DMC-FZ18

2016年11月14日 (月)

エクストラスーパームーン

空を見上げれば68年ぶりの天体ショーが間近らしい
最近、幾度か聞いたスーパームーン
今回はそれを越えるエクストラスーパームーンだとか
  スーパームーン ウィキペディア
正確には明日のまだ見えないところにある時がエクストラで
見えたときにはエクストラではないらしいのだが・・・・
(この辺はソースによって異なりますが、筆者の居住地だと22:00台だって言ってましたね)
もっとすごいとエクストリームスーパームーンと呼ばれるようになるとか
まあ前後1日はサービス期間ということで

幸いにも好天に恵まれ、この辺りは少し霞がかってはいるが、素晴らしいお月様が拝めた
明日の天気がどうなるか知れたものではないので、撮れる時に撮っておこうでパシャッ
20161113_moon_01
1/100 三脚なし

20161113_moon_02
1/320 三脚使用

液晶では1/100じゃ白飛びしてるように見えたので、以降の写真は1/320で撮影しましたが
1/100の方が良かったかな?

20161113_moon_05
20161113_moon_08
光量不足(?)でところどころにノイズが見えるような

20161113_moon_10
20161113_moon_11

20161113_moon_07
20161113_moon_04

現在の筆者のカメラは
 DMC-FZ18
光学18倍、3MでのEX光学ズーム28.7倍+テレコン1.7倍で約49倍+デジタル4倍で196倍
従って、記事中で最も大写りしてる写真は光学30倍で撮ったものをデジタル処理で196倍まで拡大した
いわゆるまがい物であり、なんとなくモヤッとしてシャープさに欠けるのは、そのせいである
(たぶん

筆者が愛用のモノに求めるのは、頑張っても他が真似できないピーキーさ(とんがってること)
その筆者がカメラに何を求めるのか?
それはズバリ!ズーム性能である

ということで買っちまったよ
 DMC-FZ70
テレコンバージョンレンズは愛機のものをそのまま使えるのでレンズアダプター
 DMW-LA8
のみ追加購入

これで光学60倍、3MでのEX光学ズーム135倍+テレコン1.7倍で約230倍+デジタル5倍で1148倍

果たしてそこまでいるの?とか、液晶動かねぇ~の?とか、感度が低いねぇ~とか
超望遠を得る代わりに失なってることも多いらしいのですが
  LUMIX FZシリーズ3モデルの違いを見てみよう
まず、超々望遠がデキるか?、ということが筆者にとってはとても大切なのです

記事自体は2年半前のものだし、カメラは3年前に発売されたもので、今や生産終了品
何でいまさらソレ? 最新の買ったらいいじゃん・・・と思われるかも知れませんが
そういうピーキーなカメラって、もう、どのメーカーも売ってないんですよ
みんな流行りや無難さ(総合的な性能)を追及して冒険しなくなったのでねぇ~

次の満月の撮影がとても楽しみですねぇ~
(冬の澄み切った空気で、超望遠でもゆらぎの少ないお月様のアップが撮れるか?)


さ~て、探偵業にでも転職しますか、浮気暴露専門の
230m離れてても1m
数字上だけなら1100m離れてても1m
ゴルゴ13も真っ青の密会現場の超々望遠スナイピング
おや? そこのイケナイことしてるアナタ
ズキューーン



PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

蝶を愛で 花を愛し 鳥に癒され 月に吠える 高倍率ズームはついてて損なし

 プチ引きこもり
 半端なオタク
 PC中毒
 不良エロ中年

ここんとこのブログの記事を見れば筆者の印象ってそんな感じ?
いやいや、引きこもってスカイリムでエロばかり楽しんでるわけじゃ~ありませんよ


管理が大変なので大部分が駐車場化され縮小した我が家の庭ですが
少ないなり生き物たちが集まってきます
(近くに川があって土手が草ボウボウなので2mクラスの青大将なんかも遊びに来る)

植えてから毎年勝手に生えてきては庭に彩りを添えるアリッサム
アリッサムだらけの庭がいたくお気に入りなのがシジミチョウの仲間
02
トップシーズンともなれば数匹~十数匹が常駐状態
01
実に可愛らしい彼らですが一つ欠点が
ヒラヒラ~~ヒラ~~ヒラヒラヒラ~~ヒラ~ヒラ
と、なかなかとまらないし動きも素早くてじっくり観察してる暇がない
たまにとまっても警戒範囲が広くて少しでも近づくと ヒラッ

