CS400

2009年3月10日 (火)

不整脈とサイクリング・・・その参

2/22・・・久しぶりにものすごい不整脈に襲われました。

小生の不整脈レパートリーの中でも、最もなって欲しくない
心拍数の多い心房細動です

20090222sinbou_saidou 心房細動の発作中

測定時間を見ればわかりますが息苦しくじっとしていたのに短時間で
めまぐるしく変動する心拍数。

しかもリズムはバラバラ・・・このとき自覚する不快感をどう表現するか?
胸の中で小さな爆弾が何度も爆発する感じ。

血圧の変動はどう自覚するか?・・・
エレベータが上昇下降して止まるときのあの感じが短時間に繰り返し襲ってきます。

小1時間ほど恐怖と息苦しさと上記のような不快感に襲われたのですが
発作が収まればハイOKではありません。

その後1ヶ月ほど続くのが 『心の病』 トラウマです。

心臓は心の臓器と言われるほどで精神状態に左右されるのはご存知でしょう。

発作の恐怖心が薄れるまで期間、心臓以外が原因の身体の不快感なども
ことごとく心臓と結びつけ自分で自分を追い込んでしまうのです。

寝そべっている状態から普通に立ち上がる・・・などのナンでもない動作や
テレビ・映画などの緊張する場面に遭遇するなど・・・
些細なことでも異様に息苦しくなったり心拍数が急上昇したりと
非常に過敏になります。

筆者が自転車に乗るきっかけは減量目的ですが
実は不整脈のトラウマ克服も目的の一つでした。

1年目は1000kmほど乗り、体重も軽くなり自分でも驚くほど心肺機能が鍛えられ
運動しても息切れをしなくなってトラウマを克服しかけたのですが・・・
秋になって気温が下がってからのサイクリングやジョギングで2~3度頻脈の発作に
襲われてからは恐怖心が復活してしまいました。

20071125_hinmyaku_graff02 ゆっくりポタっていても発作が起きます

20071127_hinmyaku_graff02 こちらはジョギング中発生

サイクリングを始めた頃は心拍数を170くらいまで上げても何でもなかったのですが
トラウマ復活後は最大心拍数の設定を160、150と下げていき
現在は140台で運動するように自制してしまいます。

運動して心臓を鍛えれば不整脈が減るかと思ったのですが
横ばいもしくは若干の微増という結果にゲンナリ、こう度々頻脈が発生すると
運動するのが恐くなるのはやむを得ない事です。

CS400によりサイクリングのデータが取れるため
より遠く、より高く、より早くを目指してどうしても無理をしてしまうのですが
出先で動けなくなっては家族や他人に迷惑をかけてしまいます。

持病をうまくコントロールするために今年から考え方を変え
ゆっくりポタリングを楽しみながら健康増進の一助にしよう・・・かな。

20071030_rakeline_graff 出かけるからには・・・とつい無理をしてしまう

20071023_bandai_tozan_graff このような登山中に頻脈が起きたら・・・

20070920_adatara_tozan_graff 大勢の人に迷惑がかかるのは間違いない

持病の完治もトラウマの克服も容易ではありませんが
うまく付き合う術を見つけようと思います。


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

雄国沼ヒルクライム偵察

久々の自転車ネタ。

雄国沼は自宅の裏山的感覚(普通の人はそうは思わないらしいが)の
金沢峠を上りきった所にあります。
峠道の最大高度は1162m、距離は15kmほどです。

自宅は高度175mなので、だいたい1000mは上らなければなりません。
いわゆる上り口から峠の頂上までの平均斜度は限りなく10%に近いんですdespair

CS400の斜度表示もほとんど10%以上、ヒドイ坂だと17%なんて時もあります。
(あくまでも目安ですが)

今日は寒いので上るつもりはなかったのですが
それでも偵察がてらに行ける所まで偵察してみる事にしました。

20080510_oguni_tryal01_graff

軽装で飲み物もボトル一本分、補給用食料も無しという状態で
心拍数を150程度に抑えてエッチラオッチラ上ります。

高度950m地点まで上ったところで、残り高度は200mほどなのですが
その先は見上げるほどの斜面に九十九折の道路が見えますcoldsweats02

脚に乳酸が溜まってきたので、本日は無理をせずここで断念。

下り始めたら、ランニングで上ってきた人に鉢合わせ・・・・
『こんなところまで走って上ってきたの??マジかよ!』
と思いつつ挨拶を交わしました。

むこうも 『えっ?自転車でこんなところまで』 ていうような驚いた顔をしていました。
走って上る方が絶対にツライですよね~。
帰りも走って下る訳だし、身体にかかる負担は比べ物になりません・・・
(自転車なら膝は痛めないし、下りはピューと下れるもん)

時々山菜採りの車が上ってきますが
自転車や人が居るとは思ってないようで結構飛ばしてきます。
キツイ坂をウォンウォン吹かして上ってくるのでこっちは気づきます。
見通しの良い広いところでやり過ごしましょう。
轢かれて崖下に・・・・なんて事になったら目も当てられませんから・・・・。

下りは特に注意する必要があります。
何せ平均斜度10%の坂ですので、黙っていてもビュンビュンスピードが出ます。
常時ブレーキをかけつつですので、出発前にブレーキはチェックしておきましょうね。

