自転車

2015年11月11日 (水)

高級な自転車の空気入れで車のタイヤを膨らます

今年も愛車のタイヤ交換のシーズンがやってきました
今朝は夜勤明け・・・・できればすぐに寝たいのですが
会津盆地は夜晴れてれば朝方から霧が出るし、寒気が入ってきたり、西高東低の気圧配置になると時雨れる
朝から晴れて暖かい日は もうないかもしれないのでやっちゃうしかない
いい年こいたオッサンが夜勤明けに何しとんじゃ?と思いながらやるしかありません
さっさとタイヤ交換のいらないところに引っ越したい

えっ? まだ11月半ばなのに早い?
いえいえ、タイヤ交換は半袖で行うのが通ということで、晴れて暖かい日にTシャツ姿で汗をかきながら行います

しか~し、我が家の庭を見ると、最近の天候が異常なんだと痛感します
2015111101
アジサイは紅葉している、しかるに・・・・
例年なら枯れているキンギョソウが 「わが世の春」 を謳歌しています
しかし、この陽気に浮かれてチョーシこいて油断すると突然大雪が降ったりするからなぁ~・・・・
ということで早めの備えで憂いなしです

タイヤを交換したあとは、空気圧の調整が必須ですが
我が家のバッテリー式コンプレッサーのバッテリーが弱って充電してもタイヤ1本でグロッキー
201511112
以前サバゲーをやってたとき、エアータンクに空気を入れるために上記のコンプレッサーを入手したのは
10kg/cm2以上の圧力でエアーを詰めこまなきゃならんため
201511113
20kg/cm2とかなってますが、だいたい10kg/cm2を超えるとものすごく時間がかかるようになります
201511115
今じゃこんなの持ってる人はおらんでしょ・・・(遥か昔はみんな背負ってた)
1リットル×15kgの小型軽量タンクも持ってます
ちなみに写真のタンクの耐圧は5kg/cm2とか8kg/cm2とかなので、それ以上入れるのはご法度(完全なる自己責任です)

Imgp034302
昔懐かしサバゲ風景 (息子いわく、イヤだったそうです
Imgp042302
愛銃の長物のガスブローバックガン
ウエイトが前後してリコイル(反動)が楽しめ、撃ちつくすとボルトがホールドオープン(撃てなくなる)する優れもの
普通のガスガンを購入し、とあるお店で改造してもらったんですが、今はもうお店もないようです
筆者のは全国規模のサバゲーの大会にも参加できる1J未満の新基準適合モデル
(1J以上のエアーソフトガンは所持も禁止です・・・・持ってる方は警察に提出しなければなりませんよ)
銃本体が4万くらいで、改造費込みで17万くらいしたような・・・・

しかし、サバゲーはいつも電源のある場所でできるとは限らず(数回入れるとバッテリーが消耗し充電が必要)
おまけに自転車でダイエットをしていたので、超高級手動式空気入れを入手しておりました
Bandaisan02
会津磐梯山のバックに愛車2号での一コマ
Rakeline_ryousyusyo
レークラインをチャリで登ってた頃もあったんだな~ (磐梯山を一周、100km走破時)

今回は恐れ多くも、その自転車の空気入れで車のタイヤに空気を入れました
201511114
忠告しておきますが、¥390の高圧タンクなしの空気入れで、このような無謀なチャレンジを行わないように
また、¥980のタンク付きの空気入れでも所詮安物は安物
腕がパンパンになってもいまだ空気が足りずというハメになるのでご注意を
何が違うの?
5kg/cm2くらいまでなら普通に入れられますし、8kg/cm2だって頑張れば入ります
201511116
このようにつないで、えいさっ おりゃさっ とシコります
201511117
だいたい1.9kg/cm2くらいだったのを~
201511118
2.5kg/cm2くらいまで入れます

えっ?高い?
確かにドアなどに張ってある適性空気圧より高いのですが
このメーターが正しいなんて誰が言ったのか?
こういう誤差や個体差があるものを鵜呑みにしてはいけません
男ならタイヤのつぶれ方で判断しましょうタイヤのつぶれ方で・・・・

私の145-70-12で0.6kg/cm2を入れると、1本でシコシコ30回くらいですかね
4本入れたらシコシコ120回・・・・筆者でも腕がパンパンです

ちなみに一般女性はここまで入れる前にグロッキーでした
体重が軽いのでポンピングで押し込むのが大変なようです
腕がプルプルいって、タイヤ一本で筋肉痛決定です
パワーとは筋力+重量なのです
あなたの嫁がいかに鬼嫁でも、ビヤダルのような体型でも、普段あなたをぶっ飛ばしてても
タイヤに空気を入れさせたら体重が重めの、か弱い女性だったと改めて思い知ることでしょう