そんな時に頼れるのが愛機(カメラ)のズーム性能
03_2
テレマクロ機能がついてれば、倍率とピントを合わせる能力にもよりますが
離れたところから接写もどきも可能
ズームで撮った写真は球面歪みが少ない写真になるハズです

いっとき流行った高倍率ズーム搭載のコンデジ(いまや絶滅寸前?)ならば
何も考えずに いろいろなシチュエーションで そこそこの写真が撮れます

どうも画素数ばかりが注目されてますが、いかに高画素数だろうと
ちっちゃいレンズでは性能がスポイルされる可能性があります

画素数とは? マス目のノートを思い出してください
10cm四方の紙を1センチのマス目で区切った場合のマス目は10×10で100マスです
塗りつぶす塗り潰さないで情報を記録した場合100マスでは細かい描写はムリですね
では1mmのマスならばどうでしょう?
100×100で10000マス、より細かい描写ができるようになりますね
(今は安いカメラでも1000万画素以上とかが当たり前ですが)
つまり、画素数とはイメージセンサーがどれだけ細かく描写できるか?の指標です

しかし、いかに細かく描写できても牛乳瓶底のグルグル眼鏡から見た歪んだ景色を
本物の景色同様忠実に再現することは不可能ですね

デジカメ写真の出来栄えは描画エンジンにも左右されるので一概には言えませんが
ちっちゃいレンズや安いレンズの安カメラやスマホでは
それなりの写真しか撮れないと思ってた方がいいでしょう
色や光などの情報はレンズを通して入ってきます
そこを通過できる情報の正確性が劣ったり、情報量に限りがあれば
忠実な再現などできるハズもありません

モニター上でキレイに見えるのは
小さな画面で見たり、ソフト側で足りない情報をしっかり補正したりして
通常、人の目で認識できない部分などをごまかしてるからであって
拡大するとごまかしがすぐにバレます

なので高画素数を謳ってても、ちっちゃいレンズのカメラや安いカメラなどは
安物買いの銭失いとなる可能性が高いです

01_2
鳥は望遠のありがたみを実感できる被写体のひとつですね
高倍率ズーム付きのカメラがあれば、望遠鏡代わりに観察もできます

先日の皆既月食です
01_3
倍率は、これで70倍弱です

02_2
だんだん欠けてきました

03_3
欠けはいい感じですが写真としてどうでしょう
光ってる部分がつぶれてきましたね

04
もう少しですが暗い部分が・・・

05
暗い部分のディテールがどんどん劣化していきます
しかも、皆既の直前に雲が出て決定的瞬間は撮れず

このような高倍率だと入ってくる光が極端に少なくなります
(光=色や形などの情報)
光が入ってこなければ情報の復元のしようがないので何も写らなくなります

この辺は
カメラのレンズの大きさ=集光力や感度が効いてきます
つまり感度が悪いカメラやレンズの小さいカメラでは
ここまで極端じゃなくても暗いところでの写真が上手く撮れないことをあらわします
当然の事ですが、いかにお高いカメラでも限界はあります

Photo
これは最高倍率の200倍で木星撮りにチャレンジしたものです
(実際は50倍の光学ズームをデジタルで4倍に引き伸ばしてるだけですが)
おおっ それっぽく撮れてるかぁ~
Dmcfz18mokusei
拡大すると 「なぁ~んだ」 です
200倍ともなると安い三脚ではちょっとした風でもブルブル震えて話になりませんし
数秒で木星ちゃんは視界から消えますからシャッタースピードが遅いと
赤道儀などで自動追尾しないと静止した木星を捉えられません
200倍でも米粒程度、なおかつ移動する木星をキチンと撮るには
いかに倍率が高くてもズーム付きのカメラのみでは無理です

木星は無理でも、山の中腹から山頂にいる家族を探すことはできます
Adadata_01
目線 (安達太良山)

Adadata_02_2
稜線にいる人たち(目線の写真中央付近のとんがりの1cmくらい左側)