道路状態が良くない所も時々見受けます。ロード用タイヤの方は注意が必要です。

暖かくて天気の良い景色がよく見える日に再チャレンジです。
今度はカメラも持って雄国沼も散策しながら。

でも、これから観光トップシーズンなので車がジャンジャン来ます。
道が狭く事故る危険性が高いので、トップシーズンは避けた方が無難です。

20080510_oguni_tryal01


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

雪かきの消費カロリー

今日は大晦日。

降ってくれましたね~大雪が!。

雪かきの運動強度と減量の効果の程を、CS400で計ってみました。

20071231_yukikaki_graff

一部心拍数が高い部分は、胸を大きく動かしたりした為の誤表示のようです。

平均心拍数は130弱と、減量には最適の有酸素運動ですね。

20071231_yukikaki

雪かき時間      3時間40分
歩いた歩数は     15000歩
消費カロリーは    2000kcal程度でした

雪が降るのは減量には大変有難く、正月らしくなるのはいいとしても
その他はデメリットが多すぎます。
あとはカンベンして欲しいところですが、しばらくは雪が続くとか・・・・。

今日の雪かき量は
温泉宿の大浴槽一杯分くらいは運んだよ~!(スノーダンプで150回分)

ただ捨てるだけではシャクにさわるので、巨大雪だるまを作りました。

20071231syouta_yukidaruma 巨大雪だるまの図

息子の身長は175cmなので180cmの長身雪だるま。
頭の製作は長男坊が担当。
頭を巨大にしたところまでは良かったのですが胴体に乗せるのは3人がかり。
このくらいの遊び心がないとやってられませんね。

もっと大雪の降った地方の皆様は、それどころじゃないですが・・・!。

本日の会津地方の積雪は50cm。
明日はどのくらい積もっているのやら!


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

不整脈は冬に

初めて救急外来に行ったのは、8年前の11月30日でした。
夜8時過ぎに突然息苦しくなり、呼吸困難に陥ったのです。
今考えると、これは頻脈の発作によるものと思われます。

過去6年間に循環器科の病院へ行ったのは下記の通りです。
 12月 2回 (ホルター1回あり)
 1月 3回 (ホルター2回あり) 
 2月 3回 (ホルター2回あり)

この事から、11月中旬以降から2月末くらいまでが
不整脈が増える時期だと思われるのですが、これはどういうことでしょうか?。

下図は矢印の部分に頻脈の発作が現われていますが
キッカケと言えるような明確な要因は見当たりません。

直前の行動は、目の前の信号が切り替わるのでスピードを上げた後
別の信号で停止した事くらいです。

20071125_hinmyaku_graff02 頻脈発生時の走行データ(1)

下図はランニング時に頻脈が発生した時のデータです。

20071127_hinmyaku_graff02 頻脈発生時の運動データ(2)

特別、坂を上ったり、スピードを上げて心拍数を上げた訳でもないのに
突然頻脈が現われています。

7月から自転車を始めたのですが
サイクリング中に頻脈に襲われるようになったのは
10月30日のレークラインに行った時からです。

同じように山に上ったり下りたり、心拍数を上げたり下げたりという刺激を
身体に与えていたのにも関わらず、暖かい時期に頻脈は起きていません。
これにより、運動という要素が単独で頻脈などの不整脈を誘発しているのでは
無いと思われます。
 気温の低下
 気温の変動が大きい
 運動時
 食後

頻脈や期外収縮の発生頻度が多くなるのは
上記の要素のいくつかが重なった時が多いようです。

恐らく気温の低下と気温の変動が大きい事と
運動や食事などの刺激によって交感神経が活発になることで
頻脈や期外収縮が多発するのではないか?と思われます。

コレに当てはまらないケースもありますが
今の時期に調子が思わしくないのは身体への外的刺激(寒さと温度変化)が
キーワードなのかも知れません。


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "不整脈は冬に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

不整脈とサイクリング・・・その弐

不整脈の持病がある人は、キチンとした診断をしてもらってから適切な運動を
するべきなのですが、診察時やホルターを付けている時にタイミング良く
症状が出て適切な診断ができるとは限りません。

また、医者が診断した事が自分の不整脈の全てとも限りません。

かくいう筆者の場合も、脈が乱れるという自覚症状はいくつかの種類があるようで
主治医の先生が把握できたのは1種類だけでした。

筆者の自覚した不整脈は
 one 非持続性の上室性期外収縮
 two 頻脈
 three R-R間隔がメチャクチャで持続する上室性期外収縮
 four いまだ心電図を取れていないヤバそうな不整脈

oneの上室性期外収縮は回数に差はあるものの
計5度のホルターで必ず見つかった不整脈です。

twothreeは、ホルターで見つからないので、自分で心電図測定器を購入して
心電図を取得し、先生に診てもらって診断が確定した不整脈。

結局threeは非持続性の心房細動と診断されました。

fourは前ぶれも無く出現し、短時間で収まってしまう厄介な不整脈で
心電図測定器を起動しているうちに症状が消えてしまうので
いまだに捕まえられていません。

【筆者の期外収縮と心房細動】

Shindenzu_kigaisyusyuku_01

Shindenzu_kigaisyusyuku_02

20060617_ijyou_matome01

心房細動は飲酒や暴飲暴食など日常生活をコントロールすることによって
10秒以上続くような発作はほとんど起こらなくなりました。

ただし、心房細動になりかけ(four?)や頻脈は完治とはいかないようです。 

上室性期外収縮の方は、単発のドキンというタイプは無くなりませんが
2段脈・3段脈といったタイプや、長時間脈の乱れが止まらないようなタイプは
ほとんど出なくなりました。

筆者の場合、病的な不整脈と言うよりは、生活習慣誘発型の不整脈と
呼べるのかも知れません。

何せ、アルコール摂取の影響が顕著に現われるし、尿酸値が高く
通風の発作が出ているときほど不整脈も酷かったような感じがします。

頻繁に自転車に乗るなど、運動を習慣化する事によって減ってきたのでは?
と考えています。

【サイクリングは大丈夫?】

不整脈の自覚は安静時の方が圧倒的に多いので
運動が制限されることはありませんが
心拍数を上げるのは怖かったので心拍計を購入し
徒歩やサイクリングや軽いジョギングでデータ取りから始めました。