ということで人力で車のタイヤの空気が入れられるのは軽自動車がせいぜい
決して普通車のタイヤに入れようなんて
筋トレ命の筋肉おバカ以外は考えないように



blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

さよなら スタンプジャンパー94

ど素人が自転車で減量に挑んだのが、このブログ
 素人減量ライダー始末記 の原点 (今や当初の設立の理念はどこへやら)

筆者が保有している減量アイテムの中で、最強の3羽ガラスと呼ばれるのが
 スタンプジャンパー94
 CS400
 ポラールトレーナー(CS400の管理ソフト)

であったのですが、不整脈悪化により不健全在庫品と化していました

先日帰省した長男坊が自転車部に入部されられ
自転車を買わなきゃならないハメになったという話になりました

機能を発揮することなく眠っている不健全在庫品
小さなものならともかく自転車ともなると場所をとる
で、この話に食い付いたのが相方
自分には全く関係のないお邪魔虫チャリをこの際撤去してしまえとばかりに
 自転車いくらすんの?
 16万?
 んじゃ コレつかえ

とまくし立てる
早速タイヤに空気を入れさせられる
久々なのでフレンチバルブの空気の入れ方を忘れ本を漁ってたら
 その本も全部持ってけ (にゃにお~~
で試乗した長男 うわ軽っ これなら使えるとのことで
ツルの一声で長男に譲渡することが決定

かつては
 レークライン制覇
 ゴールドライン制覇

と会津を盆地にしているにっくき  いくつかの頂をめぐりながら
100km近い距離を走破するという
ど素人にしては偉業と言える快挙(?)を成し遂げた
相棒たちが次々とヘタレライダーを見限って出ていくことに・・・
Stump_jumper_side_view
スタンプジャンパー94はフレームのみがオリジナルで
あとはヘタレ減量ライダー向けにカスタマイズされた一品

いわゆるクロスバイクで
ギアはマウンテンバイク用のDeoreを搭載するという
 重量級で
 セオリー無視の
 急な坂が上れない
 入門したてのヘタレライダー

御用達の自転車

消防士というのは
 心臓マッサージを1時間連続で汗まみれになって行わなければならないとか
 登山で怪我をした人を背負って山を降りてきたりだとか
常人なら自分が心停止してしまうような重労働を行わなければなりません

そんな半端無い体力勝負の仕事ゆえか
休みまでもひたすら筋力系・持久系・体育系の趣味に没頭するものらしく
長男坊も
 野球だ
 自転車だ
と休みなんだかトレーニングの一環何だかわからない休日を過ごしているようです

この日は、XPのパソコンも含め
筆者の不健全在庫品と化してはいるが貴重な財産だった
 都合30万円分
が長男の元へ・・・・
スネがなくなっちゃった

ありがとうスタンプジャンパー94
新天地で息子と共に活躍してくれぃ




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

脚に優しいのはどっち?

最近、自転車を始めた知人がいます。

大内宿と美里町を結ぶ峠道
時空の森ヒルクライムの舞台である氷玉峠の麓に関山という地区があり
そこに住んでいる彼は 「関山のクマ」 と呼ばれています。

関山や栃沢、氷玉峠に上る途中のいたるところに「クマに注意」の看板が・・・。
本物のクマに注意の意味と、関山のクマに注意の意味がこもっているとか。

なぜ?・・・
手の届く範囲に食い物を置いておくと食い散らかしていく・・・とか、
笹薮で野グソをしていて本物のクマに間違えられて鉄砲で撃たれた・・・とか
様々なウワサが流れているが真偽の程は定かでは無いようです。

さて、そんな彼の愛車には105のコンポが搭載されています。
 いきなりロードのギアかい?・・・
 ヘタレな脚では峠は上れないぞ・・・
との筆者の警告を無視して、最軽フロントインナー30、リア25というギアで
初めて氷玉峠にチャレンジした彼。

出発して僅か数百メートルの栃沢で心拍数200という突然死警戒領域に突入
しながら無事生還したというツワモノ。
ビギナーにありがちな無茶しやがって・・・。


そんな彼も、今では氷玉峠を普通に上れるようになったらしい。

一方、私は頻脈の発作が怖いので心拍数は160以下に抑えている関係上、
愛車のギアはDEOREでフロント22、リア32という軟弱者のギアを装備。

しか~し以前のフロント28、リア28のギアよりも上れる高度が低下。
しかも、スタミナ・肺には余裕があるのに脚が死んでしまいます。

ここで問題。

山登りで軽いギアでシャカシャカ上るのと、重めのギアでエッチラオッチラ上るのは
どちらが脚に負担がかからないのだろうか?。

一般的には軽いギアと言われていますが本当?
※ギア比などは考慮に入れない極端な例です

A : 重めのギアで高度500m・距離8kmの峠道を時速8kmでケイデンス30rpm、
   1時間かけて1800回漕いで上る

B : 軽いギアで高度500m・距離8kmの峠道を時速4kmでケイデンス60rpm、
      2時間かけて3600回漕いで上る

Aは一漕ぎの脚にかかる負担は大きいが筋肉の収縮回数が少なく運動時間は短い。

Bは一漕ぎの脚にかかる負担は小さいが筋肉の収縮回数と運動時間が
 Aの倍になっている。

どうも私は速筋中心の体質なのでAの方が性に合うらしく
関山のクマもやはりAの方がいいそうです。

そういえば同じような体型、体重、生活習慣、筋肉の質をしていますな~。
お互い馬力はあるが持久力に劣るタイプ。

二人とも100kmを走れるようになったが、アスリートになるのは無理?
二人とも85kg超級なのでしょうがないと言えばそれまでですが。

予断ながら、ヒルクライムなどのレースでハンデ戦がないのはいかがなものか?。
体型までコントロールすることも実力のうちなのは分かっていますが
レース参加者の最重量者に合わせて重りを背負ってレースをしたら
時空の森ヒルクライムで30分くらいでゴールする方は
どういう走りをするのか見たいものです。
そういう方の斤量は恐らく30kg近くになるのでは・・・とふんでいる。

いい自転車を持ち、鍛え上げられた肉体と精神の持ち主が勝つのはレースの王道
ですが、、誰が勝つか分からないビックリ斤量戦の部門があれば
重くて遅い人だって勝ち目が無い訳じゃないので
別の意味で白熱のレースが繰り広げられえるかも?・・・と思う今日この頃でです。

2009/08追記-----------------------------------------------

先日 『関山の熊』 が190kmの長距離走行を達成したそうです。
(内4kmはガケ崩れで自転車を担いで歩いたそうな)

時空の森ヒルクライムに参加し、タイムが50分を切ったそうです。
彼は関山のクマからアスリートになってしまった。 スゴイ! 脱帽


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

ゴールドライン制覇

久しぶりの自転車のクセに、ゴールドラインにチャレンジ。

案の定、脚はいっちゃうわ、熱中症ギミになるわでバテバテ。

そんなことかと裏から行って正解でした。

表はキツイし長いねぇ~・・・下りだけどウンザリしちゃった。

20080702_gold_line_graff


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

雄国沼ヒルクライム偵察

久々の自転車ネタ。

雄国沼は自宅の裏山的感覚(普通の人はそうは思わないらしいが)の
金沢峠を上りきった所にあります。
峠道の最大高度は1162m、距離は15kmほどです。

自宅は高度175mなので、だいたい1000mは上らなければなりません。
いわゆる上り口から峠の頂上までの平均斜度は限りなく10%に近いんです

CS400の斜度表示もほとんど10%以上、ヒドイ坂だと17%なんて時もあります。
(あくまでも目安ですが)

今日は寒いので上るつもりはなかったのですが
それでも偵察がてらに行ける所まで偵察してみる事にしました。

20080510_oguni_tryal01_graff

軽装で飲み物もボトル一本分、補給用食料も無しという状態で
心拍数を150程度に抑えてエッチラオッチラ上ります。

高度950m地点まで上ったところで、残り高度は200mほどなのですが
その先は見上げるほどの斜面に九十九折の道路が見えます

脚に乳酸が溜まってきたので、本日は無理をせずここで断念。

下り始めたら、ランニングで上ってきた人に鉢合わせ・・・・
『こんなところまで走って上ってきたの??マジかよ!』
と思いつつ挨拶を交わしました。

むこうも 『えっ?自転車でこんなところまで』 ていうような驚いた顔をしていました。
走って上る方が絶対にツライですよね~。
帰りも走って下る訳だし、身体にかかる負担は比べ物になりません・・・
(自転車なら膝は痛めないし、下りはピューと下れるもん)

時々山菜採りの車が上ってきますが
自転車や人が居るとは思ってないようで結構飛ばしてきます。
キツイ坂をウォンウォン吹かして上ってくるのでこっちは気づきます。
見通しの良い広いところでやり過ごしましょう。
轢かれて崖下に・・・・なんて事になったら目も当てられませんから・・・・。

下りは特に注意する必要があります。
何せ平均斜度10%の坂ですので、黙っていてもビュンビュンスピードが出ます。
常時ブレーキをかけつつですので、出発前にブレーキはチェックしておきましょうね。

道路状態が良くない所も時々見受けます。ロード用タイヤの方は注意が必要です。

暖かくて天気の良い景色がよく見える日に再チャレンジです。
今度はカメラも持って雄国沼も散策しながら。

でも、これから観光トップシーズンなので車がジャンジャン来ます。
道が狭く事故る危険性が高いので、トップシーズンは避けた方が無難です。

20080510_oguni_tryal01


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

94スタンプジャンパー

本日新しい愛車となる自転車を取りに行って来ました。
スペシャライズドの94スタンプジャンパーです。

Stump_jumper_side_view
ハンドル・サドルを変更したメタボライダーバージョン

昨年10月、ジャイアントのリバイブを探して立ち寄った
自転車館コバヤシ】さんにひっそりと眠っていました。

1994年に発売されたらしいです。
問屋さんなどが、在庫として展示されていたこの自転車を見て
珍しいのがありますね~・・と言っていくそうです。

Sheet_tube

Stump_jumper

今や新車で手に入れるのは難しいのではないでしょうか?
元々はMTBだったようですが、クロスバイクに生まれ変わっていました。

Stump_jumper_orijijnal  オリジナル?MTBのスタンプジャンパー

筆者が予約した時点では、サドルとハンドルはオリジナルのモノが着いていましたが
肘部管症候群・手根管症候群の筆者は手のシビレがヒドイので
ステムは可変ステムに、ハンドルはTITECのHバー
尻痛対策でサドルも変更しました。

Mluti_angle_stem 
可変ステム、TITECのHバーにはこの角度が標準だそう

Titec_h_ber_front_view
最近発売されたTITECのHバー、バーテープは筆者の趣味です

Titec_h_ber_side_view シフター・ブレーキはここについてます

Titec_h_ber_set_angle 
角度のガイド表示もあるようです(セッティングは店長にお任せ)

ど素人減量ライダーはメタボ&ヘナチョコなので、アップライト気味のポジションに
してもらいました。
減量&体力向上が主な目的で、スピードよりも快適性を重視した為です。
胴長短足で身体がものすごく固いせいもあります。

TOPの写真のサドル高を見れば一目瞭然です(泣)

ゲス(お尻)が痛くなる筆者なのでサドルは店長オススメのモノに変更。

Saddle これで痛くなくなるかは???

Sifter 
コンポはDEORE、ヘナチョコライダーなのでDEOREで十二分なのだ

Chain_ring フロントはトリプルで22-34-44T

Cassette_sprockette 
リアは11-32T、ディレーラーにはLXの文字も

ロード用のギアではヘナチョコメタボど素人減量ライダーは急坂を上れない。
DEOREは、まさに私の為にあると言っても過言ではない
リズナーブルな素晴らしいコンポです。

これからサイコンの取り付けに取り掛かかります。
シンプルな愛車が段々ゴテゴテになっていく・・・センス悪~。

この辺が素人の素人たる所以なのね


 blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

LEDライト

夜間自転車に乗ることは安全上好ましくありませんが
休みの昼間だけで十分な時間が取れない以上
夜に自転車に乗ることもやむを得ない事です。

交替勤務のサラリーマンでは
自転車通勤でも結局夜間自転車に乗るハメになります。

そこで、十分明るいライトを装備して自転車に乗るわけですが
この十分明るいというのが問題。

最近、これなら満足できる明るさが手頃な値段で得られるかな?と思い
新しいLEDライトを手に入れました。

マジ軽ライトなどと比較レビューをしてみました。

今までは、サンジェルマン社 GENTOS Super Fire X シリーズのSF-103Xという
高輝度1wLED搭載モデルを使用していました。

このクラスでも並みの自転車用のライトと比較すれば
とんでもない明るさを誇っていたのですが
絶対的な光量という意味では今ひとつ満足できるレベルではありませんでした。

満足できるレベルとは? 人によって異なるとは思いますが
私の場合「時速40km」で走っても「余裕をかまして」いられるくらいの明るさ。
平地で40km/hで巡航できる訳ではありませんが・・・

乗り物の設計速度から言うと、原チャリ程度(法定速度30km)のヘッドライトクラスの
明るさが必要と言う事になるでしょう。

では、LEDライトの比較をしてみます。

※(光量は明るさの差を体感的に表しています)

---------------------------------------------------------

☆並み(低価格)のLEDダイナモライト

光量 スピードを上げるとアクシデントに遭遇する可能性大

この手の粗悪品でも、超高輝度LED使用などと書いてあるので注意。

基本的にLEDがいっぱいついてるヤツも、明るさは期待しない方がいいです。

後述しますが後半登場の本当に明るいLEDライトはLEDは1個しかついてません。

※暗すぎて写真撮影はできませんでした

---------------------------------------------------------

☆マジ軽ロボ

光量 時速20kmで安全に走り続けるのは厳しい

漕ぎが重くならない優秀なライトの触れ込みですが実際は僅かに漕ぎが重くなります。 ハブダイナモと同レベル程度ですが

ママチャリレベルの走りなら、そこそこ明るいしオススメできます。

Ledsmilekids_01 室内で5m先を照射

※20mは暗すぎて写真撮影不可

---------------------------------------------------------

☆高輝度1wLEDライト(標準光タイプ)

光量 時速20km程度なら安全に走れます

GENTOS BEAM SHOOTER HS-010

旧型高輝度 1w LEDでレンズは標準(スポット・ワイドの中間)

Led01_01 室内で5m先を照射

Led01_02_2 20m先の倉庫を照射

---------------------------------------------------------

☆高輝度NEW1wLEDライト(スポット光タイプ)

光量 高速走行では障害物の見落としも・・・

GENTOS SuperFire X SF-103X

新型高輝度 1w LEDでレンズはスポット

Led103x_01 室内で5m先を照射

Led103x_02 20m先の倉庫を照射

---------------------------------------------------------

☆高輝度NEW5wLEDライト(スポット光タイプ)

光量 時速40kmでも安全に走る事ができる

GENTOS SuperFireX SF-503X

新型高輝度 5w LEDでレンズはスポット

Led503x_01 室内で5m先を照射

Led503x_02 20m先の倉庫を照射

これだけ明るいと高速走行でも全く問題ないと思います。

路面の凹凸や障害物も、かなり手前(30~50m)から認識できるので
ボサッとしてなければ事故る危険性は極めて低いハズです。

カメラと人間の目では見え方が異なります。

人間の目は写真より暗い部分もよく見えるので
写真は参考程度ですが強調されている分比較が出来ていると思います。

高輝度LEDライトを知らなければ、今どきのダイナモライトでも明るいと感じますが
20km程度の速度で走行する場合は集中して凝視していないと
ちょっとした障害物を見逃す可能性もあります。

マジ軽ロボは、普通のダイナモライトよりは明るいですが
これをメインライトとして使用するのは心もとないと思います。

上記2タイプのライトは光量不足から必然的に照らされる範囲も狭く
ライトで照らされる部分に意識が集中する為
周囲の安全確認がおろそかになる恐れもあります。

1wの高輝度LEDライトは、実用上十分な明るさがあります。

かなり手前から障害物などを認識できるので
20km程度で走行していても危険性は少ないと思います。

最低限このクラスのライトを持ちたいですね。

5wタイプの高輝度LEDライトであれば、もはや怖いものなしです。

一昔前の原チャリのヘッドライトよりも明るいかも知れません。

下りで40km以上で走行しても安心です。

ただし、1w・5wタイプのLEDライトは自転車用ライトではないので
自転車に装着するには、別途マウントが必要です。

手頃なお値段で購入できるホルダーもあるので一緒に揃えましょう。

LEDライトはピンからキリまでありますが、Super Fireシリーズは手頃な価格ながら
光量的には高額モデルと遜色ないと思います。

手頃な価格には理由があるかも知れませんが、家電量販店やホームセンターでも
容易に入手できるのでオススメです・・・アナタも使ってみてはいかがでしょうか?

LEDライトの価格については、この辺に秘密があるのかも知れません。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "LEDライト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

雪国で盆地のハンデ

【祝】1000km達成

7月に自転車に乗り始めて、ようやく1000kmに到達しました。
ガンガン乗る人に比べれば大したことはありませんが、
 メタボ
 出不精(デブ性?)
 不整脈持ち
 雪国在住

という事を考慮すれば、頑張ったと言えるんではないでしょうか?。

これから雪が降るこの地方では、自転車に乗れるチャンスは多くはありません。
しかも、チャリンコ道を阻害する要因は雪だけではありません!。

例えば、11月25日の天気予報は晴れ、実際の天気は快晴だったのですが
肝心の青空と、お日様が拝めたのは12:30過ぎから・・・

20071125kiri 11月25日 午前9:00頃の会津盆地内

このような霧がお昼まで無くならないのです。

会津盆地で晴れているのに霧のせいでお天道様が拝めない時間は
年当たり平均147時間くらいはあるらしいです。
これを単純に全てサイクリングできなかった時間と考えると
2000kmくらいは走れるはずが・・・ということになってしまいます。

実際、霧が発生するのは晩秋から早春にかけてなので
実損はそれほどではないのですが・・・。

別に霧の中を走りゃ~いいじゃねぇ~か! と思うでしょう?。
実際走ってみると水滴が浮かんでいる中を走る事になるので
思った以上に濡れ、気温も上がらないのでとにかく寒いです。

20071125suiteki あらゆる物が濡れ濡れ、クモの糸に注目

★11月26日の気象条件
天気は福島県全域で晴れ(会津地方のみ霧によりお天道様無し)
お昼の気温、霧の会津地方は1~2℃、晴れている中通り・浜通りは15℃以上
※結局今日は13:00になっても、まともにお天道様は出ず

この2日間は貴重な休み。 2日とも晴れと言う事で
2日間自転車三昧と考えていたのですが、もろくも崩れる企み・・・。

13時頃晴れたって、16時には暗くなる。
3時間・・・と考えると、否が応でも乗る前からモチベーションが下がっちゃう。

太平洋側に住んでいれば、冬でも自転車に乗れるチャンスは多いのに・・・。
 台風や地震などの災害が少ない
 自転車で楽しめる峠や景勝地が多い
 冬はウインタースポーツが楽しめる

という利点はありますが、温暖地に比べて生活コストがかかるし
半年は自転車に思うように乗れないなど、そのハンデは余りにも大きいのです。

冬用の冬季装備代(人・車・家など全て含めて)や
雪かきなどの工数なども金銭に換算すれば
温暖地の方ならば毎年結構な価格の自転車を買えるのではないでしょうか?

折りしも年末ジャンボの発売日・・・温暖地への移住代は宝くじ頼みです。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

リバイブに乗って(登坂実走編)

旧型リバイブの平地での実走は以前行いました。
登坂能力についてのシミュレーションもしました。
あとは実走するのみと言う事で雄国沼の萩平駐車場まで上ってみることにしました。

まずは前半の平均勾配4.2%を恐る恐る上ってみます。
勾配6%になるとペダルが重い重い。おい!こりゃ~筋トレだって

登坂速度は心拍数を押さえ気味なので6km/h程度。
勾配8%になると、ケイデンスは30rpmで速度は5km/hに。

ここでやめとこうか・・・とも思いましたが、ココまできたら上がってみっか・・・
ということで、その先の平均勾配9.5%にもチャレンジ。
前回の頻脈の事もあったので
今回は心拍数は150bpm以下に設定し上ることにします。

勾配10%超では4km/h台と歩行速度並み。
MTBルック車よりもギアが重い分、ケイデンスは30rpm以下となってしまいますが
この速度帯では直進性を保つのに神経を使います。

振ら付いてペースが乱れると後が苦しいし、安全上もよろしくないので
気をつけたいのですが、小口径でロングトレッド車がこの速度ではねぇ~。

ファイナルローでもギアが重いのでケイデンスは30rpm以下になってしまい
ギッシギッシと加速・減速を繰り返しながら走る感じです。
ばあちゃんがちょっとした坂を上がっている時もこんな感じだったなぁ~

このような運動様式は、中負荷の筋トレをやってるようなもので
こういうトレーニングがあってもいいかなぁ~とも思います。
リバイブなので普通の自転車とは使う筋肉が違うようです。

つま先漕ぎだと膝の辺りの筋肉を酷使しますが
それ以外の筋肉はそれほどでもないようです。

漕ぐ力を受け止めるのは背中と背もたれで、手の引きつけは
ある程度できますが急勾配だと前輪が浮く感じでトラクションが激減します。
かかとで漕ぐと、つま先漕ぎよりは使う筋肉が分散されますが、
姿勢が立ち気味なので力が入れにくく、急勾配を上るにはパワー・持久力とも
不足気味です。

そもそも登坂用の自転車ではないのですが
ノーマルなままでも連続して結構な坂を上れます。
所詮、自転車は乗る人の能力次第の乗り物なのですから
力のある人が乗れば上れるのは当然ですが・・・

Revive_03 萩平駐車場から喜多方平野を望む

重めのギアでもガンガン上れる強心臓の人は別にして
メタボ人は、やはりギアは変えたほうがいいですね。

フロントを24Tくらいのギアにすれば5km/h以下でもケイデンスを60rpmくらいで
回せるので比較的楽に上れると思います。MTB用のクランクセットを付けられればいいね

上り続きでも、ケツやチ●チンが痛くなったり痺れたりしないし、平地を高速で走る
のは向かない自転車なので、実はヒルクライム向きの自転車だったりして。

もう少しシートポジションや背もたれの角度などの調整幅が広ければベストですが
現状は身体にピッタリフィットとはいかないので「どうすんべ?」

★下りはペダルを漕がずに重力任せで下りてみる。

最高速度は63km/hで車体の剛性も問題なく、恐怖感は全くなし。
反応がクイックなので、高速走行時のカーブではハンドル操作や体重移動は
気をつけた方がいいです。このスピードで落車したら死んでしまう・・・と思う

ドコに行っても目立つ自転車、こいつで峠をウロウロしていれば目立ち度MAX。
「いかにも」の自転車で、「いかにも」の格好で峠を走っていても
それはそれで当然カッコイイですが、リバイブで峠にいたらきっと・・・。

だから「変わりモン」と言われるのでしょう・・・・


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "リバイブに乗って(登坂実走編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

レークラインと中津川渓谷

裏磐梯周辺には、いくつかの山岳有料道路があってレークラインはそのうちの一つ。
絵になる風景が望めるところは多くはありませんが、距離が遠いながらも磐梯山の
噴火口が望める良景もあります。
しかし何と言っても最大の見所は中津川渓谷ではないでしょうか?。 

Nakatugawa_keikoku04 渓谷には駐車場から遊歩道を通って下りて行ける。

レークラインには裏磐梯側と土湯峠側から行けますが
帰りが楽なほうがイイので土湯峠側から行く事にします。

猪苗代から国道115号線を土湯峠に向かって行くと
先輩の秘密基地のチーズナッツパークが。
モトクロスバイクのエンデューロのレース場で
レース以外のイベントも行われたこともあるようです。

Chees_nuts_park チーズナッツパーク入り口

その先には沼尻スキー場への分岐があり
そこからいよいよ心臓破りの急坂が始まります。

ゼイゼイいいながら上り続けると、有名な農産物直売所群が右手に現われます。

平日にも関わらず大勢の人が訪れていました。ダイコンだのキノコを買いにさ・・・
ここはチャリダーにとっては要注意の場所で
よそ見による追突や・急な飛び出しによる衝突などの事故多発地点として有名です。

Tuchiyu_chokubaijyo この先は事故多発地帯として悪名高い?

Tuchiyu_chokubaijyo_ura 直売所群の裏には渓流が流れている

車の動きに注意しながら少し上ると、いよいよレークラインへの分岐地点。

Rakeline_iriguchi この先はハードでした

以前、車で通った時は、それほどキツイ坂があるような感じはしなかったのですが
それは記憶違い。
筆者を追い越した車が急坂を上って行くのが見えます。
ゲゲッ!きつそう!・・・しかも目的の中津川渓谷までは13km
何とか辿り着ければウチには帰れそうな裏磐梯までは20km。

最大で標高1000mの峠越えが待っている。
1回上るだけならいいけど、上って下ってまた上ってだもんな~・・・

20071030_rakeline_graff 本日の走行データ

土湯峠の入り口から続く急勾配の連続に参りつつ
ふと前を見ると安達太良山の沼の平の噴火口が見えました。

平日なのに他県ナンバーの乗用車や観光バスがひっきりなしに脇を通ります。
道が狭めなのと、紅葉の時期でよそ見ドライバーが居そうで怖いです。
バックミラーから目が離せません。

Numadaira_2 安達太良山の沼の平

やっとの事で急勾配を上りきると今度は下りです。
上ったままの方がいいのに、苦労して得た位置エネルギー放出!。
それを2度繰り返し、3度目の上り坂でようやく中津川渓谷まで500mの看板
一気の上ろうとした途端、急に脈が乱れます。