Adadata_03_2
安達太良山の乳首にいる人たち(目線の写真左上に見える出っ張りのところ)
服装から家族がいるかどうか見分けられるレベルです

ちなみに旦那が浮気で密会の証拠写真を・・・なんて場合も
コンデジなら遠くから怪しまれずに証拠写真が撮れます
1bai_5m
真ん中に青信号の歩行者用の信号機があるのわかりますか?
150~200mくらい離れてます
114bai
114倍でコレ
一眼にデッカイ望遠レンズなんてつけてたらスグにバレるけどコンデジなら
これであなたも今日から密偵のマネ事ができます

いかがでしたか?
もしカメラをお買いになるなら、なるべく光学ズームの倍率の高いものを買いましょう
例えば 光学50倍、デジタル2倍で100倍とか
画素数は600万もあれば十分です
細かいに越したことはありませんが、ファイルサイズもデカくなるし
PCがポンコツだとレタッチなどで動作が重くなるだけです
どうせ写真でプリントする程度であれば過剰な細かさは人間の目では判別できません
巨大なポスターにするとかであれば違いはわかりますが・・・

1台持つだけで使い勝手が格段に変わり、身近な自然と触れ合う幅が広がります

もちろん
 ★レンズのデカイもの
  (レンズによる集光力・分解能が高い)
 ★素子(イメージセンサー)の大きなもの
  (同じ1000万画素でも1画素当りの大きさが大きくなってより精細になる)
 ★感度の高いもの
   (ISO****とかで表示、より暗いところでもノイズの少ない写真が撮れる)
 ★広角側の画角が広いもの (35mm相当より28mm相当の方が広い)
  (より広い範囲が画面に入るようになる)
 ★シャッタースピードが速くできるもの (1/2000~30とかの数字で表示)
  (素早く動くものでも静止して撮れる、1/2000より1/8000の方がいい)
であれば尚ヨシ
01
これで1/1600くらい・・・ボールが完全に静止していませんね
筆者のカメラでは晴天の屋外でもオートだと1/1600くらいしか出ませんが
これは簡単に言えば感度が低いということです
(数千分の一秒レベルの短時間では必要な光量=情報が集められない)

01_4
これは望遠不要ですね
我が家を縄張りにしているモズの仕業です
(関係ありませんが、人気ドラマMOZUの続編が今日から始まりますね)

ねっ
スカイリムで現実逃避してエロ中年ぶりを発揮してるばかりじゃなかったでしょ?




PCゲーム全般ゲーム・攻略ブログ・ランキング

blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった  という方はポチッと応援よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

月と宵の明星

バイク通での帰り道、見事なお月様と宵の明星が南西の空に燦然と輝く
家について早速撮影
20131106_moon_60sec
DMC-FZ18 16:9 6M 星空モード60sec

そうだお星さまは移動するんだった
それにしてもたかが1分なのにこれだけ動くとは

20131106_moon_15sec
続いて15secに変更して撮り直し
これでもやはり動いてるのがわかりますね~

20131106_moon_koukando
高感度モードで撮影
静止させて撮れますがキレイじゃないなぁ~

20131106_moon_15sec03
お月様のアップ
何と 隠れている部分の月の模様が見えますね
15秒の移動分で若干横に引き伸ばされてます

20131106_moon_irumi
イルミモード

あれれ~?
以前月を撮った時はこんな風に撮れたのに

8mmax

8m92

3m196
どうやって撮ったのか覚えてない
そんな難しいことやった覚えがないのにな~


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

DMC-FZ18の望遠力・・天体写真編

高倍率のカメラで撮ろうとする対象の最たるものは天体写真でしょうか?

月をどのくらいの大きさで、どの程度のクオリティで撮影できるか試してみました。

※安物の三脚にビクセンの微動雲台を取り付けて、セルフタイマーで撮影

8mmax 72倍(8M光学ズーム+デジタル4倍)

5mmax 92倍(5MEZ+デジタル4倍)

3mmax 112倍(3MEZ+デジタル4倍)

↓テレコンでさらに1.7倍にすると

8m92 122倍(8M+デジタル4倍×1.7)

5m157 156倍(5MEZ+デジタル4倍×1.7)

3m196 190倍(3MEZ+デジタル4倍×1.7)

それぞれを拡大して解像度を確認すると

8m92_2 8M

5m157_2 5MEZ

3m196_2 3MEZ

以上の写真はすべてJPEG高画質で撮影したもので
このカメラはRAWでも撮影できるのですがすっかり忘れていました。

デジタルズームで撮影したJPEG写真をパソコンでさらに拡大しているので
質感はこんなもの?。

撮影時の液晶画面ではボワッとした感じで被写体が見えるのと
このぐらいの高倍率でカメラに触れればブレが大きすぎて
マニュアルでピントを合わせるのは難しいです。

高倍率で天体の写真を撮影する場合
空気の揺らぎでボケているように見える場合もあり
純粋にカメラの性能を今回の写真だけで判断するのは難しいでしょう。

昼間でも抜けるような青空とはいかない今の季節に
カメラまかせで普通に撮影するとこのくらいクオリティになるようです。

本格的な天体望遠鏡や堅牢な三脚など高価で重い機材無しでも
ここまで撮れるのであればヨシとしましょう。

冷え込みがキツイ冬の山頂など、空気がきれいで揺らぎ少ない条件で
絞りなどの撮影条件を最適化すればもっとキレイに写せるかも知れませんが
ワタシにはその根性がありません。

まあ、天体望遠鏡+カメラではなく、あくまでコンパクトカメラなので
ここまで撮れれば拍手ものだと思います。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

DMC-FZ18の望遠力・・高校野球編

FZ18の望遠力に何を望むか?と言えば、
スタンドから選手の躍動感溢れるシーンをアップで撮ることに尽きると思います。

画質は性能上限の800万画素で18倍、
テレコンバージョンレンズ装着で30.6倍の倍率が得られるので、その倍率で、
それぞれの選手がどれくらいの大きさで撮影できるかを試してみました。

P1000136_640 会津球場内野外野席境界より約18倍で撮影

P1000245_640 押切川球場内野席最前列より約11倍で撮影

内野席からバッターのバッティングを撮影するなら、
いずれの球場でもテレコンバージョンレンズは不要です。

----------------------------------------------------------------

↓ 下の3枚は会津球場一塁側内野席より外野手を撮影したもの。

P1000101_640ライトの選手を約30倍で撮影

P1000100_640センターの選手を約30倍で撮影

P1000103_640レフトの選手を約30倍で撮影

↓ レフトの選手を3塁側内野席から撮影するとテレコンなしの18倍でいけます。

P1000097_640 レフトの選手を約18倍で撮影

ピッチャーの場合、会津球場内野外野席境界ならば、
やはりテレコンは不要で18倍で撮影することができます。

P1000122_640

このような動きのある被写体に対しては
シャッタースピードを上げなければなりませんが
FZ18の望遠側のF値はそれほど明るくないので、
うす曇りでは1/1000秒が、晴天でも1/1600秒くらいが限界です。

そのスピードだと当然出来上がりはアンダーで
レタッチしてもノイズが気になるレベルで、
もっと雲が厚くなれば、さらにシャッタースピードを下げざるを得ません。

今回の写真は、いずれもレタッチはしていないのでアンダー気味
晴天でなかったのでシャッタースピードは1/640~1/1000秒で
こんな感じで撮影する事が出来ます。

カメラの限界は1/2000秒ですが
テレ側では晴天でも1/1600秒以上に設定できませんでした。

結論として・・・・・

FZ18では、内野ならテレコン無しの光学ズームで
外野でもテレコン付きの光学ズームで選手の全身像を捉えるトコができます。
(内野手ならテレコン付でアップで撮ることも可能)

高速シャッターなら三脚無しでもカメラの手振れ補正でブレ無し写真が撮れます。

ただし、晴天もしくはうす曇程度の明るさが無いと
テレ側でシャッタースピードが十分に上げられず
高速な被写体は止められないと思います。

ボールまで静止させようとすれば1/4000秒は欲しいのですが
FZ18ではボールやバットの先端
スローイングの手先などを静止させる写真の撮影は厳しいですね。

それでも、カメラバッグにカメラとレンズアダプターと
テレコンバージョンレンズを持てば、三脚入らずで野球選手の躍動感溢れる
ソコソコの写真が手軽に撮れるナイスなカメラです。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

