

元々、星空撮影で
 14-30mm f/4 S
の赤道儀追尾の長時間露光でどんな写りをするのか?
検証しに行く予定だったので
その後でシミュレーションをしていた
M31(アンドロメダ銀河)を200mmで撮る!
も試してきます

秀逸なフリー(無料)星空シミュレーション
ステラリウムで200mmレンズの画角の確認をしてみると
M31
M31はこのぐらいで入りそう

ちなみにM42(オリオン大星雲)付近は
M42-nado

YouTubeを見ても、まあ天体望遠鏡で写す世界で
このために(このためだけではありませんが)
30万円近いレンズを買う人は多分いません

これが

 男のロマンです


スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | | コメント (2)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »