不整脈

2018年10月20日 (土)

自律神経の暴走が不整脈を招く

2018/10/18 会社で昼食後、突如心臓が暴れ始めた
頻脈になりかけたり、元に戻りかけたりを繰り返す

暴れようとする心筋
正常な状態を守ろうとする身体
せめぎあいが何度も続く

やがて、恒常性維持機能が負け、心筋の暴走は周辺の細胞にも伝播
心房が無秩序に暴れまくる心房細動へ移行した
20181018_sinbousaidou01
スクショでは薬が効いてるので心拍数は110まで下がってはいるが
薬が効くまでは平均でも150はあったと思われる
事務仕事だったので仕事に影響は出なかったが
肩から胸にかけて重く締め付けられ、痛みを感じる
こういう時は心臓に負担がかかっている証拠である
心臓の負荷を軽減するために身体が反応し
  利尿ペプチド 
が分泌され、10分間隔で水のようなオシッコが大量に出る
不整脈がどんなに苦しくとも、身体が心臓に負担がかかってないと判断した時は
オシッコは近くならないから不思議だ

1時間後に薬が効いてくるが心拍数を下げる程度の効果しかなく、心臓の暴走は止まらない
心電図からも暴走しかけて速くなったり
制御しようと遅くなりかけたりしていることがわかる

通常、頻脈などの不整脈に襲われた人は、恐怖心から体が震える=寒く感じることが多い
この日は周囲が長袖を着て仕事をしている中、一人だけ汗をかいて仕事をしていた
自律神経が暴走し、事務仕事中にも関わらず、まるで重労働をしているかのようである
身体が火照って、ポッポポッポと発熱がすごい
これが、いわゆる更年期障害と呼ばれるものなのだろう
帰宅後、室温は15℃程度だったか、半そでにパンツ一丁でも寒くない
身体は完全に興奮(戦闘)状態で、もはや笑うしかない
「お前は何に興奮し、何に備えてるんだ?」
そう身体に呼びかけてみるが、もちろん答えが返ってこようハズもない

こういう日は就寝時も戦闘モードが解けず、眠れない日もあるが
この日は心房細動のまま何とか眠ることができ、深夜に目覚めた時は不整脈は消えていた
眠りに入って交感神経の異常な興奮は収まり
副交感神経が正常に働くようになったのであろう


翌日の10/20の深夜、目覚めると掛布団がズリ落ちているにも関わらず汗ビッショリである
寝室の室温は15℃なのにも関わらずである
そして目覚めた瞬間から、上室性の期外収縮、しかも2段脈が連続で延々続く
2段や3段脈は不快感が強く苦しい
昔と違って不整脈への恐怖心は克服できているので
ここから精神的な影響を受けての頻脈や呼吸困難にはならなくなったが
気持ちのいいものではない

その後眠ってしまったが自律神経の暴走は止まらない
今も身体が火照っていて、心拍数は高め安定、期外収縮も続いている
20181020_fuseimykau_01
不整脈の全てが自律神経で説明できるわけではないが
今回のように関わりが明らかなことも少なくない

昔のように、さらにひどくならなくなったのは精神面によるところが大きい
恐怖心に囚われると、不整脈はさらに酷くなる
心房細動で不快感があっても、少々息苦しくても、眠れるようになれば
(それぐらい冷静に、心の平静を保てれば)
QOLに大きな影響を与えずに、日常生活を送れる
 ※発作性でそれほど長く続かない人の場合です、慢性の方は血栓予防が必要になります

自律神経は制御のしようがないが(ある程度の方向性は誘導できるが)
心は持ちようを変えることができるし、鍛えることもできる

あまりに発作の程度がひどいと
それでもどうにもならず、心が折れるときもあるけどねぇ



スカイリムランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

心臓を握られる感覚の心電図とは?

不整脈系は、不整脈系専門ブログ側に載せてるのですが、今回はメインブログにも掲載
  不整脈とそのトラウマに打ちのめされる日々の記録

さて、不整脈に苦しむ方で、心臓を握られた経験をお持ちの方は決して少なくない
というのが私の考えなのですが
あのなんともいえない気持悪い感覚は心臓がどう動けば達成されるか?
Sinzou_nigirareru_mix
赤=正常な心電図
緑=心臓が握られる感覚の心電図が含まれた心電図

緑の37秒のQRS波の直前付近
緑の39秒のQRS波の直前付近
の基線が0ではなく、やや持ち上がってるのがおわかりでしょうか?

  基線が0というのは
  心臓がニュートラルであるということ=動いていない時間帯

  基線が上に持ち上がるというのは
  心電計に向かって電気が流れてる=心臓が膨らんでる

ということが予想されるのですが
医者は体動によるノイズの一点張りで絶対に認めません

普通でないと患者が訴えるのは
本来心臓が動いていないタイミングで心臓が何かしらの動きをしている
その違和感を訴えてるわけで、それを体動によるノイズで片付けるのは
どうなんですかねぇ~?

不整脈系でお困りの方で、医師に不満がおありの方は決して少なくないと思われる理由は
命に別状さえなければ、個々の自覚症状に対するケアは必要ない
という患者の訴えに真摯に向き合わない医師の姿勢にあると踏んでいます

ただ、自分が医者だったとしても
個々の微妙な症状に対して、いちいち的確に対処できないのが現実なんでしょうねぇ

結局は
いくつかの薬を飲んで、一番自分が楽だと感じるヤツを見つけ
症状があるときには、それを飲んで少しでも楽に過せるようにするしかない
という今の心境に達するまでは、私も随分あがきましたが・・・・

まあ、記事の投稿数が大幅に減っているということは
日常生活に支障が出ていた昔よりは状況がずいぶん改善され
不自由を感じることも少なく、まあ普通に近い生活ができている
ということの証だと思うので、悪あがきもあながちムダではなかったかなぁ~と思います
  不整脈との闘いの記録

どうやったらマシな生活を送れるようになったのか?
1518509757331_02
やっぱり1番の薬は孫ですね

2番目はメインテート
3番目はかごめのグリーンスムージーと明治のR1・LG21を毎日飲んでる
4番目はメンタルケア(恐怖に打ち勝つのは難しいのですが、恐怖に負けないようにすること)

※適切な運動も大切だと思いますが、運動は諸刃の剣なんですよねぇ
(不整脈を呼ぶ場合がある)




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

不整脈戦記2017 新たな敵現る

「不整脈がある
と告白すると健常人のリアクションは
「死んじゃうのぉ~
「死なねぇ~よ


 以降は物語風にするため、名前などは脚色してあります
 また、筆者個人の体験と見識であり
  医学的にどうか?
  読んでいるあなたに対してどうか?
 について筆者の関知するところではありません


不整脈戦記~2016については、不整脈のカテゴリーからご覧になれます
 以前の戦いの記録


今年で不整脈歴15年以上になる筆者
筆者に不整脈攻撃を仕掛けてくるのは病魔大将率いる不整脈軍団である
これまで筆者に襲い掛かってきた敵の種類と型式、主要諸元などを挙げると

心房細動型 Type Atrial Fibrillation
20170328_sinbousaidou
 心房細動自体はただちに命に関わるものではない
 血流の滞留により血栓を発生させる可能性があり、脳梗塞などを引き起こす危険性がある
 非常に不快感が強く、血圧変動が大きくなるため息苦しく、日常生活に支障をきたす場合も
 精神、肉体双方への破壊力は抜群である (当然の事ながら個人差有り)
 なお、自覚症状の度合いは心拍数とリズムの乱れ度合に大きく依存する
  心房細動超速型 Ultra Hi Rate (AFLUHR)
  心房細動高速型 Hi Rate (AFLHR)
  心房細動中速型 Middle Rate (AFLMR)
  心房細動低速型 Slow Rate (AFLSR)

上室性頻拍型 Type Paroxysmal supraventricular tachycardia
20160805_sindenzu01
 ただちに命に関わるものではない
 リズムが安定している分、同じ心拍数の心房細動よりは不快感も息苦しさも少ない
 ただし、慣れないうちは死んじゃうの?という不安からパニックを誘発し
 それによる過呼吸やトラウマなどを起す可能性がある(これは心房細動も同じである)
  上室性頻拍超速型 Ultra Hi Rate (PSVTUHR)
  上室性頻拍高速型 Hi Rate (PSVTHR)
  上室性頻拍中速型 Middle Rate (PSVTMR)

上室性期外収縮型 Type Supraventricular Premature Contraction
Jyousitu_3ren_0126_01_220170313_2dan
20160805_hakeihikaku01Jyousitu_2ren_0126_01
  ただちに命に関わるものではない、また、これ自体は治療の対象でもないが
 患者がQOLに支障をきたしている場合は、QOLの改善を目的に投薬治療などが行われる
 発生する時間や場所、発生数、2段、3段、2連3連などが混ざるなどによって
 心房細動並みに不快感や苦しさを感じる場合もある


これらの敵は、長年筆者に攻め込んできて筆者を苦しめてきた
これらの敵を迎え撃ち、筆者の心と体の安全を守る防衛兵器群が以下である

 交感神経β受容体遮断薬 beta-adrenergic blocking agent; beta blocker
  直接発作を抑える効果はないが、主にレートを抑えてQOLの改善を図るために使用する
   2.5mmメインテート砲×2門

 I群抗不整脈薬
  主に乱れたリズムを整えるために使用する
   Ic群
    50mmサンリズム砲×2門

 腸内フローラ改善法
  腸内フローラは体質や病気に大きく関わっていると言われている
  薬剤のような直接防衛兵器ではなく、即効性はない
  また、作戦開始から1年半経過したが、いまだ実証実験中であり、効果は判然としない
   R-1型、LG21型 併用

 自律神経スイッチ法
  薬の効果を増したり、薬に頼らずに不整脈を抑えるために編み出した我流対処法
  自律神経の乱れによって発生する不整脈を自律神経を整えることで抑制する目的で行う
  不整脈の中には、交感神経依存型、副交感神経依存型も存在するため
  今起こっている不整脈とは逆の自律神経を活性化し不整脈を抑えようという試みである
   入浴型
   食事型
   安静型
   活動型
   睡眠型
   集中型

これらを総動員して発作を軽減したり抑えたりして
なんとかQOLの維持を行ってきたというのが筆者の対不整脈戦線の実態である


今一度初めに戻ると、この 「死なねぇ~よ」 の大前提になっていたのは
敵の兵器(不整脈)は
人体が持つ強力な安全装置である房室結節を通らなければならないタイプのものばかりで
これにより人への殺傷能力が大きく損なわれている状態
だからこそ 「死なねぇ~よ」 と強気でいられたわけです

しかし、敵は筆者を降伏(=死)に追いやることができない病魔大将と旧型兵器群に業を煮やし
人事を刷新し新兵器を投入してきました
この新たな敵は更迭された病魔大将の代わりに不整脈軍の司令官となった不整脈元帥に率いられ
新たな戦術で筆者に戦いを挑んて来たのです
それは房室結節という強力な安全装置(=防衛線)を通らずに攻め込むこと
201700513_sinsitsu2dan
新たな敵、心室性期外収縮軍団の登場です
こっ・・・これは・・・
説明がメンドクサイので、これを見てくだされ

 ハート先生の心電図教室
   心室性期外収縮の危険度

一言で言うと
 やばくなってきた
ということ
  以前はほぼGrade0
  最近は時々Grade1、たまにGrade2
  上の心電図は2連発なのでGrade4a
   (自覚症状から3連発Grade4bもあったはず・・・・)

ちなみにAEDを使わないと死んじゃうのは
  心室細動
この死んじゃう心室細動に移行するかも?が
  心室頻拍
心室頻拍とは?
  3連発以上の心室性期外収縮
で、そこに到達しちゃったか?その半歩手前の2連発が筆者の現状

ちょっと医者に行ってきます


この新兵器は
 これまでの筆者の経験をほぼ無力化し
 これまでの防衛兵器は効きにくくなっているため
どうすれば被害を軽減できるのか?、どうすれば抑えられるかが全くわからず
対応に非常に苦慮しています

データを収集して対策を検討したいところですが
呑気に構えてられる敵ではないかもしれないので
まんたろう軍の総司令官軍師である主治医の元を訪れ、作戦会議を行う予定です

果たして以前のように、より安全な上室性に戻るのか?
いや、もしかしたら体質改善が功を奏し、不整脈を完全に克服できる予兆なのか?
はたまた、このままゆっくり死が近づいてくるのか?

人生とは試練が順番待ちをしていること指し、生きるということは戦い続けることである




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

不整脈と戦う 体内化学工場に物資を補給せよ 

Kerosuke032_2
今やすっかり我が家のアイドルになってしまった 「まねケロ
相方は 「けろこ」 と呼び、ご主人様は 「ケロスケ」 と呼ぶ
なんでメス?と聞くと、○○コくっついてねぇ~べ という主張
んんにゃ~ ○○コだってくっついてねぇ~べや、という18禁の不毛の言い合いはさておいて
筆者のガラケーも相方のスマホの待ち受けも。ケロスケけろこ(漫才コンビか)が占拠
来月末には孫娘が誕生予定で、アイドルの座陥落の危機と思わんでもないのですが
可愛さの質が違うので二人のアイドルユニットとして活躍してくれるでしょう


人間とは何ぞや?
人によって色んな見方がありますが
筆者は体内化学工場で生み出された化学物質の反応によって動く
ナノマシンの集合体であると考えています
  なぜ人はドキドキするのか?
本来、人体は設計どおりに化学物質が製造され、設計どおりに化学反応が起こっていれば
体調不良なんぞ起きるはずがないように設計・製造・維持されています
このように正常な状態を維持する(設計通りに動かす)能力は恒常性維持機能と呼ばれます
しかし、
  免疫系
  循環系
  神経系(脊髄も含む)
  制御系(脳)
  体内の化学物質製造プラント(個別の臓器など)
  外部補給(飲食)
  各種部品(個々の細胞など)
  オートファジィ (たんぱく質などの体内リサイクル)
などのいずれか、または複数の機能に何らかの異常が発生すると
恒常性維持に支障をきたして体調がおかしくなったり病気になったりします

筆者の不整脈は加齢によって起こる 心房細動 や
心房細動の一歩手前の電気信号の異常によって起こっていますが
ほとんど起きない日もあれば、四六時中暴れる日もあります
ヘタをすれば1日の中でも暴れるクンの時もあれば
動いているのもわからないほど静かな時もあります
また、地震などの緊張を伴うときに起こる過剰反応(プチパニック)は自律神経の異常が疑われます
これも何があっても平気な日と、ちょっとの刺激でもダメな日がありますが
それら個々の事案で何がどうなってるのか?を追うことも知ることも、まあ無理でしょう

1個人が自身の身体の状態を認知・制御するということは
戦争を指揮する作戦司令部の機能に似ていると言えるでしょう
統合作戦本部である自分自身は
各戦線(身体の各部)がどうなっているかの大まかな状況は把握できますが
その一瞬の一人一人の兵士の細かな動き(イオン・酵素・ホルモンなどのミクロレベル)の
把握も制御のしようもありません(意思の外で自動で行われているため)
なので、各戦線単位で各ユニットが苦戦するおおまかな理由を推測して増援を送ったり
武器弾薬・食料などの補給(薬の投与・服用、睡眠休養、各種栄養素の補給)
などの間接支援・後方支援に力を注ぐしかありません

恒常性を維持するために膨大な化学物質を必要とする人間ですが
化学物質の中には、体内で合成できるものとできないものがあります
また、合成できるものでも、物資不足が起これば当然合成に支障が出ます
その時その時で何が過剰で何が不足してるかなんて、わかるはずもありません
そこで、身体には悪くないであろう物質(食物)を適量(これが重要)
定期的に長期間摂取し続けて、中長期的にちっとは良くなったのか
それとも変わんなかったのかの自覚で判断するしかないのです

今回、筆者が不整脈と戦うために用意したモノとは?
  カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーMix 330ml
ネバネバ(増粘)剤などの添加物は無添加なのに、野菜や果物の食感が感じられるスグレモノ
 腸内フローラの改善は1年が経過し
   風邪は引かない
   インフル?ナニそれ
   ノロ?知らん知らん
 でR-1やLG21の長期間の連続摂取はムダではなかったと感じています

元々野菜はしっかり摂り、飲食のバランスには気をつけている筆者ですが
今までは野菜が摂れなかった時間帯にも
無添加スムージで前線各所に補給物資を潤沢に送ることによって
 何が起きるのか?
 いい方向の結果が出るのか?
とりあえず1年続けてみようと思います

  店頭実売単価
    コンビニ¥160程度
    スーパー¥152くらい
    アマゾン定期便で箱買い¥141
  とりあえず毎月24本の大人買い

最後に
過ぎたるは及ばない
身体にいいと言われる物でも、いっぱいとればいいってもんじゃない
ってことだけ忘れないようにしないとね



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

頻脈リーチを止める方法

2017/3/13 16:00
突然、心臓が暴れ始める
20170313_rr
夜勤明けの休みに多い
  頻脈リーチ型心房細動
筆者の手持ちの不整脈レパートリーの中でも、、かな~り性質の悪いもので
頻脈以外の脈の乱れ撃ちの中の数パターンが含まれ、それがMIXされる極悪版
心拍数がこれぐらいなのでまだマシでしたが、これで120とか超えるとアウトです

ちなみに普通の人は
Seijyiu
こんな感じでまっすぐ1本の線のようになります

20170313_2dan
上室性2段脈の連荘 (2段脈は結構苦しい)

20170313_3ren
上室性の3連荘
3連荘以上はコワイっす (この日は最大7連荘があって頻脈発動直前でした

20170313_3ren_sinsitsu
上室性2連荘後の~トドメが心室性 (ウッ オッ ウッってなります)

20170313_3danhikaku_2
上室性の3段脈(上段)と洞調律(下段)の比較

この日は夜勤明けで10:30頃就寝、14:30頃起床
でスカイリムに興じていると突然始まったわけですが
このまま同じ状態のままで我慢していても、まあ収まることはありません
場合によっては、さらにひどくなって頻脈(あるいは心拍数の高い心房細動)へ
移行する可能性も少なくありません

そこで、下記のいずれかの手段で悪のスパイラルを止めることにチャレンジしますが
発生の状況などを加味して、どの方法にするか決めています
 1.薬 
   メインテートは22時間前に2.5mg服用していましたが、2.5は追加ぜずに様子見

 2.自律神経のスイッチ
   寝る(通常は、これが万能で最善策)
   空腹なら何か食べる
   風呂に入る
   じっとせずに歩くくらいの運動で、少しだけ心拍数を上げる
   非常に集中を要することを行う
    ※食事・入浴・運動は悪化を招く可能性があります
      当たるも八卦、当たらぬも八卦(無責任ですいませんねぇ~)

20170313_jiritsu
自律神経判定は副交感神経が異常に強く働いてです
起床後1.5時間が経過して発生してるので迷走→交感への切り替えがうまくいっていないのか?
ということで、今回は入浴を選択
浴室はよく暖め、風呂はぬるめ、水位も低くして水圧による刺激を避けます
入浴直後~数分はひどくなりましたが、焦らず慌てず待つ
10分以上経過し、身体があったまってきたら収まりました
  実は冷えは大敵なんです
  冷えを感じてなくても身体の芯が冷えているってことがあります
風呂から上がり、夕食を摂りましたが食事による脈の乱れはありませんでした
その後予防のためメインテート2.5mgを服用
今、21:30
心臓は静かなままです
上手くいってよかったよかった
(失敗したら地獄だったじぇ


追伸パート1
22:23 就寝中にまた始まった・・・・
連荘モードがなく程度は随分マシだが、2段3段のオンパレード
一度トイレに起きて刺激を与えるも変化なし
不整脈持ちは気持がよくわかってくれると思いますが、夜間は特に不安感が増しやすい
しかし、ここから先が肝要
 精神的動揺は百害あって一利もありません
あえて心拍が感じやすい姿勢となって、心拍数を数えたり
あっ 2段・・・・今は3段・・・・など、心臓の状態を冷静に見つめるようにします
以前は、そんなことしたらパニック一直線でした
起きて歩き回って心拍を感じなくするようにしたりして、なるべく心臓の気配を感じないように
しかし、今はなぜ~か?、心電図取ったり、心拍を冷静に感じたりするといい方向に行くんですよ
それも、いきなり収まるんじゃなくて、苦しさや不快感が軽くなってくる
苦しさや不快感がなくなってくると、眠さが勝っていつの間にか寝てしまいます


追伸パート2
3/14 2:32 トイレに目覚める
心臓は大人しいが、トイレに行って帰って来ると出ることがある
案の定出た
22:00のより程度は少しマシ
いわゆる自律神経不調時の典型的な症状
静から動とか、動から静とかの切り替えに過敏に反応する
あ~ うぜぇな と無視して寝る


追伸パート3
3/14 5:12 目覚めて動き出すと始まった
今日はホワイトデーだと言うに(関係ないけど
動いて出で安静にすると収まるようになると、状況は改善してると考えていい
はぁ~ メンドクセー身体だ


以前は、こういうのがしょっちゅうありました
今は各種対策を施すことで、こういうのは滅多にありません
久しぶりですね~ 精神的に動揺するほどのものは
ただ、持続はしなくなりましたね
以前は38時間続くとかありましたが、一昨日のは11時間、昨日は3時間
今日のは20分、5分
皆様、心臓がなんでもないってのは、とても幸せなことです
心臓はお大事にね



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

頻脈がすぐに収まるようになり、苦しくなくなったわけは・・・

2/9 13:00
突然誰かに心臓を握られたような間隔に陥り
握られたまま心臓が動けなくなったような胸部不快感に襲われる
筆者が唯一心電波形を捕らえていない、いやな不整脈です
表現するのが難しいのですが
  通常の心拍はドッ トン・・ドッ トン・・ドッ トン・・ドッ トン
  こういうときはド~~~~~~~~~~~ドン ド~~~~~~~~
胸部の不快感は強く息苦しいのですが、めまいはしないので実際は血は送られているハズ
で、こういうときは頻脈モードに入ることが多い
以前は頻脈になると息苦しくて息も絶え絶えで絶望感に襲われ、死を覚悟するくらいでした
持続時間も短くても数分、ひどいと収まるまで数時間なんてこともありました
しかし、最近は1~2分で収まり、それほど苦しくもないし絶望感も感じなくなったのです
この時は仕事中で心電図はとれなかったのですが似たような心電図で、まあこんな感じ
20161007sindenzu_128bpm
30秒くらいまでの母集団は170以上のところにありますが
40秒あたりから母集団は100くらいに急激に下がり、しかも安定しています

2/9は、こういう頻脈1~2分、数分は何事も無かったように収まるを何度も繰り返し
計2時間の間に数十回の頻脈発作に襲われるという前代未聞の事態に

「わぁ~ こんなの初めてぇ~
ベット上で女性に言われたらうれしい一言ですが
不整脈では使いたくないフレーズですな


ちなみに、似たような頻脈発作で、死ぬぅ~~ってわめいてた頃と
今の心電波形を比較してみましたが、なんら違いは見出せませんでした
20161007sindenzu_128bpm_hikaku
上=死ぬぅ~~  下=あっ! キツイけどこんなもんだよね


で、何をどうしたらパニックにならず、苦しくもなくなったのか?
逃げずに現実を直視し向き合うようにしただけなんです

昔は「あ~!きたぁ~」と叫び、心音聞かない、心電波形見ない、発作に対して身構える
発作に遭遇したような状況にはしない、させない、近寄らない
で、いやなものからは徹底的に逃げてたんですね
心音や心拍の感じやすい左胸を下にして寝るとか、うつ伏せ寝も絶対にしませんでしたから

最近は、発作時に心電図を取る、心拍数を測る、そのままの姿勢で身構えないという風にしただけ
さすがにアルコールは摂る気になりませんが
以前は徹底的に排除していた刺激物やカフェインも気にせず摂取してます
(もちろん摂取量には気を遣ってますが)

おそらくなんですが
冷静に状況を確認することでパニックになってないからなのでは?
という程度のお粗末な結論しか見出せないです
あ~ いつもの発作だ
とわかることで不安感を感じなくて済んでるのかもしれません

もう4ヶ月、複数回の頻脈発作で実績ありなので
不整脈のタネから大風呂敷を広げて大騒ぎしていたのは、やはり気の迷いだった・・・
のかも知れませんね

 不整脈!その苦しみは、もしかしたら自身が作り出した幻かもしれません

自分が感じる苦しみや切なさなどは、自分自身が作り出した幻か
はたまたアリを象だと思い込んでいるだけなのかも知れません

ただし、こここれに至るまでは、自分で判断なさらずに
お医者様に危険ではないのか?の診断をしてもらってください
若くして突然死される方もいらっしゃいますから
  突然死の原因は致死性の不整脈か?



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

不整脈!その苦しみは、もしかしたら自身が作り出した幻かもしれません 

秋の健康診断で相方が不整脈で引っかかったとのこと
上室性期外収縮とST-Tがどうのこうので・・・
昨年も引っかかり、筆者の主治医に診察してもらい問題なしということもあって
別に気にもしていませんでしたが、今年も引っかかっただと~
どれ、まあ期外収縮が1回2回だろうと軽い気持ちで5分間の心電図を取ってみました
20161117_shindens_okkaa
ありゃま~
すごい数出てるやないの~
20161117_shindens_okkaa_02
ボクが苦しくて仕方がない2段脈が連荘で・・・・ぞわわ
こりゃ~けっこう大変な事態が起きているハズなのですが・・・・・

ところがですね~
本人は自覚症状が全くないんだそうです
ドキンとか、血圧が変動するとか、苦しいとか
全くないのだと・・・・マジか

身の回りに不整脈があると言われながら、全く自覚症状がない人が数人いるのですが
こういうのを個人差だとお医者様は言います
20161117_shindens_hikaku_2
心電波形単体の比較 (赤=筆者、緑=相方)

Ottouokkaa_mix
データのサンプル数が違いますが、心電波形データの比較 (左=筆者、右=相方)

少なくとも心電波形を比較する限り
片やバンバン自覚有り、片やドキンも血圧の変化も全くわからない
というほどの違いはないと思うのですが・・・・


もしかしたら、不整脈の苦しみや恐ろしさというのは
不整脈を持っている本人が作り出した
あるいは、少しだけ感じる違和感を大きく増幅させた
幻なのではないか?



あれだけボコボコする違和感や、血圧の変動や息苦しさを感じない人がいることを
個人差で説明するのは無理がある
そう思わざるを得ません

だって、他人に手を握られて気づかない人っていないでしょ?
筆者の心臓は、それぐらいの感覚でボコンとかいうわけですよ
それに気づかないってことは・・・・・
そういえば、ひどい発作時に他のことに深く集中すると
いつのまにか脈の乱れがなくなっているということがたまにありますが
やはり病は気から・・・・なのかなぁ~


最新の研究では
腰痛の大部分は、本当に腰が痛いのではなく、脳が自己防衛のためにそう感じさせて
動けなくするために起きるものらしいということや、ウツも似たようなものだということが
わかってきたようです
本人はストレスとかまったく自覚はないのですが
深層心理のレベルでは精神が犯され、病んでいるのかも・・・・