筆者の最大心拍数は180bpmなので90%負荷では162bpm。
40歳を過ぎたら最大心拍数の90%以下に抑えたほうがいいとの事なので
心拍数は慎重に管理します。

気をつけなければいけないのは
不整脈が出るからといって運動に対してネガティブになってしまうこと。

筆者も陥ったのですが、脈が乱れるのは非常に怖いことなので無意識のウチに
なるべく心臓に負担をかけないようにしてしまいます。
こうなると運動不足になり結果的に不整脈を悪化させてしまうこともあります。

四六時中不整脈が出ないということは、ハッキリした原因やきっかけがあって
不整脈が出ていると考えることも出来ます。

根気強くデータを取り続けると、原因を突き止めることが出来るかも知れません。

【カギはイオンバランス?】

長距離ライディングをすることによって分かってきたのですが
数時間の間ろくなカロリー補給をせずに運動を続けた後(スポーツドリンクのみ)
いきなり食物(特に甘いもの)を摂取して突然血糖値を上げると
脈が乱れたり、頻脈が起こり、その後しばらくは収まらないことが多い。

筋肉間の電気信号は
 ナトリウム
 カリウム
 カルシウム

のイオンチャンネルで行われているそうです。
コーラ1本飲むと、牛乳7本近くのカルシウムが必要になるらしいです。
リンを摂取すると、その半分のカルシウムが必要だとか・・・。

不整脈の治療薬にはカルシウム拮抗薬というのもあるくらいです。
急激に糖分を取ると一時的にカルシウム不足になるのでしょうか?
そういえば、食後にメシ+野菜ジュースというパターンの時も不整脈が
ヒドイ時期があったような気がします。

その野菜ジュースにはカリウムが沢山含まれていました。

不整脈は加齢による適応力低下で
イオンバランスの急激な変化に身体が適応できずに起こる部分もあるのかも?。
根気強くデータ取りを行い、不整脈の出現パターンをつかもうと考えています。

長い付き合いをしなければならない持病が、苦痛にならないようにするには
持病をコントロールすることが一番ですから。

【年齢と能力を状況を考えて】

20071005_20km_graff 萩平駐車場手前で挫折の図

この日は夜勤明けで体調的にはやるべきではないのですが
坂を上って心拍数を160前後にコントロールするトレーニングをやってしまいました。

平均勾配が9.4%の坂を上っている時に心拍数が160オーバーとなり
最も勾配がきついところで165程度になった時「ドキン」と期外収縮が始まりました。
すぐに登坂を中断「死なないようにお祈り」をしながら心拍数が下がるのを待ちます。

あんな所で突然死では死んでも死に切れないです。

医者は「死なない不整脈です」と言ってはいますが
中年のオジサンが高負荷の運動を長時間続けるのは
「棺桶に片足を突っ込むようなもの」
とも言っているので気をつけるに越した事は無いですね。

実際かかりつけの先生が、死なない不整脈持ちなのに死んでしまった唯一の患者は
クロカンスキーは止めろとの忠告を聞かなかった人だそうです。

クロカンスキー?・・・アネロビック+エアロビック運動を長時間続けるあれか・・・
そういう点ではヒルクライムと大差ない運動様式のような気がします。
やはり、運動強度は心拍数でしっかり管理する事を肝に命じます!。

面白いのは、下りでケイデンスを上げている時も心拍数は160を超えている
のですが、下りでは期外収縮が起きたことはありません。

同じ160bpmでも上りと下りでは、一回の拍動の質が大きく異なるのでしょうか?。
血圧をリアルタイムにモニターでもすれば、そういうのも分かるかも知れません。

自転車関連のブログを見ていると、世の中にはスゴイ人がいっぱいいます。
負けずにやってみようかなと思う時もありますが、
自分の能力や体調に応じて自制することが不整脈持ちのメタボ中年ライダーには
最も大切な事なのだと痛感した今日でした。

前回の頻脈の事もあったので
今回は心拍数は150bpm以下に設定し上ることにします。

勾配10%超では4km/h台と歩行速度並み。
MTBルック車よりもギアが重い分、ケイデンスは30rpm以下となってしまいますが
この速度帯では直進性を保つのに神経を使います。

振ら付いてペースが乱れると後が苦しいし、安全上もよろしくないので
気をつけたいのですが、小口径でロングトレッド車がこの速度ではねぇ~。

ファイナルローでもギアが重いのでケイデンスは30rpm以下になってしまい
ギッシギッシと加速・減速を繰り返しながら走る感じです。
ばあちゃんがちょっとした坂を上がっている時もこんな感じだったなぁ~

このような運動様式は、中負荷の筋トレをやってるようなもので
こういうトレーニングがあってもいいかなぁ~とも思います。

リバイブなので普通の自転車とは使う筋肉が違うようです。

つま先漕ぎだと、膝の辺りの筋肉を酷使しますが
それ以外の筋肉はそれほどでもないようです。

漕ぐ力を受け止めるのは背中と背もたれで、手の引きつけは
ある程度できますが急勾配だと前輪が浮く感じでトラクションが激減します。

かかとで漕ぐと、つま先漕ぎよりは使う筋肉が分散されますが、姿勢が立ち気味なので力が入れにくく、急勾配を上るにはパワー・持久力とも不足気味です。

そもそも登坂用の自転車ではないのですが
ノーマルなままでも連続して結構な坂を上れます。
所詮、自転車は乗る人の能力次第の乗り物なのですから
                                                     力のある人が乗れば上れるのは当然ですが・・・

Revive_03 萩平駐車場から喜多方平野を望む

重めのギアでもガンガン上れる強心臓の人は別にして、メタボ人は
やはりギアは変えたほうがいいですね。

フロントを24Tくらいのギアにすれば
5km/h以下でもケイデンスを60rpmくらいで回せるので
比較的楽に上れると思います。MTB用のクランクセットを付けられればいいね

上り続きでも、ケツやチ●チンが痛くなったり痺れたりしないし、
平地を高速で走るのは向かない自転車なので
実はヒルクライム向きの自転車だったりして。

もう少しシートポジションや背もたれの角度などの調整幅が広ければベストですが
現状は身体にピッタリフィットとはいかないので「どうすんべ?」

★下りはペダルを漕がずに重力任せで下りてみる。

最高速度は63km/hで車体の剛性も問題なく、恐怖感は全くなし。
反応がクイックなので高速走行時のカーブではハンドル操作や体重移動は
気をつけた方がいいです。
このスピードで落車したら死んでしまう・・・と思う

ドコに行っても目立つ自転車ですが
こいつで峠をウロウロしていれば目立ち度MAX。

「いかにも」の自転車で、「いかにも」の格好で峠を走っていても
それはそれで当然カッコイイですが、リバイブで峠にいたらきっと・・・。

だから「変わりモン」と言われるのでしょう・・・・


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "不整脈とサイクリング・・・その弐"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

レークラインと中津川渓谷

裏磐梯周辺には、いくつかの山岳有料道路があってレークラインはそのうちの一つ。
絵になる風景が望めるところは多くはありませんが、距離が遠いながらも磐梯山の
噴火口が望める良景もあります。
しかし何と言っても最大の見所は中津川渓谷ではないでしょうか?。 

Nakatugawa_keikoku04 渓谷には駐車場から遊歩道を通って下りて行ける。

レークラインには裏磐梯側と土湯峠側から行けますが
帰りが楽なほうがイイので土湯峠側から行く事にします。

猪苗代から国道115号線を土湯峠に向かって行くと
先輩の秘密基地のチーズナッツパークが。
モトクロスバイクのエンデューロのレース場で
レース以外のイベントも行われたこともあるようです。

Chees_nuts_park チーズナッツパーク入り口

その先には沼尻スキー場への分岐があり
そこからいよいよ心臓破りの急坂が始まります。

ゼイゼイいいながら上り続けると、有名な農産物直売所群が右手に現われます。

平日にも関わらず大勢の人が訪れていました。ダイコンだのキノコを買いにさ・・・
ここはチャリダーにとっては要注意の場所で
よそ見による追突や・急な飛び出しによる衝突などの事故多発地点として有名です。

Tuchiyu_chokubaijyo この先は事故多発地帯として悪名高い?

Tuchiyu_chokubaijyo_ura 直売所群の裏には渓流が流れている

車の動きに注意しながら少し上ると、いよいよレークラインへの分岐地点。

Rakeline_iriguchi この先はハードでした

以前、車で通った時は、それほどキツイ坂があるような感じはしなかったのですが
それは記憶違い。
筆者を追い越した車が急坂を上って行くのが見えます。
ゲゲッ!きつそう!・・・しかも目的の中津川渓谷までは13km
何とか辿り着ければウチには帰れそうな裏磐梯までは20km。

最大で標高1000mの峠越えが待っている。
1回上るだけならいいけど、上って下ってまた上ってだもんな~・・・

20071030_rakeline_graff 本日の走行データ

土湯峠の入り口から続く急勾配の連続に参りつつ
ふと前を見ると安達太良山の沼の平の噴火口が見えました。

平日なのに他県ナンバーの乗用車や観光バスがひっきりなしに脇を通ります。
道が狭めなのと、紅葉の時期でよそ見ドライバーが居そうで怖いです。
バックミラーから目が離せません。

Numadaira_2 安達太良山の沼の平

やっとの事で急勾配を上りきると今度は下りです。
上ったままの方がいいのに、苦労して得た位置エネルギー放出!。
それを2度繰り返し、3度目の上り坂でようやく中津川渓谷まで500mの看板
一気の上ろうとした途端、急に脈が乱れます。

「やべぇ~こりゃ~頻脈だ」 案の定、負荷をかけなくても心拍は170をオーバー。
息苦しさとめまいをおして何とか歩いて渓谷に辿り着くも、脈の状態が回復せず
渓谷に下りる遊歩道を散策する事が出来ませんでした。
結構キレイなんです・・・この渓谷は。

しばらく休んでも治らなかったのですが、いつまでもこうしている訳にも行かないので
だましだまし走ることにしました。

負荷をコントロールしても脈が追従しないので泣きそうになります。
「ここで倒れたら」と考えると、余計脈が乱れるので考えないようにしたいのですが
心拍数が見えるのでどうしても意識してしまいます。

頻脈で心拍数が早くなると血圧が下がるのか「倒れるんじゃないか」と思うほどの
息苦しさとめまいに襲われるのです。

Nakatugawa_keikoku03 渓谷には下りれなかったので橋の上からパチリ

Nakatugawa_keikoku02 紅葉は今が最高

中津川渓谷を抜けると裏磐梯側の最高点までは
ひたすら急坂を上り続けなければなりません。

脈が安定しないので、歩きながら慎重に心拍数をコントロールしますが
10%の勾配だと4km/hで歩くのもキツイ。
距離は短いので自転車に乗れればサクッと上れるのに・・・。

Onogawako_bandaisan 最高点から見た磐梯山(右上)

やっと本日の最高点に到達。 ここまで何度めげそうな急勾配を上ってきた事か・・・
感慨に浸る

ここからは下りが主体なので、心拍数に気をつけながら下ります。
きついカーブのところでは、少し遅い車だと自転車の方が早いんです。
「オラオラ~」と車を煽りながら気持ちよく下ります。
ちなみに裏磐梯側からレークラインに入ると、中津川渓谷までは7kmほど。
1000m(実質の上りは250m程)の山を一気越えすれば中津川渓谷に行けます。

Rakeline_ryousyusyo 料金は90円也

裏磐梯から猪苗代へはひたすら下る。 下ってみると結構長いなぁ~・・・
前回、磐梯山1周でここを上ったのだが、こんなに長かったのか?と驚きです。

Bandaisan02 本日のがんばりのご褒美っすか?

家まで残り20kmを切ったところで、秋空に映える磐梯山を右手に望む。
こんな日に登ったら、さぞかし気持ちがいいだろうなぁ~・・・
と思いつつシャッターを切る。

もう脚がクタクタで脈の調子もイマイチだったけど
この達成感がたまらないんだよなぁ~。

本日の走行距離 : 95.8km
上った高度 : 1100m
平均速度 : 15.9km/h
走行時間 : 6時間1分3秒
消費カロリー : 4333kcal
尻痛度 : ★★☆☆☆
ヘロヘロ度 : ★★★★☆


 blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "レークラインと中津川渓谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

磐梯山登山

10/23 今年最後の登山は磐梯山に登ることにしました。

前回はゴールドラインの八方台から登ったので、今回はリゾートスキー場の
ゲレンデ脇を登る翁島ルートを選択。
このコースは二十歳頃にかみさんが2回ほど登っており
「ちょっとキツイけど見晴しのイイ好きなコース」との事で登る事にしました。
確かに八方台ルートは大半が林の中で
見晴らしが良くなるのはかなり上に登ってから。
見晴らしの程度が気にはなりましたが今回はこのコースを登る事に・・・。

高所恐怖症の筆者が気になったのは見晴しの程度です。
「高所恐怖症でも大丈夫なんだべな?」と念を押して確認しましたが
「そんなにスゴイところはなかったよ」との。
20年前のあいまいな記憶を信用してしまったワタシが悪い。
後にこれがとんでもないことになるとも知らずに。

前日は穏やかで素晴らしい秋晴れでしたが、夜半に寒気が通過したことにより雨が
しかもその後は冬型の気圧配置になったようで朝から風が強い最悪のコンディション。(翌日も穏やかな素晴らしい秋晴れ・・・なんてツイてない)

次第に天候は回復するという予報を信じて、とりあえず行ってみる事に。

20071023 天気は良さそうに見えますが、実は・・・

リゾートスキー場のレストハウスの少し上の方に駐車スペースが有り
翁島ルートはそこから登ることができます。

ルートの入り口には登山者カードの記入所があるので、
万が一に備えてキチンと記入して登ります。
(間違っても迷うようなコースではありませんが・・・)

20071023_2 さっきまで青空だったのに・・雲の動きが早い山腹

スキー場のゲレンデ脇をドンドン登ると中腹までは林の中
景色を楽しむことは出来ません。
景色を楽しみながら登りたいのであればゲレンデを登りましょう。
ゲレンデの最も上まで登ったら右に行けば登山道に合流できます。

リゾートスキー場のゴンドラは、この時期観光客向けに運転していてスキー場の
テッペンまで一気に上ることも出来ますが、そこからさらに上に行かないと見晴しは
良くなりません。
このコースは最も短距離で頂上を目指すコースなので
この辺りでも全体的に傾斜はキツイですぅ~。
ワタシの心拍数は160台で張り付きです。

2007102302 ここがスキー場の頂点

ゴンドラとの合流点から100mくらい上ると「初心者よけ?」
と思われる関所が現われます。

高さは3mくらいでしょうか?、大岩があって、そこにロープが何本か垂れていて
それを頼りに垂直に登ることになります。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、マジ?と一瞬怯むほどです。
(あっ!ボクだけ?)
ハイキング気分の方お断りで、わざとこういう風にしてあるのかも?。

20071023_bandai_tozan_graff 本日の登山データ

そこを過ぎて、しばらく続く身長より高い笹薮を掻き分けて登ると、
だんだん見晴らしが良くなり眼下にスキー場や猪苗代湖が一望できるようになりますが、ここから望む下界は楽しめる余裕があってグッド!。

2007102303 第二の難関!大岩の固まり越え

下からは、この大岩の固まりが頂上に見えるのですが、さらに登っていくと
まだまだ先は長いと言う事に気づきます。
下りてから改めて確認すると、この大岩の辺りは7合目くらいでしょうか?

2007102304 大岩の手前で眼下をパチリ

この辺から望む眼下の景色はまだ可愛いもの。
ですがリゾートスキー場のゲレンデがあんなに下に・・・
紅葉は来週辺りが盛りでしょうか?

20071023 本日登ったところ

大岩の辺りはハシゴを登る感じとでも申しましょうか?
手足を使って這って登るようなところもあります。

大岩の先は、ものスゴイ強風で飛ばされそうで、もはや登山を続行できるような
状態ではありませ~ん!(当然写真を撮っているどころではありません)
ちなみに最も勾配がキツイところから眼下を望んだ感想は
「お城の城壁の上から真下を見下ろしたような感じ?」・・・
えぐれて見えるなんて・・・
足がすくんで動けません・・・ん~写真じゃ~表現できない

20071023_3 大げさで無く、手で身体を支えると足が浮く

この急勾配を見よ! この頂より上が見えないが、頂上はこの小山の先の先。
この辺りの絶景は、もはや高所恐怖症には直視できないほど厳しいcrying
今回は悪天候の為、9合目で登頂を断念しましたが来年は必ず登ってみせる。
その前に高所恐怖症の克服が課題です。


 blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "磐梯山登山"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

雄国沼ヒルクライムに向けて

浄土平に行った近所のスーパー主婦曰く
距離は短いが最もきつかったのは「雄国沼」だったそうです。
その話を聞いたメタボライダーも密かに雄国沼にも行ってやろうと考えたのですが
いきなり雄国沼は無理なので、入り口の萩平駐車場まで試し乗りをしたのが
今年の8月23日のことです。

この時は、サイクリングを始めて2ヶ月弱だったので体力がまだまだ足りず
平均勾配9.4%の坂の前に敢え無く撃沈し
自転車を降りて上るという屈辱を味わいました。
体力不足を痛感しただけで、それほど大げさなもんでも無いですが・・・

あれから2ヶ月近くが経過し、1日に100km・高低差800m弱を走れるようにshine
少しずつではありますが、同じ道をより速く、より低い心拍数で走れるようにも
なってきたので、再び萩平駐車場への激坂登坂にチャレンジ(いやリベンジか)。

20071017_hagidaira_19km_graff 萩平駐車場登坂データ

20071017hagidaira 萩平駐車場から望む喜多方

不整脈が出ると一気にモチベーションが下がるので
心拍数は160未満をキープするように注意して上ります。

前半の駒形から村中までのウォーミングアップ用の坂をいつものペースで上りますが
心拍数は前回より10くらい低い状態が維持できます。
「むむむ! 4ヶ月のトレーニングの成果か?」・・・これはイケそうな予感。
その道路の頂上に何とかソバ屋の看板があり、そこを右折して萩平駐車場まで
 いよいよ平均勾配9.4%
 最大勾配14%(CS400の表示上)

の坂の連続登坂に挑みます。

MTBルック車のファイナルローは
ケイデンス60rpmで回して
7.2km/hで走れる計算になるので、これを基準に上ります。
勾配8%までは7.2km/hで上れますが
10%になると5km/h台
12%以上では4km/h台
にまで落とさないと心拍数を160未満に保てませんwobbly

この14%は前回自転車を押して
4km/h歩いても心拍数が150以上まで上がった難所です。

歩行と同じ程度のスピードですが
自転車を降りずに心拍数を155程度に維持して上れる・・・イエイ

さらにオーバーペースで心拍数が160をオーバーしそうになっても
速度を調整することによって心拍数も調整出来るようになりました。

8月時点では心拍数が160を越えっぱなしだったので
「上がっちゃったかな?」心肺能力。
ただしケイデンスは40rpmくらいまで低下。
もはや「エッチラオッチラ」状態で、ギシィ~ギシィ~てな感じでペダルを漕いでます
ダンシングで行ければまだマシなのだが・・・

まあ、それでも自分自身の進歩に嬉し涙オイ~オイ~・・エグッッエグッ

本日上ったのは上り始めから萩平駐車場までの6kmの道のり。
平均勾配9.4%の区間はわずか(?)2kmです。
駐車場から金沢峠までは残り8kmで高度差700mを上らなければなりません。
計算すると平均勾配は8.8%もあります。
平均5km/hで上ったとして
あと1時間30分くらいは許容最大能力を発揮し続けなければなりませんねぇ~。
心肺は大丈夫にしても脚が持つか心配です。
冬期間能力が低下しないようにランニングや水泳などで体力維持・・・
いや向上に努めたいです。

予報によると今冬は厳冬・大雪との事で自転車には乗れないかも?
来年は高性能(?)な新車もくる事だし、春には行けるかな1000mの上り。

ここくらい行けなくちゃ、浄土平なんてムリムリですから「やるっきゃない」。


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "雄国沼ヒルクライムに向けて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

磐梯山一周

紅葉にはまだチト早い裏磐梯を散策がてら、磐梯山の一周ライドにチャレンジ。
今回は高低差768m・距離75km弱のコースを計画。 
これは最終目標の「浄土平」往復に必要な高低差1500m・距離120kmの
おおよそ半分の高低差と距離。
これをMTBルック車でどんな感じで走れるかで
浄土平に行けそうかどうかを計ろうと言うものです。

前日に愛車のメンテンスを済ませ準備は万端。
朝は6℃と冷え込み、ものすごく寒かったのですが、ラッキーな事にモヤが
出なかったので、朝からお天道様がサンサンと照りつけるナイスなコンディション。
寒さ対策バッチリでしたが前半の上りで汗だくに・・・
少々寒くても「上りは軽装で」が基本ですね。
状況に応じてマメに「着る・脱ぐ」を心がけ、不用意に汗だくになったり
寒さをガマンしないようにして風邪を召さないように注意します。

磐梯町を越え猪苗代に入ったところでしばらくは平坦な道が続きます。
何かやけにペダルが軽く、気が付くと35km/hで巡航していました。
しかもそのスピードで走っていても風を感じない・・・
追い風の中を走るのってチョー気持ちいいですね~happy01

ロードでかっ飛ばせるようになったら風を切って
このくらいのスピードで走れるのでしょうか?