FZ18の望遠力

PanasonicのデジカメDMC-FZ18

このカメラを選んだ理由は色々ありますが
決め手の一つがズーム性能とテレマクロが使えること。

箱出しで光学18倍ズーム(8M)
画素数を5MにすればEX光学ズームで23倍
3MならEX光学ズームは29倍。

デジタルズームで最大115倍(3M)・92倍(5M)と
リズナーブルな天体望遠鏡並みの倍率となります。

実際撮影すると、どのくらいのものか実写してみました。

ターゲットは150mくらい離れた歩行者用信号機を安物の三脚を使用して撮影。
歩行者用信号機は写真中央の手前電柱のやや右側にありますが
下の写真では確認できません。

1bai_5m 28mmで撮影

2008/01/06 14:01:44/2560 x 1920/焦点距離 4.6mm/35mmフィルム換算 28.0mm/1/200 秒/ISO100/絞り F5.0/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

28mmでは広角過ぎるので、見た目に近い感じでトリミングしました。
この写真では信号機の存在は確認できません。

----------------------------------------------------------------

10bai 光学10倍ズームで撮影

2008/01/06 14:03:36/2560 x 1920/焦点距離 37.9mm/35mmフィルム換算 294.0mm/ 1/200 秒/ISO100/絞り F4.5/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

10倍ズームで信号機の存在が確認できます。

パソコンで拡大すれば信号機の文字の認識も可能ですが
光学10倍ズーム機ではこれが限界となります。

----------------------------------------------------------------

18bai_2 光学18倍ズームではこのくらいで写ります

2008/01/06 14:00:44/2048 x 1536/焦点距離 52.5mm/35mmフィルム換算 510.0mm/ 1/160 秒/ISO100/絞り F4.0/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

ここまでくると拡大しなくても信号機の文字は読めます。

普通ココまで離れたものを撮る事はないでしょう。

筆者の場合、高校球児の長男は外野手なので
これを何とか写真に収めたいと高倍率ズームのカメラを選びました。

スタンドから守備位置まで100m近くは離れているので18倍では足りないようです。

----------------------------------------------------------------

【EX光学ズーム】

デジタルズームのように画質を劣化させずに、より高倍率を得ることが出来る。

EX光学ズームのしくみ

18bai 23倍ズームは画素数が5Mで使えます

2008/01/06 14:03:09/2560 x 1920/焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 642.0mm/ 1/125 秒/ISO100/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

最高画素数の8Mでは使えないEX光学ズーム機能で
記録画素数を5Mに設定すると23倍ズームが使えるようになります。

ここまでくると拡大しなくても信号機の文字はハッキリ読めるようになります。

これでも外野手をアップで撮るのは無理?。

----------------------------------------------------------------

28bai 29倍ズームは画素数が3Mで使えます

2008/01/06 14:00:12/2048 x 1536/焦点距離 82.7mm/35mmフィルム換算 803.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

記録画素数を3Mに設定すると29倍までEX光学ズームが使えるようになります。

これでも外野手はムリでしょうか?。

3Mで全身撮影となるとクオリティも???ですね。

別売りのテレコンバージョンレンズを装着した場合
光学ズームだけで約30倍のズームが使用できます。
この場合、画素数は8Mのままで30倍だですが、5MのEX光学ズームだと39倍
3MのEX光学ズームを利用すれば48.8倍までアップします。

----------------------------------------------------------------

【デジタルズーム】

画像の一部を拡大して引き伸ばすので
画質が低下する為あまり利用したことがなかったのですが
72~195倍(テレコン+EX+デジタルズームの最大)となれば
画質の低下を補って余りあるのではないでしょうか?