あの苦しみは自分自身が自己防衛のために作り出した幻影?
自己防衛のために、別の形で自分を苦しめる
なんだか変な話だなぁ~

腰が痛いのも大変だけど、心臓よりはマシのような気がする
なんで心臓に来るかねぇ~

※当然の事ながら、あくまでひとつの可能性の話です
 これに当てはまらない人・ケースはいくらでもあると思います



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

上室性頻脈を誘発するタイプの上室性期外収縮

心臓というのはよくできたもので
そう簡単に止まったり
めちゃくちゃな動きをしないように
安全装置を備えてます

20161007sindenzu_kigai
通常は期外収縮が出ても、このように一度だけ早期に収縮しますが
これが連続で起こるというのはあまりありません

しかし、生命の神秘と申しましょうか
そんな心臓の制御プログラムにも抜け穴があって
極めて低確率ながら、暴走する危険性をはらんでいます
20161007sindenzu_3renpatsu
例えば、こういう風に期外収縮が2連発(またはそれ以上の連発)して起こる時がありますが
こういうのが何百・何千と起こると、極めて低確率ながら
安全装置をかいくぐる絶妙なタイミングで異常な信号が伝達され心臓の暴走を招くときがあります
今日は上記のようなトトトンというのの他に、もう一つ増えるトトトトンや二つ増えるトトトトトン
というのが時々襲ってきていて、ついにその時がきました

トトトトトト・・・・あれっ 止まんねぇ~ トトトトト・・・・・やべぇ~ 来たぁ~
恐怖の頻脈発作開始です
20161007sindenzu_128bpm01
今日は朝からあまり好ましい心臓の動きではないと感じていたので常に心電計を持って待機
おかげで発作が始まってすぐに心電図をとることができました

いつもはここから息苦しくなり地獄への直行便なのですが、今日はなんでか知らんが息苦しくない
しかもすぐに心拍数が下がろうとする気配を感じます
いつもはパニックになって精神的に追い込まれるんですが
今日は落ち着いて心電図とってたからかなぁ~?

20161007sindenzu_128bpm02
急に心拍数が下がってきてるのがわかると思います

20161007sindenzu_128bpm03
で通常時より脈は速いですが、リズムは完全に戻りました
この心電図の取得時間は1分なので、長くても2分以内に発作が収まったことになります
ありがたや あ~ ありがたや ありがたや

息苦しくない頻脈発作ってのは、何百とある頻脈発作のうちの、たぶん一度か二度くらい
20161007sindenzu_128bpm_hikaku
一応心電図を並べて比べてみますが、何でなのかさっぱりわからない
(上息苦しい、下息苦しくない)

む~~~~ 人体の神秘だ
今も頻脈につながる可能性の高い、よろしくない期外収縮が数多く起きていて油断禁物です

ちなみに、このような一見滅茶苦茶な動きをする不整脈が出ていても
この心電図のような不整脈は死ぬ危険性が極めて少ない不整脈と言われるのは
これが上室性の頻脈や心房細動だからです
なぜ上室性だと危険性が少ないのか?
詳細は専門書などを確認いただきたいのですが、房室結節という安全装置があって
それを経由して起こっている不整脈だからです

これが房室結節を通らない信号から引き起こされる心室性の頻脈や、連発する心室性期外収縮
多源性(異常な信号出すところが別に複数存在する)の心室性期外収縮だと
強力な安全装置が働かないので、心室細動に発展しやすくなり
命に係わるかもしれない危険な不整脈と言われるようになるのです


まあ死なない
と言われても、おっかないもんはおっかない
やっぱ贅沢食や枝豆は禁忌なんだな



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

遊んでたブログで闘病日記を始める  これが心身症への罠か?

普通に生活してるように見える筆者が闘病とはしゃらくさい
まあ寝たきりでもないし、仕事はしてるし、傍目には病人には見えないかも知れませんが
    病気とはやりたいことがやれない
ことを言うのであって、なにも
  病院に入り浸りだったり
  床につきっぱなしだったり
  死にそうだったり

する必要はない

やりたいことができないとは?
ゾンビに追いかけられたら走って逃げたいが、走るとゾンビに食われる前に心臓がお陀仏とか
婦女子をガンガン責め立てたいが悦ばせる前に腹上死とか
ジェットコースターが大好きだったのにスリルを味わう前に地獄を味わうとか
ホラー映画やサスペンスものが大好きだったのにエロ・グロ映画はご法度とか
友と語り合いたいのに酒も飲めず
痩せるために登山もできやしない
それどころか最近は日常生活の代表たる食事や睡眠すら邪魔される始末
下手すりゃ~普通に歩くこともできないほどハアハアゼィゼィ・・・・
とまあ健常人から比べれば、十二分に重病人なのであります

規則性はないかと統計をとり、何も解明できないとサジを投げ
絶望のふちでのたうちまわり、奈落の底まで落ちちゃった転落人生ですが
今一度生活を根底から観察し直し、何らかの活路を見出したい

いったいどれくらい重病人なのか?
3日坊主がどこまで続けられるやら・・・・・

こういうことをやるから心が病むんだよ
という説もありますが、僕自身もそう思います
でもね~、心臓が平穏なら好きでこんなことしねぇ~よ


人が見ても何ら得るものがないですし、プライベートがダダ漏れなので
よほどの物好き以外は見ない方がいいとおもいます
(まだ始めたばっかりだし)