揚げ饅頭が美味くて有名な「せんべや」を横目に快調なライドが続きます。

Bandaisan_issyuu02 猪苗代で磐梯山をバックに

裏磐梯には久しく行ってないので
ここからどんだけ上りがあるのかよく憶えてません。
いざ上ってみると結構長い・・・勾配は平均すると4%位?。
以前、登坂能力を意識した時よりは、1段重いギアで同じ勾配を上れるように
なったのは朗報、連続10%は限界ギリギリといったところ。

そのうちキツイ上り坂で片側通行の工事。
おいマジかよ!・・・信号が青になったので「どりゃ~」と心拍を170まで上げる
心臓がパンクしそうだ

必死の形相で漕ぎまくるが車のスピードで上れる訳がありません。
当然信号のタイミングは自転車に合わせてあるわけも無く
哀れ途中で信号が変わり対向車がバンバン来るので途中退避行動を取るハメに。 

延々と続く上り坂の途中で止まったり急いだり・・・
あのさ~!一定のペースを乱されるとものすごく疲れるのだよ
工事関係者諸君!
向こうは向こうで「チャリで来んなよ・・・こんなトコに」・・・とお互い心の中で罵り合う?
リズムが戻るまで、チョットつらいっす。

Gosiki_numa 五色沼でパチリ

ようやく毘沙門沼に辿り着いたので
早速休憩兼、糖分補給を兼ねてソフトクリームを頬張ります。
甘くて冷たいアイスクリーム系はライディングの友。

えっ?減量に悪い?・・・まあチョットくらいは・・・
その後も脚の乳酸を散らす為にブラブラしていると
ビンコーラの販売機が・・・「おっ懐かしい」ついでに一本飲み干す糖分摂り過ぎ

紅葉にはまだ早いですね~、見頃は来週以降でしょうか?
それにしてもジジババが多数出没しています。
年金が貰えるゆとり世代・・・我々の老後はゆとりがあるのだろうか?・・・
と考えながら先を急ぎます。

Hibarako01 桧原湖湖畔で

五色沼から桧原湖までは上りもキツク無いのでアッサリ到着。
ここは特に見るべきところも無いので証拠写真のみパチリ。
遊覧船やモーターボートに乗ったり、五色沼遊歩道を散策したり
バス釣りでもするのなら別ですが・・・。

やけにイチャつくカップル・・・「なぜ?俺は1人寂しく自転車でこんなところに・・・」
と考えながらサッサと次の目的地に出発する。

Hibarako02 桧原湖畔で上の写真とは反対岸よ

国道459号線をひたすら上ると途中ゴールドラインの入り口手前で
ややキツイ坂があるのですが、この坂、先が見えるのでゲンナリします。
この先に本日の最高点があるのですが、そこまで上りがまだまだ続くヤレヤレ
その後はカッ飛ばせる下りが続きますが・・・先にも上りがあるのに折角の貯金
(位置エネルギー)を使うので損した気分ですぅ~。

Bandaisan 磐梯山の火口を望む

かつて2500mはあったという山体がぶっ飛んだ痕。
本来その破壊された山肌は大変美しいのですが
この季節のお天道様は高度が低いので磐梯山の火口は逆光になってしまいます。

いい画が「見たい撮りたい」なら太陽が高い初夏に来るべし。
再来週にはあの頂に立つ予定です。
この場所から道の駅裏磐梯はもう少し。

Mitinoeki_urabandai 道の駅裏磐梯

本日の最終チェックポイントのはずでしたが
今日は100km行けそうなので寄らずに通過。

この先は少し上った後「うれしいうれしい下りの連続」
時々勾配9%の看板があります。

向かい風でなければさらに快適に下れたのですが
強めのアゲンストはゆる~くブレーキをかけられているような感覚・・・。

20071010_bandaisai_100km_graff 本日の走行データ

92km地点で知り合いの女性とバニラアイスを頬張りながら歓談エッまたアイス。

飯を食うとその後の調子がよろしくないので
ライディング中はもっぱらアイスや羊羹を頬張ったり水分補給をするだけなのです。
この時不覚にもCS400の停止スイッチを押してしまったらしく
100km走ったのに証拠が消えました・・・シクシク

本日の走行距離 100.4km
走行時間 5:35:47
消費カロリー 3039kcal
平均時速 17.9km

やったー100kmを達成!自分のガンバリを褒めてあげたい

次はゴールドラインの制覇を目論みます。
今回のコースは傾斜の緩い側から上ったので
アルツ磐梯スキー場やリゾートスキー場への上りで
キツイ傾斜に慣れる練習が必要です。


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "磐梯山一周"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

浄土平へ行こう

筆者は会津盆地に住んでいることがとてもいやでした。
トップシーズンには観光客が溢れ帰り、幹線道路は軒並み渋滞。
観光客頼みの街や行政は住民よりも、お金を落としてくれる観光客優先。
秋は晴天時でも盆地内だけ霧に覆われ
お天道様の有り難味を感じるのはお昼頃から。
冬は真昼でも凍結しっぱなしの道路、夏は猛暑・冬は大雪
ただ生活するだけで温暖地の何倍もコストがかかります。

観光地や盆地には住むべきではないとつくづく思う今日この頃。
いずれはここから出るつもりですが自然を満喫するにはいい所です。 
自然の景勝地は数多く、自宅から車で30分も行けばスキーが楽しめます。
登山に適した美しい山も、車で1時間程度で行けるところに数多く存在します。

自転車でも1日120km・高度差1500mくらい走れれば
近隣の景勝地と言われるところには、ほぼドコにでも行けます。

昔の筆者ではとても考えられないことですが、その気になれば裏磐梯の紅葉だって
渋滞知らずの自転車で楽しむことができるのです。

メタボライダーの最終到達目標である浄土平は
磐梯吾妻スカイラインの中ほどにあります。
猪苗代側から上っていけば磐梯山を左手に望み
さらに上っていけば安達太良山を横目にヒルクライムが続く
チャリダーにとっては格好のトレーニング道路らしいです。