パソコンがあればパソコン上で同じ事ができますが
その場で拡大されたものを見ながら撮れるのは魅力だと思います。

72bai EX光学ズーム23倍×4倍デジタルで92倍

2008/01/06 14:02:46/2560 x 1920/焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 642.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

画質がイマイチのように感じますが、デジタルズーム+雨が降っていて
コンディションが悪いせいなのでやむを得ないでしょう。

よーく見ると雨粒が写っているのがわかりますが
このコマではかなり大粒の雨が降っていました。

肉眼で僅かに存在が確認できる程度のものを
ココまで拡大してファインダーに捉える事ができるのだからスゴイと言えばスゴイ。

100m先の高校生なら、ここまで倍率を上げなくても全身が写せるでしょう。
(変質者ではありませんよ)

----------------------------------------------------------------

114bai EX光学ズーム28.7倍×デジタル4倍で115倍

2008/01/06 13:59:16/2048 x 1536焦点距離 82.8mm/35mmフィルム換算 803.0mm/ 1/125 秒/ISO125/絞り F4.2/レンズ開放F値 F2.9/露出プログラム 風景モード/測光モード 分割測光

このコマも雨が降っていますが、雨粒が小さいので上のコマよりも雨が見えにくい。
このくらいの倍率になれば150m先の人間の顔もハッキリ写るでしょう。

【いい写真が撮れるかは別問題】

現在、テレコンバージョンレンズを購入待ちですが
これを装着すると5MのEX光学ズーム+デジタルズームの最大で156.4倍
3MのEX光学ズーム+デジタルズームの最大で195.2倍にもなります。

望遠で遠くを見れれば、それを見たまま写真にできるかというと
実際は色々制約が入ります。

晴天時でもないとシャッター速度を上げれず、
躍動感のある写真をキレイに撮るのは難しいかも知れません。
(ここまでの高倍率での撮影経験が無いので実際撮影してみないと分かりません)

さらに、これだけの倍率で撮影となるとブレ対策が大変です。

三脚+セルフタイマーでの撮影が必須となりますが
安物三脚ではシャッターを半押ししてAFロックをするだけでかなりブレます。
狙った構図でカメラを固定するのも一苦労です。

さらにAFロックでブレが発生しますが、シャッターを切ってシャッターを離した後
狙った構図である元の位置に戻らないことも多いのが悩みどころ。

倍率毎の見え方の比較などのように
同じ場所をおなじアングルで撮影する場合などは難易度が高くなります。

残念ながらFZ18ではリモコン撮影が出来ません。
天体望遠鏡の微動雲台などを利用すれば
静止状態での高倍率の撮影はやりやすくなると思います。

しかし、動いている被写体を撮る場合は別です。

100m先のランダムに動く被写体を適切にフレーミングし続け
ベストショットを撮るなんてことは不可能に近いかも知れません。

デジカメなので撮りまくれば、望みの一枚が撮れるかも知れませんが・・・。

実売4万チョイのカメラながらココまで可能性を追求できる。
いいカメラですね~・・・あとは腕の問題ですか?・・・。


  blogramのブログランキング

共感した 役に立った 面白かった
                        という方はポチッと応援よろしくお願いします。

続きを読む "FZ18の望遠力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CS400 DMC-FZ18 DMC-FZ70 GC-XA2 JB1ライフ JB1ライフ改造 JB1ライフ整備記録 JB1ライフ静音化 Video Studio X6 おっかない話 アクアリウム アニメ イベント エアガン エコ グルメ・クッキング ゲーム ショッピング スカイリム スカイリム SexLab スカイリムMOD スカイリムMOD バグフィックス スカイリムMOD NPC スカイリムMOD アダルト スカイリムMOD ハードコア スカイリムMOD フォロワー スカイリムMOD モーション スカイリムMOD ユーティリティ スカイリムMOD リアル化 スカイリムMOD リテクスチャ スカイリムMOD 動画 スカイリムMOD 戦闘 スカイリムMOD 敵 スカイリムMOD 施設 スカイリムMOD 装備 スカイリム MOD導入 スカイリム 不具合 スポーツ ズーマー テクノロジー ディオ ドラゴンエイジ:インクイジション ドラゴンズドグマ ドラゴンズドグマ ダークアリズン ドラゴンズドグマオンライン パソコン・インターネット パーツレビュー フォールアウト3 フォールアウト4 フォールアウト4 MOD リバイブ 不平・不満 不整脈 世の中の闇 事件・事故 事件・事故・災害 人間学 住まい・インテリア 写真 動画 園芸 御庭番日誌 心と体 心に残る名言 心電図 政治 旅行 本格翻訳8 Platinum 減量 生命 生物 癒し 神秘 福島県消防学校 第73期 秘密 笑える話 美人 自律神経 自然 自転車 趣味 軍事 野球 音楽 願望 食べ物 黒い砂漠