  不整脈とトラウマに打ちのめされる日々の記録

じゃぁ~ 載せんなよ
確かに・・・・




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

やはり全ては遺伝子で決まるのか

先日 サイエンスZEROのドラッグ・リポジショニング  をみました
  
要約すると
新たな化学物質の合成は容易ではなくなってきており、新薬を作ることも難しくなってきている
そんな中、心不全の薬が肺がんの転移の抑制に効くことが発見された
そこで既存薬の薬効を調べ直し、既存薬を活用していこうという動きが活発になっている
という話です


筆者が着目したのはこの部分ではなく、放送中に出てきた遺伝子の発現量についてです


どんな病気でもいいのですが、その病気を患っている人と健常者の遺伝子を調べると
遺伝子の発現量に違いが出るというものです
遺伝子と言っても、みなさんがよくご存じのDNAではなく、RNAのことを指します
   遺伝子の発現
   RNA(リボ核酸)   どちらもウィキペディア

DNAとRNAの違いは何なのか? こちらもど素人がど素人なりに要約すると
   DNAは情報の蓄積・保存をしている料理本みたいなもので
   RNAは個々の料理のレシピである
とするとわかりやすいでしょうか?

つまり、先天的にせよ、環境や生活習慣などの後天的な要因にせよ
病気の人と健常者では身体が必要とするタンパク質(=食べたい料理)が異なる
タンパク質を合成するため(料理を作るため)に必要なのがRNA(=レシピ)なのでRNAの出現量も異なる
この違いが病気か病気でないかの違いである
まあ素人はこんな感じで理解しとけばいいんでしょうね (専門家でも研究者でもないしね)


筆者が苦しんでいる不整脈の治療は
  加齢やら肥満やらストレスやら、原因はようわからんし発症のメカニズムもようわからんけど
  電気刺激の異常が起きることは間違いないので、その刺激を調整する薬を飲んどけ
のいわゆる対症療法であって、根治両方ではありません

しかし
  この遺伝子の発現量の違い=病気
と見なすと
  遺伝子の発現量を正常にする=病気の根治
という風に、病気に対する治療というものが根本から変わる可能性があります

  株式会社DNAチップ研究所 遺伝子の発現量を調べる意味


まんたろうさんの遺伝子の発現量はこうなので不整脈が出るのです
この薬を飲めば不整脈とは永久におさらばできますよ
という時代がなるべく早く訪れることに期待しています

もっとも、大金や利権と言った大人のドロドロしたものに大きく影響を及ぼす話なので
ナニナニ業界のドンがそれを許さないかも知れません
  患者が苦しもうが知ったこっちゃない
  根治などさせずに、永遠に対症療法の薬づけにしとけ
  それがワシ等が肥え太るために必要なんじゃぁ~ ってな

技術的問題はいずれ克服されるでしょうが、人の汚い部分はねぇ~
良心だけでは事が運ばないのが人間の世界
こういう部分も遺伝子にプログラミングされてるのかなぁ~




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CS400 DMC-FZ18 DMC-FZ70 GC-XA2 JB1ライフ JB1ライフ改造 JB1ライフ整備記録 JB1ライフ静音化 Video Studio X6 おっかない話 アクアリウム アニメ イベント エアガン エコ グルメ・クッキング ゲーム ショッピング スカイリム スカイリム SexLab スカイリムMOD スカイリムMOD バグフィックス スカイリムMOD NPC スカイリムMOD アダルト スカイリムMOD ハードコア スカイリムMOD フォロワー スカイリムMOD モーション スカイリムMOD ユーティリティ スカイリムMOD リアル化 スカイリムMOD リテクスチャ スカイリムMOD 動画 スカイリムMOD 戦闘 スカイリムMOD 敵 スカイリムMOD 施設 スカイリムMOD 装備 スカイリム MOD導入 スカイリム 不具合 スポーツ ズーマー テクノロジー ディオ ドラゴンエイジ:インクイジション ドラゴンズドグマ ドラゴンズドグマ ダークアリズン ドラゴンズドグマオンライン パソコン・インターネット パーツレビュー フォールアウト3 フォールアウト4 フォールアウト4 MOD リバイブ 不平・不満 不整脈 世の中の闇 事件・事故 事件・事故・災害 人間学 住まい・インテリア 写真 動画 園芸 御庭番日誌 心と体 心に残る名言 心電図 政治 旅行 本格翻訳8 Platinum 減量 生命 生物 癒し 神秘 福島県消防学校 第73期 秘密 笑える話 美人 自律神経 自然 自転車 趣味 軍事 野球 音楽 願望 食べ物 黒い砂漠