傾斜的にはそれほどでもないらしく、ウンザリするほど遠いのですが(塩川出発で)
雄国沼に上るよりはずっと楽だとの事・・・そういうものでも無いような

先日、ライディングの下見も兼ねて車で浄土平に行き
ついでに一切経山に登ってきたのですが
一台のローディーがシャカシャカと上ってきて高そうな愛車の脇でコーヒーで一服後
再びシャカシャカと下っていきましたかっこ良過ぎる

近所の夫婦ライダーも「先日行ってきましたぁ~」とか~るいノリで言ってるcoldsweats01

往復120km、高低差1500m・・・ど素人には大変な道のりを往復しといて
「そのノリは無いだろう!」・・・
車でも「まだかよ~」的な発言が飛び出すくらいホントに長~~~い
上りなんですけど~~・・・。

その夫妻、裏磐梯スカイバレーヒルクライムで、だんなは??部門で1ケタ
奥さんは女子MTB部門優勝というツワモノカップルなのです。
その二人をもってしても休憩込みで5時間近くかかるというのだからヤレヤレです。

浄土平駐車場の真正面には吾妻小富士があります。
ここには簡単に登れるのですが、吾妻小富士の頂上は上り口の反対側にあります。
標高1707mのその頂を目指したのですが
極度の高所恐怖症の筆者にはハードル高すぎ!です。
火口跡の周囲をグルッと周回して反対側に行かねばならないのですが
道幅は広いところでも数メートルしかありません。

今まで落ちて死んだ人がいるとは聞いた事がありませんが
柵が無いなんてなんて無策(柵)な!。

高所恐怖症じゃない人には分からないのでしょうが
その距離感がつかめない大パノラマに「めっめまいが」・・・膝が笑い
腰が抜けた哀れなメタボ中年は登頂を断念してしまいました。

2007100301_2 余裕?実は「腰が抜けてるの図」

2007100302_2 ここから見る分には大した事は無いぜ!

【一切経山】

2007100302_4 これからあの頂よりもっと上まで登る

20071003_issaikyo_tozan_graff

駐車場から高度にして400mほど登れば一切経山の山頂に着きます。
山頂までは山小屋を経由しないコースなら急坂の連続ですが
メタボ中年でも1時間ほどで到着します。
観光のジジババ軍団でも1時間30分くらいで登って来たようです。

2007100301_3 間もなく頂上できつい登りはもう無い

2007100301_4 山頂です

CS400の高度表示は1931m、標高1949mなので誤差は18mでいい感じ。
気温は16℃で日光があれば暖かく雲に覆われれば肌寒いです。

2007100302_5 数分後の山頂はあっという間に雲だらけ

頂上付近から望む五色沼・・・どこにでもある名前。
私には「一色沼」にしか見えませんが・・・このコバルトブルーは美しい。

2007100301_5 この先は 「怖くていけないよ~」

もとは火口の痕に水が溜まったのでしょうが
水の色からシアンが多そうだなと思案してしまう・・・
この辺は火口だらけだったということなのでしょうか?

Photo 駐車場の近くにある火口はまだ硫黄臭い

Photo_2 吾妻小富士の火口

活動が活発な時代には、まさに地獄のような場所だったに違いないのでしょうが
今では植物も生えている吾妻小富士の火口。

Photo_3 新しめの噴火口となればこの通り

安達太良山の沼の平、もっとも新しい火口痕となればこの通りの地獄絵図。
最近まで残暑でしたが、ようやく秋が訪れ、間もなく紅葉も見頃なので
一大パノラマを堪能してみてはいかがザンショ?


  blogramのブログランキング

共感したgood 役に立ったgood 面白かったgood
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "浄土平へ行こう"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CS400 | DMC-FZ18 | DMC-FZ70 | GC-XA2 | JB1ライフ | JB1ライフ改造 | JB1ライフ整備記録 | JB1ライフ静音化 | Video Studio X6 | おっかない話 | じいじと結愛の騒動記 | アクアリウム | アニメ | イベント | エアガン | エコ | グルメ・クッキング | ゲーム | ショッピング | スカイリム | スカイリム SexLab | スカイリムMOD | スカイリムMOD バグフィックス | スカイリムMOD NPC | スカイリムMOD アダルト | スカイリムMOD ハードコア | スカイリムMOD フォロワー | スカイリムMOD モーション | スカイリムMOD ユーティリティ | スカイリムMOD リアル化 | スカイリムMOD リテクスチャ | スカイリムMOD 動画 | スカイリムMOD 戦闘 | スカイリムMOD 敵 | スカイリムMOD 施設 | スカイリムMOD 装備 | スカイリム MOD導入 | スカイリム 不具合 | スポーツ | ズーマー | テクノロジー | ディオ | ドラゴンエイジ:インクイジション | ドラゴンズドグマ | ドラゴンズドグマ ダークアリズン | ドラゴンズドグマオンライン | パソコン・インターネット | パーツレビュー | フォールアウト3 | フォールアウト4 | フォールアウト4 MOD | リバイブ | 不平・不満 | 不整脈 | 世の中の闇 | 事件・事故 | 事件・事故・災害 | 人間学 | 住まい・インテリア | 写真 | 動画 | 園芸 | 御庭番日誌 | 心と体 | 心に残る名言 | 心電図 | 政治 | 旅行 | 本格翻訳8 Platinum | 減量 | 生命 | 生物 | 癒し | 神秘 | 福島県消防学校 第73期 | 秘密 | 笑える話 | 美人 | 自律神経 | 自然 | 自転車 | 趣味 | | 軍事 | 野球 | 音楽 | 願望 | 食べ物 | 黒い砂漠