「やべぇ~こりゃ~頻脈だ」 案の定、負荷をかけなくても心拍は170をオーバー。
息苦しさとめまいをおして何とか歩いて渓谷に辿り着くも、脈の状態が回復せず
渓谷に下りる遊歩道を散策する事が出来ませんでした。
結構キレイなんです・・・この渓谷は。

しばらく休んでも治らなかったのですが、いつまでもこうしている訳にも行かないので
だましだまし走ることにしました。

負荷をコントロールしても脈が追従しないので泣きそうになります。
「ここで倒れたら」と考えると、余計脈が乱れるので考えないようにしたいのですが
心拍数が見えるのでどうしても意識してしまいます。

頻脈で心拍数が早くなると血圧が下がるのか「倒れるんじゃないか」と思うほどの
息苦しさとめまいに襲われるのです。

Nakatugawa_keikoku03 渓谷には下りれなかったので橋の上からパチリ

Nakatugawa_keikoku02 紅葉は今が最高

中津川渓谷を抜けると裏磐梯側の最高点までは
ひたすら急坂を上り続けなければなりません。

脈が安定しないので、歩きながら慎重に心拍数をコントロールしますが
10%の勾配だと4km/hで歩くのもキツイ。
距離は短いので自転車に乗れればサクッと上れるのに・・・。

Onogawako_bandaisan 最高点から見た磐梯山(右上)

やっと本日の最高点に到達。 ここまで何度めげそうな急勾配を上ってきた事か・・・
感慨に浸る

ここからは下りが主体なので、心拍数に気をつけながら下ります。
きついカーブのところでは、少し遅い車だと自転車の方が早いんです。
「オラオラ~」と車を煽りながら気持ちよく下ります。
ちなみに裏磐梯側からレークラインに入ると、中津川渓谷までは7kmほど。
1000m(実質の上りは250m程)の山を一気越えすれば中津川渓谷に行けます。

Rakeline_ryousyusyo 料金は90円也

裏磐梯から猪苗代へはひたすら下る。 下ってみると結構長いなぁ~・・・
前回、磐梯山1周でここを上ったのだが、こんなに長かったのか?と驚きです。

Bandaisan02 本日のがんばりのご褒美っすか?

家まで残り20kmを切ったところで、秋空に映える磐梯山を右手に望む。
こんな日に登ったら、さぞかし気持ちがいいだろうなぁ~・・・
と思いつつシャッターを切る。

もう脚がクタクタで脈の調子もイマイチだったけど
この達成感がたまらないんだよなぁ~。

本日の走行距離 : 95.8km
上った高度 : 1100m
平均速度 : 15.9km/h
走行時間 : 6時間1分3秒
消費カロリー : 4333kcal
尻痛度 : ★★☆☆☆
ヘロヘロ度 : ★★★★☆


 blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "レークラインと中津川渓谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CS400 DMC-FZ18 DMC-FZ70 GC-XA2 JB1ライフ JB1ライフ改造 JB1ライフ整備記録 JB1ライフ静音化 Video Studio X6 おっかない話 アクアリウム アニメ イベント エアガン エコ グルメ・クッキング ゲーム ショッピング スカイリム スカイリム SexLab スカイリムMOD スカイリムMOD バグフィックス スカイリムMOD NPC スカイリムMOD アダルト スカイリムMOD ハードコア スカイリムMOD フォロワー スカイリムMOD モーション スカイリムMOD ユーティリティ スカイリムMOD リアル化 スカイリムMOD リテクスチャ スカイリムMOD 動画 スカイリムMOD 戦闘 スカイリムMOD 敵 スカイリムMOD 施設 スカイリムMOD 装備 スカイリム MOD導入 スカイリム 不具合 スポーツ ズーマー テクノロジー ディオ ドラゴンエイジ:インクイジション ドラゴンズドグマ ドラゴンズドグマ ダークアリズン ドラゴンズドグマオンライン パソコン・インターネット パーツレビュー フォールアウト3 フォールアウト4 フォールアウト4 MOD リバイブ 不平・不満 不整脈 世の中の闇 事件・事故 事件・事故・災害 人間学 住まい・インテリア 写真 動画 園芸 御庭番日誌 心と体 心に残る名言 心電図 政治 旅行 本格翻訳8 Platinum 減量 生命 生物 癒し 神秘 福島県消防学校 第73期 秘密 笑える話 美人 自律神経 自然 自転車 趣味 軍事 野球 音楽 願望 食べ物 黒い砂漠